2016年08月19日

デュ・プレ 白鳥(チェロ名曲集)

3.jpg

デュ・プレ/白鳥(チェロ名曲集)
(ワーナー・ミュージック)

音楽といえば、ほとんどアタシはガソリンのように耳から心に投入し、落ち込んでいる気持ちを奮い立たせたり、テンションをアゲたりするために聴いています。

でも、全部が全部そんなだとキツい、たとえば魚にとっての水のように

「あって当たり前だけど、ないと生きていけないもの」

として音楽に相対する気持ちを大事にしたいです。


クラシックは、パンク小僧・ロック小僧だったアタシにとっては長年「何か学校で教えられるタイクツな音楽」でしたが、実はそう思っていたのは、ツッパリたい年頃特有のよくあるポーズだったわけで、密かにバッハとかいいなと思って聴いてたりしました。

「いいものはいい」

なんて陳腐をぶっこくつもりは毛頭ございませんが、ロックだろうがブルースだろうがジャズだろうがクラシックだろうが、人間が喜怒哀楽をメロディやリズム、或いは歌詞に託して、魂を注入して作り上げた音楽に変わりはないわけです。

つまり

「カッコイイものはパンク!」

この精神で音楽をどんどん聴いてどんどん感動すれば、ジャンルなんてちっとも怖いものでもややこしいものでもない、ましてや「クラシック=難しい」なんてのはそれこそ20世紀より前の、もうとっくに化石になりつつある考え方なんじゃないかと思っております。

そう思わせてくれたきっかけをアタシにくれたのが、ジャクリーヌ・デュ・プレでした。

何かの雑誌で

「夭折の女性チェリスト」

とか書かれていたものを見て、まぁ似てはおりませんが、何か写真で見たその顔の表情に、何となくジャニス・ジョプリンに通じるものを勝手に感じて、少し気になってたんです。

そんなある日、テレビでたまたま彼女の映像を目にしました。

曲に合わせて体がゆらゆらと、次第に大きく激しく揺れて、その美しいチェロの音に、彼女が揺れるごとにどんどん情念が上乗せされるような、それは衝撃的な映像でした。


「パンクだ・・・」

この表現が適切かどうかはわかりませんが、とにかくアタシはそう思いました。何てことだ、クラシックにあんなに激しい音楽をする人がいたんだ、すげぇや、と一人で勝手に興奮して「ほれみろ、やっぱりジャニスと同じ種類の人だったじゃないか」と勝手に納得したわけです。

彼女の本当の魅力に目覚めたのは、CDを買ってからです。




【演奏】
ジャクリーヌ・デュ・プレ(チェロ)
ジェラルド・ムーア(ピアノ)@〜EI
ロイ・ジェスン(オルガン)F
オージアン・エリス(ハープ)G
ジョン・ウィリアムス(ギター)H

【収録曲】
1.シチリアンヌ(シチリア舞曲)*パラディス
(2〜4:3つの幻想小曲集 作品73)*シューマン
2.T.優しく表情を持って
3.U.快活で、軽やかに
4.V.速くて熱情を持って
5.無言歌 ニ短調 作品109 *メンデルスゾーン
6.エレジー ハ短調 作品24 *フォーレ
7.アダージョ(トッカータ、アダージョとフーガ ハ短調 BWV.564より)*J.S.バッハ
8.白鳥〜《動物の謝肉祭》より *サン=サーンス
9.ホタ〜《スペイン民謡組曲》より *ファリャ
10.コル・ニドライ 作品47 *ブルッフ


これも”たまたま”だったんですが、ある日ふと「そうだ、ジャクリーヌ・デュ・プレってすごかったな」と思い出し、どれでもいいからとCDを適当に選んだんですが、これが大当たり。

映像で見た時に耳に入ってきた彼女のチェロは、もう最初から最後まで激烈な情念の渦で、そういうのを覚悟してましたが、実際に音盤で聴いてみると、そのチェロの音は情念そのままに、より深い優しさや、繊細な感情のつづれおりを見せてくれます。

このアルバムは、メンデルスゾーンとかシューマンとかバッハとか、聴けば「あ、これか!」となる曲もたくさん入ってるし、ピアノでサポートしているジェラルド・ムーアのプレイもとても優しくて、余分なアレンジもないし、聴き易いです。

デュ・プレのチェロの、何というか情熱と慈愛が完全に諸刃状態でひとつの音の中にヒリヒリと溶け込んでいるあの音を聴くと、・・・いや、何度聴いても胸がいっぱいになります。





(本編とは関係ありませんが、ダニエル・バレンボイムとの素敵なセッション)


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/


posted by サウンズパル at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

ミルト・ジャクソン&ジョン・コルトレーン バグス&トレーン

3.jpg
ミルト・ジャクソン&ジョン・コルトレーン/バグス&トレーン
(Atlantic/ワーナー)


コルトレーン関連のアルバムの中には、強烈なインパクトこそ薄いけれども、格別な味わいの深さ故に「何かいいんだよな・・・」と、気が付けばお気に入りになってしまって、更に気が付けば、長年良い感じで付き合ってくれる良き友人のような存在になってくれるアルバムというものがあります。

ヴィブラフォン奏者ミルト・ジャクソンと組んで、上質な”大人の味わいのジャズ”を聴かせてくれる「バグス&トレーン」は、その最たるものでありましょう。

はい、コルトレーンはもちろんジャズを代表するビッグ・ネームですが、ミルト・ジャクソンは更にコルトレーンより先輩で、ジャズの世界において「ヴィブラフォン(鉄琴)」という楽器の奏法をモダンなものとして大成させた人。

いずれも超の付くほどの大物なんですが、この2人のカッコイイところは、こういう「大物同士の顔合わせ」で、これみよがしな派手な演奏に終始しないところ。

コルトレーンにしてみれば、この年(1959年)にようやく契約に漕ぎ着けたアトランティックは念願のメジャー・レーベル。

その記念すべき第一作目は、かつて自分がデビュー前に、同じバンド(ディジー・ガレスピー・グループ)で先輩としてよく可愛がってくれたミルト・ジャクソンとの共演作。

マイルス、そしてセロニアス・モンク(この人はミルトとは親友ともいえるほどの仲良しだった)のバンドで腕を上げ、自分のスタイルを立派に築き上げたオレを見てくれよ先輩、というはやる気持ちはコルトレーンにはバリバリあったでしょう。

しかしカッコイイのは

「オーケー、ジョン。皆まで言わずともお前がカッコイイってこたぁわかってるよ。それよりどうだい、久しぶりに一緒に演るんだ、気負わず楽にいこうぜ」

とばかりに、終始リラックスした雰囲気を醸して、コルトレーンをいい感じにクールダウンさせているミルト・ジャクソンの演奏の貫禄です。

個人的にその”落ち着き”がじんわり空間にしみていて「あぁ、カッコイイなぁ・・・」としみじみ思うのはブルース・ナンバーの@とかDとかで、これ、よくよくソロを聴くと、コルトレーン結構シーツ・オブ・サウンドを駆使した”吹きまくり”やってるんですが、ミルトのヴィブラフォンが「コォ〜ン」と一打鳴るだけで、演奏全体のバランスが奇跡的に整ったカッコイイジャズに仕上がるからあら不思議。




【パーソネル】
ミルト・ジャクソン(vib)
ジョン・コルトレーン(ts)
ハンク・ジョーンズ(p)
ポール・チェンバース(b)
コニー・ケイ(ds)

【収録曲】
1.バグス&トレーン
2.スリー・リトル・ワーズ
3.ナイト・ウィ・コールド・イット・ア・デイ
4.ビ・バップ
5.ザ・レイト・レイト・ブルース

(1959年1月15日)


コルトレーンのアルバムとしては、ミルト・ジャクソン、ハンク・ジョーンズ、そしてコニー・ケイ(この人がドラム叩くとどんなセッションでも一段上質なものになってるように聞こえます)と3人の”ジャズ紳士”の醸す、うっとりするようなクールで渋い雰囲気にほだされて、程よく緊張感を残しながら楽しくくつろいだ演奏が出来た、ガチのリーダー作ではなかなか聴けない仕上がりになっております。

それにしても恐るべきはミルト・ジャクソン、どんなクセのある共演者とやってもダレることなく相手の個性を活かして、かつ自分自身もちゃっかり楽しんで演奏出来てしまうその実力と肝の太さであります。






”ジョン・コルトレーン”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』


サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 大コルトレーン祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

ライトニン・ホプキンス ライトニン&ザ・ブルース コンプリート・ヘラルド・シングルズ

3.jpg

ライトニン・ホプキンス/ライトニン&ザ・ブルース コンプリート・ヘラルド・シングルズ

(Herald/Pヴァイン)

夏が嫌いなくせに、夏になると暑苦しくてどうしようもなく濃い音楽が聴きたくなります。

困ったものです、えぇ、困ったもので、自分でもこの性分は何とかせにゃならんと思っております(棒読み)。

しかしアタシの大好きなジャズやブルースやロックやソウルなどの暑苦しいおっちゃん達はこう言うのです

「夏?しゃらくせぇ、ゴキゲンだぜ!」

と。


えー、ちなみにここんとこアタシの営業車のカーステの中からそのようにおっしゃっているのは、ライトニン・ホプキンスさんです。


LightninHopkins_cr_David%20Redfern_1978.jpg

真夏でもビシッとジャケットでキメて、胸元ガーっと開けて帽子を思いっきり斜めに被る王道の不良ファッションに騙されてはいけません。このヒトのやっておる音楽(ブルース)は、そのダーティーな見た目以上にダーティ極まりないものであります。

そうそう、アタシはよく「ブルース聴きたいんだけど、何聴けばいい?」という問いを、ありがたいことによく頂きますが、そん時は迷わずライトニン聴いてもらいます。

好き嫌いはさておいて、ほとんどの人が「これはブルースだね、見事にブルースだ」と、とりあえずは納得してくれるところを見ると、やはりライトニン・ホプキンスという人は「ブルース」なのでしょう。

どの時代のどのアルバムを聴いても「くー、たまらんねこれ」と、アタシも理屈を超えてなってしまいます。

あえて陳腐をぶっこきますが、ブルースというのはスタイルとか理屈とかじゃないんですね。毎度おんなじよーな曲をやっていようがチューニングがズレてよーが、かっこいいブルースマンにかかってしまえば、そういうのも全部含めてだからライトニン・ホプキンスは「ブルース」だと思います。


ささ、みなさんライトニン・ホプキンスを聴きましょう♪





【収録曲】
1.Nothin’ But The Blues
2.Don’t Think Cause You’re Pretty (Blues Is A Mighty Bad Feelin’)
3.Lightnin’s Boogie (Boogie Woogie Dance)
4.Life I Used To Live (Gonna Change My Ways)
5.Sick Feelin’ Blues (I’m Achin’)
6.Evil Hearted Woman
7.Blues For My Cookie
8.Sittin’ Down Thinkin’
9.My Baby’s Gone
10.Lonesome In Your Home
11.Lightnin’s Special (Flash Lightnin’)
12.My Little Kewpie Doll (Bad Boogie)
13.I Love You Baby
14.Shine On Moon
15.Had A Gal Called Sal
16.Hopkins’ Sky Hop
17.Lightnin’ Don’t Feel Well (I Wonder What Is Wrong With Me)
18.Finally Met My Baby
19.That’s Alright Baby
20.Don’t Need No Job
21.They Wonder Who I Am
22.Remember Me
23.Grandma’s Boogie (Lightnin’s Stomp)
24.Please Don’t Go Bab
25.Early Mornin’ Boogie (Hear Me Talkin’)
26.Moving On Out Boogie (Let’s Move)


てなわけで本日のオススメは、1952年に「ヘラルド」という小さなレーベルに残した録音のすべてが収録されている「ライトニン&ザ・ブルース」です。

「ヘラルドのライトニン」といえば、ファンの間ではダーティー・ライトニンの極致といわれておるもので、えぇ、全編エレキギターをギャンギャンにかき鳴らして、ベースとドラムだけをバックに、エゲツない音で最高にィやっさぐれたブルースをやっておる音源なんですよ。

まー、暑い夏に聴くとコレ、かなりいい感じにギトギトきます。

このテのブツの解説をする時は、アタシゃ毎回言いますが、1952年、エフェクターもないし、アンプのツマミにゲインなんぞ付いてない時代です。

そんな時代に何をどうやってるのかわからない、どうせアタマがオカシイだけなんだろうけど、エレキギターの音がワシャワシャ歪んでるんですよ。

後半になってから出てくるノリノリのブギーはもちろんなんですが、のっけからのヘヴィネス全開なスロー・ブルースのギターソロで「もうなんじゃこりゃ!」てぐらいのトーンがギンギン鳴り響くんです、もう曲がどうとか時代がとか一切関係ナシで、「これはパンク(=ブルース)!」と、興奮せざるを得ない、うん、得ませんな。



”ライトニン・ホプキンス”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

posted by サウンズパル at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする