2016年12月26日

ハウリン・ウルフ ライヴ・アンド・クッキン

4.jpg
ハウリン・ウルフ/ライヴ・アンド・クッキン
(Chess/ユニバーサル)

何てったって我らがハウリン・ウルフ親分のライヴであります。悪かろうはずがないのです。

何しろあのキョーーーレツなダミ声で、どのアルバムだろうが遠慮ナシに吠えまくり、190cm、138kgの巨体を揺さぶりながらステージもスタジオも所狭しと暴れまくっていたといいます。

どんな風に暴れまくっていたかといえば

『激しく身をよじり、柱や壁の幕によじ登っていた』


おいおい・・・プロレスじゃねえか。

と、誰もが思います。

しかし、そんな親分のパフォーマンスと、同時代の誰よりも激しいロッキンなブルースは、50年代のシカゴの若者達の心を激しく掴み、ウエストサイドの子供達の間では、ダミ声で叫びながらのたうちまわる「ウルフごっこ」なる遊びも流行ったようであります。

ほれ、ブルースっつったら、何だかんだロックのルーツで凄いですとか、人生の悲哀が滲んでて深いとか言われるじゃないですか。それはもちろん正解で、アタシもブルース聴く時はそんな凄さだとか深さに感激したり身震いしたりして聴いてたりするんですが、ウルフ親分に関してだけは、そんな凄さや深さを常々上回る荒々しさを、アタシはいつも感じるんです。

もちろん、ウルフ親分、並のミュージシャンのそれを遥かに上回る渋さや深みを十分に持ってる人なんですが、上回ってなお、脳天にガツーンとくる衝撃力なるものを持っております。

そりゃもうどのアルバムでも親分は、一切の手抜きをすることなく、死ぬまで愚直なまでにラフでタフで荒々しいブルースで、ロックしまくるわけなんです。

1960年代の半ば頃から心臓病の持病を抱え、70年にはカナダで交通事故に遭ってしまい、この後遺症で腎臓を悪くした上に車椅子に乗るようになってしまい、結果ステージを所狭しと暴れ回るパフォーマンスは出来なくなってしまいましたが、それでも声の迫力や楽曲の荒々しさは全然変わりません。

どころか、少なくともCDやレコードなどの音源を聴いただけでは、肉体的な衰えなんさあ微塵も感じさせません「え、そんなことあったの?」と、アタシは今でも思います。






【収録曲】
1.ホエン・アイ・レイド・ダウン・アイ・ワズ・トラブルド
2.アイ・ディドゥント・ノウ
3.ミーン・ストリーター
4.アイ・ハド・ア・ドリーム
5.コール・ミー・ザ・ウルフ
6.ドント・ラフ・アット・ミー
7.ジャスト・パッシング・バイ
8.シッティング・オン・トップ・オブ・ザ・ワールド
9.ビッグ・ハウス
10.ミスター・エアプレイン・マン

で、親分唯一のこのライヴ・アルバムなんですが、コレが録音されたのが1972年。

ミドルテンポの曲が多く、実にくつろいだ雰囲気だったので、最初こそ「あ〜、ウルフも丸くなったんだね。楽しそうに吠えてるね〜」なんて思ったのですが、よくよく聴いてたら、全然そんなことはない。

70年代の録音のはずなのに、ささくれだったゴリゴリのバンド・サウンドはシカゴ・ブルースが最もキケンな緊張感に満ちていた50年代の空気そのものだし、ギターのヒューバート・サムリン、テナー・サックスのエディ・ショウ、ピアノのサニーランド・スリム、そして「シカゴ・ブルースといえばこのリズム隊」の、デイヴ・マイヤーズとブレッド・ビロウの"ジ・エイシズ"コンビという、これはもうハウリン・ウルフのバックバンドとしてはこれ以上望むべくもない最高のメンツ。

特に"ウルフ一家若頭"ヒューバート・サムリンのプレイは、1954年に親分がシカゴに出て来てから、ずーっと一緒にプレイしてきて18年の見事なバックアップです。

初期の頃から親分の暴れまくるヴォーカルを、オブリガードの鋭い斬り込みで煽る絶妙なレスポンスでしたが、ここでの破壊力溢れる"斬り倒し"ギターの凄まじさは、サムリン傷害の、や、生涯のベスト・プレイですよこれは。「かっこいいブルース・ギター」を志す人は、まずもってこのアルバムのギターを聴いてください。

あと、このアルバムを聴く時は、通常より少し大きめの音で聴いてくださいね。「ヤバい!」の度合いが全然違いますから。










(素敵なライヴ動画発見!これは1970年代頭か60年代後半頃ですね〜♪)

”ハウリン・ウルフ”関連記事


ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

B.B.キング クリスマス・セレブレイション・オブ・ホープ

4.jpg
B.B.キング/クリスマス・セレブレイション・オブ・ホープ
(ユニバーサル)

アメリカのミュージシャンにとって、スターの条件というのは

「クリスマス・アルバム」を作ること。

なんだそうです。

で、B.B.キング。

ブルースファン、いや、洋楽好きな人なら、B.B.がブルースを代表する大スターであることは、既に承知のこと。

長年シーンの最前線に立って頑張ってきたからベテランになって有名になったんでしょ?ほれ、60年代になってクラプトンとかストーンズがブルース人気に一役買って、それで「B.B.は凄い」とか言ったから人気出たんじゃ?と思う人、それは正解だけれどもちと違いまして、B.B.の場合は比較的若い頃からブルースの枠を飛びぬけた、異例とも言える人気を誇ってたんです。

その理由というのはもちろん50年代当時は斬新だったエレキギターでの単音のソロをぎゅいぎゅいと、当時最も人気だった「ホーン入りのフルバンド・スタイルのバンドサウンド」に乗っけて、当時これまたブルースやR&Bの世界では一番ナウでカッコイイものだったゴスペルの影響が濃い強烈なシャウトで唄ってたとか、そういうスタイル的なものもあったでしょうが、やっぱり何よりもB.B.キングという人は、ブルースという音楽を「個人の感情の奥底を表現したもの」として明確に捉え、かつそれを「最高のエンターティメントとして吐き出すこと」に、全キャリアを通じて心砕いていたからでしょう。

なのでB.B.のブルースは、いつどんな時にどの時期のどの曲を聴いても、最高にディープなブルースとしての奥行きと、パンチの効いたブラック・ミュージックとしての興奮と、上質なポップスとしてのツカミを持っています。

B.B.のブルースは、王道も王道、その真ん中に常にどっしりと腰を下ろしてはおるのですが、そこからちょいと手足を伸ばせばジャズにも行けるしジャンプやジャイヴにもR&Bにもソウルにも行けるし、当然ロックにもすぐ行けちゃう。それがどれだけ凄いことかということを、アタシは最近にしてしみじみ考えるようになっております。恐らくB.B.に関して言えば、60年代にロックの連中がブルースを再評価しなくても、一定以上の人気を保ったまま、60年代70年代、そして80年代90年代をたくましく生き残っていたと思います。えぇ。

さて、随分と前置きが長くなりましたが、今日ご紹介するのはB.B.キングのクリスマス・アルバムです。






【収録曲】
1.プリーズ・カム・ホーム・フォー・クリスマス
2.ロンサム・クリスマス
3.バック・ドア・サンタ
4.クリスマス・イン・ヘヴン
5.アイル・ビー・ホーム・フォー・クリスマス
6.トゥ・サムワン・ザット・アイ・ラヴ
7.クリスマス・セレブレイション
8.メリー・クリスマス・ベイビー
9.クリスマス・ラヴ
10. ブルー・デコレイションズ
11.クリスマス・カムズ・バット・ワンス・ア・イヤー
12.ブリンギング・イン・ア・ブランド・ニュー・イヤー
13.蛍の光
14.ホワット・ア・ワンダフル・ワールド(ボーナス・トラック)


リリースは2003年、B.B.が何と御歳73歳の頃に”満を持して”リリースに踏み切ったアルバムなんですよ。

アタシは正直「B.B.ほどの大物が、これまでクリスマス・アルバムを作ってなかったんだ」という驚きの方が大きかったですね。えぇ、何と言っても最初に書いたようにアメリカのミュージシャンにとっては「クリスマス・アルバムを作ること」がひとつの人気の基準であった訳ですから。本当に意外でした。

でもまぁここまで来たら今のすっかりいいじいちゃんになったB.B.のアルバムだから、もうここまで来たら新作そのものがお祭りみたいなもんだから、きっと和気藹々の同窓会みたいな感じでゲストとか招いてやってるんだろう。うん、いいね、いいよね、そういうのもなんかね。

とか、思っていたのですが、コレが聴いてみてビックリ、ゲストとかは一切ナシで、当時のツアーバンドのみをバックに、唄もギターもかなり気合いの入った、本気度の高いクリスマス・アルバムでした。

のっけからロンサム感満載のじっくり聴かせる@で「あ、すいません、クリスマスナメてました」と反省したアタシ。

Aは、B.B.の敬愛するローウェル・フルスン御大の曲かと思えば、コチラはロイド・グレンのヴァージョンで、これまたミドルテンポでジワジワ盛り上げながら聴かせます。

「これぞブルースのクリスマス!」といった感じの、すこぶるハードボイルドな渋みが滲むB(原曲はクラレンス・カーターだぜぇ!)、ここで盛り上げといて次は絶対にバラードで泣かせにかかると思ったらやっぱりその通り涙腺直撃のC、前半のここまでで、本当に「あぁ、いいもん聴いたなぁ・・・と余韻に浸る間もなくジャジーなオルガンでスウィンギーに後半の幕開けを告げるDのインスト、すげぇグッとくるバラードE、60年代にヒットしたクリスマス・ソング(シングルは出してたの)のアレンジも楽しいセルフカヴァーF、ブルース/R&Bクリスマス・チューンの必殺定番曲、チャールズ・ブラウンのGときて、インストでたっぷりギターの泣きを響かせるH、このアルバムでは一番パーティー度の高い軽快なI、チャールズ・ブラウンと同じく、若き日のB.B.にとってはアイドルであったシンガー/ピアニスト、エイモス・ミルバーンのJ、そして再びチャールズ・ブラウンの小洒落たパーティー・ソングのK。

で、ラストの「蛍の光」なんですが、これは「ヤラレた!」「まさかここでこの曲が来るとは!」と話題になり、確かグラミー賞のベスト・インストゥル・メンタル賞に輝いた曲なんですけど



これにはちょいとした意味があって、もちろんこの曲は「古い年を送って新年を迎える曲」なので、クリスマス・アルバムのラストには意外でもなく、じつにしっくり来る選曲なんですが、Jのチャールズ・ブラウンのヴァージョンを聴いてみてください。



ね、イントロで使われてるでしょ。

こういう「先人へのさり気ないリスペクト」を大事な所にサラッと入れ込んでくるB.B.カッコイイんですよね〜・・・。

単純にクリスマスという「メモリアルな意味」だけじゃなくて、バンドとの本気のやりとりとか、70を過ぎてもまだまだアツいB.B.の気迫とか、こういった”リスペクト”がいっぱい詰まった、本当にひとつのアルバムとしての聴きどころが一杯詰まった素晴らしいB.B.のクリスマス・アルバムです。

それとこのアルバム、収益は、がんやエイズの治療などを行う医療センターに寄付されたそうです。

「自分の長年の夢」を実現させたその喜びを、人のためにスマートに使う。そういうところがカッコイイんですよねぇ・・・。





”B.B.キング”関連記事



ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | クリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

チェット・ベイカー 枯葉

4.jpg
チェット・ベイカー/枯葉
(CTI/キングレコード)

チェット・ベイカーのアルバムを、さて紹介しようと思って聴いていたら、その美しい「ほろびの香気」に、すっかりヤラレてしまい、ここのところまんまとチェット・ベイカー漬けです。

麻薬が原因で、何度も何度も引退しては復帰するを繰り返していたチェットですが、1988年にホテルの窓から転落という不慮の死を迎えるまで、実に膨大な数の作品を残していて、流石にアタシも全部までは耳を通してはおりませんが、今まで聴いたアルバムの中で「これはつまらない」というものに出くわしたことがありません。

どのアルバムも、この人独特の、柔らかく優しく、そして美しく破滅に向かっているあの感じで満たされていて、そしてこの人はデビューしてから晩年まで、スタイルが全く変わらないんです。

引退して復活するタイプのジャズマンというのは、その間演奏のアプローチや、或いは音色そのものが変化してることが多いんです。でも、チェットの場合は、引退して復活しても、または麻薬の影響で顔がショッキングに変わってしまっても(顔がしわしわになった上、歯も抜けていた)、スピーカーから聞こえるトランペットの音は相変わらず繊細で柔らかく、ハッとするようなアドリブは、煌めきと詩情に輝いていて、唄声も淡さの中に深く沈んだ陰影を感じさせる、あの幻想的な声のままです。

今日はそんなチェット・ベイカーの、後期のアルバムの中から名盤の誉れ高い「枯葉」です。




【パーソネル】
チェット・ベイカー(tp,voAE)
ポール・デスモンド(as)
ボブ・ジェームス(el-p)
ロン・カーター(b)
スティーブ・ガッド(ds,@〜C)
ジャック・デジョネット(ds,D〜F)
ドン・セベスキー (cond)

【収録曲】
1.枯葉
2シー・ワズ・トゥー・グッド・トゥ・ミー
3.ファンク・イン・ディープ・フリーズ
4.タンジェリン
5.我が心に歌えば
6.ホワットル・アイ・ドゥー
7.イッツ・ユー・オア・ノー・ワン


「枯葉」といえば、元々はシャンソンでありながら、ジャズで最も有名なスタンダードとして知られるようになった曲ですが、キャノンボール・アダレイの、実質マイルス・デイヴィスのアルバム「枯葉」を筆頭に、その後モダンジャズの甲乙付けがたい名演が次々世に出されます。

ビル・エヴァンス、サラ・ヴォーン、ウィントン・ケリー、あぁ、個人的にはドン・ランディやアーニー・ヘンリーも推したいな・・・などと、ジャズファンならば誰もが納得の名盤と「私のお気に入り枯葉」を色々浮かべて楽しめる、そんぐらいの曲なんですけどね。チェットのこの枯葉は、文句なしに前者、つまり「聴けば誰もが納得の名演」の枯葉です。

アタシの体験で恐縮ですが、音を聴く前は「きっとチェットが唄ってるんだ」と思ってました。そして50年代の録音のように、端正にスウィングする西海岸サウンドのストレートなジャズだと思ってました。

実際はチェットは唄わず(ヴォーカルはAとEの2曲だけ)、サウンドもいかにも70年代な、ややフュージョン入ってる現代的なアレンジでした。

これが70年代に一世を風靡したフュージョンの先駆けである"CTIレーベルの音"と知るのは大分後のことです。

微妙に王道の4ビートからは距離のある独特のリズムに、うっすらとストリングスの絡むアレンジに、全く反発することも迎合することもなく、ジャズのお手本のような、フレーズを重ねる毎に美しい、ふんわりと匂い立つアドリブを唄うチェットのトランペットは、これはもうジャズがどうとかいうよりも、音楽の美しさそのものを感じます。

もしも私がトランペッターで「理想の枯葉をやりなさい」と言われたら、多分このアドリブを完コピしてはいどうぞ、ってやるでしょうね。それぐらい完璧で美しく、非の打ち所のない演奏。しかもただ単に綺麗なだけでなく、そのフレーズの中には譜面では起こせない目一杯の悲哀がたっぷりとまぶされているんです。

バックが当たり前のジャズじゃない、特にスティーヴ・ガットのドラムは、ガンガンに攻めるタイプで、彼が最初は慎重に装飾を付けるのみに抑えてるのですが、途中から堰を切ったように情熱的に煽ってくるのがとにかくいいんですよ。

あと、ピアノでなくエレキピアノを弾いてるボブ・ジェームスもいいですね。フェンダーローズの甘い音色が美しい音楽と出会った時の中毒性の高さは、ビル・エヴァンスやチック・コリアの必殺技だと思ってましたが、チェットの退廃に寄り添うこのアルバムのエレキピアノ、かなり危険な美しさです。

とにかく「枯葉」は、チェット生涯の極めつけでありますが、「唄うチェット」の極めつけ「ホワットル・アイ・ドゥ」での、どこまでも沈み混む退廃美の、もう行き着く果てのようなやるせない唄とバックとのコンビネーションも筆舌に尽くしがたいものがあります。

いや、でもどの曲も、気持ちよく哀しさに浸れますので、チェットに少しでもハマりそうな予感を胸の内に抱えてどうしようと思っている人はコチラぜひ。




(この儚い儚いトランペットと、諦めに満ちたヴォーカル。でも美しい・・・)


”チェット・ベイカー”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする