2016年09月17日

ブリッツ Voice of A Generation

4.jpg
Blitz/Voice of A Generation

(Anagram/cherry Red)

昨日のSham69に引き続き、今日も性懲りもなく”オイパンク”について書こうと思います。

Oiという硬派で男らしいパンクロックがあると知ったのは、丸刈り小僧の中学生の頃でしたが、アタシは実はそれからあんまOiについて詳しくなってなかったんです。

というのもやはりOiの情報というのは、あの頃ほとんど流れてこなかったし(今みたいにインターネットで色々検索できる訳でもなし、情報源は雑誌や本しかなかったんですね)、頼みの綱の雑誌にしても、80年代後半から90年代はじめ頃は、パンクよりもメタル、ハードロックと、その頃じわじわと台頭してきたヴィジュアル系の記事が多くなっていて、バンドブームの残り香的な感じだったパンク系記事は、紙面から徐々に姿を消していた。そんな時代だったんです。

考えてみれば音楽雑誌の購買層なんていうのは、バンドや楽器やってる男子なんかよりも、これは圧倒的に特定のバンドやミュージシャンのファンである女子が強い訳で、もうちょっとよく考えてみれば、丸刈りで男臭く、ファッションアピール的な部分のほとんどないOiなんて、女性層に需要なんぞがある訳がありません。まるでこのブログみたいだ。

ともあれ少年時代のアタシは、数少ない情報を、これまた数少ない脳味噌でまとめ、以下のような結論に達した訳です。

「Oiっちゅうのは硬派で男らしい、カワサキの単車みたいなパンクど」

と。

3.jpg
(Oi PUNKの勝手なイメージは、KawasakiのKM90です)

うん、この満載で雑な「分かる奴だけ分かればいい感」・・・。


お、おぅ・・・。雑に分かってくれる人達のために、ヘコまず書き進めます。

そんなこんなで、18歳になったアタシは上京しました。

最初に住んだのは、埼玉の川越市で、まー電車の乗り方もよく分からなかったので、しばらくは歩いてウロウロできる上福岡駅周辺をウロウロしてたんですが、田舎から出てきた少年としては、早く電車の乗り方を覚えて、大都会東京へ遊びに行きたい訳です。

同じように上京して、都内に住んでいるので、何かもう渋谷とか下北沢とかをウロウロしている友人に電話して川越の家まで来てもらって、翌日渋谷行こうやという話をしておりました。

で、彼の助けで、アタシは生まれて初めての大都会「渋谷」へ行くことが出来た訳なんですが、渋谷というのは、大きなデパートがあちこちにありますよね。その中で一際目に付いたのが、マルイのロゴ。

あのロゴって『OiOi』でしょう。

なもんでアタシ

「オゥ!あの店気合い入ってとるがな“OiOi(オイオイ)”ち2回も叫んどる。何屋か知らんが大したもんじゃ!!」

と、大声で言って、ツレに

「おま・・・!バカ!ちょっと来い!!」

と、裏に連れて行かれて「アレはマルイっちゅうオシャレなデパートだから恥ずかしいこと言うな」と説教されました。

その後”マルイ”に入ってシャネルのロゴを見て


「オォ、”チャネル”ち何?」

と言ってまた

「おま・・・!バカ!ちょっと来い!!」

と、また裏に連れていかれて(以下略)

まーそんなことがありましたなー。

しかしその衝撃的な渋谷体験、なかんづくマルイのお陰で、アタシは「そうだ、東京だったらオイパンクのCDも探せばあるだろうし、あんまよく分からんかったOiについても、たくさん知ることが出来るだろう」と思って、ちょっとCD屋とかに行くときは”Oi”を意識して探してみようと思っておりました。

しかし、いかに大都会東京といえども、無知なアタシがジャケットだけ見て分かるようなOiのCDには、なかなかめぐり合えなかったんですね。

ようやくOiと出会ったのが、上京1年後、池袋の中古屋で何気にCDを物色している時

「THE BEST OF Oi!」

というCDと出会いました。

無題.png

これが、アタシにとってかけがえのない”Oi”の教科書です(今も)。

クレジットには大好きなシャム69の名前もあったんで「まぁ、他のバンドはよく知らんが、まぁ知らんからOiなんだろう」ということを納得して聴き狂っておったわけです。

その中で、特にカッコ良かったのが、The Businessと、本日紹介するBlitzです。



【収録曲】
1.We Are the Boys
2.Time Bomb
3.Voice of a Generation
4.Bleed
5.I Don't Need You
6.T.O.?
7.Propaganda
8.Criminal Damage
9.Vicious
10.Warriors
11.Nation of Fire
12.Your Revolution
13.Scream
14.4.Q.
15.Escape
16.Moscow
17.Closedown
18.Nation on Fire [Carry on Oi! LP Version]

はい、このアルバムは1982年リリースの、今やオイパンク至高の名盤と呼ばれている彼らのファースト・アルバム。

ブリッツは、ザ・ビジネスと共に、1980年代初期の「オリジナル・オイパンク」つまり、Sham69やMenace,Cock Sparrerといった先駆者達がその文化の下地を作り上げた後に登場した「初めからOiパンクだった世代」のバンドです。

「初めからOiパンクだった」というのは、この頃になると歌詞の中に、掛け声としての「オイ!」または「オイオイオイ!!」という言葉が普通に使われるようになったからです。

で、ここでほとんどの人が「その”オイ”って言葉何?」と思ってると思いますが、この言葉は、ロンドンの古い下町の言葉なんです。

そのものズバリの呼びかけの挨拶、日本でいえば「やあ」とか「よぉ」という意味で、言葉自体には深い意味はございません。

が、Oiという音楽が、労働者階級の若者の団結を強く訴えていたものであるという意味において、この掛け声は、どんな演説よりも説得力を持つスローガンとなったのです。

実際にこのアルバムを聴いていても、潰れたギター、ペキペキのベース、バシャバシャやかましいドラムの音が一斉に蜂起したような、ノリと勢いと、やさぐれな雰囲気と気合いだけの潔い演奏に加えて、録音のラフさがとてつもないライヴ感を出しております。




もうね、ここらへんは理屈じゃあないんです。ぜひとも拳を握り締めながら飛び跳ねたり頭ブンブン振りながら、ついでに拳も振り回しながら、サビを一緒に合唱するぐらいの気合いで聴いてみてください。

にしても80年代初期のオイパンク、音質がとにかくラフでたまりません。あのピストルズやクラッシュでさえ、とても洗練されたオシャレな音楽に聴こえてしまうぐらいです。








『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする