2020年03月14日

イラケレ

51SFgNVViFL._A.jpg
イラケレ
(Colombia/SMJ)

今日はちと寒いのですが、これからの季節のためにちょいとホットで気合いの入るラテン音楽の極上なヤツをひとつご紹介していこうと思います。

はい、1970年代にキューバで結成され、その後「知る人ぞ知るスーパーバンド」として密かな人気をずーーーっと持ち続けているイラケレ。キューバといえば、例のライ・クーダー・プロデュースの『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』のブレイクによって一気に世界に知られるようになり、すっかり「オシャレなちょいワルな大人の音楽」と思っている方もたくさんいらっしゃると思います。

確かにキューバの1950年代からの時代を生きてきたベテラン勢達は粋でオシャレでダンディでちょいヤクザなカッコ良さが、演奏からもその風体からもムンムン匂ってきてカッコイイことこの上ないんですが、実はキューバの音楽は「それ以後」も十分アツい進化を遂げていてカッコイイんです。

ということを、イラケレを聴くとしみじみ思います。

ちょいと小難しい事をいえば、アメリカの南に浮かぶ島国キューバの音楽は、やはり戦前からアメリカの音楽と深い関係がありました。

創世記のジャズは、ニューオーリンズで産声を上げたその時既に、すぐ対岸に点在するカリブの島々の黒人たちのリズムをもうその演奏の中に取り入れていたと言いますし、そうでなくともジャズやR&Bは、常にキューバをはじめとするカリブ海に浮かぶ島々のリズムを「コレが新しいリズムだ!」と、1920年代から40年代、50年代にかけて取り込んで進化していきます。

そんなアメリカの最先端な音楽であるジャズを、今度はキューバのミュージシャン達が聴いて「カッコイイ!オレ達もこんなオシャレな音楽やるべ!!」とジャズを学び、土着の演奏をその洗練で研ぎ澄ませていき・・・といった風に、相互に影響を与え合って進化してきた訳です。

しかし、1959年にキューバで革命が起き、社会主義政権が誕生すると、今度は資本主義陣営のリーダーであるアメリカ政府とキューバ政府との間が険悪になり、思って立った交流というものがなくなってしまうんです。

ところが今度は亡命してきたキューバの人達がニューヨークとかでコミュニティを作り、隣接する黒人地区やその他の移民の人達と草の根の交流が生まれ、ジャズやR&B、ポピュラー音楽の中に、キューバの音楽の要素がよりダイレクトに入ってくるようになって、1960年代後半にはもうラテン・ジャズとかアフロ・キューバンなんて言葉はジャズの中では当たり前になって、今度は「ラテン」という言葉すら使わなくても良いぐらいに最初からラテン音楽のリズムやメロデイが入っているフュージョンなんて音楽も生まれてくるようになります。

一方でR&Bから発展したファンクが大ブームとなり、アメリカのラジオを受信出来るキューバでは、流行の最先端であるフュージョンやファンクを聴いて

「おぉ、カッコイイ!オレ達もこんなのやりたいぜ!!」

と、思ってバンドを結成する若者達が70年代に出てくるんですね。

はい、ちょいと回りくどい前置きになってしまいましたが、イラケレというバンドは、そんなこんなで70年代に出てきた、全く新しい感性を持った、キューバオリジナルのフュージョン&ジャズファンク・バンドなんです。

1973年に、ピアノ/キーボードのチョーチョ・ヴァルデスが中心になって結成され、基本編成がピアノ(キーボード)、サックス、トランペット他ホーン・セクション、エレキギター、エレキベース、ドラムス、パーカッション複数という大所帯で、音楽的な部分の多くをジャズ・フュージョンにインスピレーションを得てファンキーでグルーヴィーな演奏を展開しておりますが、アメリカのフュージョンと明らかに違う所はやっぱりアレンジの中にラテン・パーカッションが織りなす複雑で多様性に富んだリズムを大胆にぶっ込んだところでありましょう。

フュージョンっていえば何となく軽やか爽やかバカテクみたいなイメージがありますが、イラケレはバカテクの上にむせるような熱気とリズムの強烈なアフロ・ニュアンスがもんわり匂ってこれがこれがまー凄まじい勢いで聴く人をひたすら圧倒してきます。



イラケレ +3(期間生産限定盤)

【収録曲】
1.フアナ・ミル・シエント
2.イリア
3.アダージョ
4.ミサ・ネグラ(ブラック・マス)
5.アグアニーレ
6.シオマラ*
7.ポル・ロンペール・エル・ココ*
8.バイラ・ミ・リトモ*

*ボーナストラック



さあ、もうこういう音楽にごちゃごちゃ理屈はいらんでしょう。たとえばジャンルは違えどフェラ・クティとかのアフロビートとか、サンタナとかのアツくたぎるラテン・ロックのあの感じとか、初期ウェザーリポートのめちゃくちゃにファンキーでドロッとした感じとか、踊れるジャズファンクとか70年代以降のファラオ・サンダースとかのスピリチュアルなあの雰囲気とか好きな人には、イラケレが持つグルーヴのすさまじさ、その大所帯バンドが一丸となってグイグイとフロアを沸かして聴く人を腰から引き込む魅力にメロンメロンになって頂けるんじゃあないかと思います。

オススメは1980年に何とグラミー賞を取っちゃったライヴ・アルバム『イラケレ』。これは正にグループの活動がキューバで軌道に乗って、東西冷戦の隙間を上手いことすり抜けてその人気をちゃっかり世界的にしてしまった1970年代後半のアメリカとヨーロッパでのライヴを集めたもの。

のっけからパーカッションが作るリズムの洪水から、ブ厚いホーンセクションのリフにジャコパスも真っ青のうねりまくるベースラインが心に火を点けてたまらんのですが、熱いグルーヴを維持しながら中盤から後半に向けて美しいメロディをじっくり聴かせる展開があったり、ただのノリと勢いだけでなく、音楽的に素晴らしく深いキューバン・ミュージックの真髄が味わえます。











『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

posted by サウンズパル at 22:15| Comment(0) | ラテン/ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

アート・ブレイキー ア・ジャズ・メッセージ

51SFgNVViFL._AC_.jpg
アート・ブレイキー ア・ジャズ・メッセージ
(Impulse!/ユニバーサル)

2020年3月6日、ジャズ・ピアニスト、マッコイ・タイナーが亡くなりました。享年81歳。

最近はどのジャンルの音楽でも、レジェンド達の訃報が続くばかりで、本来アタシは追悼文の類はあんまり書かないようにしておりますし、それにもう大ベテランならその死を悼みつつも「今まで本当にありがとうございました、どうか安らかに。でもアナタの音楽はこれからも変わらずずっと聴き続けます」でいいと思うんです。

なので、今回もしんみりとはしません。特にこのブログは「その音楽やアーティストをあんまりよく知らない人に素晴らしい音楽やアーティストを知ってもらうブログ」です。「マッコイ・タイナーってカッコイイよ!」という事をいつものごとくなるべく小難しい言葉を使わずに紹介していきたいと思いますね。

昨日の3月7日、やはりマッコイの死を惜しむツイッターの書き込みが多く、アタシもマッコイについて色々書きました。

特にアタシにとっては、これはもうジャズという音楽にのめり込むきっかけとなったジョン・コルトレーンの全盛期といえる1960年代を支えたピアニスト。書かない訳にはいきますまい。

リーダー作『タイム・フォー・タイナー』について書いたのですが、とあるフォロワーさんの「参加作のこれがいい」という書き込みを見て

「そうだった!これがあった!!」という気持ちと「そうだった!これ最高だった!!」という気持ちの両方で、激しく首を縦に振りました。

それが、アート・ブレイキーのリーダー作『ア・ジャズ・メッセージ』。

アート・ブレイキーといえば、有名な『モーニン』を筆頭とする、自身のバンド”ジャズ・メッセンジャーズ”でのファンキーでノリノリな名盤や名演がわんさかあって、そのほとんどがブルーノートからリリースされているんで、すっかり「ジャズ・メッセンジャーズのボスでブルーノートの人」というイメージもあるんですが、ところがどっこい、メッセンジャーズでの活動の傍ら、ブルーノート以外のレーベルで、しかもジャズ・メッセンジャーズではないソロ名義の録音をひょいっと残していたりする。

で、その辺のアルバムが、まージャズ・メッセンジャーズのブルーノート作品達ほどの華やかさとかインパクトはないんだけれども、非常にリラックスした味のある良盤が多いんですよ。

ともかくブルーノートとの契約が「ジャズ・メッセンジャーズ」に限られていて、ソロでのレコーディングに関してはまぁいいよ、というか黙認という形だったのか。いやいや、インパルスで1961年にレコーディングされた最初のアルバムは、タイトルもそのものズバリの『Jazz Messengers』ではないか!一体どうなってるのかよーわからん。

ともかくも、ブレイキーは今度は単身で、ブルーノートとの契約をフツーにやっている1963年という年に、わざわざインパルスに出向いてレコーディングを行っております。

参加メンツはインパルス側が集めた面々で、唯一のホーン奏者として、ブレイキーとは40年代からの付き合いの仲間であるソニー・スティット、ピアノが当時快進撃を続けていたジョン・コルトレーンのグループにいたマッコイ・タイナー、そしてベースにこれまたコルトレーンのセッションにちょこちょこ参加していたアート・デイヴィスと、ガッチリ手堅い顔ぶれであります。





【パーソネル】
アート・ブレイキー(ds)
ソニー・スティット(ts,@BD,asACE)
マッコイ・タイナー(p)
アート・デイヴィス(b)


【収録曲】
1.カフェ
2.ジャスト・ノック・オン・マイ・ドア
3.サマータイム
4.ブルース・バック
5.サンデイ
6.ザ・ソング・イズ・ユー

(録音:1963年2月16日)


この人選は「ベテランで正統派のブレイキーとスティットの脇を、気鋭の若手のマッコイとデイヴィスに固めさせたら面白い事になるだろう」という、インパルスのプロデューサー、ボブ・シールの目論見がモロに出ております。

ブレイキーという存在感のあるドラマーのリーダー作でワン・ホーン、となると例えばソニー・ロリンズとか、もっと大御所のコールマン・ホーキンスなんかを持ってくれば、話題はかっさらえたかも知れませんが、恐らくは「それではちょっとホーンが強すぎる」との判断かソニー・スティット。

しかし、スティットはこういうセッションでは確実に良い仕事をするサックス吹きです。バッパーとしては抜群のテクニックを持っていながら堅実に共演者のスタイルに合わせて引き立てることも出来る。しかもブレイキーとは若い頃からの共演で互いのクセをも知り尽くした仲、ついでに言えばジャズ・メッッセンジャーズでは聴かれない若干オールドスタイルのプレイもきっとこの2人なら聴かせてくれるはず。

という訳で、スティットは全編で上手い具合に大活躍、とはいってもバリバリに吹きまくってるというのではなく、ここでは常に若干の余力を残しながらの、押しも引きも心得て全体を引っ張る見事に大人なフロントプレイ。マッコイも程よいバランスでもって情念と情緒の間を行き来する知的なプレイであり、アート・デイヴィスのベースに至ってはピタッ、ピタッとブレない音程で気持ちのいいウォーキングのお手本のようなベースラインを聴かせます。

リーダーのブレイキーのドラムも、ジャズ・メッセンジャーズのように派手なロールをバシバシ決めたり、フロントを煽りまくるスタイルではなく、いつもよりリラックスした貫禄のドラミングですね。しかし1曲目「カフェ」のオープニングはラテン・パーカッションのビートだし、スティットのソロの前に「ャア」と気合いを入れる声が聞こえたり、しっかりと野性味を感じさせる”いつものブレイキーもしっかりとおります。

2曲目「ジャスト・ノック・オン・マイ・ドア」は、スティットがアルトに持ち替えて朗々と吹くブルース。ブレイキーのドラムは余裕の叩きっぷりですが、おおらかな良いグルーヴです。そしてマッコイのピアノも洗練された都会のファンキーさ。

3曲目「サマータイム」はもう有名過ぎるぐらい有名な哀愁ナンバーですが、やや早めのテンポでキレ良く吹くスティットのシンプルなアドリブが好調。コルトレーンがアトランティック盤『マイ・フェイバリット・シングス』に収録したサマータイムとちょっと雰囲気が似てますから、マッコイのプレイも左手の「バーン!」からの右手の「コロコロコロ・・・」が出てきてややコルトレーン・バンドでの演奏っぽくなっております。デイヴィスの安定した歌心溢れるベースソロもお見事です。

4曲目「ブルース・バック」は、今度はテンポをグッと落としたスローブルースですね。ブレイキーの重く引きずるようなビートに導かれて眺めのイントロを弾くマッコイのピアノは実にアーシー、その後にアルトを吹くスティットの泥臭さもたまんないです。サックス奏者の実力を聴き分けるには、その人が吹くブルースを聴けば良いとはよく言いますが、ここでのスティットのゴキゲンに粘るアドリブはもう超一流の証ですね、その後の触発されたマッコイのソロがまた最高にブルースです。

そして5曲目、個人的にこのアルバムの目玉曲だと思っている「サンデイ」であります。や、曲自体はミディアム・テンポのカラッと明るいどこにでもありそうなさり気なく優しい曲なんですが、ウキウキするようなブレイキーのドラムとデイヴィスの弾むベース、「ふわぁ〜」と吹くだけで空気が華やぎ、そしてシンプルなテーマから無限の素晴らしい”歌”が出てくるスティットのテナーによるアドリブ、それを引き継いで美しいフレーズを小節毎に丁寧に重ねていくマッコイの端正なピアノ。この連携が本当に素晴らしいんです。

一言でいえばこのアルバムは「ブレイキーのリラックスした日常なセッション」であり、どちらかといえば派手なインパクトのあるジャズ・メッセンジャーズの作品に比べると地味な印象があるかも知れません。でも、ブレイキーはじめ他のメンバー達のリラックスした演奏ならではのまとまりの美しさと、くつろぎながらも集中して聴くとグイグイと引かれる味わいの深さみたいなものが、他のどのアルバムにもないぐらい素晴らしく充実してるんです。

そしてラストを飾る「ザ・ソング・イズ・ユー」無伴奏で高らかに歌い上げるスティットのサックス、さり気なく入って品よく感動をキープするリズム、美しく流れる高音を軽快に転がすピアノと、この全てが”ちょうどいい”アルバムのクライマックスを大団円でしっかりと決めてくれます。いやぁ良い、良いアルバムです。








ア・ジャズ・メッセージ







”アート・ブレイキー”関連記事

『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 21:15| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月29日

ザ・クール・サウンド・オブ・アルバート・コリンズ

51SFgNVViFL._A.jpg
ザ・クール・サウンド・オブ・アルバート・コリンズ
(TCF HALL/オールディーズ)


10代の頃にそのライヴ映像をビデオで観てぶったまげた、というよりもやってる音楽はまぁコレが渋いブルースって言うんだろうなーとかぼんやりと思いながらではあったんですが、10フレットだか12フレットだかとにかくありえない位置にカポタストはめたギターで、カッティングは一切せずに引くにはソロと歌の途中の単音弾きだけ。

で、演奏のクライマックスの時に長ーい長ーいシールド(ギター用語で接続コードのことです)を引きずって客席に行き、そのまんま結構後ろの方までおうおうと歩いて行って客席に座ってそこでギターソロを弾くというアルバート・コリンズなるブルースマンのプレイ、や、プレイスタイルに「何じゃこのオッサンは!?」となりました。

それから多分5年ぐらい経って、それまで戦前ブルースとか弾き語りのダウンホームなやつしかグッとこなかったのに、一丁前に戦後のエレキキュイーンのブルースの良さがようやく分かりかけてきたその時、パラパラっと眺めてた音楽雑誌で「テキサスブルースのヤバい人」と、アルバート・コリンズの写真付き記事が載っておりました。

「おぉ、この人は昔ビデオで見たことあるぞ!」

と、思い出したのと「テキサスブルース」の文字に惹かれ、その足でフラッとCDショップに立ち寄って、コリンズのアルバム『フロストバイト』を勢いで購入したんですね。




このアルバムがもう凄かった。テレキャスターのジャリジャリしたぶっとい音が、ぎゃいんぎゃいんがこんがこん耳に突き刺さってはヘヴィな余韻を残して、また突き刺さってはヘヴィな余韻を残して・・・で、もう本当に「何で俺は10代の時このカッコ良さに気付かなかったんだろう」と激しく後悔する程のインパクトでありました。

この『フロストバイト』というアルバムは、1970年代末に契約したアリゲーター・レーベルからの1枚で、このアリゲーターからのアルバムっていうのはコリンズの名前がブルース好きのロックファンも含め、広く世に知られるきっかけとなった作品として、とにかくもう「コリンズといえばこれ!」なやつだったそうです。

アルバート・コリンズは1932年の生まれで、デビューしたのが1950年代。

最初はオルガン奏者になるべく一生懸命オルガンを弾いていたのですが、ある日愛機のオルガンが盗まれてしまった「頭きた!オレはギタリストになってやる!!」と、ギターに転向したというから、まーどこかぶっ飛んでる思考の人でありますな。

ギターに関してはTボーン・ウォーカーやゲイトマウス・ブラウンという同郷の2大スター、特にそのありえん位置にカポ付けて、テンションをギンギンにした状態の弦を人差し指で根こそぎ引っ張り上げるという力技はゲイトマウス・ブラウンからの影響を強く感じさせます。

さてさて、オルガン盗難というショッキングな出来事をギターの猛練習で克服し、早くも50年代が始まろうとしていた頃にはセッション・ギタリストとしてちょいとは名前が知られるようになり、1958年にはソロ・シングルも出し、60年代も地元テキサスを中心になかなかの人気でもって爆走しますが、1970年代に入ると仕事も少なくなってギター抱えてドサ周りの日々に明け暮れておりました。

そんなこんなの何とか食うための日銭を演奏で稼いでいた1978年、ブルース好きによるブルース好きのためのレーベル”アリゲーター”から声がかかり、ほとんどここの看板ブルースマンとして、また、彼を尊敬するスティーヴィー・レイ・ヴォーンやロバート・クレイといった後輩人気ギタリスト達からのリスペクトも後押しする形で、コリンズは再び快進撃を続け、90年代にはレーベルを移籍するも、そこでB.B.キングやジョン・リー・フッカー、ゲイリー・ムーアーなど、新旧の大物達と楽しくコラボするアルバムも多数出しておりましたが、93年にまだまだこれからの61歳という惜しい年齢であの世へ旅立ってしまいます。






ザ・クール・サウンド・オブ・アルバート・コリンズ

【収録曲】
1.Frosty
2.Hot N' Cold
3.Frost Bite
4.Tremble
5.Thaw-Out
6.Dyin' Flu
7.Don't Lose Your Cool
8.Backstroke
9.Kool Aide
10.Shiver N' Shake
11.Icy Blue
12.Sno-Cone II

さて、中堅として脂の乗った1980年代のプレイに激しく感動したら、やっぱり若手として暴れていた初期の音源を聴きたいというのが、人間の摂理でございます。

本日はそんなコリンズの、まだソロアーティストとしてはテキサスのローカル。ギタリストだった時代のTCF/HALLといったレーベルから思に1960年代にリリースしていた初期音源を集めたアルバム『ザ・クール・サウンズ・オブ・アルバート・コリンズ』をオススメに挙げておきましょう。

アリゲーター以降はやはりロックやファンクにも対応できそうなモダンなビートに、全体的にトンガッたサウンドですが、やっぱりこの時代のオルガンとかラテン風味のビートとか、ちょいとレトロでサイケデリックともいえるサウンドの質感がとても60年代のオシャレな音楽って感じでとてもポップなバックに突き刺さるコリンズのギターの音は、やはり鋭くズ太く強烈なんですね〜。

コリンズは初期の頃は歌を歌わず、専門のギタリストとしてシングルももっぱらインストゥルメンタルが中心でありました。

このアルバムでもブルースというよりもまるでサーフロックみたいなバリバリにモンドなインストナンバー(オルガン、サックスがシビレるぐらいカッコイイ!)でその後年よりも引き出しの多いギタープレイを堪能出来ます。代表曲でライヴでもド定番の「フロスティ」「フロストバイト」なんかももうこの時期にしっかりと完成してます。









”アルバート・コリンズ”関連記事

ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

posted by サウンズパル at 22:59| Comment(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする