2016年09月28日

玉置浩二 Gold

4.jpg
玉置浩二/Gold
(Saltmoderate)


最近ね、凄くいいんですよ。

いや、何がって、玉置浩二ですよ。

いや、ホント。

ここ数日「大人になって改めてその良さがしみじみと分かってきた音楽」というテーマで、あれこれ聴いてるんですが、主にオーソドックスなジャズとか、60年代〜70年代のソウル、同じ時代のいわゆるアメリカン・ポップスなんかを聴いてるんですけどね、詰まるところこの時代の音楽の良さってのは何だろう?と考えた時に

「そりゃあ歌ですよ、歌としてグッとくるか、思わず一緒に唄ってしまっているか、そういう音楽がいいんですよ」

という、自分なりの結論がひとつ出ています。

ほぉん、唄かぁ・・・。

と、ぼんやり考えておったのが、3年前ですか。確か2013年頃だったと思うんですが、ボーッとテレビ見てたら、玉置浩二がドラマに出演してたんですよ。

不器用でクレイジーで、とっても優しいお父さんを演じてた「東京バンドワゴン」というドラマだったんですが、そのドラマの中で、しみじみといい味を出した演技を見せながら、ちょくちょくドラマの中で玉置浩二が唄うんですよ。

それが何というか、シーンとかセリフとか、登場人物達の心情に、どれもいちいちピッタリで、あの・・・狙ってスポット当ててはい唄〜って感じじゃないシーンばかりなのに、何でこんなに惹かれるんだろうと思ったんですよね。

そしてドラマのエンディング曲の「サーチライト」が、また凄く良かった。

どうしようもない人間の”孤独”みたいなのがあって、それに苛まれたり、傷付けられたりするんだけど、それでも僕は心を照らすサーチライト(愛しい存在の人の優しさ)を信じていたし、そうなりたいと思ってる。

という意味の歌詞を、この人独特の「ふをぉ〜ん」というハラー(叫ぶのでなく、ふくよかに張り上げる歌唱)をたっぷり交えた、そのサウンドといい、声の質感といい、物凄く奥底からくるブルース・フィーリングを、アタシなりに感じたんですね。

安全地帯の頃はアタシは小学生で、化粧してニューウェーブなサウンドを「面白い」とは思っても、真剣に聴くまでではなかったし、ソロになって「田園」ですごく売れた時は、バリバリの洋楽小僧で、日本のヒットチャートなんかには完全に背中向けてたんで、さほどの感慨は正直なかったんです。

そこへきて2010年代の”玉置浩二”これがとにかくグッときたんですよね。理屈でなしに。。。

「サーチライト」これは運命の一曲だと思って、アルバムを聴きました。



【収録曲】
1.それ以外に何がある
2.いつの日も
3.サーチライト
4.セコンド
5.かくれんぼ featuring.金子マリ
6.TOUCH
7.宙
8.泣くなひまわり
9.屋根の下のSmile
10.GOLD


というのも、さっきもちょっと触れましたが、ブルースやソウル、ゴスペルといったブラック・ミュージックが好きなアタシは、この玉置浩二のヴォーカルに、限りなくそのフィーリングを感じたんです。

フィーリングってのは「そういう風にやろう」と思ってもなかなか滲み出るもんじゃなくて、とにかく自分自身と、自分自身の持っている内側の”うた”を、どれほど濃密にリンクさせるかだと思うんですが、ほとんどの曲が統一された深い色合いを持つこのバラード・アルバム(あえてそう言おう)には、ハッキリとアタシの好きな60年代70年代ソウルのフィーリングを”玉置浩二のフィーリング”にした、一人の凄いシンガーがおりました。

アタシは昔からのファンでもないし、自分の好きな音楽を通じてしか玉置浩二を語れませんが、現在進行形の日本のポップスの、しかもかなりメジャーな位置に、こういうディープ・ソウル・ミュージックがあるというのは、素晴らしいことだと思います。



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のロック・ポップス・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

オスカー・ピーターソン・トリオ・プレイズ

4.jpg
オスカー・ピーターソン・トリオ・プレイズ
(Verve/ユニバーサル)

世の中に「完璧」とか「完全」なんてものはそうありませんが、もし、アタシが誰かに「ジャズのピアノの人で完璧に近い人って誰かいるかい?」と訊かれれば、オスカー・ピーターソンを挙げたいと思います。

パッと思い浮かんだ彼の持ち味を羅列するだけでも

・右手左手の10本の指をフルに使って鍵盤を自在に飛び回るズバ抜けたテクニック

・「スイング」という言葉がこれ以上なくしっくりくる、ウキウキなノリ。

・かと思ったらバラードもしっとりと、でも目一杯の華麗な装飾を付けてしっかり聴かせる

・長いキャリアのどのアルバムも高水準。そしてどんな編成でもしっかりと破綻のない”ジャズ”を楽しませてくれる。

ジャズとしてはこれだけ”完璧”の要素を持っている人なんです。

しかも、彼の音はカラッと明るくて、深刻なところ、重たいところが少しもない。

アタシ個人としては「よぉし、今日は気合い入れてジャズ聴くぜぇ!」という日は、コルトレーンとかマイルスとかアイラーとか、どこか深刻で鬱屈としたジャズを聴きたい派ではあるんですが、一応人間です。時々は「う〜ん、今日は明るくて楽しいジャズが聴きたいぞ」と思うことだってある。

そういう時の「ヘイ、ジャズマン。何かゴキゲンなヤツをやってよ♪」という気持ちに真っ先に応えてくれるのがピーターソンです。

こんなことを言うとピーターソンは、テクだけのチャラい野郎なのか、とか、ソウルがない、とか思う人もおりましょうが、いやいやいや、当たり前だけどんなこたぁない。

どんな音符でも最高にスウィングするジャズに仕立てて、聴き手を楽しませながら、鍵盤から繰り出すどの音にもまんべんなく”上質なフィーリング”を丁寧にまぶして「おぉ、今日はいいの聴いたなぁ」と納得させるのがピーターソンです。

アタシが最初にこの人を知ったのは、伴奏をしているビリー・ホリディのアルバムでした。

ヴォーカルの伴奏っていうのはとっても難しくて、凄いテクニックある人は余計に、どこか変に目立ちゃったり、逆に伴奏に徹し過ぎて当たり障りない演奏になることが多いんですが、ピーターソンは、ビリー・ホリディというある意味クセだらけの人の唄にピッタリと寄り添って、サラッとしながらも唄心を尽くしたアドリブで引き立てて、しかもピアノも強烈に印象に残してるんですよ。

「これは凄い、このピアノの人のアルバムは買わなくては」

と、思ったのが、本当に最初の最初。

ビリーの歌伴で、隅々まで神経の行き届いた、甘い毒のある演奏をしていたから「この人は”甘い毒の人だろう”」と思って、ピーターソンのアルバムをいざ買って聴いてみたら、最初に言ったような、とても明快なピアノで、一切”毒”を感じさせなかったことが、良い意味での衝撃でした。「この人、本当のプロだ!」と。




【パーソネル】
オスカー・ピーターソン(p)
レイ・ブラウン(b)
エド・シグペン(ds)

【収録曲】
1.ザ・ストラット
2.レッツ・フォール・イン・ラヴ
3.サテン・ドール
4.小さな足
5.リトル・ダーリン
6.フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン
7.殆ど私のもの
8.シャイニー・ストッキング
9.夢からさめて

そうなんです、ピーターソンは、常に聴く人の耳を期待値以上の演奏で楽しませてくれるプロ中のプロ。

楽しく軽快で、物凄いドライヴ感に溢れる演奏をよくよく聴くと、その最初の一音から最後の一音に至るまで一切”気分”に流されることなく、そこに来るべき音が、来るべきタイミングで、来るべきトーンで、ピシャッとハマッているのが分かるんです。

だからといって、”計算”のあざとさはないんだなぁ。これは多分ピーターソンのズバ抜けたテクニックが、単なる家での練習じゃなくて、すっごいシビアな”現場”での実戦を繰り返して身に付けたものであるからに違いないと思います。

今回のオススメは、そんなピーターソンがゴキゲンな(や、ピーターソンは全部ゴキゲンだけどね♪)スタンダード曲を、トリオでとことん料理した1960年代初期の裏名盤。

ミディアム・ナンバーからジワりと始まって、ノリノリで終わるアルバムの構成がホントに素晴らしいし、ベースのレイ・ブラウンのぶっとい音、エド・シグペンの”スタッ””カシュッ!”とスマートに煽るセンスのいいドラミングともにゴキゲン。さっきから”ゴキゲン”しか言ってないけど、本当にゴキゲンなもんですから、他に言いようがないんです、えへ。




(名物番組「JAZZ625」の楽しいライヴ♪)

『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

テキサス・ブルース(PCD-2519)

160924_224002.jpg
これこれ、これです。

アタシに深淵なるテキサス・ダウンホーム・ブルースの素晴らしさと、リル・サン・ジャクソンという、恐ろしく孤高のクソかっこいいブルースマンの魅力を教えてくれた名オムニバス。
テキサスのブルースはねー、やっぱりなんつうか渇いてるんですよ。あと、ギターものもいいけどピアノブルースも最高!

若い頃のライトニン・ホプキンスとコンビ組んでたサンダー・スミスとか、マーシー・ディーとか、タフに鳴り響くテキサス・バレルハウス・ピアノの濃厚な真髄を、コレで楽しめちゃうんです。

1989年に出た盤ですが、中古はまだ奇跡的にあるみたいです↓↓



posted by サウンズパル at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする