2020年11月23日

セシル・テイラー ソロ

R-2055654-1396723735-4118.jpeg.jpg
セシル・テイラー/ソロ
(トリオ・レコード/DEEP JAZZ REALITY)


ジャズって音楽は、そもそもが1900年代初頭のニューオーリンズで産声を上げたその時から

「音楽の理論から外れた、何だか調子の狂った騒がしい音楽」

と、思われておりました。

ここで言う”音楽理論”ってぇのは、西洋のいわゆるクラシック音楽です。

クラシックには長調(メジャー)と短調(マイナー)の2つの概念しかない。リズムのシンコペーションというのも「正しいテンポから外れておるもの」とされておったんですね。だから黒人やクレオール(フランス系白人とアフリカ系黒人の混血)の連中が、めいめい勝手なシンコペーションを持つリズムを「コレがイカす!」とやって、展開の節々に長調でも短調でもない濁った音(いわゆるセブンスです)を混ぜながら弾いたり吹いたり叩いたりしておるのを聞いて

「これはいかん、音楽ではない!」

と、衝撃を受けたというところから始まっておるんですね。

その辺はルイ・アームストロングやビリー・ホリディが出ている『ニューオリンズ』っていう素晴らしい映画があるので、ぜひご覧になってください。




んで、そんなジャズの誕生から大体20年ぐらい経って、「え、いや、これはこれでイカした音楽だよ」ということで、ジャズは多くの人に認められ、クラブや劇場、そしてレコードなどのショウビジネスには欠かせない音楽として愛好されるうちに、今度はそのシンコペーションや”濁った音”を使った楽曲や演奏というものでもって、独自の音楽理論を作れるようになっていった。

つまり洗練とか進化とか、そういうものを独自に行うようになったんですね。

ほんで、第二次世界大戦が終わる頃には、その理論というのもなかなか込み入ったものになってきて、それまでホールのお客さんを踊らせたり笑わせたりするような事が主だったジャズという音楽は、ライヴハウスで「じっくり聴く」という鑑賞芸術として徐々に完成されて行ったんです。

じゃあそういう風に洗練を極めたジャズは、じっと静かに聴くような大人しい音楽になって行ったかというとこれは違います。

今度はその出来上がったジャズの理論から、如何に飛躍するか?どうやって音楽的な自由度を高めて行くか?というミュージシャンそれぞれの挑戦が始まりました。


ほとんどのミュージシャンは、音楽として気持ちよく聴けるギリギリの所でリズムやコード進行などを変えたりアドリブの中で”かっこいいハズし方”などに工夫を凝らしてそれを個性やスタイルとして確立していったのですが、時に「音楽そのものとして根本的にアウトしている、ジャズとしてもこれはかなり大胆にセオリーをぶっ壊している」という手法に踏み込む人が現れました。

それは1950年代も半ばから後半に差し掛かろうとしていた頃、ジャズの世界に現れたセシル・テイラーとオーネット・コールマンのスタイルというのが、正にそういった「それまでのジャズのお約束ごと」のようなものを根底からブチ壊すような、過激で自由な演奏でありました。

後にこの2人のスタイル、そしてこの2人に刺激されて、コードやスケール、そしてリズムの調制を大胆に逸脱する実験的な演奏は”フリージャズ”と呼ばれるようになりました。

ほほぉ〜、ってことはセシル・テイラーとオーネット・コールマンってのは、フリージャズの元祖って事だからやっぱり似たようなスタイルなのか〜。

と、思ってたんですが、実はこの2人のスタイルってのは全然似ていない、というか真逆な印象を受けるように思えます。

もちろんセシル・テイラーはピアニストで、オーネット・コールマンはアルト・サックス奏者って事で、使う楽器がまず決定的に違うってのはあるんですがそれだけじゃない。共に音楽理論のしきたりを大きく逸脱した音楽をやりながらも、何というかテイラーの音楽には無秩序というキッチリとした秩序があり、オーネットの音楽は「秩序とかいーんだよ」っていうような、あっけらかんとした楽しさがある。そんな風にずっと感じておりましたし、今も何となーくそう思っております。

で、本日ご紹介するのはセシル・テイラーであります。

セシル・テイラーは1929年にニューヨークで生まれました。年代的にはジョン・コルトレーンやソニー・ロリンズらとほぼ同年代、つまりモダン・ジャズが隆盛を極めた1950年代に、20代の若手としてシーンに出てきてその後のシーンを牽引した主な世代であります。

比較的裕福な中産階級の家庭で育ったテイラーは、6歳からピアノを弾き始め、21歳の頃にはプロのジャズ・ミュージシャンとして活動を開始します。

同時に彼は学校に通い、クラシックの技法や理論も学んでおり、プロデビュー後の1952年にニューイングランド音楽院に入学し、そこで作編曲の理論を本格的に勉強しながら、バルトークやシュトックハウゼンら、いわゆる現代音楽と呼ばれる前衛的な手法で楽曲を作っていた作曲家達の作曲スタイルの研究にのめり込みます。

少年時代から夢中で聴いて憧れていたデューク・エリントンのピアノ・スタイルと現代音楽。この2つの巨大な影響を融合させたテイラーは、過激な中にどこかピンと秩序の糸が張っているかのようなスタイルを早くから完成させます。それはそれまでのジャズや音楽の理論的なものから見ればかなり常識を逸脱した捉えどころのないようなスタイルで、1956年に最初のレコードをリリースするも、耳にしたほとんどの人からは「あんなものはデタラメだ」「全然スイングしていない」との酷評され、遂に50年代は正当な評価を得られないまま、不遇の時を過ごす事になります。


テイラーがようやく世に認められ始めたのは、1960年代半ばを過ぎてから。つまり彼やオーネット・コールマンらの「音楽理論の常識に囚われないスタイル」に影響や感銘を受けた様々なミュージシャン達が、次々と実験的なコンセプトの演奏を世に出すようになってから。

特に晩年のジョン・コルトレーンがフリーフォームな表現も取り入れ、それが大きく話題になると、その「前衛」「アヴァンギャルド」と形容されるスタイルのパイオニア的存在として、セシル・テイラーにも注目が集まるようにもなったのです。



ソロ(日本独自企画、最新リマスター、新規解説付)


【パーソネル】
セシル・テイラー(p)

【収録曲】
1.コーラル・オブ・ヴォイス(エリージョン)
2.ロノ
3.アサック・イン・アメ
4.インデント

(録音:1973年5月29日)


前置きが大分長くなりました(汗)。そんなテイラー独自のピアノって、一体どんな感じなんだろうとお思いの方には、まずソロ・ピアノで彼の個性をどっぷりと浴びてみる事をオススメします。

いきなりメロディも何もぶっ飛ばしたような「ガラガラガラ!」「ゴガッ!!」「ドゴゴゴ!!」という鍵盤の乱打に、まずほとんどの方が「え?何これ!?全然わかんない・・・」と困惑すると思います。いや、それでいいんです。アタシも最初はそうでした。

いかにフリージャズといえども、例えば晩年のコルトレーン、アルバート・アイラー、阿部薫、オーネット・コールマンなんかがアドリブで繰り出すメロディーからは、どこか切なさだったり郷愁を感じたり、そういう”意外な歌心”みたいなものにグッときたりウルッとなったりして、それにたまらなく惹かれてしまう。でも、セシル・テイラーは、いや、セシル・テイラーだけはそういうセンチメンタリズムみたいなのが一切なかった。

たとえれば冷たい金属の巨大な構造物が、キラキラと輝く破片を散らしながら永遠にぶっ壊れているのを、ただ茫然と見つめているしかないという感じでありましたが、いや、そこなんですよ。テイラーのピアノの、他の追随を許さない孤高のカッコ良さは、その徹底して”美”のみを追究した、容赦ない音楽の解体にこそあるんだなと思うんです。

ソロで聴くテイラーのピアノは、とにかく音が寸分の濁りもなく澄み切っていて、一見めちゃくちゃに聞こえるフレーズにも、ハッキリとした秩序があるように、どうしても感じてしまいます。というか、ピアノという楽器はとても難しい楽器で、感情がこもり過ぎてしまうと、どうしても音がべちゃっと潰れてしまうんですね。特にジャズの場合は、むしろそれが味になるようなところがあったりするんですが、テイラーの音はどんなに激しく鍵盤を叩いても一切潰れないし歪まない。

これは凄い事なんですよ。どういう事かというと、88個ある鍵盤をフルにコントロールして鳴らす事が出来ている。しかもこういう既存のスケールから完全に逸脱しているスタイルでこれが出来るという事は、鍛錬に鍛錬を重ねて、理論的にも実践的にも常に最高のレベルでこの人はピアノという楽器に向かっているということ。

セシル・テイラーは自宅にいる時はずっとピアノの練習をしていたみたいです。

まず鍵盤の一番低い音を「ゴーン」と綺麗に鳴らす、そして次は隣の鍵盤、その隣・・・といった具合に全部の鍵盤を最低音から最高音までゆっくり鳴らす。それから8時間の練習を、毎日毎日していたという凄まじい話を雑誌で読んだ事があります。

このアルバム、というかテイラーの作品全部、メロディもリズムもどれひとつ定型に収まっていないのでありますが、その”収まっていない”というのがもうひとつの様式であるのかなとも感じさせます。ピアノの音の美しさに最初ハッとなり、最近は小間切れ不定形のリズムが生み出す不安定な(でも圧倒的な)グルーヴの”波”が心地良いです。

ずっと理解とかそういうものと無縁な、ただもう息苦しい程に圧倒的で美しいものとして、この人の音楽を楽しんで行きたい、そう思います。









”セシル・テイラー”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/





(2020年12月、阿部薫の本が文遊社より発売されます。私も少しですが執筆に参加しております。)
posted by サウンズパル at 22:39| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

【緊急告知】阿部薫2020〜僕の前に誰もいなかった【書籍発売します】

51SFgNVViFL._AC_.jpg

『阿部薫2020〜僕の前に誰もいなかった』
(文遊社)

1970年代を彗星のように駆け抜けたアルトサックス他奏者、阿部薫の本『阿部薫2020〜僕の前に誰もいなかった』が、2020年12月中旬に文遊社より出版されます。


阿部薫に関しては、そのフリージャズと一般的に形容されるようなアヴァンギャルドなスタイルでありながら、美しく詩情に溢れたトーンと即興によって繰り出されるフレーズに魅了される人が多く、特に夭折から20年以上も経った90年代以降、彼を知らない、或いはジャズという音楽にさほど馴染みのない若い世代を中心に、今も熱心に聴く人が増えております。

その音楽性は、スタイルや時代性を超えて、純粋に「音」として訴えるものであるのでしょうか。かく言うアタシも90年代の終わり頃に、まだジャズとかフリーとかほとんど分からないハタチそこらの時に、まず聴いていきなり刀で斬り付けられたような衝撃を受け、それからその音色とアルトサックスやバスクラリネット、ハーモニカなどから紡ぎだされるフレーズの、切なく狂おしく、何とも形容し難い美しさにのめり込み、聴きまくった「非リアルタイムの若者」の一人です。


このブログにも、アルバムレビューと共に、そこらへんの話を書いておりましたら、有難い事に「本の執筆に参加しませんか?」というお声がかかり、今回個人として1項目、CD屋(現在は店舗を持たず個人で注文をお受けしているだけですが)としてブログに掲載した3枚の作品レビューを掲載しております。

執筆陣にはペーター・ブロッツマン、大友良英、柳川芳命、不破大輔、吉田隆一、Tucci、沖縄電脳少女彩、イギー・コーエン(映画監督:2020年公開ドキュメンタリー『阿部薫がいた』)、奈良真理子(元札幌ジャズ喫茶『アイラー』)、沼田順(boubtmusic)、等、ミュージシャンからライヴ関係、レコード制作の分野から幅広く素晴らしい方々が名を連ねております。きっとっ貴重な証言や深い考察をたくさん読むことが出来るでしょう。


ぜひともお手に取ってお読み頂きたいと思っております。よろしくお願いします。




















”阿部薫”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 11:45| Comment(0) | 音楽本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

ジェイムス・ブラウン THINK!

51SFgNVViFL._AC_.jpg
James Brown/Think!
(King/Polydor)


私の好きな「笑い」のジャンルに物真似というものがあります。

物真似というのは、巨匠コロッケが言っていたように「対象へのリスペクトがないと全然面白くない」という、それはそれはシビアなジャンルなんですね。

で、物真似の良い所は「それによってそんなに知らないオリジナルの歌手や俳優などを知って好きになれる」ということ。

80年代90年代のものまね四天王全盛の時代に、ちあきなおみや美川憲一、村田英雄といった素晴らしいシンガー(いずれも子供の頃テレビで観ていたはずだけど、まぁ子供だったから特に意識もしていなかった)達のカッコ良さというものを、思えば物真似の芸人さん達が極端にデフォルメした姿を通じて意識し、実物を別の場所で観て「いや、確かに物凄く特徴捉えてて物凄く似てたけどカッコイイよ、むしろ凄いよ!」

と、ようやく音楽というものを意識して聴くようになった頃とかにオリジナルの素晴らしさに気付く訳です。

邪推ではありますが、あぁもしかしてこういうのって物真似をやっている芸人さん達が「俺がものまねしてるこの人カッコイイから聴いてよ、そのためにあえて俺はおもしろおかしくやってんだよ。みんなに知って欲しくてね」と内なる声みたいなものを発してるからなんじゃないかなぁと思ったりもするのです。

そうです、リスペクトです。

リスペクトといえば、海外の芸人さんでもエディ・マーフィーという、この人はもうアタシの十代後半の多感な時期のヒーローのような人がおりまして、この人がですね、出演している映画でちょこちょことジェイムス・ブラウンの物真似をしたり、小ネタとして挟んで来たりするんですよ。

『48時間パートU』という素晴らしい映画があるんですが、この映画の冒頭のシーンで、釈放のための護送車に乗って上機嫌でイヤホンで音楽聴いてるエディ・マーフィーがバイクの殺し屋に襲撃されてバスは大破横転、聴いていたウォークマンもぶっ壊れて怒り狂うシーンがあるんですが、その護送車の中で聴いていて一緒にノリノリで歌ってたのがジェイムス・ブラウン。

散々な目に遭って怒るエディが「オレのJB!」と叫ぶシーンがたまんなく良いのです。

18の時に初めてこの映画を友人と一緒に観て大爆笑しておりましたが、何というかこのシーンには、単純にコメディとしての面白さもさることながら

「アメリカの黒人の(ちょいとワルな感じの)若者にとって、ジェイムス・ブラウンってのは正に”俺達のジェイムス・ブラウン”と言っても良いぐらい圧倒的なカリスマだったんだ」

と、観ている人間に思わせるに十分な説得力というものが、このシーンから感じられました。

アタシがジェイムス・ブラウンの頭に「俺達の」と冠して呟いたり文章を書いたりするのは、そんな『48時間PART2』のシーンに触発されたからなんです。


それで、あぁ、これを思い出したのはつい最近なんですが「そういやエディ・マーフィーは他にもジェイムス・ブラウンをネタにした映画とかあるんだろうか?」と、Youtubeで探してたんですね。


そしたらまー出てくるわ出てくるわ、テレビ番組やライヴでのジェイムス・ブラウンの物真似や、他の映画での見事なジェイムス・ブラウン祭り(!)

どの映像もあの独特の喋り方からキレッキレのダンスまでもう”そのまんま”なんですよ。そう、パフォーマンスのクオリティには異常なほどのこだわりを見せるジェイムス・ブラウンの”そのまんま”が出来るってことは、エディ・マーフィーがそのクオリティそのものをモノにするために、尋常ならざる努力を重ねたであろうことは想像に難しくありません。

エディ・マーフィーもまたプロとして、ジェイムス・ブラウンのプロフェッショナルへのリスペクトを、最高の芸で表明してるんですよね。だからどの動画も最高に面白くてそしてカッコイイ。

さあさあそんな事を考えておりましたらすっかり盛り上がってしまって、家にある”俺達のジェイムス・ブラウン”のCDを色々と物色して、実に何年かぶりにひっさびさに聴いて大盛り上がりしたのがコチラ↓




Think
【収録曲】
1.Think
2.Good Good Lovin
3.Wonder When You're Coming Home
4.Ill Go Crazy
5.This Old Heart
6.I Know It's True
7.Bewildered
8.Ill Never Let You Go
9.You've Got the Power
10.If You Want Me
11.Baby, You're Right
12.So Long


よく物真似されたり、カヴァーされたりするのは1960年代半ば以降の、ファンクの帝王となってからのジェイムス・ブラウンで、もちろんその時期のアルバムはもう本当にワン・アンド・オンリーのキレとグルーヴに溢れた、最高に最高の内容揃いなんですが、個人的にアタシは”俺達のジェイムス・ブラウン”、その歌唱力の素晴らしさは、原点となる50年代から60年代初頭にかけてのR&B時代で味わうに限るような気もするんです。

つまりは「いぇーい!今日はJBでガンッガンに踊りまくるぜぇ!!」と思う時は70年代のバリバリのファンク時代のアルバムを聴くのですが「うん、今日はジェイムス・ブラウンをじっくり聴きたい!」と思う時は、アタシは初期のアルバムを聴いている事が多いです。

初期50年代といえばアルバムとして1作目の『プリーズ・プリーズ・プリーズ』という絶対的な名盤がありますね。




最初に手にしたジェイムス・ブラウンの初期盤がやはりこの『プリーズ・プリーズ・プリーズ』で、”ファンクじゃないJB”のその圧倒的な歌唱力に「うぉ、すげぇな!」と感激したので、「これも初期の名作」と評判が高かった『シンク!』も勢いで買ってみたら、これがもー素晴らしかった。

フル・アルバムとしては3枚目。1960年のR&Bチャート7位を叩き出したタイトル曲の『THINK!』そして間髪入れずに始まる2曲目の『Good Good Lovin』のノリは完全に50年代R&Bのトッポいノリの明るいナンバーで、もう完全にノックアウトです。

そして一気にシリアスなマイナースケールでクールダウンさせるバラード『Ill Go Crazy』で得意の高音シャウトを伸ばしに伸ばして、ここまででアタシは完全に引き込まれましたね〜。ロッキンなブルース/R&Bナンバーとバラードの波状攻撃で、しかもどのトラックも間を空けずに切れ目なく流れるライヴ感のある構成で、スリリングな味わいの妙が楽しめるという意味では『プリーズ・プリーズ・プリーズ』よりももしかしたら上かも知れません。

このアルバムはジェイムス・ブラウンのアルバムとしては実質3枚目。自動車窃盗の罪で少年院に服役していた頃に知り合った仲間であるボビー・バードと結成した『フェイマス・フレイムス』を従えての、後年のキッチリと統制の取れたリーダーぶりとはまた違った「俺達で天下獲ってやるぜ!」というギラギラした野望に燃えているその気迫みたいなものがサウンドの隅々にまでみなぎっていて大変に熱いです。





↓アナログ盤



”ジェイムス・ブラウン”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:23| Comment(0) | ソウル、ファンク、R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする