2016年11月27日

11月27日、ジミ・ヘンドリックス生誕祭


1480243677972-139373148.jpgはい、本日は11月27日ジミ・ヘンドリックスの誕生日でございますね。

「アニバーサリーな日には、そのアーティストの作品を聴く」ということをささやかな楽しみにしているアタシとしては、今日はこれもうジミヘンを聴かねばなりません。

「どれにしようかなー?」

とはなりませんでした。

アタシにとってジミヘンの特別なアルバムといえば、1992年、彼の生誕50周年記念の年にリリースされたこのベスト・アルバム。

とある日、学校帰りに友達の家に遊びに行ったら、部屋にポンとこのCDがケースごと立てて置いてあったのを見て

「おぉ、ジミヘンかぁ〜、渋いなぁ。このアルバムいいわけ?」

「おぉ、お前それいいぞ」

「じゃあ俺も後で買ってくわー」

と、軽〜いノリで買ったんですけどね、これが最高のベスト・アルバムでした。

しかしその頃はジミヘン「なんかすごい!」とは思いつつも「でもよーわからん、うん、よーわからんがすごいんだ。うん」といった感じでしょうか。まーそんなもんです。

でも、それからジミヘンが影響を受けたブルースやソウル、R&Bなんかをたくさん知って、その都度このアルバムを引っ張り出して聴くと「何か分かってきたー!!」という感動が波のように来ることがあって、それがイコール私の音楽体験、つまり「音楽的な拡がり」みたいなのと深くかかわってるんです。

ジミヘンのオリジナル・アルバムやライヴなんかもちょこちょこ集めて、彼の全体像から細かいところまで、今はすっかり分かったつもりになってきてますが、このアルバムはいつまでもアタシを”ジミヘン初心者”のウブな気持ちに引っ張り戻してくれるから手放せません。

いや、手放そうなんて思ったこと一度もありませんけどね♪






posted by サウンズパル at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする