2022年08月29日

ジョン・コルトレーン ジュピター・ヴァリエーションズ

51SFgNVViFL._A.jpg
ジョン・コルトレーン/ジュピター・ヴァリエーション
(Impulse!/ユニバーサル)

コルトレーンが1960年代の初め頃から率いてきた、マッコイ・タイナー(p)、ジミー・ギャリソン(b)、エルヴィン・ジョーンズ(ds)のカルテットは、およそ5年間の活動の中で多くの作品を世に出し、その中でコルトレーンというミュージシャンを、単なるジャズ・テナーの巨人という評価にとどまらない60年代最高のカリスマという位置にまで押し上げてきましたが、このカルテットは1965年に更なる音楽の探究に乗り出したいコルトレーンと、他のメンバー達との理想の食い違いによってあえなく崩壊してしまいます。

で、コルトレーンは新たにファラオ・サンダース(ts)、アリス・コルトレーン(p)、ラシッド・アリ(ds)という若手をメンバーに加え、大胆なフリーフォーム、1曲20分は超える長時間演奏という過激なアップデートを経た演奏を武器に再出発します。

ところが、この頃既にコルトレーンの体は深刻な病魔に蝕まれており、新バンド結成から僅か1年程、まだまだこれからというところであの世へと旅立って行ってしまいます。

後にファン達が「晩年のコルトレーン」と呼ぶようになる新生コルトレーン・クインテット、活動期間は僅か1年、その間にリリースしたスタジオ・アルバムは『エクスプレッション』のみだったという事は、なかなかに重い事実であります。

しかし、新バンド結成から亡くなるまで、コルトレーンはこれまで以上に精力的に活動して、ひっきりなしにライヴを行い、スタジオにも入っておりました。

オフィシャルなものでもライヴ盤は生前に出された『ヴィレッジ・ヴァンガード・アゲイン』があり、死後も『ライヴ・イン・ジャパン』や、近年では『オラトゥンジ・コンサート』『ライヴ・アット・ザ・テンプル大学』などなど、そしてスタジオ盤ではラシッド・アリとのデュオ『インターステラー・スペース』『ステラー・リージョンズ』など、これが何で発表されなかったんだろうと思えるほどの素晴らしいクオリティを誇る作品がリリースされております。

スタジオ録音に関しては、コルトレーンがスタジオで回していたテープを奥さんのアリスが譲り受け、それを発掘のプロであるマイケル・カスクーナが中断部分やミステイクを丹念に削って作品化し、色んな手続きを経て世に出された。という訳なんです。

さて、本日ご紹介しますアルバム『ジュピター・ヴァリエーション』は、晩年のコルトレーン・クインテットの未発表スタジオ録音最大の成果と言って良いほど見事な「作品」であります。

実は、このアルバムに入っている演奏は、コルトレーン死後に一度世に出た事があります。

まずは2曲目の「ピース・オン・アース」、これは『ライヴ・イン・ジャパン』における美しい名演で知られる曲ですが、アリスがコルトレーンに死後、スタジオテイクに自身がアレンジしたストリングスとチャーリー・ヘイデンのベースをオーバーダビングしてリリースした『インフィニティ』というアルバムで聴けます。

そして、3曲目『ジュピター(ヴァリエーション)』と4曲目『レオ』は、ご存じラシッド・アリとのデュオ盤『インターステラー・スペース』のボーナストラックとして聴けるのですが、ここで「なーんだ、他で聴けるんならこのアルバムいらねぇや」と思うのはちょーーーっと待ったぁーーー!なのであります。

href="https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8
%83%A5%E3%83%94%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%9B%A4-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3/dp/B098Q83BCS?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=172VDB4W8VT3P&keywords=%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3&qid=1660482057&sprefix=%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3+%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3%2Caps%2C253&sr=8-208&linkCode=li2&tag=soundspal-22&linkId=a2aba1cd8cf590a544af39787d8c1b1b&language=ja_JP&ref_=as_li_ss_il" target="_blank">
【パーソネル】
ジョン・コルトレーン(ts,,bells-@A)
ファラオ・サンダース(ts,tambourine,wooden fluteA)
アリス・コルトレーン(p,@BC)
チャーリー・ヘイデン(b,@)
ジミー・ギャリソン(b,@BC)
ラシッド・アリ(ds)
レイ・アップルトン(perc,@)


【収録曲】
1.ナンバー・ワン
2.ピース・オン・アース
3.ジュピター (ヴァリエーション)
4.レオ

(録音:@1967年3月7日,A1966年2月22日,BC1967年2月22日)


まず、このアルバムが”作品”として非常に優れているのですよ。前半2曲をクインテットの演奏、後半2曲をコルトレーン×ラシッド・アリのデュオにした事で、聴きどころが非常に鮮明になって、4曲の緩急豊かな流れからダレることなく聴き通せる(それでも1曲の密度がかなり濃くてヘヴィなので心して聴くべし、なのですが、それはまぁこの時期のコルトレーンの演奏全部がそうだと思ってください)し、そういう流れで聴くと、特に後半のデュオが、全編デュオの『インターステラー・スペース』とはまた違った感じでより生々しく輪郭が浮き上がってくるんです。

1曲目『ナンバー・ワン』は、新生コルトレーン・バンドの自己紹介のようなフリーフォーム・ナンバー。不穏な空気が螺旋状に渦巻きまがら、コルトレーンが叫ぶ11分強の演奏です。ラシッド・アリがシャンシャンと細かくシンバルを刻み、アリスがカラコロガラゴロとちょっと儚い感じの鍵盤を転がしてジミー・ギャリソンが「ボウン、ボウン」と入魂の弦を弾く。そしてコルトレーンがアツくなればなるほどバックの醸す雰囲気がどんどん深い所へと沈み込むような、一言で”フリー”とは言えない荘厳な雰囲気であります。

2曲目『ピース・オン・アース』は、何と言ってもメロディが綺麗です。コルトレーンが吹くメイン・フレーズが徐々に形を変えたり崩したりしながら、感情の奥底から湧いてくるような希求のようなものを描きます。細かい”リズムのないリズム”を淡々と刻んでいるラシッド・アリのドラムと、クラシックの印象派のようなアリスの美しいピアノが涼やかに鳴り響いていて、ファラオの木製フルートがチラッと出てきて温もりを置いてゆく。ライヴ・イン・ジャパンの25分越えの陶酔感にどっぷり浸れるヴァージョンも良いですが、このギュッと凝縮された8分間もなかなか良いもんです。

そして後半のラシッド・アリとのデュオ。まずは『ジュピター(ヴァリエーション)』。コルトレーンとアリのデュオは、単純な”クインテットの他の楽器を抜いたもの”ではありません。コルトレーンもアリも、バンドのメンバーという枠を取っ払って、それぞれが一人の表現者として裸で向き合っている感じがします。「ゴボッ!ゴボッツ!」とひとつひとつの音を強めに吹くコルトレーンに対し、細かい音の拡散で上昇気流を作り、その上で更にコルトレーンが飛べるように空気を作ってゆくアリ、よく聴くと絶妙なアクセントでバスドラも細かく踏んでいて、ドラムの打撃の音域全体にも鋭く神経通しております。

ラストの『レオ』は、更にコルトレーンのテンションが上がり、最初からフルに飛ばしていて、これは本作中最も熱い演奏です。アリも物凄く力が入っていて、「スネア→タム→シンバル→」と、ぐるぐるぐるぐるリズムを旋回させて、高高度でコルトレーンのテナーと激しい一騎打ちを繰り広げている感じで、スネアを刻むアクセントの「タタタタタタ!」にバスドラが加わって、更にタムの連打も併せて「ズドダダダダダダダ!!!!」になるところなんか、もうね、もう凄くカッコイイですね。

ラシッド・アリは元々マックス・ローチのドラミングを凄く研究していて、特にソロ楽器のアドリブに対応するローチの細やかなリズム・チェンジを自らのドラム奏法に取り入れているそうです。ローチはあくまでオーソドックスなスタイルのドラマーではありますが、なるほどコルトレーンがサックスを吹き止めて鈴を鳴らしている時のドラムソロみたいなパートを聴くと、ローチの細かくたたみかけるソロからの強い影響が感じられるような気もしますが、何より「パシィ!」と響く出音の鋭さに「おぉ、確かにそうだ!」となって興奮しちゃいます。すいません、今正に聴きながら興奮しながら書いてますんで文章がちょっと先走ってる感満載なんですが、そこはご容赦ください。

『ジュピター・ヴァリエーション』前半の人数多めの演奏が内省的で、後半のデュオがハイテンションなんですよね。というか、これこそが晩年のコルトレーンの”色”だと思います。発掘モノとくればファン向けで〜と思う人もおるかも分かりませんが、この作品は「コルトレーンの晩年のフリーになった演奏ってどんななんだろう?聴いてみるべか」とお試しになりたい人にとっては特にこの時期のコルトレーン・サウンドを無駄なく分かりやすく伝えてくれる作品なんじゃなかろうかと思います。






”ジョン・コルトレーン”関連記事


posted by サウンズパル at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 大コルトレーン祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月17日

大コルトレーン祭2022


皆さんこんにちは、諸事情によりブログを長期休眠させておりましたが、リハビリがてら無理のないペースで再開していこうと思います。

さて、そうこうしている間に毎年恒例夏の風物詩『大コルトレーン祭』の7月17日がやってきましたね。

51SFgNVViFL._A.jpg

いつものようにシャワーを浴びて水に浸かって(なんせ座ってるだけでも汗がダラダラ出てくる酷暑ですんで)、さっぱりした気持ちで取り出したのは、単純に「好き」という意味で一番な『ラッシュ・ライフ』です。

これはねぇ、マイルス〜モンクのバンドで自身を鍛え上げ、ジャズ・テナー奏者として円熟したコルトレーンの、本当に素晴らしいジャズのコクみたいなものがたっぷり詰まった一枚なんですよね。




このアルバムについては上のリンクにレビュー書いてあるんですが、それより何より1曲目『Like Someone In Love』という美しいバラード曲で、もう最初の最初に響くテナーの高音部が悶絶するほど美しいんですよね〜。

そしてお出かけの準備をしながらレコードで聴きたくなったのがコチラ

DSC_1066.JPG

”猫ジャケ”もかわいいトミー・フラナガンの『ザ・キャッツ』セッションです。


これはですのぅ、一応トミー・フラナガン名義にはなってはいるものの「この人がリーダー!」みたいなのじゃないんですわ。当時このPrestigeレコードがよくやっていたテキトー・セッション(言い方)。コルトレーンと仲の良かったデトロイト出身のトミー・フラナガンやケニー・バレルやポール・チェンバース達がリラックスした雰囲気で行ったジャム・セッションなんです。

詳しくはレビューを読んでいただくとして↓



50年代の、いかにもハードバップって感じの不良っぽさが大変によろしいですな〜♪

さて、お出かけから帰ってきて今度はコルトレーンが60年代に入ってジャズの枠組みをハードに逸脱しかけたゴリゴリのヤツが聴きたくなってきました。どれがいいかな、そらもうコレよ。


51SFgNVViFL._AC_.jpg

はい、1曲40分、コルトレーン以外に前衛とかフリーとか言われた若手サックス奏者なんかが大勢参加した『アセンション』ですね〜。

とにかく曲が長いのと、最初のテーマ(らしき部分)やソロの合間にホーン軍団がそれぞれ「ゴー!」とか「ぶぎゃー」とか叫んでるから、相当覚悟して聴かなこれ潰されるとかビビリまくってたし、雑誌のレビューとか読んでも「衝撃の問題作」とか書かれたたりしてた、いわば「コルトレーン、好きか嫌いか」みたいのが試されるようなアルバムではあるんですが、よくよく聴けば各人のソロは割ときっちりチェンジしてるし、マッコイ・タイナー(p)、ジミー・ギャリソン(b)、エルヴィン・ジョーンズ(ds)のリズムは「意地でも崩さん!」とばかりに定型を守ってるんで、そんなに言われてるような無茶なアルバムではないです。

ただ、作品全体から迫ってくるパワーは相当なものがありますんで、その圧倒的パワーにサンドバッグにされる快感はかなりのもんでしょう。





個人的には「ずっと絶叫」のファラオ・サンダースと「フリーっぽいのに何だか優しい」マリオン・ブラウンのソロがすげー好きです。

という訳で、今年は目出度く朝からコルトレーン三昧。大コルトレーン祭は例によって7月はほぼ毎日、8月は別のアーティストのレビューを挟みながら夏が終わるまでやりますね。皆さんどうぞよろしくお願い致します。





”ジョン・コルトレーン”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』


サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 大コルトレーン祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月26日

セロニアス・モンク パロ・アルト


51SFgNVViFL._AC_.jpg
セロニアス・モンク/パロ・アルト
(Impulse!/ユニバーサル)


「モンクの未発表凄くいいよ!」

という評判がネット上で流れたのはいつだったか、とにかく大好きなセロニアス・モンクの未発表ライヴ音源がリリースされると聞いて興奮しないアタシではありません。

ともあれジャズの世界では「未発表」ってのはちょくちょく出ますね。特にジョン・コルトレーンやビル・エヴァンスなんかは、もう時候の挨拶ぐらいの勢いで、数年置きに未発表音源がどこかかからか発掘されたり、或いは昔海賊盤で出ていたものがややこしいいくつもの手続きを経て、ようやっとメジャーレーベルからジャケットとか音質とかが改善されてリリースされたりしております。


内容はスタジオセッションの残り音源だったり、ほとんど隠し録りに近い音質でのプライベート録音のブツであったりして、”質”でいえばアーティストの生前にリリースされた公式盤と比べたら確かにこれは未発表音源だよなぁと、納得する訳です。好きなアーティストの聴いたことがない演奏ってだけでそりゃあ嬉しいので、ちょいとばかり音質が悪くても脳内補正をしながら何度も何度も聴き込んだり、えぇ、よくやりました。

それでも一流の演奏家による、気合いの入った熱演である事には変わりなく、時に「うはぁぁぁあ!このアレンジは他のどのアルバムのよりカッコイイ!!」というクオリティに到達するものがあって、密やかなお気に入り盤となったアルバムも結構あるので「未発表」という言葉を聴けば熱い期待を抱かずにはおれませんね。

セロニアス・モンクの話に戻ります。実はモンクって人は、これだけのビッグネームでありながら、死後リリースされた未発表音源というものが比較的少ない人であります。

ちょっとどういうのが出てたっけ・・・?と思い返しても大体数枚ぐらいですね。だから

「セロニアス・モンクの未発表ライヴ。しかも、どっかの高校で行われたコンサートの音源」

と聞いて、一体全体どんな演奏で、しかもそれがどんな録音状態で録音されているのもか、全く想像もつかず、それだけに色々と聴く前から想像を巡らせて楽しく過ごしておりました。


ちょいとセロニアス・モンクという人の経歴についてサラッとまとめると

・1940年代...バリバリのテクニックを持つ凄腕のピアニストとしてニューヨークで名を知られるようになる。40年代後半にはビ・バップ・ムーヴメントの立役者の一人となり、それまでにない独自のスタイルを築き上げる。BLUENOTEからデビュー作となる2枚のアルバムをリリース。

・1950年代...1952年にPrestigeからアルバム2枚をリリースするも余りにも個性的過ぎて一般にはあまり理解されず、挙句冤罪逮捕されアメリカ国内での演奏活動が出来なくなってしまう。Prestigeからソニー・ロリンズをゲストに招いたセッション(1953〜54年録音)がアルバムとしてリリースされる。1954年フランスのVogueにてソロ・ピアノ・レコーディング。

・1950年代半ば〜後半...ようやく表舞台に復帰し、Riversideと契約。まだまだ一般の認知度は低かったものの、その斬新な音楽性と独特なピアノ・スタイルは徐々に評判となる。彼を敬愛するジョン・コルトレーンなどの後輩ミュージシャン達の助力も認知の後押しとなる。

・1950年代末〜60年代初頭...Riversideでは、後に代表作と呼ばれる作品が次々とリリースされる。60年代にはテナー・サックスのチャーリー・ラウズをはじめとする固定メンバーからなるカルテットを結成。大手Columbiaレーベルと契約。安定した活動期を迎える。

1960年代後半〜70年代初頭...孤高のピアニストとして世界中で確かな個性と実力が評価されるもモンクの健康状態が悪化。68年にColumbiaとの契約終了。71年のレコーディングを最後に表舞台には全く出なくなってしまう。

という感じであります。

で、この『パロ・アルト』と名付けられた未発表音源は、モンクの安定期と言える1960年代半ばのものです。

メンバーはチャーリー・ラウズがテナーにラリー・ゲイルズのベース、ベン・ライリーのドラムといえば、ライヴ映像でかなり良い感じだった『オスロ66』のメンバーと同じ。いや〜、あの映像は今ではYoutubeなんかで検索したら出てくるはずですが、モンクのピアノはもちろん小さいバスドラとスネアとハイハット、そしてシンバル1点しかないドラムセットで淡々とリズム刻んでるベン・ライリーに、牛乳瓶の底みたいなブ厚い眼鏡かけて黙々と横に向けてベース弾いてるラリー・ゲイルズとかの見た目の異様なインパクトもあって、凄い映像でした。おほっ、これは期待が高まります。




パロ・アルト ~ザ・ロスト・コンサート



【パーソネル】
セロニアス・モンク(p)
チャーリー・ラウズ(ts,@AC〜E)
ラリー・ゲイルズ(b,@AC〜E)
ベン・ライリー(ds,@AC〜E)

【収録曲】
1.ルビー・マイ・ディア
2.ウェル・ルー・ニードント
3.ドント・ブレイム・ミー
4.ブルー・モンク
5.エピストロフィー
6.アイ・ラヴ・ユー・スウィートハート・オブ・オール・マイ・ドリームス
(録音:1968年10月27日)



いや〜、正直これはぶったまげました。つうか、今もこのアルバムを「期待以上に素晴らしいものだった」と、通り一遍の言葉でまず綺麗にまとめていいもんかと思うぐらいに凄いライヴでした。

まずですね、アタシが「これは良い」と思うモンクの作品って、とにかくモンクが弾くピアノが異次元までぶっ飛んでいて、それに触発されたメンバーのプレイが尋常じゃないテンションにまで引き上げられて、ぐわぁ〜とこう摩訶不思議世界が構築されてゆくみたいな作品でした。

ほんで、ラウズ参加後の60年代の安定感のある作品は「なかなかにいいんだよね〜♪」と、頻繁に愛聴する。みたいな位置付けであったんですが、それがこのアルバム聴いてから根底から揺らぎそうなんですよ。


演奏内容について触れる前に、音質です。

一言「バカなんじゃないの!?」ってぐらいクリアかつ臨場感あります。

大体この時代のプライベート音源って関係者が持ち運び式の簡易録音装置にマイク繋いで、それで周りのザワザワした音とかもハッキリ入ってて、どころかマイクの位置によってはそのザワザワの遥か向こうで演奏が鳴ってるようなものが多かった。で、大体管楽器とドラムのバシャバシャした音以外の、ピアノとかベースはほとんど聞こえない。

それが何ですかこれは。ピアノもベースもドラムも”ちゃんと聞こえる”どころのレベルじゃなくて、音のバランスが最高で、どの音も引っ込んでない。

演奏内容では、前評判で「チャーリー・ラウズが凄くいい」の通り、凄くいいです。

ラウズといえば、彼以前のモンクとの共演者が、ソニー・ロリンズとかジョン・コルトレーンとかジョニー・グリフィンとか、超パワフルな個性派だったこともあって、何かと比較されて地味だの何だの言われておりますが、いやいやいや、全然そんな事はなくて、むしろモンクの特異な音楽を最も良い感じに消化して、複雑な展開の中で絶妙な”押しと引き”を唯一体現出来たテナーマンだと思うのです。

とはいえ、ただモンクに合わせていただけではなくて、特にライヴではモンクに代わって演奏をグイグイ引っ張って方向性を決定付けるなんてこともサラッとやっていて、このライヴはそのリードぶりが際立っております。

それと、このクリアな音質でガンガン前に出ているラリー・ゲイルズとベン・ライリーの見事なリズムのコンビネーション。

モンクのコンセプト自体がそうというのもあって、この2人はド派手に大見栄を切るようなことは決してやりません。決してやりませんが、全く無駄のない、絞りに絞った音数の中で強靭なグルーヴを積み上げてゆく。たとえばスネアが「スタッ!」と鳴るだけで、ベースの弦がちょっと空白を置いてから「ブボン」と鳴るだけで不思議なゆらぎとうねりが生まれており、その上でピアノを弾くモンク、テナーを吹くラウズがですね、実に気持ち良さそうなんですよ。

特にモンクの演奏には、モンクがいきなりバッキングから抜けたり、無音になったりする瞬間があったりするんですが、それはバンド全体の息がよほど合ってないと「あれ?何か間違ったかな?」ぐらいにしか思えないところを、この時期のモンクはその”音がないところ”を全部カッコ良く決めてます。

ここでふっと思いました。「これはセロニアス・モンクのライヴっつうより”セロニアス・モンク・バンドのライヴ”として最高なやつなんじゃないか」と。

はい、さっきも言いましたがセロニアス・モンクって人は、余りにも独創性が高過ぎて世間に理解されるまでに時間がかかった人であります。が、初期から50年代までのアルバムを聴いていると、そんなモンクと周囲の噛み合わなさや、モンク一人がぶっ飛んでいて、共演者が悪戦苦闘しているところに独特のスリルや緊張感が生まれ、それがカッコ良さになっていました。いわば単独のカッコ良さです。

が、60年代。特に60年代半ば以降は、長く活動してきたレギュラー・メンバー達がモンクと共演を繰り返すうちに鍛えられ、ある意味において”孤高”と呼ばれたモンクと同じ領域に達した演奏が出来るようになってきた。で、バンドとしてのカッコ良さが、この時期最高に練り上げられていたんじゃないかと。

確かに60年代半ば以降、モンクは精神状態が悪化して気力の衰えみたいなものがあったかも知れませんが、メンバー達の洗練を極めたプレイに、その分はしっかりとカバーされ、ウィークポイントにはなっておりません。むしろメンバー達の隙の無い好演を受けたモンクのピアノは、鍵盤の上で嬉しそうに踊っているようにも聞こえるのですがどうでしょう。


とにかくこのライヴ、通して聴く前にあっという間にアタシの中でお気に入りだらけのモンクの作品群の中の更に好きな”特別”の仲間入りをしました。いやぁ、本当にすげぇやモンク・バンド!と、しばらくは狂喜の歓声しか出てきません。
















”セロニアス・モンク”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 23:19| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする