2016年10月21日

ビル・エヴァンス ハウ・マイ・ハート・シングス

3.jpg
ビル・エヴァンス/ハウ・マイ・ハート・シングス
(Riverside/ユニバーサル)

「秋はビル・エヴァンスを聴きましょう」

と、題しまして、本日もビル・エヴァンスの”二代目ベーシスト、チャック・イスラエルと共に作り上げた美しい音世界”をご紹介します。

チャック・イスラエルの”寄り添うベース”の魅力っていうのは、コレはアタシがエヴァンスに惚れて以来、ずっと鑑賞のど真ん中に置いておることです。

決して初代ベーシスト、スコット・ラファロと比べてどうこうという訳でもないし、世間一般で評価がズバ抜けて高いラファロのプレイに対して、イスラエルを判官びいきすることでageてる訳でも決してないです。

や、最初は何かとラファロと比較されて地味な評価に甘んじているイスラエルのベースを、ラファロとは全く別物として聴くことで、少しでも世間一般の評価に抗おうとかいう気持ちはそれなりにありましたよ。

でも、エヴァンスとラファロが織り成す、とてつもなく甘美で、どこか内にのめり込んで特別なハーモニーをしっとりと紡いでいる演奏を聴けば聴くほど、そしてその演奏にハマればハマるほど「ラファロとイスラエルの比較」なんかどーでも良くなってきて「いや、エヴァンスは誰と組んでもそれぞれ違った良さがあるし同時に一切変わらない良さもあるし最高よ」という結論に達して今に至ります。

それでも敢えて言えば、初期の色んなことに燃えていたエヴァンスのコンセプト、つまり「極限的に斬新で、聴きようによっては凄まじい程に激しい演奏、でも、美旋律は一切崩れないピアノ・トリオの究極的な進化系」というのは、ラファロの縦横無尽に動き回り、鋭く容赦なくアドリブに斬り込んでくるあのベース・プレイがなければ成し得なかったでしょう。そして、より詩的で内省的な、知性とヒリヒリするほどの哀感を持つフレーズで構築された音世界で聴き手を幽玄の彼方へと誘う”それからのエヴァンス”は、たおやかな余韻を残しながら、エヴァンスのピアノと共に唄う、イスラエルのベースなしには絶対にあり得なかっただろうと思います。




【パーソネル】
ビル・エヴァンス(p)
チャック・イスラエル(b)
ポール・モチアン(ds)

【収録曲】
1.ハウ・マイ・ハート・シングス
2.アイ・シュッド・ケア
3.イン・ユア・オウン・スウィート・ウェイ
4.ウォーキング・アップ
5.サマータイム
6.34スキドゥー
7.エヴリシング・アイ・ラヴ
8.ショウ・タイプ・チューン
9.イン・ユア・オウン・スウィート・ウェイ(別テイク)


で「ハウ・マイ・ハート・シングス」です。

このアルバムは、先日ご紹介した「ムーンビームス」と、同じ日にスタジオで録音された音源を「バラード」と「ミディアム・スロウ以上のテンポのナンバー」とに割り振りしたもので、コチラのアルバムでは、軽快にスイングしながら、鮮烈な美を撒き散らすかのようなエヴァンス・トリオのプレイがたっぷりと堪能できます。

一発目はややアップテンポ(ミディアムスロウ)とはいえ、どこからどう聴いても美しいメロディの「ハウ・マイ・ハート・シングス」これはイントロの4音で、もうクラッとくるぐらいに香気を放ってて、後年もライヴなどで頻繁に演奏していた、エヴァンスの代表曲のひとつ。そこからアルバムが終わるまで、イスラエルとポール・モチアンが軽快に刻むテンポに乗って、エヴァンスのピアノが狂おしく駆け抜けるんです。

エヴァンスは、ラファロが事故死してからこのアルバムを吹き込むまでの一年間、ショックで何も出来なかったと云いますが、このふっきれた小粋な演奏を聴く限り・・・と思うのは最初だけで、エヴァンスのピアノが奏でる美しい旋律と澄み切ったトーンには、どこか拭えない”悲しさ”があるんですね。余計なことを言いますと「エヴァンスって人は、自分の中で”悲しさ”というのを消化する感覚を持ってなかった人なんじゃないか」と思いますね。だからずっと、明るくキャッチーな曲を弾いても、どこか心にヒリッとしたものが突き刺さるようなピアノだし、それが晩年に「ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリング」という、究極に悲しくて美しい作品にまでずーっと連なってるんだろうな・・・と思います。

最後、ちょっと暗くなりましたが、えぇ、やっぱりエヴァンスの魅力は”どこか暗いところ”にあって、だからこそ人の心を打つんだよ、なんてアタシも柄にもなく”秋の感傷スイッチ”が入っております。









”ビル・エヴァンス”関連記事 



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする