2016年10月26日

チャールス・ミンガス アット・カーネギー・ホール

3.jpg
チャールス・ミンガス/ミンガス・アット・カーネギー・ホール
(Atlantic/ワーナー・ミュージック)


いやぁ皆さん、ウッドベースは好きですか?

「ブンブンズンズンブンブンゴンゴン・・・」と、独特の重厚な響きでもって走る、またはゆったりと歩くジャズ独特の4ビートをウッドベースが刻めば「もうたまらん!」となりますよね。

ジャズを聴くと、つい頭が「あれもこれもモード」になってしまいます。

やれサックスのアドリブがどうとか、ピアノがとかベースがドラムがラッパが・・・と、頼まれてもないのに頭が勝手にステレオ化(?)して、それぞれの楽器の音を追いかけちゃうんですね。

で、楽器でいえばやっぱりベースを聴いてしまいます。

何でか分かりませんが、例えばビッグバンドとかで、ホーンが派手に鳴ってる中で、しっかりと”4”を刻んでいるベースを聴くと「うぉっしゃ!ジャズを聴いてるぞ!!」という、妙な安心感があるんです。

うん、ジャズって何だろう?って素直な疑問をお持ちの方は、どれでもいい、ジャズの演奏を聴いて、特にベースの音に合わせて体を揺らしてみるといいかも知れません。色々と理屈であーだーこーだ言うよりも、それが一番ジャズを体現できる手っ取り早い方法だと思います。

さて、そんな「ジャズをジャズたらしめているウッドベース」なんですが、素晴らしいプレイヤーいっぱいいます。でも、アタシの中では「特にこの人!!」という人が二人いて、一人はここ数日ちょこちょこ絶賛している、ビル・エヴァンス・トリオの二代目ベーシストことチャック・イスラエル、で、もう一人がジャズ界のベース番長、チャールス・ミンガスであります。

チャック・イスラエルに関しては、エヴァンスの繊細な繊細なピアノにぴったりと寄り添う、唄心に満ちたプレイとしっとり潤った音色に、心の奥底から泣かされるんですが、ミンガスの場合はこらもう凄まじいです。死ぬほどズ太い音で「ゴォォォ!!」と、聴き手のあらゆる感動や感傷を根こそぎブン撫でて行く、それはそれはワイルドな男らしさに溢れたベースですよ。

作曲家としても優れた人で、その楽曲は実は繊細だったり、とても知的で構成力の高いものだったり、で、ミンガスのベースが刻むラインとか、ソロやオブリガードのちょっとしたフレーズなんかは実際意外にセンチメンタルで、泣ける唄心みたいなのが目一杯詰まったこともやる人なんですが、そこは聴いてくうちに身に染みることでありますので、ここではガチャガチャ言いません。

さてさて、ミンガスがぶっとく刻む”4”のベースライン、その飽くなき魅力をゴリゴリに堪能できるアルバムを、本日はご紹介致しましょう。ミンガス晩年の傑作ライヴとの呼び声も高い「ミンガス・アット・カーネギー・ホール」です。




【パーソネル】
チャールス・ミンガス(b)
ジョン・ファディス(tp)
ジョージ・アダムス(ts)
ハミエット・ブルイエット(bs)
ジョン・ハンディ(as, ts)
ローランド・カーク(ts,stritch)
チャールズ・マクファーソン(as)
ドン・プーレン(p)
ダニー・リッチモンド(ds)

【収録曲】
1.Cジャム・ブルース
2.パーディド


「いいかテメェらーー!!」

「オォォーーーー!!」

「気合い見せろーーー!!」

「ォオオオーーーー!!!!!」

「いくぜオラァーーー!!・・・・ブンブンズンズンブンブンゴンゴン・・・」

「ギョワンギョワン!!バリバリブリブリ!!ゴギャァァァア!!!!バコォオオオン!!!」



・・・と、まぁ一言で言えば(汗)こんな感じの、1曲20分強を、ひたすら暴力的なスウィング感で爆走する、凄まじくテンションの高いライヴ。

しかもコレ、編成が凄いんですよ。何とホーン奏者6人の6管編成、しかもそのうち5人がサックス奏者です。

ついでに言うと、この編成でものすごーくソロの比重を重くしたアレンジでやってるんです。

重厚なアンサンブルとか、凝った編曲とか、あと、ミンガスといえば舎弟頭のダニー・リッチモンド(ドラム)と組んだ時は、2人でソロ吹くヤツらを自在に操っているかのような、必殺の変拍子でガンガンぶっこんでくるんですが、ここでは敢えてそれらの必殺技は封印して、フロントに好き放題やらせています。

サックス陣の中では、この当時のレギュラー・メンバーのジョージ・アダムスとハミエット・ブルィットの2人が、もうやんちゃというか、やさぐれてぶっ壊れたフリーキーでブルースヤクザァなプレイは、ハッキリ言ってDQNの域なんですが(汗)、このライヴでは怪人ローランド・カークが、いつもの自分のリーダー作では聴けないぐらいの凶悪なキレッぷりで暴れまくっておるんです。

このアルバムを聴く楽しみは、ハッキリ言って「キレッキレのローランド・カークを聴くため」でも全然いいぐらいなんですが、いや、ミンガス凄いですよ。大暴れに大暴れ、フリークトーン炸裂の大狼藉なフロントの絶叫に、ぶっといベースの”4”が全然埋もれてないんです。2曲トータルで46分もあるヘヴィなアルバムなんですが、その中でずーーーっとベースの「ブンブンズンズンブンブンゴンゴン・・・♪」が、演奏の真ん中で鳴り響いてるんですよ。

ミンガスという人は、トータルなミュージシャンとして、いや、アーティストとして本当に素晴らしい人で、名盤はいっぱいあります。スタジオ盤で物凄く徹底して作り込まれた美と狂おしさの極致みたいなアルバムもあるんですが「ジャズって何だ?ベースか?じゃあベースが凄いアルバム教えれ!」と思う方は、このアルバムの暴力的スウィング感を是非早い段階で体験して頂きたいと思います。そしてやさぐれろっ♪




”チャールス・ミンガス”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする