2016年11月21日

スザンヌ・ヴェガ 孤独

4.jpg
スザンヌ・ヴェガ/孤独
(A&M/ユニバーサル)


今にして思えば1980年代という時代は、あらゆるものがキラキラしていて、まるで魔法がかかったように見えていたような気がします。

たとえば音楽だと、ディスコやニューウェーブ、またはフュージョンであり、またはそれらの影響を強く受けたポップスのほとんどは、まるで過去と決別するかのような爽やかさと軽やかさを、競って放出していたように思います。ありったけのエネルギーを、キラキラすることに費やしながら。

そんな時代の中にあって、スザンヌ・ヴェガの歌声は、常に異質でした。

90年頃でしたかね?テレビのCMで、それはとても静かな、ちょっとオーバーに言えば「無音より静けさを感じさせる歌声」が、流れるようになりました。

これは誰?

と、親父に訊けば

「あぁ、スザンヌ・ヴェガだな、この人はちょっと前にデビューして、結構いいシンガーだと思ったけど、暗いからかなかなか売れなかったなー。でも今CMで人気が出てる」

と。

その時は「へ〜」と思って、それだけだったのですが、あの"アカペラの歌"それから妙なタイミングで、ふとしたはずみで脳内再生されることがままあって、アルバムを聴きました。"アカペラ"を耳にして、5年ぐらいは経っていたでしょうか。





【収録曲】
1.トムズ・ダイナー
2.ルカ
3.鉄の街
4.瞳
5.夜の影
6.孤独
7.カリプソ
8.ことば
9.ジプシー
10.木の馬
11.トムズ・ダイナー (リプリーズ)


探していた"アカペラ"は「トムズ・タイナー」という曲で、1987年にリリースされたという「孤独」という、スザンヌ・ヴェガのセカンド・アルバムの1曲目に収録されていました。


CM曲というのは、なかなか厄介なもので、耳にしたその時いいなと思っても、実際アルバムを買うとその曲だけしか聴けるものがなかったり、もっと酷いのはCMで流されているその部分だけしか良くなかったり、ということも往々にしてあったのですが、スザンヌ・ヴェガに関しては、何故かそんな不安はなかったですね。

何というか、曲やアレンジがどうであっても、あの薄絹のような、透明で儚くて、どこか切ない声の魅力は多分変わらない。そんな確信を持ちながらアルバムのジャケットを手にしたら、ジャケットもタイトルもいい。

実際に歌詞カードをじっくり読みながら、聴き込みました。

「トムズ・タイナー」は、期待通り全編美しいアカペラで、歌詞を読むと、とても詩的練度の高い、心情と風景の巧みな描写が美しい曲です。(歌詞で一番衝撃だったのは、虐待を受けている子供の視点で書かれた、2曲目の「ルカ」でしたが)。

さて、「ルカ」含む2曲目以降は、確かにアレンジは軽やかで爽やかな、いかにも80年代のポップスでしたが、彼女の内へ内へと緩やかに沈み込んでゆくような、ささやきとため息の中間みたいな声ゆえに、少しもキラキラした感じがなく、気持ちを乗せて深い世界に誘われる心地よさに、時間とか生活とか、自分を俗な所に縛っている感覚がヒリヒリと溶けていきました。

80年代という、何もかもがキラキラ狂っていた時代には異質だったかも知れません。では世界中が暗く混沌として、どこか重苦しい2010年代では?と訊かれたら、やはりここでも彼女の声と独特の寂寥感で充たされた唄世界は異質かも知れません。しかし、この"異質"は、どこまでも切なく美しいですね。






『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

ウエス・モンゴメリー ア・デイ・イン・ザ・ライフ

4.jpg

ウエス・モンゴメリー/ア・デイ・イン・ザ・ライフ
(A&M/ユニバーサル)

ウエス・モンゴメリーといえば、ジャズ・ギターの奏法をとにかく一歩先を行く斬新なものにした革新者であります。

親指一本で信じられないぐらいの流麗で力強い単弦ソロや、オクターブ弦を同時に鳴らす”オクターブ奏法”を繰り出し・・・と、まぁ専門的なことを言えばいくらでも言えるしキリがありませんが、とにかくウエスの凄いところは、たとえばジャズとかギターの音とか、そういうことに全く興味がない人にも

「あら、このギターちょっといいわね」

と言わせてしまうとこなんですよね。

「まさかそんなヤツおらんだろー」

と、お思いの方には、アルバム「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」を聴いて頂いております。



【パーソネル】
ウェス・モンゴメリー(g)
ハービー・ハンコック(p)
ロン・カーター(b)
グラディ・テイト(ds)
レイ・バレット(perc)
ジャック・ジェニングス(perc)
ジョー・ウォーレルズ(perc)
ドン・セベスキー(arr,cond)
with.オーケストラ

【収録曲】
1.ア・デイ・イン・ザ・ライフ
(原曲はビートルズのアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」に収録)

2.ウォッチ・ホワット・ハプンズ
(ミシェル・ルグラン作「シェルブールの雨傘」挿入歌)

3.男が女を愛する時
(パーシー・スレッジが歌った1966年のR&B大ヒット曲)

4.カリフォルニア・ナイツ
(レスリー・ゴーアの1967年のヒット曲。当時のポップスを代表する歌)

5.エンジェル
(ジミヘンではありません、ウエス・モンゴメリーの本作唯一のオリジナル・ナンバー)

6.エリナー・リグビー
(ビートルズ、アルバム「リボルバー」収録)

7.ウィロー・ウィープ・フォー・ミー
(「柳よ泣いておくれ」で知られるジャズ・スタンダード)

8.ウィンディ
(アソシエイションズが歌ってヒットした、60年代ソフト・ロック名曲)

9.トラスト・イン・ミー
(戦前から演奏される有名スタンダード)

10.ジョーカー
(元々はミュージカル・ナンバーで、セルジオ・メンデスとブラジル66が歌ってヒットさせたブラジリアン・ポップス)

これ凄くいいんですよ〜、内容はビートルズ・ナンバーを中心に、ポップスのヒット曲を爽やかなストリングス・オーケストラをバックに演奏しているんですけど、ウエスのギターはアドリブ控え目に、原曲のポップなメロディーを、しっかりと”ジャズの音”で弾いております。

曲目の内訳を【収録曲】のところに書いてあったんですが、ビートルズの2曲を筆頭に、このアルバム収録当時のポップスのカヴァーが中心です。

アルバムが収録された1967年は、丁度ロック全盛期で、世界中をビートルズ旋風が席捲していた時代。

ジャズはセールス的に苦戦を強いられておりましたが、ジャズの演奏家達も「これじゃいかん」と自分達の演奏の中に、何か新しいものを見出そうと必死で模索していた時代ですね。マイルス・デイヴィスはエレクトリックなバンドを実験的にやり出して、色んな人がソウル・ジャズとかジャズ・ファンクとか、とにかく世間で流行している音楽の要素を取り入れながら、次々とジャンルを跨いだ面白い作品を出し始めていた時代。

後に”フュージョン”という音楽が、こういった流れの中から生まれてきますが、ウエスのこのアルバムは、その元祖ともいえるかも知れません。

楽曲はポップで、ストリングスやパーカッション(ソフトなやつ)を配した、これまたポップなアレンジ。でも、その中でキラッと渋い光沢を放つ、熟練のジャズなフィーリング。聴き易いけれども決して軽薄な音ではなくて、入り込む人の耳をしっかりと惹きつけて離さない後味の物凄いコクがあるんです。

ウエスがギター弾きまくってる、あるいはジャズしまくってるアルバムなら、断然初期のRiverside盤でしょうが、後期のポップなアルバムには、抗し難い音楽的な魅力が詰まってるような気がします。


(「男が女を愛する時」短い演奏でアドリブも抑え気味ではあるんですが、これが泣けますね)




"ウエス・モンゴメリー”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

ブラック・サバス 黒い安息日

4.jpg
ブラック・サバス/黒い安息日
(Vertigo/Hostess Entertainmen)

今も元気で「キング・オブ・ヘヴィ・ロック」をやってるオジー・オズボーンが、世に出るきっかけとなったのがブラック・サバスであり、そのブラック・サバスの記念すべきデビュー・アルバムこそが、この「黒い安息日(Black Sabath)」なのですよえっへん♪

と、言ったところで今ドキの若い人には「そんなの知ってるよバカヤロー」な話でありましょう。

何てったって今やオジーは、ロック界の大御所として、または今この時点でシーンを賑わせているヘヴィ・ロックのバンド達みんなが尊敬するカリスマであり、はたまた世界中のフェスでなくてはならないライヴの神的存在であり、お茶の間では「ロッカーなんだけど家族をとても大切にする優しくてカッコイイヒーロー」としても、世界的な人気を誇るほどの存在です。

思えば1990年代初頭、アタシら頭の悪いロック小僧にとっては、あのランディ・ローズ、ジェイク・E・リー、ザック・ワイルドなどなど、それまで無名だった若き天才ギタリストを次々と発掘しては素晴らしいアルバムを作る凄い人なんだけど、世間一般には「何か・・・コウモリとか食べる人でしょ?やだこわい・・・」と、ひたすら敬遠されておったことなどを思い出すと、あぁ時代って変わるんだな・・・と、遁世の感があります。

とにもかくにも一時期”悪のカリスマ”ぐらいだったあのオジーが、世間一般でこれほどまでにメジャーになって、しかも知ってる人のほとんどに好意的に見られているというのは、長年のファンとしては嬉しい限り。

さてさて、オジーのことを知っていて、しかも悪しからず思ってくださっている全国のロックファンの皆様には「ブラック・サバスなんて今更」でありましょうが、本日も少しばかりアタマの少々弱いおっさんの与太にお付き合い頂ければ幸いです。

で、もし、万が一「オジーは知ってるけどブラック・サバスって何?つおいの?」と思っていらっしゃる方が折られるならば、今から書く記事をそれなりにちょいと気を向けて読んで頂ければと思います、ハイ。

このバンドが結成されたのは、1969年のイギリスはバーミンガムです。

バーミンガムという所は鉄鋼業の街で、サバスやジューダス・プリーストなどを排出したことから「ヘヴィ・メタルの聖地」とも呼ばれております。

60年代イギリスを席捲していたのが、ビートルズを頂点とする、明るくポップな”リバプール・サウンド”だったのですが、バーミンガムの連中はそれとはちょっと違う、へヴィでドロドロしたブルース・ロックを主に演奏しておったようで、街全体が何かこう不穏でガラが悪く、当然そういう所からは”新しい音楽”が生まれる気配がビンビンありました。

オジー・オズボーン、トニー・アイオミ、ギーザー・バトラー、ビル・ワードという、この街の「女風呂を覗くためにツルんでた」よーな悪ガキ達が、新バンドを結成するべく集まったのは、1960年代末の頃であります。

「んで、オレらはバンド組むために集まったんだけど・・・」

「何かいいアイディアあるか?何つうかこう・・・世間をあっと言わせたいべ」

「あぁ?んなもんやかましくて気合いの入った曲やればいいだけよぉ!」

「いや・・・ちょっと待て、オレよぉ、昔映画館行ったんだわ。そん時えーと、ブラック・サバスっつうホラー映画やっててよォ、何だそりゃ?って思ってたんだけど、あん時行列出来てたんだよなー」

「フザケんな、それとロックと何のカンケーがあるんだよ!?」

「フザケてねーべ、ホラー映画って人気あんだろ?だから・・・人間は怖いものが好きなんだよ。オレらもただロックやるんじゃなくてよォ、怖い要素とか入れてみんべ。歌詞を黒魔術っぽくしたりとか、ホラー映画の音楽みたいなことをロックでやったりしたらけっこーウケんべ?」

「マジかよ!?お前アタマいいな!!それやるべ!」

「う、売れたらモテるべ」

「じゃあバンド名は”ブラック・サバス”でよくね?”黒い安息日”とか渋いべ?」


・・・と、割と軽いノリでバンドはその名前と方向性を決めました。

これが1969年のことなんですが、この時バーミンガムの4人の不良の軽い発想が、この後世界中のメタルとかの連中の一種のアイコンになる

「黒魔術、悪魔崇拝、反キリスト、見た目も黒で毒々しい」

とか、そういう流れの源流になったとか、胸がアツくなりますよね。




【収録曲】
1.黒い安息日 (Black Sabbath)
2.魔法使い (The Wizard)
3.眠りのとばりの後に (Behind The Wall Of Sleep)
4.N.I.B.
5.魔女よ、誘惑するなかれ (Evil Woman)
6.眠れる村 (Sleeping Village)
7.警告 (The Warning)
8.悪魔の世界 (Wicked World)

で、オジーを筆頭に、メンバー達は結構涙ぐましい努力をして(不良は夢のためには一生懸命頑張るのです)、ライヴをしながらあちこちにデモテープを送り、地元バーミンガムを中心に徐々に有名になって行くのですが、この時新興のロック・レーベル”ヴァーティゴ”という会社が「お前らのシングル出してもいいぞー。まずシングル出すからついでにアルバムもレコーディングしたらー?」と、連絡をしてきました。

喜び勇んでレコーディングに臨んだサバスの面々でしたが、アルバム製作のために与えられた時間はたったの二日。

「コレどうすんだよ!?」

「ざけんなよ、ダボォ!」

とか何とか悪態をついたり、スタジオの中で酒瓶を投げたりしてたんでしょうが、コイツらは不良なので頑張って気合いと根性で、ブルースのカヴァー2曲を入れつつ、全8曲。何とかアルバム1枚分のレコーディングを終わらせてしまいます。

多分レーベルも「予算ないし、コイツら何かチンピラ臭いから、シングルだけ録音させてみるか。まー多分そんなに売れんだろうが売れたらラッキー」ぐらいに思ってたんでしょう。しかし、アルバム1枚分の曲が入ったマスターテープをレーベルに渡したメンバー達は

「オイ、てめえこの野郎、オレらやってやったぜ。やってやったからよォ、このアルバムを13日の金曜日に発売しろや!」

と、突きつけたかどうかは分かりませんが、話として面白いのでそう夢想しましょう。

そして出来上がったオドロオドロしいジャケットに包まれて、本当に「13日の金曜日」に発売されたのが、この名盤です。

低音弦のハモり(今で言うパワーコード)を効果的に使ったへヴィなギターリフ、呪術的なオジーの声、そして悪魔的キーワードをふんだんに盛り込んだ歌詞によって、このアルバムは若者の間では凄くウケました。もちろん評論家には「テクニックがない」とか酷評されましたが、ともすれば色んなものに凝って、結果やや難しくなってしまったり、理屈っぽくなってしまったりするバンドが多かった当時のイギリスで、サバスの存在は、そのセンセーショナルなキャラクターとサウンド面での分かりやすさ、親しみ易さの絶妙なバランスでもって革命を巻き起こしたのかも知れません。

実はこのアルバム、テーマやイメージは、後のヘヴィメタルの元祖そのものですけど、サウンドの方は当時のイギリスでのスタンダードな流行だったブルースロックのテイストがとても残っていて「フツーにかっこいいロック」としても十分に聴けます。

簡単に言えば「ドロドロにヘヴィなブルースロック」といった感じでしょうか。とにかくこの粘りに粘るサウンドと、ややオカルトチックな雰囲気の不思議な一体感は、サバスのアルバムの中でも何かこうクセになる味わいがたまらんのです。

最後にややマニアックな事を言わせてもらえば、2曲目の「魔法使い」でオジーがブルース・ハープ吹いてるんですよ(!)もちろんそんなオジー他では聴けませんし、これがまたなかなかいいプレイなんですよ。





”ブラック・サバス”関連記事





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする