2016年11月11日

ロン・カーター スパニッシュ・ブルー

4.jpg

ロン・カーター/スパニッシュ・ブルー
(CTI/キングレコード)


ツイッターを見ておりますと「11月11はベースの日!」というタグが付いたツイートで盛り上がっておりました。

アタシはてっきり11月11日は「ポッキーの日」とばかり思っていたんで、朝起きてツイッターを見ると新垣結衣さんを讃えるツイートで、タイムラインが埋め尽くされているんだとばかり思っておりましたが、これは意外でした。

「何で11月11日はベースの日なんだろう?」と思ったら、1111の数字の並びが、弦が4本あるベースと同じであるからとか。

ほうほう、これは面白いですなぁ。

知らなかったアタシは、早速感化されて今日は”ベースもの”を聴いてたんですが、さて皆さんは”ベース”といえば、誰を思い浮かぶでしょうか?

ざっとアタシの中でも、色々なジャンルの色々なベーシストが思い浮かんだのですが、

o0424020710243418834.jpg

SHIMA-CHANG・・・(ポッ)


あぁぁあ・・・!!(汗)


・・・

というわけで、今日は皆さんに「ベーシストのカッコ良さ」というのをお伝えしたい。

カッコイイといえば、やっぱりジャズですよね。ウッドベースのカッコ良さはやはり特別です。

弾けずとも、持っているだけでカッコイイ、それがウッドベースだとアタシは思ってるんですが、ジャズ界には「ミスター・ベース」と呼ばれる超カッコイイ、ダンディーなおじさまがおります。

それがロン・カーター

5.jpg

いや〜素敵、オシャレ、こういうおじさまにアタシはなりたい。。。

190はあろうかというスラッとした長身で、知的なお顔、そしてスーツの着こなしも実にシャレてます。これぞジャズマンです。

と、のっけから興奮気味ですいません。ロン・カーターはルックスだけじゃなく、当たり前ですがベーシストとしての腕も一流で、何より音色もアプローチも、実に”あ、これはロン・カーター”と呼べる、結構濃い個性を持っているんですよ。今日はそのへんの話をば・・・。


ロン・カーターがジャズの世界でその名を知られるようになったのは1960年代。

彼のキャリアの最初の方で一番デカいのは、もちろんあのマイルス・デイヴィスの最後のアコースティック・バンド。すなわちウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、トニー・ウィリアムスという、当時の若手の中でも選りすぐりの”新しいセンス”を持ったメンバー達と、ジャズの歴史と常識を次々塗り替えた時期であります。

それ以前にも「チェロ&ベース奏者」として、エリック・ドルフィーの名盤「アウト・ゼア」など、どちらかというと、オーソドックスなモダン・ジャズのベーシストというより、どこかメジャーな路線から離れた前衛的な感覚を持つプレイヤーと思われていたフシがあります。

実際に彼の演奏は、ゴムのように弾力のある音色と、不穏さを醸し出す微妙なピッチで、コードとコードの間を漂いながら、どこかおぼろげな独特の雰囲気を醸すプレイでありました。

よく「ロン・カーターは音程が悪いから・・・」と、否定的な意見も確かに読むこともありますし、それはある意味で間違ってはいないと思いますが、しかししかし、アタシはロン・カーターの不安定な(あえてこう言いますよ)音程が醸し出す微妙な”揺れ”の空気、これにとってもジャズを感じてたまんないんです。えぇ、好きなんです。

マイルス・バンドで大活躍した後の70年代に、ロン・カーターは次々にソロ・アルバムをリリースします。

丁度この頃は後に”フュージョン”と呼ばれるクロスオーバーなジャズが出始めの時期でもあり「ちょいとフツーじゃないジャズがまだやりたい」と、恐らく思っていたであろうロン・カーターにとっては、この時流が追い風となり、日本を中心に人気が出て、彼のアルバムはよく売れるんです。






【パーソネル】
ロン・カーター (b)
ヒューバート・ロウズ (fl)
ローランド・ハナ (p,el-p)
レオン・ペンダーヴィス (el-p)
ジェイ・バーリナー (g)
ビリー・コブハム (ds)
ラルフ・マクドナルド (per)

【収録曲】
1.エル・ノーチェ・ソル
2.ソー・ホワット
3.サバド・ソンブレロ
4.アーカンソー


1974年にリリースされた「スパニッシュ・ブルー」は、当時の日本のジャズ喫茶でも人気があったアルバムで

・スパニッシュ

・マイルスの曲、

・ブラジルっぽいスローな曲

・ユルめのジャズファンク

と、バリエーション豊かな選曲で、ロン・カーターという人の魅力が総合的に楽しめます。

この作品を出しているCTIっていうレーベルがまた、60年代以前に活躍した大物たちの演奏を、ちょいとクールで爽やかなアレンジで色付けして、硬派を気取ってたアタシは最初バカにしてたんですけど、そんなアタシに「気合いの入った初期フュージョンはカッコイイ」ということを教えてくれたレーベルです。

このアルバムでも、多国籍な雰囲気とラストのアーバンファンクな曲調とアレンジが、そこはかとないフュージョン感ではあるんですが、@Bでのひんやりとした哀愁とか、ビシッと決まる4ビートは流石のAとかで、一本筋が通った”ジャズ”に仕上がっております。ロン・カーターのベースもここでは割とカチッとしたピッチで演奏全体を的確に支えていて、ベーシストとしての確かな腕前にも満足♪

あと、このアルバムはフルートのヒューバート・ロウズがとても素晴らしいです。グイグイ前に出てスイングするテクニックももちろんですが、この人の音色自体がとっても澄み切っているくせにやたらこう泣かせるところがあるんですよね。だからロン・カーターのウッドベースとエレキの中間みたいな不思議なベースの音ともすごく相性よく響きあっています。「哀愁紳士」ローランド・ハナのカッチリと泣かせるピアノもええよ。




(スパニッシュだねぇ、カッコイイねぇ・・・)


”ロン・カーター”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする