2016年10月14日

ボブ・ディラン ノーベル文学賞受賞

3.jpg

『ノーベル文学賞、ボブ・ディラン氏が受賞』


いや、嬉しいです。ファンとしても音楽好きとしても本当に嬉しい。

だってボブ・ディランですよ。

世界で最も有名な反骨の詩人ですよ。

とはいえ、実はボブ・ディランのカッコ良さって、あからさまに社会や体制に反抗する歌詞じゃなくて、あくまで皮肉やユーモアを交えながら、比喩や暗喩もバンバン入れて、すこぶる詩的レベルの高い表現で、社会の不条理に斬り込んでいったところだと、アタシは思います(本人は「俺の歌ってることなんて意味なんて全然ないのにね」と言ってます)。

そして、ブルースや古いカントリー・ソングなんかも作品の中でたくさん採り上げて、それを単なる「懐かしいグッド・オールド・ミュージック」じゃなくて、どの時代でも通じる人間の、非常に生活臭いリアルなストーリーとして世に問いつづけてもおりました(たくさんあるボブ・ディランの功績の中で、一番デカいのは、歌詞より曲より実はコレだとアタシは思います)。

ミュージシャン/詩人である前に「音楽好き」として、とことん真摯で、感銘を受けた音楽を、自分の演奏で、とても丁寧に丁寧に扱うディランがやっぱり最高だと思う訳です。


とにかく初めて「音楽の世界からのノーベル賞」おめでたいですね。本人は別に取ろうと思ってた訳でも何でもなくて、多分受賞へのコメントすらも出さないでしょうけど、そこがカッコイイんですよ。そういう人がこれからもノーベル賞ガンガンもらうべきです。

さ〜て、おじちゃん今夜は勝手に祝杯上げながらボブ・ディラン聴きまくっちゃうもんね♪ 呑めないけどジュース飲むもん♪



「ちょっとボブ・ディランって人の音楽をこの機会に聴いてみたい」という方はまずは代表曲の中の代表曲網羅のこのベスト・アルバムを、あとボブ・ディランの”ブルース”が聴きたい方は、完全弾き語りの「グッド・アズ・アイ・ビーン・トゥー・ユー」を、この機会にぜひ!






『ボブ・ディランから辿る戦前ブルース』







”ボブ・ディラン”関連記事

でもいろいろと出てきます。

関連記事はボブ・ディランのアルバムだけじゃなく、彼が影響を受けた、或いは影響を与えたアーティストの作品もたくさん書いてありますので、読んで頂けたら嬉しいです。




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

高速最高110キロ 試験導入へ

高速道路の最高速度110キロが、東北自動車道と新東名高速で試験的に導入されるとニュースでありました。

うむ、アタシは高速道路運転したことないから「110キロ」というのが具体的にどういう数字かよくわからないんですが、ネット民の皆さんの間ではおおむね歓迎する声が多いようですね。

それよりも何よりもアタシが目下気になっている最高速度はコレです

原付の法定最高速度30キロ

これですね。

ま、自分が原付乗る分には、正直言って30キロというのは、一番安全快適に走れる速度だと思ってます。ほとんど街でしか乗らないし、こんなもんでしょう。

ところがですね、車に乗って、たとえばおっきいトンネルとかを走ってる原付や、広い田舎道を走る原付って結構危ないんですよ。

自動車の制限速度50に対して、原付は30、この20キロの差というのは結構なもんだと思います。

せめて原付の制限を10キロ上げてやったらどうかな〜?なんて思うのです。

車もバイクも人間が運転するものですから「これをすれば絶対安全!」というのはないので、「これが正しい!」という主張ではないのですけどね。まぁその、ユルくこう思うということで。。。
posted by サウンズパル at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき、小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

ブッカ・ホワイト Fixin To Die

4.jpg
Bukka White/Fixin To Die(Snapper Music)

ブッカ・ホワイトといえば、チャーリー・パットンやサン・ハウスのスタイルを受け継いで、よりワイルドに進化させた”デルタ・ブルース第二世代”の代表格で、オープン・チューニングにした金属ボディのギターをゴリゴリに叩きまくってエグいスライドをぶちかまし、ガラガラザラザラの声で、悲哀と怒りをタップリ込めた、それはもうエモーショナルという形容以外が見付からないほどの、強烈な感情表現がほどばしるブルースを全身から搾り出す、ある意味で最も理想的な形で「ブルース=濃い音楽」というイメージを体現している人だと思います。

アタシの場合は18の時、この映像見てぶっ飛んだんですよ↓



えっと、曲の途中で効果音的にじゃなくて、結構重要なバッキングで「バカスコバカスコ!」ってギター叩いてるし、ギター床に寝かせてナイフでスライドしてるしー!何じゃこりゃ何じゃこりゃ何じゃこりゃー!!

でした。

しばらく後に、そのギターのボディをバッコンバッコン叩くスタイルが、ミシシッピ・デルタ特有のものだとか、ナイフ・スライドはボトルネックが広まる前に一般的だったスライドの基本中の基本となるスタイルだとか、ブッカ・ホワイトはB.B.キングの年上のイトコで、B.B.は若い頃に目の当たりにしたブッカの”ゾクゾクするようなスライド”のニュアンスを何とか再現したかったけど、スライドがどうにも上手く弾けなくて、チョーキングビブラートでそのフィーリングを自分なりに表現してたとか、ブッカ・ホワイトにはとにかく「ほぇ〜」と思わされることだらけだったんです。



【収録曲】
1.District Attorney Blues
2.Bukka's Jitterbug Swing
3.Special Streamline
4.Shake 'Em on Down
5.Where Can I Change My Clothes
6.Promise True and Grand
7.Po' Boy
8.New Frisco Train
9.Sic 'Em Dogs On
10.High Fever Blues
11.Pinebluff, Arkansas
12.Strange Place Blues
13.Partchman Farm Blues
14.Sleepy Man Blues
15.I Am in the Heavenly Way
16.Black Train Blues
17.Aberdeen, Mississippi Blues
18.Good Gin Blues
19.Panama Limited
20.Fixin' to Die

ブッカ・ホワイトは戦後になって再発見され、多くの録音や映像を残して有名になった人ですが、持ち前の豪放磊落な荒々しいノリの中に、繊細で微妙な感情の震えまで感じられる戦前録音の素晴らしさは、やはり彼の音源の中、いや、ブルース全体の中でも特に聴くべきものでありましょう。

特に若い頃に些細な喧嘩から、相手を銃撃して傷害罪でブチ込まれた刑務所での体験がベースになっている「パーチマン・ファーム・ブルース」は、ブルースとしてもひとつの文学作品としても素晴らしく、かつてはそのタイトルでColumbia(国内盤はソニー)から出ていた「パーチマン・ファーム」というすこぶる付きの名盤がありましたが、よく廃盤になりますので、そんな時はオランダのレーベルからリリースされたこの戦前録音を集めたベストを聴きましょう。

「人力トランス」と呼んでも差し支えない強烈なデルタ・ブルース・ダンスビート(もちろん弾き語りよ)の曲も、グイグイと感情のヒダに入り込んでくるスロー・ブルースも、本当にディープの一言に尽きます。これぞブルース!

”ブッカ・ホワイト”関連記事

ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする