ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2015年07月31日

ジョン・コルトレーン ソウルトレーン

1.1.jpg

ジョン・コルトレーン ソウルトレーン

(PRESTIGE/ユニバーサル)

「初期コルトレーンの代表作」

「ジャズ好きならば何はなくとも、まずはともかく」

とか、色々と言われておりますジョン・コルトレーンの初期PRESTIGE時代の名刺代わりの一枚、と言ってもいいし、わがサウンズパルでも、お店に来る「コルトレーン聴きたいんですけど、一番わかりやすくてカッコイイアルバムって何ですか?」というお客さんの問いにもことごとく応えてきた歴戦の勇士であります(アタシの中で)。

正直アタシもコルトレーン好きになって、でも、とっかかりは後期のディープ極まりないものだったので、正直最初は初期PRESTIGE盤はナメてたんですよね。

でも、最初に聴いた「ラッシュ・ライフ」が凄かった。

何が凄いって、曲とか演奏テクとか、そんな小賢しいアレじゃなくて、冒頭の「ふわぁぁあ〜」っていう音一発。あぁ、サックスの音だけでこんなにも感情にグッと来る音出せるコルトレーン、やっぱかっけぇ、ナメたらやべー、と思ったんですな。

で「ソウルトレーン」。

アタシが初めて購入したのが確か1999年ですから「コルトレーン者見習い」になってはや2年が経ってました。

結構天邪鬼な性質ですので、みんながみんな「いいよ」「アレは持ってないと」てヤツはシカトして

「いや、やっぱり初期コルトレーンは”ラッシュ・ライフ”だぜ」

「”ダカール”の2バリトン相手にバリバリ応戦してるコルトレーンこそ漢!」

とか、まぁ偏った方向にばっか行って「ソウルトレーン」ナメてたんですな。

で、我が家のコルトレーンのCDとレコードが、総数で十何枚かになった時に、じゃあソウルトレーンでも買ってやろうか

と。

この後の展開、予想できますよね(笑)まぁ、ナメておったんです。

家でCDを開封して、プレーヤーにポン。おもむろに再生ボタンを押して流れてくるのは、結構小粋なミディアムテンポの「グッド・ベイト」

へー、意外だね、コルトレーンもこんなポップな曲やるんだー

とか、寝っ転がってタバコ吹かしながら聴いてました

まぁ、ナメてたんです(笑)。


コロコロと、軽快にピアノを転がすレッド・ガーランド、伸びのあるふくよかな低音で唄うようにベースを奏でるポール・チェンバース、安定の4ビートといえばこの人のアート・テイラーという「カッコ良くスウィングするらなばこのメンツ」なバックもゴキゲン、うん、ゴキゲン♪

と、思っていたら、コルトレーン、ソロに突入した途端にいきなりトップギアで疾走します、うはぁ、コレ”シーツ・オブ・サウンド!!”しかもー、こんなくつろいだ曲で飛ばし過ぎてるけど、何これ、演奏全体のバランス、ぜんっぜん崩れてない。

すいません「ソウルトレーン」ナメてました。。。

このアルバムがレコーディングされたのは、1958年。

58年という言葉を聞けば、このブログの読者さんなら、もう”ピン”とくるでしょう。そう、コルトレーンがマイルス、セロニアス・モンクという両雄のもとで修業をし、その個性を開花させて、一際異彩を放ち出したちょうどその時期。

この頃のコルトレーンには、迷いもためらいもありません。

もしかしたら、曲がどうとかそういうことすらも、コルトレーンにはもはやこの時点でどうでも良かったのかも知れません。

続くバラードの「アイ・ウォント・トゥ・トーク・アバウト・ユー」この曲も後にコルトレーンがお気に入りのバラードとして何度も再演されてますが、研ぎ澄まされた音&ノン・ヴィブラートで一気に吹ききる「コルトレーン流バラード」とでも言いますか、その最初の完成形が既に完璧に近い形で仕上がっております。

えっと、バラードという意味では「アイ・ウォント〜」の陰に隠れてはいるけど、4曲目の「テーマ・フォー・アーニー」も、これは彼がリスペクトしてやまないレスター・ヤングとジョニー・ホッジスの(2人ともスウィング時代のサックスのすげぇ人です)影響を、見事に消化してモダンに開花させた名演ですぜぇ。

そしてそしてこのアルバムの看板曲、いや、この演奏をしてこの作品を「名刺代わりの代表作」にしましたるのがラスト「ロシアの子守唄」。

もうね、これですよ。

あちこちで「ロシアの子守唄が名演」「ロシアの子守唄凄い!」と言われていますけど、「えぇ〜、そんなに凄いんかい、言うてもアレやろ、どうせ・・・・・・・・ほんまや」の急速調、トップギアぶっちぎりで暴れまくるコルトレーンがもう速い速い!あと、バド・パウエルの生霊が憑依(笑)して珍しく激しくブロック・コードゴンゴン、早弾きソロびゅんびゅんのレッド・ガーランドの凄み溢れる狂演にもふっとばされます。

「ジャズ 速い曲」

で、グーグル検索するよりまずは聴いてみるとよろしい。この体感速度、コルトレーン作中最速、いや、50年代ジャズの中でもぶっちぎりの「速さ」を体現させてくれますんでやっぱりナメたらいかんです。





【パーソネル】
ジョン・コルトレーン(ts)
レッド・ガーランド(p)
ポール・チェンバース(b)
アート・テイラー(ds)

【収録曲】
1.グッド・ベイト
2.アイ・ウォント・トゥ・トーク・アバウト・ユー
3.ユー・セイ・ユー・ケア
4.テーマ・フォー・アーニー
5.ロシアの子守唄

初期PRESTIGE時代のコルトレーンは、他の色んなホーン奏者と熱気ほとばしるセッション聴かせる作品も多くて、それはそれで楽しめるんですが、ワン・ホーンでコルトレーンの凄さに集中して聴き入りたい人には、コレは文句ナシでオススメです。

あと、もうひとつ重要なのが

・速い曲

・ミディアム・テンポの心地良い曲

・渋いバラード

の配分が絶妙で、トータルな作品としての完成度が、他のPRESTIGE盤と比べてもやっぱり抜きん出ておりますね、というところ。

そ「名盤!」と構える必要はありません。いつでもどこでも誰が聴いても「うん、かっこいいジャズだよね」となれる一枚です。でも、ナメたらいけんですよ〜♪







”ジョン・コルトレーン”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/
posted by サウンズパル at 19:12| Comment(0) | 大コルトレーン祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

ヴィレッジ・ヴァンガード・アゲインのジャケにて珍事発生しているの件

雲さんとこの「カフェ・モンマルトル」でアツいレビューを書かせてもらいましたコルトレーンの「ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード・アゲイン」

1.1.jpg

おいおいこのブログでもレビューをガッツリ書こうと思いますが、コレはコルトレーンのアルバムの中でも超硬派、そして過激度で言っても指折りであると思うのですが、実はジャケットがとても微笑ましい。


「ヴィレッジ・ヴァンガードの前でメンバーが並んで写ってるだけじゃん」

と、お思いの方もおるでしょう。はい、アタシもそう思ってました。

このアルバムは、コルトレーンのバンドに、アリス・コルトレーン、ラシッド・アリという新メンバーが加わって初めてリリースされた作品です。

なのでジャケットは、新メンバーの「お披露目」的な意味もあってこうなったんでしょうというのは想像に難しくありません。


ジャケット、よーく見て下さいね。

コルトレーンの隣には奥さんのアリス。

その視線は、やや緊張しつつ、夫コルトレーンをしっかり見据えています。

「コルトレーンを完全に信頼し、いつも静かに甲斐甲斐しく彼を支えていた」


と云われるアリスの人柄がにじみ出ています。


そんなアリスの右隣にはジミー・ギャリソン。

フォーマルにビシッと決めたメンバーの中で唯一カジュアルないでたちで目立つんですが、彼はこの時何をしていたかというと


1.jpg

アリスと仲良く手ェ繋いでる!!


いや、ちょっと、あの、コルトレーンの奥さん。。。(笑)





posted by サウンズパル at 22:12| Comment(0) | 大コルトレーン祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

コルトレーン(PRESTIGE)

1.1.jpg
ジョン・コルトレーン Coltrane
(PRESTIGE)

コルトレーンを長年聴いていると、60年代以降の音源が若い頃のように思えて、1950年代初頭の、まだいわゆる「モダン・ジャズ」やってた頃の音源がベテランになってからの成熟した演奏に思える時があります。

もちろん50年代中頃までのコルトレーンは、まだ演奏そのものがどこかたどたどしく、テクニカルな煌きで「うおお!」と唸らせるタイプではない。でも私、コルトレーンのデビュー時の演奏って決して「下手だった」とはどうしても思えないんです。

コルトレーンが「練習の鬼」だったことはよく知られています。

例えば誰かの家でパーティーをやっている時、コルトレーンがサックス持って一人で別の部屋へ行き、黙々とスケール練習をしていた。とかいう話は有名ですが、恐らくサックスはじめた若い頃からとにかく練習に励み、モダン・ジャズの基になる基本的なテクニックや、チャーリー・パーカー、ジョニー・ホッジス、レスター・ヤング、コールマン・ホーキンス、デクスター・ゴードンといった、彼が影響を受けたサックスの先駆者達の演奏は、ほとんどレコードで何度も何度も聴いて、または実際に生演奏を観に行って、その技法的な部分は大体モノにしていたと思うのですが、向学心旺盛な若き日のコルトレーンは、それに一切満足せず、もっとストイックに”自分だけのサウンド”を追い求めていたんじゃなかろうかと、コルトレーンのどの音盤を聴いても、切実に感じます。

さて、今日ご紹介する「コルトレーン」は、タイトルズバリのジョン・コルトレーン30歳の時にレコーディングされた、堂々のデビュー・アルバム(実質的な初リーダー作)です。

録音は1957年5月。この頃既にマイルス・バンドで多くの”場数”を踏み、モンクのバンドで”修業中”だったコルトレーンの実力はこの頃もう既に多くの人が知る所であり、その吹きっぷりも堂々とした貫禄に溢れたものであります。そう、ここで聴けるのは見事に成熟したコルトレー流モダン・ジャズの、渋く黒光りする結晶そのものでありましょう。

辺拍子にぶっ飛ぶ1曲目「バカイ」は、イントロこそ奇抜でありますが、テーマが終わって各々のソロ・パートに入ると実に小粋!

コルトレーンのエッジの効いたソリッドな音色は、もちろんこの時代の他のテナーマンにはない個性であり、プレイ全体から自然と涌き出るブルース・フィーリングは、聴く人の心にそれとなく哀愁をバラ撒いてくれます。

個人的に、コルトレーンの「モダン・ジャズ風味をやや残しながらのサムシング・ニュー」なテナーと、そこはかとなく”どこか変”(もちろん褒め言葉です)のバリトン吹き、サヒブ・シハブとのガチな中低音のソロ合戦が楽しい「Straight Street」なんか、もー大好きなんですが、やっぱりコルトレーン者としてはバラード屈指の名演である「Violets for Your Furs」(邦題「コートにすみれを」)に触れない訳にはいきますまい。

甘ったるさやエロさを廃して、辛口にちょいと哀感をまぜて紡がれてゆく美しい旋律、無限に涌き出る切ない切ない唄心は、やっぱり「コルトレーンの原点」として、いつ聴いても新鮮な切なさに浸れます。





【パーソネル】
(@〜B)
ジョン・コルトレーン(ts)
ジョニー・スプローン(tp,@C〜E)
サヒブ・シハブ(bs,@CE)
レッド・ガーランド(p,@〜B)
マル・ウォルドロン(p,C〜E)
ポール・チェンバース(b)
アル・ヒース(ds)

【収録曲】
1.Bakai
2.Violets for Your Furs
3.Time Was
4.Straight Street
5.While My Lady Sleeps
6.Chronic Blues


全体的に「ジャズとして完成度の高いセッション」であり、また、噛めば噛むほど味わいの出てくるアルバムです。

アタシもこのアルバムとは、もうかれこれ15年以上の付き合いになりますが、60年代の深さ激しさのレッドゾーンぶっちぎった演奏を聴き狂った後にコレを聴くと、ホッとすると共に「あぁ、コルトレーン、やっぱりこの頃からコルトレーンだわ、唄心、この頃からブレてないよ・・・」と感慨にふけっていつも遠い目になるのです。

サイドマンとしては怪人サヒブ・シハブのバリトンが、たまらんツボをずっと刺激しますが(笑)、「小粋なレッド・ガーランド」と「重厚でダークなマル・ウォルドロン」という2人の正反対の個性を持つピアニストの演奏にもぜひ耳を傾けて頂きたいと思います。





”ジョン・コルトレーン”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/
posted by サウンズパル at 19:23| Comment(0) | 大コルトレーン祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

ジョン・コルトレーン One Down One Up: Live at the Half Note

1.jpg

John Coltrane One Down One Up: Live at the Half Note

(Impulse!)



はい、今日もコルトレーン、2枚組のライヴ・アルバムを暑苦しく紹介します(笑)

録音データは1965年3月26日(disc-1)と5月7日(disc-2)


発売されたのは何と2005年

「何か、オヤジのテープ整理してたらこんなの出てきた」

と息子のラヴィ・コルトレーンがポンと世に出したものであるんですが、ラヴィ君アンタ何てことしてくれたの、コレ、質量共に本気で素晴らしいですよ。。。


アタシは「ハーフ・ノートでのライヴ」って聞いただけでソッコー買いました。

コルトレーンも大好きなんですが「ハーフ・ノート」っていうクラブ、凄い好きなんです。

下の写真見てくださいな

4.jpg


これが「ハーフ・ノート」です。

写真で解るかなぁ…?コルトレーン達が立っているステージは、カウンターにコンパネ敷いた即席ステージみたいなとこで、一言で言えば「すっごく狭い」んですよ。


このお店、元々ただの飲み屋だったんだけど、店の大将がジャズ好きで「ライヴ観たいなぁ〜…。ええ〜い、カウンター潰してステージにしちゃえ!狭いけどカンケーねぇ、コレでジャズ聴けるんじゃい!!文句言うなバカっ!!」と、思い切ってライヴハウスにしちゃったという男気なお店です。

しつこいようですが、ステージすっごい狭いんです。

写真で見てもコルトレーンとエルヴィンのドラムとの距離なんかほんの数十cmです。

ドラムの脇にベーシストが立てばステージはキュウキュウ、ピアノどこにあるんだよ〜?て思ったら、何とドラムセットの真後ろの、背中当たるか当たらんかの位置にアップライト・ピアノが置いてあって、マッコイはそれを弾いてたんだとか…。

しかし、大将の男気がジャズマンにも伝染するのか、演奏する側にとっては物理的にヒジョーにやりづらいはずの「ハーフ・ノート」のことを「イイ店だった、最高の演奏をさせてくれたよ。」と、嬉々として語る往年のジャズマンは凄く多くて、ライヴ名演も数多く生まれてる(「ハーフ・ノートのウィントン・ケリーとウェス・モンゴメリー」なんか有名ですが、あの現場が“ここ”ですよ、うはっ)。

この音源自体は、ラジオ番組のためのものだったようで、ナレーションが演奏にかぶさってたり、時間の都合で演奏がフェイド・アウトしたりしてますが、それを考慮しても、絶頂を迎えていたコルトレーン・クァルテットの最高にアツい演奏が、最高にアツい現場で見事に録音されたものであると言えます。言えるったら言えるんです。

ライヴ盤に入ってたら間違いなく“アタリ”の「マイ・フェイヴァリット・シングス」と「アフロ・ブルー」がまずイイ。特に「アフロ・ブルー」は「ライヴ・アット・バードランド」でのバージョンよりもコルトレーンのテンションが高くて、ソプラノ吹きまくってます。

「マイ・フェイヴァリット・シングス」も、やっぱり“馴れ”というんでしょうか、イントロの一音からもうゾクゾクしてしょうがないのに、このテンションで20分以上もヤラレたらもうたまりません。

時間の都合でカットされてますが、このクォリティとこのカッコ良さなら、延々1時間ぶっ続けられても退屈しません、はい。

「何か暗くて重たい曲」だった「ソング・オブ・プレイズ」も、沈鬱なのは冒頭だけ、アドリブおっぱじまったら勢いが付いて走り出します。

これは“場”が生んだちょっとした奇跡みたいなもんでしょう、ホンッとにしつこいですが、演奏者同士のあり得ん距離ですもん、アツくなろうも。

いや〜、ここまで書いて、何か汗びっしょりになってしまいましたが(マジ)、このライヴの最高の山場、究極の一曲はディスク1の「ワン・ダウン・ワン・アップ」です。

シンプルなリフから一気にアドリブに突入して、コルトレーン吹きまくりーの、マッコイ鍵盤乱打しーの、ギャリソン汗かきまくりーの、エルヴィン叩きまくりーの、ほんの2、3分で、何の曲聴いてるんだか判んなくなるぐらい燃え盛るアドリブ、ガチンコの熱演に放心してしまいます。

10分ぐらいからマッコイがいつの間にか抜けて、12分ぐらいにギャリソンもフェイドアウトして、トレーンとエルヴィンのタイマンになるんですが、これ、このバンドの「良いパターン」です。

そっから約10分、トレーンとエルヴィン二人だけで、凄まじい展開になります。フツー音数減ったら、演奏はしっとりする方向に向かうはずなんですが、この二人の場合はまったく逆で、ますます手が付けられんごと盛り上がって上がって上がりつけるという…。



【パーソネル】
ジョン・コルトレーン(ts,ss)
マッコイ・タイナー(p)
ジミー・ギャリソン(b)
エルヴィン・ジョーンズ(ds)

アラン・グラント(アナウンスメンツ)

【収録曲】
(disc-1)
1.イントロダクションズ&アナウンスメンツ
2.ワン・ダウン・ワン・アップ
3.アナウンスメンツ
4.アフロ・ブルー
(disc-2)
1.イントロダクションズ&アナウンスメンツ
2.ソング・オブ・プレイズ
3.アナウンスメンツ
4.マイ・フェイヴァリット・シングス

コルトレーン、マッコイ、ギャリソン、エルヴィンの「黄金のクァルテット」の、コレは本当に到達点でありましょう。

極まり果てたその先はどうなるのか…?その結果は「ライヴ・イン・シアトル」で聴けるような深淵なるカオスになるんですが、そんな“結果”を知ってなおハラハラします。

それにしても1965年のコルトレーンは、何回ステージに立って、何回スタジオに入ったんだろう?ホントに凄いエネルギーが、彼の“最期の2年”に渦巻いてたんだと思うと、ちょっと凄すぎて気が遠くなります。。。



”ジョン・コルトレーン”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/
posted by サウンズパル at 18:37| Comment(0) | 大コルトレーン祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン at Carnegie Hall

1.1.jpg

Thelonious Monk Quartet with John Coltrane at Carnegie Hall
(BLUENOTE)

「今年の大コルトレーン祭は何をピックアップしようかな」と思いながら、あれこれとCDやレコードを物色しているうちに、1957年〜58年の「モンクとコルトレーン」が大ヒットしました。えぇ、もちろんアタシの中で(汗)

アタシは「コルトレーン者」として、マイルスのバンドで”イイ味出してたコルトレーン”も、アトランティックで”シーツ・オブ・サウンド”をイケイケのバリバリで吹いてたモーダルなコルトレーンも、エルヴィン、マッコイ、ギャリソンと「黄金のカルテット」を結成して「コルトレーンのジャズ」としか言いようのないディープな世界に突入したコルトレーンも、更に晩年にフリー化(と、世間一般では言われてますがアタシは「深化」だと思っとります)した、ディープ極まりないコルトレーンも全部好きです。

もちろん一番最初に「コルトレーン!ヤバい!パンク!!」と思わせてくれたのは晩年の音源ですが、そんなアタシに「中期以前の、モダン・ジャズなコルトレーン」のカッコ良さを教えてくれたのがセロニアス・モンクとの共演盤「セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン」でした。

モンクのピアノの一打から放たれるカッチョイイ不協和音、そして「うっはー、そうきてこうくるかー!」と新鮮な驚きと快感だらけの曲構成やアドリブ展開、でもそれはデタラメのめちゃくちゃじゃなく、ちゃんと「スウィングのツボ」を心得ているそれだなぁと、フリー・ジャズしか知らない小僧の耳にも

「うん、コレはゴキゲンなジャズ」と、理屈抜きで知らしめてくれるものでありました。

そんなモンクと、大好きなコルトレーン。

この組み合わせが悪かろうはずがございません。

「セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン」を、それこそアドリブまで鼻歌で歌えるぐらいになるまで聴き込み(こん時にエリック・ドルフィーと出会って、コレがアタシを”ジャズ好き”にする決定打だったんですが、それはまた別の機会に)、コルトレーンが部分的に参加している「モンクス・ミュージック」ほんのちょびっと参加している「セロニアス・ヒムセルフ」も即買いして

「ううぅ、モンクとコルトレーンの共演盤がもっと聴きたいぞ」と思った時に「ファイヴ・スポットのライヴ盤」を、あれは確か志木の新星堂で見付け、「アツい!すげぇ!」と興奮し・・・いやぁ話せばキリがないですが、そんな具合に「モンクとコルトレーン」を聴き込んでゆくうちに、アタシの中でもモダン・ジャズにイイネ!と思える感受性が育ったんでしょう、初期PRESTIGEでの数々のアルバムも、買ってしばらく放置していたマイルスのアルバムも「素敵!」と思えるようになりました。

でー、それからおよそ7,8年、ブルースやサイケ、フォーク、トラッド、世界の民族音楽などなど、様々な音楽を片っ端から聴きまくりながら「モダン・ジャズ集め」をやっておった2005年のある日「コルトレーンとモンクの凄い未発表ライヴが出るらしい」という情報を見つけ、東芝EMIのカタログにてリリースが公式になるやソッコーで予約を入れたのが本日ご紹介する「ライヴ・アット・カーネギー・ホール1957」であります。




【パーソネル】
セロニアス・モンク(p)
ジョン・コルトレーン(ts)
アーマッド・アブダル・マリク(b)
シャドウ・ウィルソン(ds)

【収録曲】
1.Monk's Mood
2.Evidence
3.Crepescule With Nellie
4.Nutty
5.Epistrophy
6.Bye-Ya
7.Sweet And Lovery
8.Blue Monk
9.Epistrophy(Reprise)

カーネギー・ホールといえば、アメリカで最高の「音楽の殿堂」そこに出演したコルトレーン入りのモンク・カルテット。これはもう悪かろうはずがありません。

いや、でもライヴだし、音質悪かったらどうしよう・・・とか、クラブじゃなくてホールだからなー、テンションそれなりだったら・・・でもまぁ未発表だもんね、モンクとコルトレーンだもんね、と、聴く前は正直あれこれ不安もありましたが、はい、発売日にCDを手にしてプレーヤーに放り込んでスタートボタンを押してスピーカーから音が流れてきたその瞬間(!)

不安はものの見事に、木っ端微塵に粉砕されました。

何これ!!

音!凄くイイ!!

しかもー

演奏最高バリバリ!!


ここに収録されているのは、徹底して深く、哲学的な「静と動」。

つまり「モンクのいいとこ全部」だと思います。

ピーンと張り詰めた緊張感の中に、不思議な安息感が漂うオープニングの@から、カーネギー・ホールは完全に「モンクの異空間庭園」です。

そしてやっぱりテーマに寄り添って「ふぅうわぁ〜・・・」と入ってくるコルトレーンのテナー、澄み切ってますね。

で、やっぱり「エヴィデンス」「エピストロフィー」等の飛ばすナンバーでのコルトレーンのノリノリな吹きっぷり、冴えております。極めつけは後半での”シーツ・オブ・サウンド”のキマリっぷり。どの演奏も「この時期のコルトレーンの完成形」でありますが、途中からテンポが速くなり、モンクが「オマエが主役」とばかりにスッと引く、それに応えてコルトレーンが吹きまくる「スウィート・アンド・ラブリー」コレがもう最高です。


印象としては、スタジオ盤「セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン」の絶妙な”間合いの美学”のカッコ良さが、ライヴならではの臨場感で楽しめる作品、とでも言いましょうか。

サウンズパルに来てた往年のジャズファンであるお客さんも「いや、こんな凄い音源が出てくるもんだねェ、長生きしてよかった〜」と、店内で試聴しながらしみじみと仰ってました。これは看板に偽りナシの歴史的発掘音源です。いやホント(ガッツポーズ)!




”ジョン・コルトレーン”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/
posted by サウンズパル at 15:25| Comment(0) | 大コルトレーン祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする