2016年06月29日

ムーンドッグ Moondog(Prestige)

1.1.jpg

MOONDOG
(Prestige/OJC)


今日も暑いので脱力気味でいきます、体が弱っている時は胃腸に優しいものしかお腹に入らなくなると言いますが、耳だってそうです。この読者の皆さんならお分かりかと思いますが、アタシはコッテコテのギトギトな音楽が好きです。

しかし今年は夏バテ本格的にヤバイ感じで「よし、ここはひとつ朝から豪快なブルースで気合いを入れるのだ!」と思ってバディ・ガイかけてみたら、ちょっとヘロヘロになってしまいました。彼の気迫に全然体が追い着けない・・・。

そんなアホな〜・・・とセレクトを変えてみたのですが、ブルース、ロック、ハードなジャズ・・・どれもだめで、本当に泣きそうな気持ちでプレイヤーにセットしてみて「あぁ・・・これだ・・・・」とようやくホッとできたのがムーンドッグのナチュラルにアウトデラックスなユルユルの初期音源集「MOONDOG」でございます。

ムーンドッグは、1940年代からニューヨークの路上を中心に活動していた詩人でありパフォーマーであり、作曲家であり楽器発明家。

北欧神話にインスパイヤされた世界観を持ち、常にバイキングの格好をして路上で演奏や詩の朗読などを行っておりました。

4.jpg

こんなのがいきなり大都会ニューヨークの路上に立ってるんです(!)

見た目で言えばハッキリと変人ではありますが、実は独学で点字を通じて音楽理論を学んでおり(彼は幼い頃に事故に遭い、失明しております)、言動も極めて紳士的で街の人やミュージシャン達から「6番街のヴァイキング」と親しまれて、いわゆる「名物おじさん」的な感じであったようです。

その音楽は、自作の打楽器をチャカポコ叩きながら、まるで童謡のようにシンプルで耳に馴染み易いメロディーを、時にインドや東洋、北欧やアフリカなどの世界の民族音楽から受けた影響を織り交ぜながら、独自のゆったりしたビートとメロディ、時にそれに乗る言葉などが不思議と柔らかな一体感を伴ってユル〜く流れてゆくものであり、スティーヴ・ライヒやフィリップ・グラスといったミニマル・ミュージックの大物達に絶大な影響を与えてもおります。

そんなニューヨークの心優しい吟遊詩人、ムーンドッグが(どういうわけか)ジャズの名門インディーレーベル”PRESTIGE”からリリースした、1956年の脱力作「MOONDOG」これ、本日のオススメでございます。



【収録曲】
1.Caribea
2.Lullaby
3.Tree Trail
4.Death, when you come to me, may you come to me swiftly; I would rather not linger, not linger
5.Big Cat
6.Frog Bog
7.To a Sea Horse
8.Dance Rehearsal
9.Surf Session, in 3 parts, quartet
10.Trees against the sky, fields of plenty, rivers to the sea: this, and more, spreads before me
11.Tap Dance
12.Oo Debu
13.Drum Suite
14.Street Scene


基本。パーカッションが心地良く鳴って(つまりけたたましくない)て、それにピアノやヴァイオリン、曲によってはヴォーカルなんかが入る、ややモンドがかったラウンジ・ミュージックと申しましょうか。

とかくムーンドッグといえば「変人」の代名詞的に、一時期音楽界隈でも採り上げられたことがありましたが、音楽的には一見実にマトモであり、例えばFのピアノなんかを聴けばエリック・サティとゴンザレスが混ざり合う丁度その中間点にあるような、実にセンスのいい、そしてどこか郷愁すら感じさせてくれる(彼の言葉でいえば”神話的音楽”)音は、心のけばだったところにスーッと優しく作用して、気持ちよくほぐしてくれます。

AとCで、いきなり日本語の朗読(Aは赤ちゃんに「かわいいね〜」と語りかける女の人の声で、Cはポエトリー・リーディング。一瞬ボカロかと思ったけど、何で50年代にボカロあんねん!と思って正気に帰りました)が出てきたり、東洋っぽい曲の限りなく無国籍な中華サウンド感なんか、いかにもモンドであり、上質なサイケも感じます。

フツーに心地良いんだけど、よくよく聴いたら実際は色んな意味で”先取り”の多いサウンドであり、確かにムーンドック天才だと思います。いや、でも、このユルユル、純粋にこれが気持ちええんです。。。



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

posted by サウンズパル at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

ハンプトン・ホーズ Green Leeves of Summer

1.1.jpg

Hampton Hawes/Green Leaves of Summer
(Contemporary/OJC)

只今の季節はディス・イズ・夏でございます。

アタシの体調のことを言えば、ちょいと2,3日前から頭が痛い。

いつもの夏バテと軽い脱水による頭痛です。

なのでボーッとしてしまって音楽を聴いてもうまく言葉が出てきません。

うまく言えない時に無理して頭の中をひっかき回すと今度は精神衛生上よろしくありませんので、この数日はこんな季節でもカラッとサラッと聴ける音楽を聴いております。

んで

「夏に聴きたいピアノもの」

「こんな季節だからこそカッコ良く響くジャズ」

として、本日のオススメはハンプトン・ホーズのピアノ・トリオ・アルバム「グリーン・リーヴス・オブ・サマー」であります。


ハンプトン・ホーズは、アメリカ西海岸のピアニストさんです。

西海岸のジャズというのは、東海岸、つまりニューヨークのジャズとはちょっと気色が違って、サッパリした音色と軽やかなプレイを身上にする人が多い。

つまりアレですな、普段”コテコテ”のごっついジャズばっかり聴いていると、たまにゃあアッサリしたものを聴きたくなる、てぇ時にアタシはハンプトン・ホーズを好んで聴いております。

「スウィングしてる」という言葉を「何かこうウキウキして、思わず体が動いてしまう」と訳した時に、この人のピアノプレイ以上にしっくり来る言葉はないんじゃなかろうかと思うぐらいに鍵盤の上を軽やかに疾走していく10本の指、タッチはやや硬質で凜と澄み切っておりまして、でも、だからといって決して軟弱ではない大人の”端麗”な味わい。

実は日本にも縁が深い人で、進駐軍で日本にやってきた時に、まだ全然モダン・ジャズとかビ・バップだとかを知らない日本人ジャズマン達と、にこやかにセッションしながら「コイツがバップだよ」と教えてくれたんだとか。

はい、50年代から活動している人で、アルバムも結構な数出ていますが、実はコノ人には「この一枚!」というのがない。

それは決して否定的な意味ではなくて、どのアルバムでもその端麗な、聴けばすぐにそれと分かるキリッと締まった音色で、どのアルバムでも期待以上のノリと味で「あ、何となくジャズ聴きてー」という人から「ちょっと今日はピアノなど集中して聴いてみようか」という人の心まで豊かに満たしてくれるのがホーズなんです。




【パーソネル】
ハンプトン・ホーズ(p)
モンク・モンゴメリー(b)
スティーヴ・エリントン(ds)

【収録曲】
1.Vierd Blues
2.Green Leaves of Summer
3.Ill Wind
4.St. Thomas
5.St. Thomas
6.Blue Skies
7.More I See You
8.G.K. Blues



この「グリーン・リーヴス・オブ・サマー」は、麻薬所持の罪で逮捕されお務めを終えて(本当は刑期の途中だったけどケネディ大統領の特赦で放免に)レコーディグされたアルバム。

全体的にホーズのキレもいいし、ドラム、ベースとの息もピッタリ合ってて、ノリノリの曲もミドルテンポのブルースもカッコイイんですけど、やっぱり2曲目のタイトル曲がカッコイイですね。

バラード調の切々とした美しい旋律から徐々に加速していく展開が実にドラマチックで情感豊かでありますが、この曲は映画「アラモ」の劇中歌で、ム所の中でその映画を観て激しく感動したホーズが「いつかシャバに出たらこの曲をレコーディングするんだぁ」と、アレンジからアドリブまで、ずっと考えていたといいます。

とにかくアルバムを通して、ノリノリな時もしっとりな時も、常に聴きやすく・でも飽きさせない、ジャズ職人ならではの”小粋”がとても効いているアルバムです。

暑くてなーんもしたくない、頑張んなきゃいけないんだけど頭回んなくてやんなっちゃう時に良い感じにリフレッシュさせてくれますよ。



ちょいと長めですがハンプトン・ホーズのライヴを貼っておきますね






『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

俺と悪魔のブルーズ5巻

何と!!!!!!!

ブルース好きを唸らせる、あのロバート・ジョンソンのことが見事な描写と精密な時代考証でリアルに描かれている傑作漫画

「俺と悪魔のブルーズ」

が、

何と何と・・・・・


8年ぶりに連載を再開しました!!!!!






すげぇ!!

待ちに待った最新刊(第5巻)ですよ。。。

昨日ツイッターで教えて頂きました。

スイミーさんありがとうございます。。。。




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

posted by サウンズパル at 19:07| Comment(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする