2016年09月12日

ストレイ・キャッツ ごーいんDown Town

3.jpg
ストレイ・キャッツ/ごーいんDown Town
(アリスタ/ソニー・ミュージック)

ブライアン・セッツァー先輩(Vo,g)、リー・ロッカー先輩(b)、スリム・ジム・ファントム先輩(ds)による3ピース・バンド、ストレイ・キャッツが、リーゼントとパンクに進化した新しいロカビリー・サウンドをひっさげてデビューしたのが1980年。

デビュー・アルバム「Stray Cats」(邦題は「涙のラナウェイボーイ」)は、イギリスを中心に大ヒットを致しました。

50年代のロカビリーやロックンロール・サウンドからの影響をサウンドの中心に置きながらも「単なる懐古趣味じゃないんだぜ」と言わんばかりのトンガッたグレッチの音と疾走感を全開にして暴れるストレイ・キャッツのパフォーマンスは、世界中のリスナーに、ロックンロールのコアにある不変のカッコ良さ、そして何よりあの時代の音楽でも十分に「今の不良」の耳を納得させることのできる強い説得力があることを知らしめました。

さてさて、デビューのっけから世界にキョーレツなパンチを放ったストレイ・キャッツ。勢いに乗ってデビューから1年にも経たない1981年に、セカンド・アルバムをリリースします。

それがコチラ




【収録曲】
1.ベイビー・ブルー・アイズ
2.リトル・ミス・プリッシー
3.ワズント・ザット・グッド
4.別れてスッキリ
5.ワン・モア・デイ
6.ごーいんDOWN TOWN
7.冷たい仕打ち
8.ゴナ・ボール
9.ワル酔い
10.フォード39年モデル
11.おもいでサマー・ナイト
12.クレイジー・キッド

このアルバムは、デビュー作で「新しいロカビリー(ネオロカ)」という音楽性を、ロカビリーにパンクなどのエッセンスをたくさん詰め込んだ彼らが、より自分たちの音楽の根っこにある部分、つまりはより50年代のロカビリーやR&Bの泥臭さに回帰した作品に仕上がっております。

まどろっこしいので簡単に言いますと

「好きなことやってやったぜ!」

とでも言わんばかりに、硬派でパンチとエッジの効いた、実にカッコいいアルバムなんです。


のっけから50年代ロカビリーの大物、ジョニー・バーネット・トリオのカヴァー(@)



だし、バラードのJも、リー・アレンのセクシーなサックスもむせるような大人の色気を醸して、見事なオールディーズ・テイストに仕上がっております。

先ほど原点回帰と言いましたが、彼らのトンガッたサウンドの本質が薄まった訳では全然なくて、ブライアン・セッツァー先輩のひしゃげたグレッチの荒削りなトーン、リズムのあくまで現代的なソリッド感、そして何よりサウンド全体からビシバシ伝わる硬派でやんちゃな質感は、ファーストよりハパワーアップしておりますぞ!





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ブライアン・セッツァー先輩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする