2018年11月18日

ジェリー・リー・ルイス グレイテスト!

625.jpg

ジェリー・リー・ルイス/グレイテスト!
(SUN RECORDS/SOLID)

前回に引き続きピアノに乗った火の玉ボーイ、ジェリー・リー・ルイスでございます。

1950年代というのは、いわゆる”戦後”が始まった時代でありますが、その余波のような形で人々に訪れたのは、価値観の大幅な変化であります。

第二次世界大戦というのは、言うまでもなくアメリカやイギリス、フランス、ソ連、オランダなどの連合国が勝利し、日本、ドイツ、イタリアの枢軸国が敗北しましたが、勝った側の連合国も、ヨーロッパの国々は元々国力が疲弊していて、勝ったとはいえ植民地を手放したり、本土が戦闘のダメージを負ったり、なかなかに厳しい状況でした。

一方でアメリカは主要な戦場で国力の圧倒的な差を見せつけ、かつ本土はほとんど攻撃されず、漁夫の利を得たソ連と共に、大戦後は世界の舵取りをほぼ握る程の躍進を手に入れました。

その後に勃発した朝鮮戦争で半島の北半分をソ連や中国の影響下に置かれたとはいえ、アメリカは50年代には不動の超大国になっておった訳です。

そんなイケイケのアメリカでは、それまでの都市部への人口の集中がピークを越え、郊外に広い家を買い、キャデラックに乗って買い物に行ったり遊びに行ったりするという、新しいライフスタイルが「成功の象徴」と言われるようになりました。

そして十代の若者達の間では

「街の高級クラブでキチッとした身なりで優等生なパーティーに行くのはもう古い、俺達は派手な車に乗ってカジュアルなオシャレをして、騒ぎたいように騒いで踊りたいように踊れるようなパーティーに行くんだぜ」

と、まぁ極端に言えばそんな価値観が生まれて来たんですな。

ロックンロールという音楽は、そんなアメリカの郊外に住む若者達にとって、最高のダンスミュージックであり、同時に自分達のライフスタイルを代弁するような音楽であった訳で、学校や車やクレイジーなダンスパーティーのことなどを、構えない派手なパフォーマンスで踊りながら歌い、エレキギターのやかましいサウンド(当時はギターをアンプに繋いで電気増幅された音を出すということだけでそれはもう画期的なことだったんです)を響かせて、装飾のないストレートな言葉で吐き出すチャック・ベリーの音楽がまず白人の比較的裕福なティーンエイジャーに受け、それから白人側からも多くのスターを生んだのです。

で、ジェリー・リー・ルイスという人は、ピアノという「正しい姿勢で座って弾く」というのが当たり前だったこの楽器で足をツイストさせたり、ノリにノッて立ち上がったり、はたまた座っていた椅子を蹴り飛ばしたりという、ギターに負けない派手なパフォーマンスで、ギタリスト以上のクレイジーぶりを発揮、更にその「ワルガキ」そのまんまな破廉恥で破天荒な性格によって、同時代の若者達の「古臭い価値観をぶっ壊して自由になりたいぜ!」という願望の体現者となることで、時代の象徴となりました。


「ロックスター」という言葉は、今も成功したロックミュージシャン、その中でも様々な”伝説”の持ち主を指して使われることのある馴染みの言葉ですが、アタシはこの言葉がしっくりくる最初のアーティストこそ、ジェリー・リー・ルイスだとつくづく思うのです。

さて、前回はエルヴィスやジョニー・キャッシュ兄貴を世に出した、南部の中堅都市メンフィスにあるサン・レコーズからデビューして、大成功を収めるまでのジェリー・リー・ルイスのエピソードを皆さんに読んで頂きましたが、光があれば闇があり、表があれば裏があるのが世のならわしで、デビューしてスターダムにのし上がった後のジェリー・リーにもトラブルが襲い掛かります。

この人のスキャンダルといえば、まず女性問題です。

まぁカッコイイしピアノも歌もズバ抜けて上手いし、そしてその破天荒な性格から醸し出されるキケンな雰囲気というのは、異性から見たら非常に魅力的なものだったと思うんです。デビューしてブレイクするまでに、実はこの人2回結婚しておりまして、22歳の時に3回目の結婚をしました。

この相手というのが、実にまずいことに13歳の未成年で、しかも従兄弟の子供だったんですね。

特にまだキリスト教的な価値観が根強く残っていたアメリカです、そうでなくても「未成年者を、しかも親戚の子供をたぶらかして嫁にするなんて不道徳だ!」となります。更にこの時実は2人目の奥さんとの離婚が正式になされておらず、重婚となっていたことで「重婚なんて信じられない、神への冒涜だ!」と、凄まじいバッシングが沸き起こります。えぇ、フツーにそうなります。

空前のロックンロール・ブームの中、デビュー1年目でそのシーンを代表するスターの一人としてもてはやされていたジェリー・リーは、この一件により、ラジオで「不適切なアーティスト」と指定され、番組やツアーも次々キャンセル、つまりは芸能界を追放された形になりました。

で、ヤケになったジェリー・リーが荒れた生活に溺れている時にロックンロールのブームは過ぎ去り、誰もがジェリー・リー・ルイスの事を忘れかけていた1961年、何とジェリー・リーはその頃大人気だったR&Bのスター、レイ・チャールズのヒット曲『ホワッド・アイ・セイ』のカヴァーで奇跡の復活、その後も62年、63年と立て続けにヒットを飛ばし、その音楽性同様のタフネスぶりを発揮して、華麗にシーンに戻ってきます。

アメリカではジェリー・リー・ルイスはあちこちで演奏禁止、ラジオ局もブラックリストに入っている彼のレコードをかけるのを躊躇していた時期ですが「食えなくなったら元も子もない」と、まだ契約の残っていたサン・レコードの新しくゴージャスになったスタジオに乗り込んで

「オゥ、てめーらがこんな上等なスタジオ建てられるようになったのは誰のおかげなんだ?オレとエルヴィスだろ?わかってんのかよ?オレをレコーディングしなかったらテメーらも色々やってきたあんなことやこんなこと、オレがあちこちで喋ってやってもいいんだぜ?おうおぅ」

と「うわぁコイツとはもう関わりたくない」と思っていた会社の幹部陣を半ば脅すぐらいの勢いで強引にレコーディングさせ、その音源をヨーロッパ市場に売り込みさせたというから、もうどんだけ肝が太いんだという話であります。

その、肝が太いのが功を奏してジェリー・リーは復活。それどころかオランダのレコード会社(フィリップス)が「ぜひともライヴをレコーディングさせてくれ!」と頼み込んで、このレコードは後に「ロックンロールを代表するライヴ・アルバム」と最高の評価を受けるようになりますが、このアルバムについてはまたいずれ日を改めて解説します。

今日のアルバムは、1961年にリリースされたジェリー・リーのセカンド・アルバム『ザ・グレイテスト』です。ジェリー・リーのアルバムとしては、このアルバムが最も重要な作品でありましょう。





ジェリー・リーズ・グレイテスト! (紙ジャケット) [名盤1000円]

【収録曲】
1.マネー(ザッツ・ホワット・アイ・ウォント)
2.アズ・ロング・アズ・アイ・リヴ
3.ヒルビリー・ミュージック
4.ブレイクアップ
5.ハロー、ハロー・ベイビー
6.ホーム
7.レッツ・トーク・アバウト・アス
8.火の玉ロック
9.フランキーとジョニー
10.コールド、コールド・ハート
11.ホワッド・アイ・セイ
12.ハロー・ジョセフィーヌ


何故かといえば彼の生涯の代表曲、ほとんどこの1曲で歴史を塗り替えた名曲『火の玉ロック』と、復活のきっかけとなったレイ・チャールズのヴァー『ホワッド・アイ・セイ』が収録されているからです。

この2曲は、ジェリー・リー大得意の、ハイテンポでロールしまくるナンバーです。とにかくもう前にも書きましたが、元々強烈なブギウギフリークで、強靭なタッチと白人離れしたうねりにうねるグルーヴをガンガンゴンゴン叩き出すピアノの凄まじさは、こりゃもう破天荒エピソードなしでも、彼がミュージシャンとしていかに非凡で突き抜けた実力の持ち主であったかを物語っております。もし彼がロックンロールじゃなくてジャズの世界に殴り込んでも、凄いジャズピアニストになっていたでしょうね。

アルバムがリリースされたのは、ジェリー・リーが芸能界を干されていた時期で、もしかしたらサン・レコーズはこのアルバムをリリースしたことでジェリー・リーとの契約を解消したかったんじゃなかろうかと、ゲスな勘繰りもしてしまいたくなりますが、ジェリー・リーは60年代半ばに華麗な復活を果たし、更に70年代以降はカントリーシンガーとして大人の音楽にも対応出来る成長を見せ、更に80年代以降は、彼をリスペクトする多くのロック・ミュージシャン達との共演でも再注目され、今(2018年)も現役として、しかも82歳にしてほとんど衰えない歌声とピアノを聴かせてくれております。

で、デビューから60年経って、分別はそれなりに付いたらしいですが、やんちゃな性格は結構そのまんまらしく、そういうところがあぁたまんなくカッコイイなぁ、いつまでも不良でいてくれと思ってしまいますね。本当の意味でロッカーであり、ロックンローラーなんです。



”ジェリー・リー・ルイス”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 20:34| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

ジェリー・リー・ルイス Jerry Lee Lewis

625.jpg
ジェリー・リー・ルイス/Jerry Lee Lewis
(SUN RECORDS/SOLID)

さて、とっても素敵なサン・レコーズのロゴ入りの靴を紹介していたら、何だか気分が盛り上がってきて、サン・レコーズのアーティストをここでもういっちょ皆さんにご紹介してみたくなってきました。

サン・レコーズ、サン・レコーズとお前は言っとるが、どんなレーベルなんだ?そんなにいいのか?と、お思いの方もいらっしゃるかと思いますので、ちょいとおさらいをしましょうね。

まず、サン・レコーズというレコード会社は、アメリカの戦後の音楽を語るには絶対にハズせない、ロックンロールとロカビリーという2つの音楽を、その創成期に中心となってたくさん送り出したすんごいレーベルであります。

エルヴィス・プレスリー、ジョニー・キャッシュ兄貴、カール・パーキンス、ロイ・オービソン、ルーファス・トーマスなどなど、ロックンロールにロカビリーにカントリー、そしてR&Bまでを代表する大物達を次々見出し、ヒットチャートの中心都市であったニューヨークやシカゴ、或いはLAといった大都会とは遠く離れた南部の中堅都市メンフィスという場所から、彼らのレコードを全米ヒットチャートに次々送り込んで、50年代の流行の最先端の一角を担ったというから、それはもう凄いもんです。

日本でいえば、まぁ熊本市ぐらいのところにある地方のインディーズレーベルが、オリコン上位に入るような曲を次々発売するようなもんであります。

何でそんな田舎のレコード会社が全米ヒットするようなレコードを次々と世に出す事が出来たのか?

それは、当時の社会常識、特に白人社会というのは今よりもずっと保守的で、特にヒットチャートに上るような音楽は、オーケストラをバックにして、キチンと正装して聴くようなものでなければならないといった雰囲気があったんです。

そんな所に、ワイルドで粗削り(その当時の感覚でいえば)性的なものを思わせるようないかがわしい歌詞やサウンド、またはパフォーマンスするような、いわゆる不良な連中を送り込んだ訳ですから、たとえばエルヴィス・プレスリーの腰の動きがワイセツだと、テレビでは下半身を映さないカメラワークで放送されたとか、そういった賛否両論巻き込んだ衝撃を、白人社会の価値観に与えた訳なんですな。

で、南部の50年代の若い白人ミュージシャン達が、何故そんなぶっ飛んだ音楽が出来たのか?ということですが、これには南部で”隣近所”としてコッソリ接触があったブラック・ミュージックからの影響が大きかった訳です。

エルヴィスやジョニー・キャッシュ兄貴が、少年時代からブルースやゴスペルなどの黒人音楽が大好きだったように、その頃のちょっとやんちゃな男の子達は、感情をそのまんまぶつけるような(卑猥な言葉や動きも含めて)ブルースに夢中になっておりました。

けれども、実は都会よりもっともっと保守的な南部の白人社会。「ブルースなんてあんな悪魔の音楽を聴いてたら地獄に堕ちるぞ!」と、親達は禁止します。けど、禁止されてもこっそりと黒人達が集まる店に生演奏を聴きに行って、夜中にものすごーく小さな音でラジオを聴いたりして、ブルースを覚える訳なんです。

で、本日ご紹介するジェリー・リー・ルイスです。

ジェリー・リー・ルイスは、エルヴィスやチャック・ベリー、リトル・リチャードらと共に「ロックンロールのオリジネーターの一人」と呼ばれるぐらいの人で、この人もまた小さい頃から黒人音楽に親しんだ南部の白人不良少年であります。

南部ルイジアナ州の貧困家庭に生まれた彼は、小学生ぐらいの年齢の頃から年上のイトコ連中と共に、1930年代当時流行っていた黒人のブギウギピアノに熱狂して、ピアノが弾けるようになってもクラシックはやらずブギウギやブルースばっかりするもんだから

「この子はキレやすいしブルースばっかり弾くし、多分ロクなもんにならないだろうから今のうちからちゃんとさせないと・・・」

と、心配した母親に、厳格なミッション・スクールに入学させられ、そこの聖歌隊に入らされます。

そこで大人しく讃美歌の伴奏ピアノを弾くようになるかと思ったら、何と白人教会で思いっきりブギウギ・アレンジにしたゴスペルをやっちゃったもんだから、これはもう大問題に。

「君がそうやって悪魔の音楽をやるっていうんならもう学校をやめてもらう!」

と、学校も最大限の圧力をかけますが

「いいっすよ、でもアンタらがオレを追い出す音楽って言うけど、ソイツと教会でやる音楽って何が違うんすかね。同じ音楽でも神様のための音楽だったら良くてオレみたいに悪魔のためにやってる音楽はダメって、ハハ、どれも一緒なのにね」

と、一切反省もせず言い放つもんだから、学校はあっさりと退学になります。

さぁそこからはジェリー・リーは水を得た魚、油を得たエビフライとばかりに南部のあちこちの酒場の、とりわけいかがわしい店を選んではそこでやりたい放題に飲めや騒げの酔客の罵声に負けないぐらいにワイルドなピアノを鳴り響かせます。同時に女好きと喧嘩っぱやい性格の本領もみるみる発揮。ジェリー・リー・ルイスといえば「クレイジーなピアノを弾くクレイジーな野郎」として、南部一帯で有名になっていきます。

「よっしゃ、コレでオレも有名人だよ。どっかのレコード会社からデビューでもすれば成功とモテモテは間違いないよ」

と、当時有名なカントリー系のレコード会社が色々あったテネシー州ナッシュヴィルにデモテープを持って行きますが

「いやぁ何言ってんだ君、カントリーってさぁ、ギターとかバンジョーとかマンドリンとかフィドルとか、そういう弦楽器でやる音楽なんだよ。ピアノなんて要らないね。で、君どんなピアノを?・・・ああダメダメ、そんな黒人が弾いてるようなブギウギなんてウチの客は聴かないよ」

と、あっさりと追っ払われてしまいます。

ムシャクシャしたから一通り暴れて、また酒場で演奏してナンパして暴れてという生活を2年ぐらいやっておりましたが、ここで運命のサン・レコードと出会います。

当時サン・レコードは出来たばかりの小さなレコード会社でしたが「何かカントリーだけじゃなくて、ブルースが混ざったよーなロッカビリーとかいうのも売り出してるそうだ」という噂を聞き付けたジェリー・リーは

「それならオレのピアノだってウケるんじゃね?今度こそ成功してモテモテは間違いねぇな」

とオーディションを受けに行きます。

生憎そういう”変わった若者”が大好きな社長のサム・フィリップスは不在でしたが、「うん、まぁいいんじゃない?カール・パーキンスのバックのピアニストとして雇ってやるから何曲か録ってきなよ」と、一応録音までは漕ぎ付けました。

「バックのピアニストだって?馬鹿言ってんじゃねぇ、オレはスターになるためにここに来たんだ!」

と憤慨して暴れようかと思ったジェリー・リーでしたが、とりあえずバック・ミュージシャンでも何でも、この会社と関わり続けてさえいれば、そのうち社長とやらが俺様の才能に惚れ込んでソロ・アーティストとして売り出してくれるだろう。と思い直し、暴れはしませんでした。

結局暴れなかったのが良かったようで、エルヴィスがメジャーのRCAに行くか行かないかぐらいのタイミングで、ジェリー・リー・ルイスのソロ・アーティストとしての人気が爆発。エルヴィスもデビュー当時は相当に卑猥だとか暴力的とか言われていたのですが、ジェリー・リーは更にその上を行く過激でモロにエロい歌詞と暴力的なサウンド、そして弾きながら立ち上がり、座っていた椅子を蹴っ飛ばしたり、ピアノの上に立ち上がって踊るなどの、その頃の常識ある大人が触れたら一発発狂ぐらいのレベルのパフォーマンスを繰り広げ、ラジオ局には苦情殺到、若者はいいぞもっとやれの大声援で、音楽やってなきゃチンピラゴロツキ確定のジェリー・リー・ルイスは、1950年代後半には、アメリカを代表する大スターに、本人の目論見通り上り詰めました。

「ロックは不良の音楽」というのは、アタシが10代ぐらいの頃まで、まぁぼちぼち聞かれた言葉で、年配の人達からは「バンドやって不良」とかもままありましたが、そういうイメージを作った最初の人が、もしかしたらジェリー・リー・ルイスなのかも知れませんね。




ジェリー・リー・ルイス(紙ジャケット) [名盤1000円]nt; margin:0px !important;" />


【収録曲】
1.冷たくしないで
2.グッドナイト・アイリーン
3.プット・ミー・ダウン
4.イット・オール・ディペンズ
5.ウバンギ・ストンプ
6.クレイジー・アームズ
7.ジャンバラヤ
8.フールズ・ライク・ミー
9.ハイ・スクール・コンフィデンシャル
10.聖者の行進
11.マッチボックス
12.イットル・ビー・ミー

今日ご紹介するアルバムは、そんなジェリー・リー・ルイスの、1958年にリリースされたデビュー・アルバムです。

「元祖ロックンローラー」

「ロックンロール初のワイルドな男」

「ピアノを弾くクレイジー野郎」

と言われたジェリー・リーの本領発揮となる、バキバキのタッチのピアノの破壊力が『プット・ミー・ダウン』『ウバンギ・ストンプ』『ハイスクール・コンフィデンシャル』等のロックンロール・ナンバーで存分に発揮されてもおりますが、『聖者の行進』『グッドナイト・アイリーン』『マッチボックス』などの古典的なジャズやブルース、バラッドナンバーのイカしたカヴァーには、ブラック・ミュージックへの純粋な愛情の深さを感じますし、そのピアノをよくよく聴けば、言われてるように型破りなだけではなくて、ブルースやブギ・ウギ・ピアノの基本的な演奏スタイルはしっかりと押さえており、その音楽性は本当に上質で深いところにあるなぁと、今更ながら感動してしまいます。

「ピアノの入ったロカビリー」としても、ブルースとしても十分以上に楽しませてくれますぞ。


”ジェリー・リー・ルイス”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:32| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

キングストンの靴 SUN RECORDSコラボ

奄美のイカしたスケートショップ『AMACMA』店主ゆうき君から「予約してた靴が入ったよー」と連絡があったので早速購入しましたよ♪

625.jpg

じゃじゃん♪ かっこいい!


そう、ぶっちゃけてしまえばオシャレというものに関しては年相応に敏感でないアタシが何故靴を予約して買ったのかというとこれですよ。

th4QQ9IKEU.jpg

わかります?

え、わからない??

じゃあこれ

img2.jpg


そうなんです、1950年代にエルヴィス・プレスリーを世に出したメンフィスのロカビリー&カントリー、そしてブルースの牙城”サン・レコーズ”と、キングストンブランドとのコラボなんです。

で「サンといえばジョニー・キャッシュ兄貴だよね♪」なアタシは、最初に「出るよ」と情報を教えてもらった時に「買う!」の即答でこのようないきさつになったのであります。



アタシは決してオシャレな人間ではありませんが「ファッションはその人の思想を現すもの」だと思っております。

で、アタシの思想に大きな影響を与えたジョニー・キャッシュ兄貴に関するものは、これは是非ともひとつは身に付けねばと思っておりましたから、これはもう運命とか天啓とかいう類のもんだろうと思って、この鮮やかな黄土色という、少々鮮烈な色合いに合うコーディネートも考えずに購入した訳なんですが、うん大丈夫、気持ちが大事。


価格も¥6000代でかなり良いのですよ、もし気になる方いらっしゃったらAMACMAにお問い合わせを!







『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする