2016年10月14日

ボブ・ディラン ノーベル文学賞受賞

3.jpg

『ノーベル文学賞、ボブ・ディラン氏が受賞』


いや、嬉しいです。ファンとしても音楽好きとしても本当に嬉しい。

だってボブ・ディランですよ。

世界で最も有名な反骨の詩人ですよ。

とはいえ、実はボブ・ディランのカッコ良さって、あからさまに社会や体制に反抗する歌詞じゃなくて、あくまで皮肉やユーモアを交えながら、比喩や暗喩もバンバン入れて、すこぶる詩的レベルの高い表現で、社会の不条理に斬り込んでいったところだと、アタシは思います(本人は「俺の歌ってることなんて意味なんて全然ないのにね」と言ってます)。

そして、ブルースや古いカントリー・ソングなんかも作品の中でたくさん採り上げて、それを単なる「懐かしいグッド・オールド・ミュージック」じゃなくて、どの時代でも通じる人間の、非常に生活臭いリアルなストーリーとして世に問いつづけてもおりました(たくさんあるボブ・ディランの功績の中で、一番デカいのは、歌詞より曲より実はコレだとアタシは思います)。

ミュージシャン/詩人である前に「音楽好き」として、とことん真摯で、感銘を受けた音楽を、自分の演奏で、とても丁寧に丁寧に扱うディランがやっぱり最高だと思う訳です。


とにかく初めて「音楽の世界からのノーベル賞」おめでたいですね。本人は別に取ろうと思ってた訳でも何でもなくて、多分受賞へのコメントすらも出さないでしょうけど、そこがカッコイイんですよ。そういう人がこれからもノーベル賞ガンガンもらうべきです。

さ〜て、おじちゃん今夜は勝手に祝杯上げながらボブ・ディラン聴きまくっちゃうもんね♪ 呑めないけどジュース飲むもん♪



「ちょっとボブ・ディランって人の音楽をこの機会に聴いてみたい」という方はまずは代表曲の中の代表曲網羅のこのベスト・アルバムを、あとボブ・ディランの”ブルース”が聴きたい方は、完全弾き語りの「グッド・アズ・アイ・ビーン・トゥー・ユー」を、この機会にぜひ!






『ボブ・ディランから辿る戦前ブルース』







”ボブ・ディラン”関連記事

でもいろいろと出てきます。

関連記事はボブ・ディランのアルバムだけじゃなく、彼が影響を受けた、或いは影響を与えたアーティストの作品もたくさん書いてありますので、読んで頂けたら嬉しいです。




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする