2016年08月02日

エルヴィン・ジョーンズ&リチャード・デイヴィス ヘヴィ・サウンズ

3.jpg

エルヴィン・ジョーンズ&リチャード・デイヴィス/ヘヴィ・サウンズ
(Impulse!/ユニバーサル)


エルヴィン・ジョーンズを初めて知ったのは、言うまでもなくコルトレーン「黄金のカルテット」です。

最初に聴いた時は、そのものすごく”一撃”が重い上に、まるでいくつものドラムが同時に別々のビートを叩き付けているかのような、立体的なドラミング(これが”ポリ・リズム奏法”という、彼独自のもんだったと後で気付きました)に、ただただもう圧倒されるばかりでした。

コルトレーンはもちろん凄いんだけど、その凄さは、こんなにも凄まじく、そしてヘヴィな音で容赦なく重厚なリズムを繰り出しているエルヴィン・ジョーンズというドラマーがいるからなんだ。と、ただもう口をパクパクしながら聴くしかなかったですね。

これは皆さんにぜひオススメしたいジャズの聴き方なんですけど、誰か好きなアーティストを見つけたとしましょう。

そしたら、その主役以外に「お、コイツは何かいい感じだ」と気になってくるサイドマンというのが、必ず出てくると思いますんで、今度はそのサイドマンのアルバムを探して聴いてみてくださいね。

こうやってくると色々と豊かに拡がります。

この”拡がる”ってのは、ちょっと言葉では説明できない、・・・近い言葉を借りれば

「すっげぇ得した気分」

なんです。

ジャズに限らず、音楽を聴く時に、その音楽に感動できるか出来ないかは、まずもってこの”拡がり”が全て。と、断言しておきましょう

はい、話がちょいと横道に逸れましたが、コルトレーンを聴いて「エルヴィン・ジョーンズってヤツもすげぇ!!」と感動したアタシは、その時確実に”拡がり”を感じました。

これはもう「エルヴィンのアルバム!買おう!!」と思いましたね。

そこでアタシは

・コルトレーンと同じレーベルである「Impulse!」から出したアルバムである。

・録音は1968年、つまりコルトレーンが亡くなってちょい後の作品

・一緒にリーダーとしてクレジットされているのが、大好きなエリック・ドルフィー「アット・ザ・ファイヴ・スポット」に参加していたベーシストのリチャード・デイヴィスである。

・ジャケの何ともハードボイルドなフォトがカッコイイ

・「ヘヴィ・サウンド」という、もうタイトルからして硬派なのも気に入った

という訳で「ヘヴィ・サウンド」迷わず買いました。





【パーソネル】
エルヴィン・ジョーンズ(ds,g)
リチャード・デイヴィス(b)
フランク・フォスター(ts)
ビリー・グリーン(p)

【収録曲】
1.ローンチィ・リタ
2.シャイニー・ストッキングス
3.M.E.
4.サマータイム
5.エルヴィンズ・ギター・ブルース
6.ヒアズ・ザット・レイニー・デイ

それぞれコルトレーンとドルフィーという、強烈なリーダーのもとでのサウンドから、アタシは勝手に「終始イケイケの、激しさ満載全力疾走ぶっ通し!」の、エネルギッシュな作品だと想像しておった訳なんです。


ところが!!

1曲目がまさかまさかの16ビートのジャズファンク!!

細かくハイハットを刻むエルヴィンのビートに呼応してブルージーなラインを、タップリの”タメ”を効かせて放つデイヴィス、そこにフランク・フォスターの、最高にゴキゲンで、大人の”引き”も心得たブラックなフレーズとアドリブが・・・!!くっ!!

このフランク・フォスターという人は、戦後カウント・ベイシーのビッグ・バンドでテナー奏者を務めた人で、よく色んなセッションに参加しているんですけど、もちろんコルトレーンとは全然タイプが違って、どちらかというと正統派なモダン・ジャズ・テナーを、ほどよくコクのある音色で聴かせる人なんですね。

正直”武闘派”なエルヴィン&デイヴィス組とどう絡んでるのか、全く想像が出来なかったのですが、意表を突いてまさかのファンキーな吹きっぷりで、もうアタシはウキウキワクワクしました。

2曲目以降は、ほぼ真っ当(?)な展開で、エルヴィンはスティックだけじゃなく、ブラシやマレットも繊細に操って、コルトレーンの時とは全く別人、柔軟で、時に知的で、ブルースからバラードまで、あらゆるスタイルをカッコ良く叩き分けておりますし、おまけになかなかにセンスの良いギターも弾きます(Cで)。

一方のリチャード・デイヴィス、そんなエルヴィンの細かい動きに、重心の低い”念”のこもおった音でしっかりとついて行っております。

デイヴィスのプレイは「サマータイム」での11分にも及ぶドラムとベースのデュオですね。デイヴィスが弓を持って、メインフレーズを狂おしく崩したなかなかにヘヴィで幻想的なソロを奏でるんですけど、これはズッシリと胃にきます。

最後のバラード、これもアッサリやっているようで、不思議な聴き応えがあるんですよねぇ・・・。

「ヘヴィ・サウンズ」には、強烈な打撃で重厚なリズムを積み重ねる”あの”エルヴィンはおりません。

しかし、軽くシャッフルも出来るし、出てくる他の楽器の”音”に対して、その瞬間瞬間に、実に柔軟にベストな反応が出来る、しかもどの音もやっぱりエルヴィンならではの”重さ”はしっかりと感じられます。

コレを聴いてアタシはエルヴィン・ジョーンズというドラマーの本当の凄さ、そして恐ろしいほどの懐の深さを感じました。

エルヴィンがますます好きになったことは言うまでもありません。






『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

posted by サウンズパル at 19:22| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする