2016年12月20日

チェット・ベイカー・シングス

887.jpg
チェット・ベイカー・シングス
(Pacific Jazz)

チェット・ベイカー

1950年代にデビューし、その卓越したメロディアスさを誇るトランペットの演奏テクニックと、アイドル並みの端正なルックスに加え、中性的でアンニュイな独特な声の魅力でもって、その時代のジャズマンとしては桁外れの人気を誇った(あのマイルス・デイヴィスでさえ、レコードの売り上げでは桁違いの差を付けられていた)。

そんな時代の寵児でありながら、ミュージシャンとして世に出たその時から麻薬(ヘロイン)にドップリはまり、絵に描いたような転落の後、周囲を振り回し、巻き込み、傷付け、裏切り、ボロボロになって最期は自殺とも事故とも他殺とも取れる悲惨な人生の閉じ方をした。

・・・はい、只今イーサン・ホーク主演の映画「ブルーに生まれついて」が公開されておりまして、この映画を観たことで、主人公であるチェット・ベイカーやジャズという音楽に興味を持つ人が増えているようです。

良いことですね、素晴らしい。

ところでアタシ、ミもフタもないこと言っちゃいますが、ジャズって暗い音楽だと思うのですよ。

「えぇ!?ジャズはオシャレでノリノリで明るいじゃん、どーして?」

と言う方は多いと思いますし、それ否定しません。

でもね、ジャズにのめり込むと、何の前触れもなく、フッと気付くことがあるんです。自分はこのオシャレでスイングする音楽に、どこか不吉な"死"とか退廃の匂いを感じて、それを求めて聴いている。って。

特にジャズは、繊細で美しい演奏や表現をする人に、その傾向が顕著だったりします。

ビル・エヴァンスCDが何十回同じものが再発されても、変わらず売れ続け、ジャズ・ピアノで不動の人気No1.をずーっとキープしてるのも、やっぱり単純に彼の音楽性が普遍的で分かり易い、親しみ易いというよりも、彼のピアノのガラス細工のように美しいフレーズのそこかしこから、どうしようもないものが絶えず滲んでいて、好きな人は大体その"どうしようもないもの"の魅力にヤラレてしまって中毒になるからなんだと思います。

チェット・ベイカーも、アタシにとってはビル・エヴァンスと同質の"どうしようもないもの"の不吉な美しさを、オシャレとか軽やかとかそういった表向きの顔の裏側にたっぷりと持っている人だと思います。




【パーソネル】
チェット・ベイカー(vo,tp)
ラス・フリーマン(p,celeste)
ジェイムス・ボンド(b,@〜E)
カーソン・スミス(b,F〜M)
ピーター・リットマン(ds,@〜E)
ボブ・ニール(ds,F〜M)

【収録曲】
1.ザット・オールド・フィーリング
2.イッツ・オールウェイズ・ユー
3.ライク・サムワン・イン・ラヴ
4.マイ・アイディアル
5.アイヴ・ネヴァー・ビーン・イン・ラヴ・ビフォア
6.マイ・バディ
7.バット・ノット・フォー・ミー
8.タイム・アフター・タイム
9.アイ・ゲット・アロング・ウィズアウト・ユー・ヴェリー・ウェル
10.マイ・ファニー・ヴァレンタイン
11.ゼア・ウィル・ネヴァー・ビー・アナザー・ユー
12.ザ・スリル・イズ・ゴーン
13.アイ・フォール・イン・ラヴ・トゥー・イージリー
14.ルック・フォー・ザ・シルヴァー・ライニング


「チェット・ベイカー・シングス」は、1954年から56年、ミュージシャンとしては最も元気だった時代に作られた「歌もの」のアルバム。

元々、トランペットでは10代の頃か並外れた実力で、何とチャーリー・パーカーのライヴに飛び入りしてバリバリに吹きまくって気に入られたという、折り紙付きでしたが、ライヴでは時々気分転換に唄うことがあり、それを聴いた女性客が、常にそのささやくような声にメロメロになっていたといいます。

レコード会社は、これを逃しませんでした。

「試しに」と吹き込んでシングルで発売した「バット・ノット・フォー・ミー」と「タイム・アフター・タイム」が大ヒット。

これがきっかけでブレイクしたチェットは「歌えるトランペッター」として、大々的に売り出されます。

実はチェットにとってヴォーカルは、ライヴの合間の、あくまで余技でしたが、いつの時代でも最も売れるのは歌手でありますし、本人の気持ちとは裏腹に、彼の声にはやはり、その繊細で儚い音色のトランペット同様、聴き手の理性をトロトロに溶かしてしまう、抗し難い魔力があります。

たとえば1曲目「ザット・オールド・フィーリング」での、小粋にスウィングしつつも、どこか思い詰めたような甘酸っぱい痛みがジワッと拡がる歌い出しの空気は何でしょう。3曲目「ライク・サムワン・イン・ラヴ」の、穏やかに凪いでいながら気が付くと聴き手の感情を柔らかく呑みこんでしまいそうな、この果てしない虚無感は何でしょう。声と共に、どこまでも深みに優しく堕ちてゆく「アイヴ・ネヴァー・ビーン・イン・ラヴ・ビフォア」や「ザ・スリル・イズ・ゴーン」での、ラス・フリーマンのピアノの、滅びの美に満ち溢れた情景を、どんな美しく狂おしい言葉に置き換えればいいでしょう。

もちろんこれを「オシャレで最高にクールなジャズ」として聴いて、聴き続けても全然間違いではないです。

でも、願わくばジャズに興味を持った方が、チェット・ベイカーのトランペットと唄に、ふんだんにまぶされた「毒の美味なること」にハマりますように。。。。







”チェット・ベイカー”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

ブルース&ソウル・レコーズ 2017年2月号!!

ローリング・ストーンズの全曲気合いの入ったブルース・カヴァー「ブルー&ロンサム」が、大人気で大変なことになっております。

ウチみたいに店舗を持たない地下CD屋ですら、国内盤と輸入盤とアナログLPの予約や注文が次々入ってくるんですよ。これは凄いことですよね。お客さんからは「いやぁ、アンタんとこのブログでブルースのことも書いてるの読んで、ストーンズ欲しくなったんだよ〜♪」と、嬉しい言葉も頂きます。はい、本当にありがとうございます。

アタシも個人的に「ブルー&ロンサム」は愛聴盤です。仕事(正業)が車でもってあちこち行く仕事なので、仕事車のカーステに放り込んで、一日中ゴキゲンで聴いたりしています。

いや、このアルバム本当に素晴らしいですよね、ストーンズが若い頃聴いて夢中になったブルース、そのブルースの本質である”ヤバい空気”これがそのまんま回顧や情緒に流されることなく、ギラギラにトンガったサウンドに乗って、今の時代の音楽に慣れた耳にも刺激と興奮を「てめぇこのやろう!」と流し込んでくれる。このガチンコのサウンドには、今もって「やべー!かっこいー!!」以外の言葉が上手く出てこない、というのが正直なところです。

さてさて、このところそんな感じでリアルでもネットでも、会話する人とは「ストーンズいいよね」「ブルー&ロンサムほんとやべぇ」という話で飽きもせず盛り上がっているところに、我が国が誇る唯一のブルースとソウルの雑誌様『ブルース&ソウル・レコーズ』が、イカした特集を最新号でぶっこんできました。

『ザ・ローリング・ストーンズ ブルー&ロンサムを聴く!』

これは当然です、我らがブルース&ソウルレコーズなら、ストーンズのこの素晴らしいブルース・アルバムについて書かない訳はないでしょうし、ここでカヴァーされたブルースの原曲や、演奏しているブルースマン達のことをひとつひとつ丁寧に掘り下げて、最強のロックンロール・バンド、ローリング・ストーンズとブルースの深い関わりについての、滅茶苦茶気合いの入った記事を書くだろうと・・・。

どれどれ、内容をおさらいしておくか・・・。




ど!

どぉぉぉぉぉぉ!!!!





何ですと!?

付録CDに「ブルー&ロンサム」で採り上げられた曲の原曲を、しかもアルバム収録順に全曲入れてます。


ですとぉ!?

いや、前々から粋なことをしてくださる雑誌様でしたが、今回は粋過ぎるでしょ、買わなきゃ・・・。






ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

ビッグ・ウォルター・ホートン メンフィス・レコーディング1951

4.jpg

ビッグ・ウォルター・ホートン/メンフィス・レコーディング1951
(Pヴァイン)

ブルースにおけるハーモニカの歴史で、その奏法に革命を起こした人は何人かおります。

特に戦後、ギンギンに鳴るエレキギターのサウンドに合わせるようにハーモニカの音もアンプで電気増幅させたサウンドで吹かれるブルース・ハープのことを”アンプリファイド・ハープ”と言いますが、ブルースファンの中ではこの奏法を生み出したのは、これはもうリトル・ウォルターであると言われてます。

ところがブルースの世界には実は”もうひとりのウォルター”が居て、彼もハーモニカ奏者として試行錯誤の末に「あれ?ハープをアンプに突っ込んだらいけるんじゃね?」ということを発見した人だと云われております。

彼の名はビッグ・ウォルター。

ウォルター・ホートンとか”シェイキー・ジェイク・ホートン”とかも呼ばれております。

戦前から活動し、戦後シカゴ・ブルースの黄金期を創った忘れじの名手の一人であり、1981年まで長生きして一線で活躍し続けたので、音源も結構残っているんですが、リトル・ウォルターのような破天荒な生き様で数々の伝説を作った訳でもなく、サニー・ボーイ・ウィリアムスン(U)のような強烈にアクの強いキャラクターで、ブルースに憧れるキッズ達に「ブルースマンっておもしれぇなぁ〜」と深い印象を残した訳でもありません。

大言壮語、或いは生き様そのものが派手でギャンブル的なブルースマンの中で、彼の性格はどちらかといえば控え目でお人好し。自分がリーダーのレギュラーバンドはほとんど持たず、サイドマンとして呼ばれたら参加して、どんなセッションでもキッチリとリーダーを引き立てる熟練のプレイで応えるという大人っぷり。

吹き方もまた、大胆な強弱を付けてゴリゴリ吹いたり、伴奏の時もメインのフレーズにガンガン絡む訳ではなく、あくまでメインのフレーズや楽曲のメロディに寄り添って、ジワジワと情感を拡げてゆくようなスタイルで、一度ハマッたらこよなく好きになってしまう類の”味”で聴かせる人なんです。

さてさて、そんなビッグ・ウォルター、1917年にミシシッピで生まれておりまして、10代の頃に家族でメンフィスに移住しておりますが、この地でメンフィス・ジャグ・バンドスリーピー・ジョン・エスティスとコンビを組んでいたハミー・ニクソンらにハーモニカの吹き方を教わり、30年代には既にメンフィスからミシシッピ周辺のジューク・ジョイントを演奏して回る程のいっぱしのハーモニカ吹きになっておりました。

1940年代になると、メンフィスではブルース・バンドの電気化がいち早く行われておりました。

メンフィスといえばご存知エルヴィス・プレスリーでありますが、プレスリーの音楽が何であんなに初期の頃からロックしてたのかといえば、彼が小さい頃によく隠れて観に行ってたブルースのライヴが、既にギンギンにロッキンなヤツだったからなんですね。

「あの頃のメンフィスやウエスト・メンフィスでは分かりやすいクレイジーなノリのブルースがウケてた。ギターのボリュームを上げられるだけ上げて、ドラムもピアノもその音に負けないぐらいに目一杯叩くんだ。当然唄うヤツはもっと負けてられない。そんなノリだったよ、みんな」

と、シカゴに出る前にウエスト・メンフィスでブイブイ言わせていたハウリン・ウルフが言うように、当時のメンフィスで演奏されていたブルースは、とにかくラウドでロッキンだったんですねぇ。

ビッグ・ウォルターも、そんな環境の中で必要に迫られて”アンプリファイド”という技を編み出したんだと思います。

という訳で、彼がメンフィスでレコーディングしていた頃(一部シカゴ時代のものあり)の音源「メンフィス・レコーディングス」を聴いてみましょう。



【収録曲】
1.Jumpin’ Blues
2.Black Gal
3.Hard Hearted Woman
4.Go Long Woman
5.What’s The Matter With You (take 1)
6.Cotton Patch Hot Foot
7.Little Boy Blue (take 2)
8.I’m In Love With You Baby (Walter’s Blues) (take 1)
9.Blues In The Morning
10.Now Tell Me Baby (take 1)
11.I’m In Love With You Baby (Walter’s Blues) (take 2)
12.What’s The Matter With You (take 2)
13.Little Boy Blue (take 1)
14.Now Tell Me Baby (take 2)
15.Have A Good Time
16.Need My Baby (in a session)
17.Need My Baby (in a session)




お〜いぇ〜♪ いぇいいぇ〜い♪ な、8ビート・シャップル・ナンバーが多く、コレが実にノリやすくゴキゲン、またサウンドがいいですね。カラッと乾いたサウンドが醸しだす、何とも言えないヴィンテージ感と、ゲインの付いてないアンプでここまでやれるかというささくれだったギターの音と堂々渡り合っているホートンの、音色こそマイルドだけどかなりモダンなフレーズを繰り出すハープ、たまりません。

これがシカゴに行って小慣れてくると、よりヘヴィな質感になるんだよな〜。なんて機嫌良く思いながら、繰り返し聴けるサウンドです。これぞ50'sメンフィス・ロッキン・ブルース!

この時点でビッグ・ウォルターのハープは後年のようにギンギンにリヴァープを効かせた音ではありませんが、ワイルドに荒くれるバック・サウンドと何の違和感もなく、埋もれることなくブギしてジャンプするハープはたまりませんね。「戦後メンフィス・ブルース」と言っても、あんまりピンと来てくれる人は少ないんですが、このサウンドの質感、味わってしまったらもうこの音のとりこになりますよ。

ちなみにこのセッション、バックには後にジャズ・ピアニストとして有名になるフィニュアス・ニューローンJr.ら、ニューボーン兄弟、ギター、ヴォーカル、ドラム、ハープ、カズーを同時に一人でこなす”一人フルバンド男”(ここではギター、ドラムを同時演奏)ジョー・ヒル・ルイスなど、結構豪華なメンツが脇を固めております。

ちなみに”リトル・ウォルター”という芸名は、実は最初ビッグ・ウォルターが名乗ってたんです。

年齢的に大分後輩になるウォルター・ジェイコブスという少年が”リトル・ウォルター”を勝手に名乗って有名になっちゃったので「ま、いっか。じゃあオレはビッグ・ウォルターを名乗ろうね」と、あっさり名前を譲って、特にリトル・ウォルターのことを嫌うとかそういったのもなく、会えば親しく話をして可愛がってたんだとか。この人のそういうとこほんと好き。



(もういっちょご機嫌なやつを♪ 彼のハーモニカは音色フレーズ共にサニーボーイ・ウィリアムスンT世の影響が強いように思いますがどうでしょう?)

ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする