2016年11月26日

スキッド・ロウ SKID ROW


4.jpg
スキッド・ロウ/SKID ROW
(Atlantic)

ここへきて「昔聴いていたロックのアルバムを聴き返す」というのが流行っています。

単純に「あの時のアレ、どんなだったかなー?」と、感動と興奮を思い出す作業をやらないかと思って始めたことではあったんですが、今聴いてみるとまた新たな発見があったり、当時気付かなかった音楽的な深い部分などに気付いて、これがなかなか楽しい♪

で、スキッド・ロウです

スキッド・ロウは、その昔洋のハードロック/ヘヴィメタルを聴く人達の間ではそりゃもう人気があった。割と本気でメタルやってるギタ小僧にもバンドマンにも、洋楽ミーハーな女子達にも、不思議と安定した支持があったことを記憶してます。

アタシがハマッたきっかけも、達の家で彼らのセカンド「スレイヴ・トゥ・ザ・グラウンド」を聴いたことでしたね。ガッシリとしたヘヴィうねるサウンド、刺激的なリフやギターソロ、そしてクリアだけど芯があるめちゃくちゃ上手いヴォーカルが一体となった凄まじいクオリティのサウンドに、ヘヴィメタルの究極的な何かを勝手に感じてしまいました。

これが1992年頃の話だったんですが、翌年にはニルヴァーナの大ブレイクをきっかけにして空前のオルタナティヴブームが沸き起こり、それまで隆盛を極めていたメタルブームがあっという間に過ぎ去ったことを考えると、確かにスキッド・ロウのサウンドは、それまでヘヴィメタルという音楽が、80年代に作り上げてきたことの総決算のようなものだったのかも知れないなと、今も思っています。




【収録曲】
1.Big Guns
2.Sweet Little Sister
3.Can't Stand The Heartache
4.Piece Of Me
5.18 And Life
6.Rattlesnake Shake
7.Youth Gone Wild
8.Here I Am
9.Makin' A Mess
10.I Remember You
11.Midnight/Tornado


「スレイヴ・トゥ・ザ・グラインド」から遡るように買って聴いたのが、1989年リリースのファースト・アルバム「SKID ROW」。

はい、コレが実はその頃のアタシはあまりお気に召さなかった(笑)。

「ロックバンドのファーストは、その後のアルバムよりも荒削りで未完成な部分もあるが、不足してる面をすべて初期衝動でやり込めているものだ」

という、やや原理主義的な思想(?)を持っていたアタシは、ハードな曲もバラードも完璧な、このすこぶる完成度の高いアルバムの良さが、今ひとつピンとこなかったのです。

バラードで大ヒットした「I Remember You」「18 And Life」そしてアメリカン・ハードロックの王道のようなキャッチーなノリの「Youth Gone Wild」なんかには目もくれず「あー、この曲とかこの曲だけはいいなー」と「Big Guns」「Makin' A Mess」を聴き狂ってましたねぇ。。。

しかし、それから月日が経って、すっかりオルタナやモダン・ヘヴィネスに夢中になってたある日、ふと有線か何かで耳にした「I Remember You」が、何だろう?メタル云々はとりあえず置いといて、ロックのバラードとしてすごくカッコ良かった、つまり全然古臭く聞こえなかったことに「えぇ!?」と思い、そんなに聴くこともなくCD棚の一番奥の方にしまっておいたCDを引っ張り出して改めて聴き直してみました。

そしたらこれが、もちろんヘヴィでありハードであり、そしてバラードは特に洗練と"拡がり"を感じさせる、非常に「先端」な何かを感じさせるものに変わりはないんですが、再び聴いて感じたのは

「これはとても質の高いアメリカン・ロックンロール」

ということでした。

サウンドキャラクターは全然違うかもですが、スキッド・ロウの、特にヘヴィにうねるミディアム・テンポのナンバーからは、ニューヨーク・ドールズのアプローチに似通ったものを感じます。つまり派手でルーズで不良で粋な、ロックンロール特有のあの感じです。

80年代の末にリリースされて、90年代の頭に大流行したスキッド・ロウなのに、何となく「あ〜、流行ったね〜」で終わらせたくない硬派な魅力を感じます。

懐メロじゃなくてカッコイイ「クラシックス」でしょう。




(ピストルズのカヴァーではじまる1989モスクワライヴ)



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする