2016年12月09日

クリスマス・ラウンド・ザ・ジュークボックス(ブルース・アンド・R&B・クリスマス・セレブレーション)

887.jpg
クリスマス・ラウンド・ザ・ジュークボックス(ブルース・アンド・R&B・クリスマス・セレブレーション)
(SOLID/JASMINE RECORDS)

さてー!気合いを入れてクリスマス気分に浸るぞー!!浸るんじゃーーー!!と、色々とクリスマス絡みのブツを聴きまくっております。

と、アタシが気持ちを結構強制的にクリスマスモードにブチ込もうとしているのにはちょいと訳があります。

あのですね、12月というのに奄美は相変わらず気温20度前後で、今ひとつ気分が盛り上がらないんす(泣)

まぁその、男が40にもなりますとね、特にクリスマスだからどうのこうのというのは、実を言うとないんですわ。子供はおりませんが嫁さんはおりますしね。でも、そんなこんなで長いこと過ごしておりますと、世間の喧騒とは全く別の所に「クリスマスの楽しみってあるかも知んねー」と、ふと思ったりするもんなんです。

クリスマス・セールとか行楽とか、高級店に行ってディナー楽しむとか、カップルで愛を語るとか、そういうものとは、スルリと距離を置いた、穏やかでやんわりと楽しいクリスマス。それを最近50年代60年代のブルースやR&B、ジャズのクリスマス・ソングで楽しむのが、ここのところアタシの心がとっても「ホッ」とする時間です。

いや、友達とワイワイやったりするのは嫌いじゃないんですよね、むしろ誘われたら嬉しいしホイホイ行くんでしょうが、かつて一緒にワイワイやっていた仲間達も、それぞれ結婚して家庭が出来て、可愛い子供たちと幸せなクリスマスをそれぞれやってる。

えぇ、もうそんな歳になってしまいましたので、すっかり静かに楽しむ方に、気持ちはゆるりと行っておりまする。

クリスマス・アルバム、前回はドリフターズの極楽ドゥー・ワップをご紹介しました。今回もその流れで行きましょう。とはいっても「ドゥー・ワップとかR&B興味はあるんだけど、単独アーティストのアルバム聴くのはちょっと勇気要るなぁ・・・」と、二の足を踏んでいるアナタに、本日は「こんだけ入ってりゃ大丈夫」の素晴らしいオムニバス、コンピレーション・アルバムをご紹介致します。

その名も「クリスマス・アラウンド・サ・ジュークボックス」





【アーティスト/収録曲】
1.ジョー・ターナー/Christmas Date Boogie
2.ザ・ファイヴ・キィズ/It's Christmas Time
3.チャック・ベリー/Run Rudolph Run
4.ザ・ドリフターズ/White Christmas
5.チャールス・ブラウン/Please Come Home For Christmas
6.ザ・モングロウズ/Hey Santa Claus
7.ザ・キャデラックス/Rudolph The Red Nosed Reindeer
8.ジミー・マクラクリン/Christmas Time
9.ザ・レイヴンズ/White Christmas
10.ザ・レイヴンズ/Silent Night
11.ザ・ファルコンズ/Can This Be Christmas
12.ジミー・リギンス/I Want My Baby For Christmas
13.メイベル・スコット/Boogie Woogie Santa Claus
14.チャールズ・ブラウン/Merry Christmas Baby
15.ローウェル・フルスン/Lonesome Christmas Part 1
16.ローウェル・フルスン/Lonesome Christmas Part 2
17.ジョニー・ムーアズ・スリー・ブレザーズ/Christmas Eve Baby
18.セシル・グラント/Hello Santa Claus
19.ジミー・ウィザースプーン/How I Hate To See Christmas Come Around
20.ザ・ハーモニー・グリッツ/Santa Claus Is Coming To Town
21.ロイ・ミルトン/Christmas Time Blues
22.ザ・ドミノーズ/Christmas In Heaven
23.エイモス・ミルバーン/Let's Make Christmas Merry Baby
24.ルイ・ジョーダン/May Every Day Be Christmas
25.ザ・オリオールズ(It's Gonna Be) Lonely Christmas
26.ビッグ・ジョン・グリア/We Want To See Santa Do The Mambo
27.B.B.キング/Christmas Celebration


タイトル通りの、かつてブルースやR&Bが全盛期だった頃に、ジュークボックスでヒットした極上のブルース、R&B、ドゥー・ワップの、クリスマス名曲名唱をこれでもかと27曲も収録したコンピです。

ジャジーなジョー・ターナー、「クリスマス?カンケーないぜロックンロール」なチャック・ベリー、ソウルの至宝にして実に深い色気のある声で聴かせるチャールズ・ブラウン、そしてコチラにもタップリ入っていて美しいハーモニーを贅沢に聴かせるファルコンズにレイヴンズ、ドリフターズ等のドゥー・ワップ勢、ブルースからはジャンピン・ジャイヴなゴッキゲンのパーティー気分を盛り上げるルイ・ジョーダン、ロイ・ミルトン、貫禄のB.B.キングに「クリスマス?あぁそうだったね、世知辛いね」と、実に辛口&ブルーな唄でシャウトするローウェル・フルスン御大に、名演名唱揃いの中に、一人だけ実にユルユル&へべれけなジミー・リギンスなどなどなど。



(良い感じにへべれけなのがいいジミー・リギンス♪)


しかし「R&B/ドゥー・ワップ/ジャンプ、ジャイヴ/ブルース」の中から、超大物から隠れ名手まで、よくもまぁこんな絶妙なセレクトしましたなぁ・・・と、感心することしきりであります。

真面目ェなジャンプもののコンピだったら、ジミー・リギンスより遥かに有名で完成度も高い(失礼!)ジョー・リギンスを選んでくるはずだし、フルスン御大の「ロンサム・クリスマス」を2テイク連続で配置するとか心憎すぎる嬉しい演出だし、ブラック・ミュージック・ファンには実に痒いところに手が届く素晴らしくも奥深い選曲なんですよ、えぇ。かなり玄人好みだけど全然親しみやすいです。

「クリスマス」に抵抗がある人にも、50年代の良質なブラック・ミュージック・コンピとして、コレはかなりオススメです。ていうかクリスマス過ぎて流しててもまったく問題ないぐらい中身が浮き足立っておりませんので、一年中聴きましょうこの際だから♪






(文句ナシにカッコイイのはチャールス・ブラウン♪)






『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | クリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする