ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2016年06月29日

ムーンドッグ Moondog(Prestige)

1.1.jpg

MOONDOG
(Prestige/OJC)


今日も暑いので脱力気味でいきます、体が弱っている時は胃腸に優しいものしかお腹に入らなくなると言いますが、耳だってそうです。この読者の皆さんならお分かりかと思いますが、アタシはコッテコテのギトギトな音楽が好きです。

しかし今年は夏バテ本格的にヤバイ感じで「よし、ここはひとつ朝から豪快なブルースで気合いを入れるのだ!」と思ってバディ・ガイかけてみたら、ちょっとヘロヘロになってしまいました。彼の気迫に全然体が追い着けない・・・。

そんなアホな〜・・・とセレクトを変えてみたのですが、ブルース、ロック、ハードなジャズ・・・どれもだめで、本当に泣きそうな気持ちでプレイヤーにセットしてみて「あぁ・・・これだ・・・・」とようやくホッとできたのがムーンドッグのナチュラルにアウトデラックスなユルユルの初期音源集「MOONDOG」でございます。

ムーンドッグは、1940年代からニューヨークの路上を中心に活動していた詩人でありパフォーマーであり、作曲家であり楽器発明家。

北欧神話にインスパイヤされた世界観を持ち、常にバイキングの格好をして路上で演奏や詩の朗読などを行っておりました。

4.jpg

こんなのがいきなり大都会ニューヨークの路上に立ってるんです(!)

見た目で言えばハッキリと変人ではありますが、実は独学で点字を通じて音楽理論を学んでおり(彼は幼い頃に事故に遭い、失明しております)、言動も極めて紳士的で街の人やミュージシャン達から「6番街のヴァイキング」と親しまれて、いわゆる「名物おじさん」的な感じであったようです。

その音楽は、自作の打楽器をチャカポコ叩きながら、まるで童謡のようにシンプルで耳に馴染み易いメロディーを、時にインドや東洋、北欧やアフリカなどの世界の民族音楽から受けた影響を織り交ぜながら、独自のゆったりしたビートとメロディ、時にそれに乗る言葉などが不思議と柔らかな一体感を伴ってユル〜く流れてゆくものであり、スティーヴ・ライヒやフィリップ・グラスといったミニマル・ミュージックの大物達に絶大な影響を与えてもおります。

そんなニューヨークの心優しい吟遊詩人、ムーンドッグが(どういうわけか)ジャズの名門インディーレーベル”PRESTIGE”からリリースした、1956年の脱力作「MOONDOG」これ、本日のオススメでございます。



【収録曲】
1.Caribea
2.Lullaby
3.Tree Trail
4.Death, when you come to me, may you come to me swiftly; I would rather not linger, not linger
5.Big Cat
6.Frog Bog
7.To a Sea Horse
8.Dance Rehearsal
9.Surf Session, in 3 parts, quartet
10.Trees against the sky, fields of plenty, rivers to the sea: this, and more, spreads before me
11.Tap Dance
12.Oo Debu
13.Drum Suite
14.Street Scene


基本。パーカッションが心地良く鳴って(つまりけたたましくない)て、それにピアノやヴァイオリン、曲によってはヴォーカルなんかが入る、ややモンドがかったラウンジ・ミュージックと申しましょうか。

とかくムーンドッグといえば「変人」の代名詞的に、一時期音楽界隈でも採り上げられたことがありましたが、音楽的には一見実にマトモであり、例えばFのピアノなんかを聴けばエリック・サティとゴンザレスが混ざり合う丁度その中間点にあるような、実にセンスのいい、そしてどこか郷愁すら感じさせてくれる(彼の言葉でいえば”神話的音楽”)音は、心のけばだったところにスーッと優しく作用して、気持ちよくほぐしてくれます。

AとCで、いきなり日本語の朗読(Aは赤ちゃんに「かわいいね〜」と語りかける女の人の声で、Cはポエトリー・リーディング。一瞬ボカロかと思ったけど、何で50年代にボカロあんねん!と思って正気に帰りました)が出てきたり、東洋っぽい曲の限りなく無国籍な中華サウンド感なんか、いかにもモンドであり、上質なサイケも感じます。

フツーに心地良いんだけど、よくよく聴いたら実際は色んな意味で”先取り”の多いサウンドであり、確かにムーンドック天才だと思います。いや、でも、このユルユル、純粋にこれが気持ちええんです。。。



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/
posted by サウンズパル at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

ハンプトン・ホーズ Green Leeves of Summer

1.1.jpg

Hampton Hawes/Green Leaves of Summer
(Contemporary/OJC)

只今の季節はディス・イズ・夏でございます。

アタシの体調のことを言えば、ちょいと2,3日前から頭が痛い。

いつもの夏バテと軽い脱水による頭痛です。

なのでボーッとしてしまって音楽を聴いてもうまく言葉が出てきません。

うまく言えない時に無理して頭の中をひっかき回すと今度は精神衛生上よろしくありませんので、この数日はこんな季節でもカラッとサラッと聴ける音楽を聴いております。

んで

「夏に聴きたいピアノもの」

「こんな季節だからこそカッコ良く響くジャズ」

として、本日のオススメはハンプトン・ホーズのピアノ・トリオ・アルバム「グリーン・リーヴス・オブ・サマー」であります。


ハンプトン・ホーズは、アメリカ西海岸のピアニストさんです。

西海岸のジャズというのは、東海岸、つまりニューヨークのジャズとはちょっと気色が違って、サッパリした音色と軽やかなプレイを身上にする人が多い。

つまりアレですな、普段”コテコテ”のごっついジャズばっかり聴いていると、たまにゃあアッサリしたものを聴きたくなる、てぇ時にアタシはハンプトン・ホーズを好んで聴いております。

「スウィングしてる」という言葉を「何かこうウキウキして、思わず体が動いてしまう」と訳した時に、この人のピアノプレイ以上にしっくり来る言葉はないんじゃなかろうかと思うぐらいに鍵盤の上を軽やかに疾走していく10本の指、タッチはやや硬質で凜と澄み切っておりまして、でも、だからといって決して軟弱ではない大人の”端麗”な味わい。

実は日本にも縁が深い人で、進駐軍で日本にやってきた時に、まだ全然モダン・ジャズとかビ・バップだとかを知らない日本人ジャズマン達と、にこやかにセッションしながら「コイツがバップだよ」と教えてくれたんだとか。

はい、50年代から活動している人で、アルバムも結構な数出ていますが、実はコノ人には「この一枚!」というのがない。

それは決して否定的な意味ではなくて、どのアルバムでもその端麗な、聴けばすぐにそれと分かるキリッと締まった音色で、どのアルバムでも期待以上のノリと味で「あ、何となくジャズ聴きてー」という人から「ちょっと今日はピアノなど集中して聴いてみようか」という人の心まで豊かに満たしてくれるのがホーズなんです。




【パーソネル】
ハンプトン・ホーズ(p)
モンク・モンゴメリー(b)
スティーヴ・エリントン(ds)

【収録曲】
1.Vierd Blues
2.Green Leaves of Summer
3.Ill Wind
4.St. Thomas
5.St. Thomas
6.Blue Skies
7.More I See You
8.G.K. Blues



この「グリーン・リーヴス・オブ・サマー」は、麻薬所持の罪で逮捕されお務めを終えて(本当は刑期の途中だったけどケネディ大統領の特赦で放免に)レコーディグされたアルバム。

全体的にホーズのキレもいいし、ドラム、ベースとの息もピッタリ合ってて、ノリノリの曲もミドルテンポのブルースもカッコイイんですけど、やっぱり2曲目のタイトル曲がカッコイイですね。

バラード調の切々とした美しい旋律から徐々に加速していく展開が実にドラマチックで情感豊かでありますが、この曲は映画「アラモ」の劇中歌で、ム所の中でその映画を観て激しく感動したホーズが「いつかシャバに出たらこの曲をレコーディングするんだぁ」と、アレンジからアドリブまで、ずっと考えていたといいます。

とにかくアルバムを通して、ノリノリな時もしっとりな時も、常に聴きやすく・でも飽きさせない、ジャズ職人ならではの”小粋”がとても効いているアルバムです。

暑くてなーんもしたくない、頑張んなきゃいけないんだけど頭回んなくてやんなっちゃう時に良い感じにリフレッシュさせてくれますよ。



ちょいと長めですがハンプトン・ホーズのライヴを貼っておきますね






『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/
posted by サウンズパル at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

俺と悪魔のブルーズ5巻

何と!!!!!!!

ブルース好きを唸らせる、あのロバート・ジョンソンのことが見事な描写と精密な時代考証でリアルに描かれている傑作漫画

「俺と悪魔のブルーズ」

が、

何と何と・・・・・


8年ぶりに連載を再開しました!!!!!






すげぇ!!

待ちに待った最新刊(第5巻)ですよ。。。

昨日ツイッターで教えて頂きました。

スイミーさんありがとうございます。。。。




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/
posted by サウンズパル at 19:07| Comment(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

ローランド・カーク ヴォランティアード・スレイヴリー

1.1.jpg
ローランド・カーク/ヴォランティアード・スレイヴリー
(Atlantic/ワーナー・ミュージック)

これはもうアレですよ、ジャズというかソウルというか、とにかくブラック・ミュージックが何かしら好きで、グルーヴという言葉に何かしら反応して、何か嬉しいことに出くわしたり、いいことがあった時に「いぇ〜い♪」という言葉が出てくる人は、聴くべきで、あと、音楽に人情というか、人間的な暖かさとか、そういうものを感じてクーッときちゃう人も聴くべきで、えぇい、もうジャズだとかブラック・ミュージックだとか細かいことはどうでもいい!原田和典さんが何かの本で

「これを聴くことは人類の義務だ」

と仰っておりましたが、ホントにこれ。もしもこの記事を読んでいるアナタが人間だったら(自称でも可)、このアルバム、ローランド・カークの「ヴォランティアード・スレイヴリー」を、騙されたと思って一度聴いてみてください。えぇ、騙すつもりはござんせんので。

ローランド・カークといえば、ジャズの世界ではその”サックスを3本同時に鳴らす”というバケモノぶりで、多くのファンのド肝を抜いてきましたが、その見た目のインパクト通りの迫力&圧巻のプレイと、見てくれだけではないしっかりとした正統派なテクニック、そして相当にディープなブルース・フィーリングを持っており、決してキワモノ/ゲテモノの類ではないということを、聴く人のほぼ全てに納得させてきた実力派中の実力派であります。

カークはテナー・サックス、ストリッチ(アルト・サックスを直線っぽく伸ばしたやつ)、マンゼロ(「サクセロ」とも言う、サクセロよりちょい小さめの高い音が出る楽器)、フルートを武器に、50年代からジャズをはじめます。

彼には盲目というハンディキャップがありましたが「見えるものに囚われない」ということは、彼の音楽的な幅の広さのしっかりとした裏付けになりました。

「ちっちゃい頃にね、マーチング・バンドが通りを行進してたんだ。コイツはいいな、と思って合奏を丸々耳で覚えたんだよね。ところがサックスってのは基本的にほとつの音しか出せない、そうか、それなら2本以上を一緒にくわえて演奏すればいいんだと思って、このスタイルは自然に身に付いたのさ」

普通なら”目立つから”とかそういう理由で3本吹きという離れ業をやるべきところ、カークは見た目とかそういうつまらないことに縛られず「耳にして感動した音を自分で再生したい」という限りなくピュアな気持ちでスタイルを確立しました。他の誰にも真似の出来ない唯一無二のカッコイイスタイルを。

さてさて、50年代から60年代にかけてカークは、その”ジャズ”というフォーマットの中で、その溢れんばかりの個性をレコードに刻み付けてきましたが、カークの「耳にして感動した音は自分で再生すべき」というポリシーは、60年代後半になって”ジャズ以外の音楽”も演奏のレパートリーに加えることで最大限に発揮されます。

60年代といえばソウル・ミュージックがジャズやR&Bに代わる、若者文化の中心音楽でありました。

カークの偉いところは、このソウル・ミュージックの根底に流れるブルース・フィーリングと、自分たちのフィーリングとが実はあんまり違わない、素直に混ざり合うものだとすぐに納得して演奏したことであります。

元よりジャズのみならず、ブルースやゴスペル、R&Bなど、自分の血肉になる音楽は何でも好きになり、何でも喜んで演奏していたカークという人は、カギカッコ付きの”ジャズ”なんかに収まるよーな狭いアーティストではありません。

丁度この時期(1960年代後半)、ブラック・ミュージックの専門レーベルとしてレイ・チャールズ、アレサ・フランクリン、オーティス・レディングなどなどなど、多くのソウル・スターを育て、アメリカの一大メジャー・レーベルとなったアトランティック・レコードがカークと契約を交わします。

「ブラック・ミュージックが分かるレーベル」との契約は、カークにとっては最大の幸運でした。

で、今回ご紹介する「ヴォランティアード・スレイヴリー」です。






【パーソネル】
ローランド・カーク(ts,fl,nfl,mn,st,gn,口笛,vo)
チャールズ・マギー(tp,@D)
ロン・バートン(p)
ヴァーノン・マーティン(b)
ソニー・ブラウン(ds,A〜D)
ジミー・ホップス(ds,E〜I)
チャールズ・グロスビー(ds,@)
ディック・グリフィン(tb,@D)

【収録曲】
1.ヴォランティアーズ・スレイヴリー
2.スピリッツ・アップ・アバヴ
3.マイ・シェリー・アムール
4.サーチ・フォー・ザ・リーズン・ホワイ
5.小さな願い
6.ローランド・オープニング・リマークス
7.ワン・トン
8.オヴェーション&ローランズ・リマークス
9.ア・トリビュート・トゥ・ジョン・コルトレーン
 a)ラッシュ・ライフ
 b)アフロ・ブルー
 c)ベッシーズ・ブルース
10.スリー・フォー・ザ・フェスティヴァル


のっけから4ビートではなく、しかも思いっきり歌っており、2曲目もゴスペルなコーラスがすげぇカッコイイ!と思ったらその次はスティーヴィー・ワンダーだし、続くモータウン・ポップみたいな歌モノ(カークのオリジナル)の次にアレサ・フランクリンで畳み掛ける(!)

うっひゃー! 何じゃこりゃ! ブラック・ミュージックの天国じゃないか!!

と、アタシはそらもう狂喜しました。

元々ブルースが好きで、ジャズやソウルもその流れから好きになった人間にとって、このアルバム特有の”黒さ”つまり口で言うよりグルーヴが、演奏の雰囲気全体からもくもくと立ち込める巨大な何物かが、頭よりも心、心よりも体を直接ゆさぶってくるこの感覚は、正に天啓であり、求めていた音楽でした。

とにかくもう極上の”ジャズマンが演奏する最高のソウル”であり、収録の半分がライヴということもあって、そのムンムンした熱気共に、もう夢中にさせて余りあるんです。思わず「人間万歳!」って叫びたくなるんです。

そして後半のコルトレーン・メドレー

カークのプレイ・スタイルから、何となく「あぁ、この人はコルトレーンのことをリスペクトしてるんだな」と、初期のアルバムをコルトレーン者として嬉しく聴いていましたが、このアルバムでの演奏は、それまでの表面的なソウルなノリを完全にぶった切って、気持ちいいぐらいにストレート・アヘッドなジャズ・・・というよりも驚異の「コルトレーン以上にコルトレーンな演奏」で、流石にド肝を抜かれました。

先ほど「表面的なソウルのノリを完全にぶった切って」と書きましたが、このアルバムの中でコルトレーン、出てきても全然違和感ないんですよね。コルトレーンはジャズもジャズなんですが、やはり60年代という時代のひとつのコアであったということもあるんでしょうか、コレも最高に素晴らしい”ソウル・ミュージック”としてどうしようもなく響いてくるんです。

いやはや、このアルバムに関しては、それこそアタシにとって愛聴盤以上の愛聴盤で、どこまでも語りたくなりますが、このブログは「知らない人に音楽を聴いてほしいブログ」です。

最初の話に戻りますが、いやほんと「音楽に人間の愛」を求める人は、これだけは是非聴いておいてください。


それでもよくわからんという人のためにオマケを置いときますね↓



”ローランド・カーク”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/
posted by サウンズパル at 10:29| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

岸田森 嵐山長官

昨日「爆報THE フライデー」を見ていたら、三田和代の岸田森との事実婚の話をやっていましたね。

岸田森といえば演技の鬼と言われた役者さんで「恐らくは狂気というものを表現させたら右に出る人はいないだろう」と言われる超個性派の俳優であります。


長谷川博巳が「最も影響を受けた」とも語っておりましたね。

が、私の世代(40のオッサン)で「岸田森」といえば、太陽戦隊サンバルカンの嵐山長官ですよ(!)


戦隊モノの長官といえば、基地の中でヒーロー達に指令を与えたり、険しい表情でその戦いを見守ったりするんですが、大体よっぽどのことがない限り基地をでないのですが、嵐山長官は違います。

何と普段は喫茶店のマスターをしており、そこで自慢のカレー(イエローの大好物なアレ)を作ったり、子供達とヨーヨーで遊んでたり、しゃべり方もほんっとに気さくなオッサンという感じなんですが、基地でサンバルカンに指令を出す時は普段のキャラとは全っ然真逆の知的で渋くてついでに言うと声も威厳のある低い声になるんです。

その他、変装(てか完全に趣味のコスプレ)して自ら潜入捜査したり、生身の人間のくせに怪人と戦ったり、あろうことか最終回ではサンバルカン差し置いて大ボスの怪人(確か全能の神とか何とかいうやつ、クソ強い)をえいやぁとぶっ刺してやっつけたり、戦隊史上後にも先にもない、色々と凄まじいぶっ飛び方をしていました。

もちろんその頃はこの嵐山長官が岸田森という凄い役者さんだということすら知らず「長官かっこいー」と、ヒーローそっちのけでひたすら楽しんでいて、「サンバルカンごっこ」するときも、アタシはいつも長官役でした。

サンバルカン、久々に見たいなぁ〜…。



posted by サウンズパル at 23:22| Comment(0) | つぶやき、小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする