2018年12月09日

サニーボーイ・ウィリアムスン キング・ビスケット・タイム

625.jpg

サニーボーイ・ウィリアムスン/キング・ビスケット・タイム
(Arhoorie/Pヴァイン)


さて今日はみなさん大好きなサニーボーイ・ウィリアムスンですよ〜♪

はい、サニーボーイといえばブルースとブルースハープについて語る時に絶対にはずせない巨人ですね。

1950年代半ばから本格的にシカゴへやってきて、マディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフ、リトル・ウォルター、後にボ・ディドリーやチャック・ベリーといった、ブルース、R&B、R&Rの大スターを擁するシカゴの名門、チェス・レコードに在籍し、肉声のようなハープの妙技と、当時最高にスタイリッシュなシカゴ・バンド・ブルースの真髄をゴキゲンに聴かせてくれるサニーボーイ。

かく言うアタシも、チェスのレコード『リアル・フォーク・ブルース』でサニーボーイを知り、その泥臭い南部感覚が、何とも都会的でかっこいいバンド・サウンドと絶妙なバランスで溶け合ったブルースを聴いて

「うはぁカッコイイ!」

と、こめかみを強打されてすっかりハマッたクチであります。

60年代にはヨーロッパツアーなんかにも積極的に出かけ、彼を敬愛するヤードバーズやアニマルズなんかとアルバムを作ってみたり、その頃まだ全然無名だったザ・バンドの連中を気に入ってよく一緒に演奏してたり、何とジャズのローランド・カークのライヴに「ちょいと邪魔するぜ」と顔を出して共演してみたり、まー当時60過ぎてたはずなんですが、その歌やサウンドのキャラクター同様、演奏に対する飄々としたフットワークの軽さにも「おぉぉ、この人はすげぇ」と感動したもんです。

そう、サニーボーイ・ウィリアムスンって人は、実は戦後に活躍したブルースマンの中でも結構歳な方で、実はレコードデビューしたのが50代になってからという、大変に遅咲きの人であります。

そいでもって、これもう何回も書いてますが、実は”サニーボーイ・ウィリアムスン”って名前も、実はまったくのデタラメで、この名前は戦前にシカゴで活躍していたハープ吹きの”サニーボーイ・ウィリアムスン”って人が成功しているのを見て「うひひ、オレも名乗っちゃえ」と、ちゃっかり盗んだ名前だったりするんですね。



(↑詳しくはここを読んでちょー)

ではこのおっさん、”サニーボーイ・ウィリアムスン”として世に出る前、50歳ぐらいになる前はどこで何をやっておったんだ?やっぱり人の名前を盗むよーなヤツだから、鳴かず飛ばずでプラプラしておったんかといえばそうじゃなくて、戦前は南部ミシシッピとかメンフィスを中心に活躍していて、ロバート・ジョンソンとも一緒に共演してたり、何とあのハウリン・ウルフにハープを教えたり、結構凄い活躍をしてるんです。

つうかその”ウルフに教えた”ってのは、ウルフの本人の話によると

「当時サニーボーイはオレの姉(か妹)と付き合っててよぉ、ハーモニカむちゃくちゃ上手い人だってオレぁ知ってたからよぉ”教えてくれや”つって部屋に行ったら姉(か妹)とイチャイチャしてやがるんだな。だからめんどくさそーに”こうやって吹くんだ”つってチャチャっと吹いて”オレぁ教えてやったからな、じゃあ後はてめーで考えて吹くんだ。わかったか?わかったらとっととどっか行けよ”って感じだったよな」

と、あぁやっぱりな感じでありますが、それでもウルフは「いや、あの頃からあの人ぁ凄かったよ。だからちゃんと教えてくれねーならって思って後を付いてって聴いて覚えたんだ」と、サニーボーイの腕に関しては正直なリスペクトをきちんと表明しております。

はい、性格はアレだけど、話も嘘とホラばっかりだけど、確かに彼のミュージシャンとしての腕前と個性は、音源を聴いても周囲の証言を集めても、まごうことなき”ホンモノ”です。

そんぐらい腕と評判があったんなら、何で戦前に参加作でもレコーディングのチャンスに巡り合わなかったのか?わざわざ”サニーボーイ”名乗らんでも、ライス・ミラーだかアレックス・ミラーだか、本名か芸名かよーわからんが、その時使っていた名前で世に出なかったのか?つうかそもそもこの人の正しい生年月日っていつなのか?とにかく戦後に大活躍したブルースマンながら、戦前のブルースマンぐらい、謎の多い人であるところも、この人の魅力の根源のよーな気がします。





キング・ビスケット・タイム


【収録曲】
1.Do It If You Wanna
2.Cool,Cool Blues
3.Come On Back Home
4.Stop Crying
5.Eyesight To The Blind
6.West Memphis Blues
7.I Cross My Heart
8.Crazy About You Baby
9.Nine Below Zero
10.Mighty Long Time
11.She Brought Life Back To The Dead
12.Stop Now Baby
13.Mr.Downchild
14.Sonny Boy’s Christmas Blues
15.Pontiac Blues
16.Too Close Together
17.Radio Program (KFFA)
18.Dust My Broom


そんな謎だらけの”サニーボーイ・ウィリアムスンという男”の、戦前ではないが南部で活躍していた頃の唯一の音源をまとめたものが、この”キングビスケット・タイム”であります。

1951年から52年にかけて、ミシシッピにあるレーベル”トランペット”に録音した曲を収めたアルバムで、サニーボーイの実質的な”ファースト・アルバム”ですね。

実は「戦前は何をやっとったかよくわからんが、とにかく凄腕のハープ吹きとして、しれっと30年代から活躍しておったらしいサニーボーイ」は、1941年に南部でラジオ番組をしれっと持っておりました。

キング・ビスケットという製粉会社の協賛で、南部のイカしたブルースを紹介するというこの番組。実は”サニーボーイ”の名前も、番組を始めるに当たってサニーボーイは最初”ライス・ミラー”(米屋のミラー)という、製粉会社っぽい名前でやってたんだけど

「なんかよぉ、この名前だとあんまりインパクトねぇべ。そうだ、シカゴにサニーボーイっつう有名なブルースマンがいるなぁ。オレと同じハーモニカ吹きでよぉ。だったらサニーボーイって名前にすればいいべ。有名人だから聴くヤツも増えると思うし。うひひ」

と、おっぱじめやがったということであります。

スポンサー、怒れ。と言いたいところでありますが、スポンサー、怒るどころか

「ハッハー、いいねぇ。ラジオの人気も上がってウチの小麦粉売れるべや!」

と、どっちかというと積極的に”盗用”を公認してたフシがあるんです。

まぁ・・・この時代の南部の企業の親方なんてのは、ちょいと昔のブ(自主規制)とか今のトラ(自主規制)とかの、大統領のノリ見てても何となく察しが付きますように、まぁアレなんですね。ええ、アレなんです。


このラジオ番組、オープニングで思いっきり

「さぁさぁキングビスケット・タイムのはじまりだ、サニーボーイがあなたの街にやってきたよー」

という陽気なナレーションなんか入れちゃって、そっからサニーボーイのコミカルな語りと、紹介するブルースのカッコ良さが大人にも子供にもウケて、実に人気番組になりました。

で、サニーボーイがこの番組のために組んだバンドが、キングビスケットボーイズと言うんですが、何と結成当初たった二人のメンバーの片割れだったのが、あのロバート・ジョンソンの義理の息子(再婚した嫁さんの連れ子)だったロバートJr.ロックウッド。

ロックウッドって人は戦後チェス・レコードのスタジオ・ミュージシャンとしてシカゴ・ブルースの名盤に軒並み参加して、その並外れたバッキング能力とアレンジのセンスが買われてレジェンドの仲間入りを果たすまでになるんですが、この才能をいち早く見抜いて起用したのがサニーボーイだったんですね。恐るべし。

アルバムが録音されたのは、メンバーも大分増えてフルバンドスタイルになってからなんですが、シカゴに行ってからの洗練されたスタイルとはまた違った、直球勝負の荒々しいサウンドと、生ハープの素晴らしいダウンホーム感とヴォーカルの勢いが最初から最後まで突き抜けております。

何と言っても戦後すぐの南部ブルース独特のドタバタしたロッキンなノリってのは絶品で、ファンキーだったり、タメを効かせてじわじわ味わいを拡げてくれるチェス時代のサニーボーイももちろん素敵ですが、ブルース本来のタフな衝動という点ではやっぱりハズせないし、たまに集中的に聴いてゲホゲホしたくなってしまいます。









”サニーボーイ・ウィリアムスン”関連記事


ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:55| Comment(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

ウィリー・ハイタワー アウト・オブ・ザ・ブルー

625.jpg
ウィリー・ハイタワー/アウト・オブ・ザ・ブルー
(Ace/Pヴァイン)


「音楽って素晴らしいな〜」

ってのは、ほれアレですよ。自分が知ってるつもりでも、ちょいと知らないところに素晴らしい音楽があって、そいつと出会った時に心の奥底から自分自身を揺さぶられるかのような感動を覚える時ってあることなんです。

サザン・ソウルの知る人ぞ知る名ヴォーカリスト、ウィリー・ハイタワーの名は、多少は知っておるつもりでありました。

黎明期のソウル巨人、サム・クックの影響を大きく受け、60年代70年代には数々のシングルを世に送り、いずれもそこそこのヒットとなるも、その後は実力に見合った活躍の場を与えられず、コアなソウルファンの間で伝説として語られてきたシンガー。

アルバムもそれまでのシングル曲を集めたものが1枚しかリリースされておらず、大抵は60年代ソウルのコンピレーションとかで数曲入っているのを「あぁ、この人いい声してんなぁ・・・」と、アタシは何となく聴いておりましたが、接する機会の少ないまま、そのまんまアタシの記憶からはすっかり消えておりました。

しかし!

しかしですよ、そんなこんなですっかり忘れていたウィリー・ハイタワーと再び巡り合って、しかも「うぉぉ!この人こんなにカッコ良かったんだ!!」と思わせるような素晴らしい出来事があったんです。

それは、毎週日曜日の夜に楽しみにしている永井ホトケ隆さんのラジオ番組『BluesPower』です(奄美エフエムで夜10:00から聞けるから、奄美の人達には本当に出来るだけチェックしてほしいっすよー!)。

いつものようにワクワクしながら聴いてたら、いつも静かにアツいホトケさんの声がやたらウキウキで「いや〜、行ってきましたよウィリー・ハイタワーのライヴ」と、力(りき)入ってたんです。

え?ウィリー・ハイタワー?あのソウルの?来日してたんだ、つうか今も現役で活動してたんだ。へぇぇ〜。

と思って聴いてたら、何とウィリー・ハイタワー、77歳にして初めての新作アルバムをリリースして、そのプロモーション・ツアーも兼ねての来日公演を行って、とにかくまぁそのステージが凄かった、往年のサザンソウル(アメリカ南部のソウルのことです)の雰囲気はもちろんそのまんま豊かに持っていたんだけど、何より今の音楽としてそれを聴かせる物凄い説得力があったんだ、と。


アメリカ南部アラバマ州で生まれ、幼い頃から地元の聖歌隊でゴスペルを歌い、サム・クックに憧れてソウルの世界へ飛び込む。60年代にデビューしたシンガーの典型的なタイプです。恐らく同じような過程を辿る(特にサム・クックに憧れるところ)シンガーはいっぱいいたでしょうが、彼の声にはやはり独特の優しさと繊細さがあって、その声がサザン・ソウルと呼ばれる独特の温かみのあるサウンドを奏でる地元バンドのバックと凄く合っていた。

シングル人気にそこそこ火が点いて、ヒットチャートの15位とか20位とか、そういうところの常連となるものの、彼はどちらかといえばインパクトよりもジワジワと染みて「あぁいいね・・・」と聴く人に思わせるシンガーです。世間を揺るがすほどの強烈なヒットがないまま、活動は下火になり、70年代以降はほとんど音楽シーンからも忘れられているような”幻のシンガー”となっておりました。

でも、彼の歌に静かに心動かされた人達というのはやはりいて、ほぼ引退状態だったウィリー・ハイタワーの復活を支えたり熱望したり、本当に真剣にこの素晴らしいシンガーの帰りを待ち望んでおりました。

その中にはリアルタイムのソウル世代ではなく、90年代以降のレアグルーヴ・ムーヴメントなどで彼の声を新たに聴いた世代のファンも居たと思います。


とにかくまぁ、欧米や日本における「ジワジワとした正しいソウル・ミュージック再評価」は、90年代から今まで息の長い静かなムーヴメントとして続いていて、それが何と50年ぐらいぶりのアルバムのリリースにも繋がって、まさかの来日公演まで実現させたってのは、本当に感慨の深いことです。



アウト・オブ・ザ・ブルー


【収録曲】
1.I Found you
2.Raining All The Time
3.Rock Me Gently
4.Somewhere Day
5.Tired Of Losing You
6.You Can't Love Me(Bettr Than You're Lovin' Me Now)
7.No Gettin' Over Me
8.Easy lovin'
9.Everybody Wants My Girl
10.Who Who Who


ラジオでかかったのは、そんなウィリー・ハイタワーの「77歳にして初のオリジナル・アルバム」から何曲かだったんです。

正直いい歳のおじいさんだし、枯れた味わいの渋い歌声に癒されるのかなと思っておりましたが、いやもうそんなアタシのぬるい期待なんか軽〜く打ち砕いてくれるベテランシンガー(それもホンモノのソウルシンガー)の、最高に魂の入ったエモーショナルな歌唱と、見事に進化して若い頃よりカッコ良くなった歌声に完全に虜にしてくれる、そんな素晴らしい体験を、ほんの数曲がさせてくれました。


端的に言うとアタシ泣いたんです。

いや、アタシも大体40代のおっさんだし、英語だってパッと聴いたぐらいでは何言ってんのか分からないのに、ウィリー・ハイタワーの歌声と感情が、理解とかを越えた部分でガチーンときまして、えぇ、気が付いたらもう涙がポロポロ出てたんですね。

この人の声は、さっきも言ったように凄くエモーショナルです。やっぱりゴスペルで鍛えただけあって、芯の方はすごくパワフルで、同時に都会モンにはないタフネスみたいなものを感じさせるんですが、それ以上にどこまでも優しくて、特にバラードでは「何でこんなに感情持ってくのー」ってぐらいに独特の緩やかなうねりがあるんです。

特に2曲目の『Raining All The Time』とかのバラードの、全く気負いのない、肩の力を抜いた歌い方なんだけど、奥底から情感がふわ〜っと浮き上がってくるような、噛み締めながらジワジワ歌いあげてゆくスタイル。こういうのはやりなさいと言われて出来るもんじゃないし、ヘタに強いシャウトをかますよりもずっと凄いことをやっているように思います。技術だけでもセンスだけでも、経験だけでも出来ない、全ての要素が心の奥の奥でピタッと重ならないとこれは出来ない。

あと、声にさり気なく寄り添うシンプルなバンド・サウンドも最高ですよね。乾いたギターに暖かなオルガン、最小の手数で最高のグルーヴを生み出すベースとドラム。60年代のサザン・ソウルは、このさり気ないサウンドに支えられて多くの根強いファンを増やしてますが、21世紀の2018年に出したアルバムで、まさかそのサウンドが懐古じゃなくて「今現在のリアルな音」として鳴り響いてるんですよ。そういうところも含めてウィリー・ハイタワーの『アウト・オブ・ザ・ブルー』ちょっと本当に凄いアルバムです。










『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 21:39| Comment(0) | ソウル、ファンク、R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

イードン Beauty and the Beat

625.jpg

Edan/ Beauty and the Beat
(Lewis Recording)



「ヒップホップにはルールなんてない、好きな事をやればいいんだ。やりたいことを自由にやればそれがヒップホップだ」

とは、その昔よくラッパー達がインタビューで語ってた言葉であります。

ストリートで色んな文化が混ざり、また、サンプリング機械を使ってあらゆるジャンルの音楽をミックスさせて、その上にフリースタイルの喋り(ラップ)で、”歌”という形式に囚われないヴォーカルを自由に被せて発展してきたヒップホップは、確かに自由な音楽です。

音楽だけでなく、ヒップホップを統括的なカルチャーとして見れば、ファッションにせよアートにせよ、そのアイテムやアクションからは、あらゆる価値観から解放されよう!というメッセージを強く感じます。

80年代以降、ヒップホップは世界中の若者の間で急激に需要され、瞬く間に人気に火が点きましたが、その理由にはやはり根底にある「好きに楽しめばいいんだぜ!」という、実にオープンマインドな精神がヒップホップにはあり、それが広く受け入れられたからに他なりません。

で、90年代。

主要なラッパーやDJやグループが次々と商業的な成功を収めて行く中で、ヒップホップには”スタイル”というものがそれぞれ生まれ、例えば西海岸とか東海岸とか、オールドスクールとかニュースクールとかギャングスタとか、それぞれが呼び名の付いたスタイルに所属し、それぞれの”枠”がシーンの中で作られてきました。

今にして聴けば当時のヒップホップには音楽的なカッコ良さを凄く感じますが、確かに何かが人気となれば、まずは中身よりもその表面的なファッションを真似してみたくなる人が増えて、一気に音楽そのものにもある種の予定調和を何となく感じてしまうのが人間というもの。

例えばその頃は

「ヒップホップ=不良じゃないヤツお断り」

みたいな空気は確かにありました。

ランDMCがエアロスミスとやってたヤツとか、ロックフェスに殴り込みかけたパブリック・エナミーがめちゃくちゃ不穏でカッコイイとか、そういう感じの楽しみ方をしたいな〜とかは、あんまり大きい声では言えなかったので、アタシなんかは密かに家でアフリカバンバータとかパブリック・エナミーのセカンドとか、ジュラシック5の12インチとかをちっちゃい音で聴いていた訳なんですけれども、やっぱりその頃おんなじように思っていた「音楽好きのヒップホップ好き」というのは結構いたらしく、そういう人達、主にアメリカの大都市じゃなくて”そこそこの地方”に住む白人の連中が、自室でせっせと上質なヒップホップを作り上げ、これがやがて「メインストリームにはない質感の、本当の意味で”やりたいことをやっちゃってるヒップホップ”」という意味で、アンダーグラウンド・ヒップホップと呼ばれるようになっていきます。


そんなアンダーグラウンド・ヒップホップの代表格の一人と言っていいのが、イードンであります。

1978年生まれ、10代の頃から自宅でターンテーブルにミキサーにサンプリングマシーンその他各種機材を揃え、次々と生み出したファンキーなリズムトラックに、それこそあらゆるジャンルから自在に取り出したサンプリングソースをぶっこんで、それでもまだ足りないとばかりにエフェクトをかけたり、自分で演奏した楽器の音をかぶせたり、ラップしたり、もう本当に”やりたい放題”をやっていて、さてそんな”やりたい放題”なヤツはどんなヤツなんだろうと見てみたら、これが白人で眼鏡をかけたオタクか秀才かみたいな外見をしてたというから、コアな全世界のコアなヒップホップファンは狂喜しました。

「コイツこそがヒップホップ本来の自由だ!」

と。


いやもうほんとイードン凄いんですよ、モテるための最新B-BOYファッションなんかには目もくれず、ひたすら「オレのヒップホップが本当にカッコイイのか」ということをひたすらストイックに、つうか人間が生きるために備えた能力の全てを”音楽する”ただその一点に特化させて集中させたような、でも、だからといってその音楽がオタクな独りよがりとか、真面目なだけの難しくてよくわかんないものには微塵もなっていない。

ファンキーで骨太ささえ感じさせるリズムトラックだとか、非常にセンスよく被さるネタのフレーズだとか、激しくイッちゃってるやっちゃてる感炸裂してるドープ極まりないエフェクトだとか、とにかく彼の作り出すヒップホップは、あらゆる場所が気持ちよく破れてて、心地良く壊れてる。ビバ自由、なゴキゲンさが溢れかえっておるものです。





Beauty And The Beat

【収録曲】
1.Polite Meeting (Intro)
2.Funky Voltron feat. Insight
3.I See Colours
4.Fumbling Over Words That Rhyme
5.Murder Mystery
6.Torture Chamber feat. Percee-P
7.Making Planets feat. Mr. Lif
8.Time Out (Segue)
9.Rock And Roll feat. Dagha
10.Beauty
11.The Science Of The Two feat. Insight
12.Smile
13.Promised Land
14.Edan & Insight - Bonus Rehearsal (Japan Exclusive)


彼が本格的にシーンに躍り出て来たのは1999年のシングル『Sing It, Shitface』なんですが、コレ、アタシ聴きました。

めちゃくちゃファンキーなリズム、エミネムや初期ビースティーボーイズばりのキレのいいラップの背後でドカーンと鳴ってるのが、何と日本の童謡『ふたあつ』(!)

いやおい、まどみちお作詞のこの名曲が何で外国のしかもヒップホップの元ネタとして鳴り響いてるんだよ、しかもウケ狙いっぽいあざとさがなくて、トラックにもラップにもこの「ふたーつふたーつなんでしょねー♪」がハマりにハマッている。何だこれ!


と、エラく衝撃でした。えぇ、もしかして生涯のうちでヒップホップ聴いて一番受けた衝撃の中でデカかったのがこの曲だったと今でもヒリヒリ思っています。

で、今日ご紹介するのは、イードンが2005年にリリースしたセカンド・フル・アルバムです。

この頃は既に「アンダーグラウンドシーンにこの人あり」ではなく、ヒットチャートを主に選曲するDJ達にも「イードンやばいぜ」って事が大分浸透していて、有名なミックステープにもこの人の曲がフツーに入ってるぐらい人気でしたが、そのアルバムの内容がメジャーに寄ったものになるはずは当然なく、相変わらずファンクからロックからジャズから何やら訳のわからん音楽まで何でもトラックにブチ込み、サイケデリック極まりないエフェクトや”繋ぎ””被せ”の処理を、お前はリー・ペリーか!ってぐらいに大胆にかまし、しかもそれが今(2018年)聴いても全部ちゃんとオシャレで踊れる仕上がりになっているという、何を言ってるかわかんねーと思うかもですが、アタシも自分が何を言ってるかよく分かりません。でも「ジャンルなんかカンケーないぜ」という非ヒップホップファンの方、あぁ、ウチの読者はかなりおりますね、はい、ぜひ聴いてみてください、ヤバいから。



サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』
http://5spot.info/
posted by サウンズパル at 22:35| Comment(0) | HIPHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする