2016年12月28日

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ ワン・ホット・ミニット

5.jpg
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ/ワン・ホット・ミニット
(Wea/ワーナー・ミュージック)

は〜い年末ですね〜。皆さん仕事納めとかで、今日はホッと一息付いている方も多いかと思いますが、アタシは31日までガッツリ仕事ですよ〜。でも、その間ブログはきっちり更新しますので、見てやってくださいねー(切実)!!

今日は年末のアタフタに触発されて、急激にロック魂が目覚めましたのでレッチリです。

懐かしいな〜と思って聴いていたのが「ワン・ホット・ミニット」。

これが発売されたのは、確か1995年。

「ブラッド・シュガー・セックス・マジック」で、ドカーンと人気が出た、あのレッド・ホット・チリ・ペッパーズの4年ぶりの新作ということで、大々的に宣伝されて物凄く売れたアルバムだったんですが、聴いた人からの反応は賛否両論。

アタシの周りでもどちらかといえば「否」の方が多かったんですね。

え?何で?確かに音は昔のレッチリに比べてポップになったけど、より厚みが出て曲もしっかり作りこまれたものになって、これはこれでなかなかカッコイイじゃん?どして?

と、訊いたら

「う〜ん、やっぱりジョン・フルシアンテのギターじゃなきゃなぁ〜・・・」

というものでした。

はい「ブラッド・シュガー〜」の大ヒットの後、レッチリのサウンドの要だったギタリスト、ジョン・フルシアンテが、実は脱退してたんですね。

そん時にギタリストのオーディションを色々と行ったんだけど、いいヤツがいなくて、結局当時ジェーンズ・アディクションを解散して体が空いていたジョン・フルシアンテが後釜として加入したという経緯が、このアルバム誕生の裏にはあります。

ジェーンズ・アディクションといえば、ややそのサウンドはハードロック寄りではあったんですが、レッチリやR.E.M.なんかと大体同時期に出てきて、オルタナティヴ・ロックの元祖とか呼ばれていて、音楽的な傾向も、うん、なかなか合うんじゃない?問題はナヴァロがどれだけファンクとかそういう路線に対応できるかなんだけど・・・いや出来てんじゃん!フルシアンテとはまたアプローチ違うけど、これ全然いけるじゃん!

と、アタシは普通に嬉しかったんですが、やっぱりデビュー当時から知るファンにとっては、初期ギタリストのヒレル・スロバクとジャック・シャーマンが「とっちらかったハチャメチャ感が楽しいレッチリ・サウンド」を作り上げ、それをフルシアンテが「母乳」で”ファンク、ジャズ、ヒップホップの要素を軸にハードなサウンドを整理した作風”という風に纏め上げたというのがおっきかったんでしょうね。で、その頃付いたファンにとっては「ブラッド・シュガーで親しんだ音が変わることに抵抗がある」という考えの人は多かったでしょう。

加えて後年になって(つまりフルシアンテが復帰してから)メンバー達がインタビューで「ワン・ホット・ミニットは正直しんどかった」とかいうネガティヴ発言をしたことなどが、このアルバム不人気のおっきな要因として考えられます。

でも、それらはすべて、今となってはどうでもいいことであります。

その当時、そういったネガティヴな情報など何も知らんで聴いた正直な感想としては

「何か、ギターがちょいとヘヴィになって、ポップな曲はこれまで以上にポップでファンキーなんだけど、アンダーグラウンド臭に関しては”ブラッド・シュガー”以上だし、何よりもすごく丁寧に練り込まれた感があるぞ!」

というものでした。



【収録曲】

1.レッチリの電撃ワープ
2.エアロプレイン
3.ディープ・キック
4.マイ・フレンズ
5.コーヒー・ショップ
6.ピー
7.ワン・ビッグ・モブ
8.ウォークアバウト
9.ティアージャーカー
10.ワン・ホット・ミニット
11.フォーリン・イントゥ・グレース
12.教祖たちのゲーム
13.トランセンディング~リヴァーに捧ぐ~


実際に、アルバムをレコーディングするに当たって、ナヴァロはとても気合いが入っていて、メンバー達と入念に曲作りからアレンジに至るまで作り込んだみたいです。

だからレコーディングは、レッチリとナヴァロの激しい我のぶつかり合いだったことは想像できます(実際このアルバムのリリース直後、ナヴァロは脱退しておりますし)。でも、両者の緊張感が極限まで達して見事にピタッと合った曲が、ヒットした「電撃ワープ」とか「エアロプレイン」とか「ディープキック」等のノリノリイケイケな前半の曲であり、ナヴァロの攻めるギターに思いっきり当てに行って、結果これまでの作品の中で最もグルーヴィー、バキバキに弾きまくってるフリーのベースだと思うのです。

ナヴァロのギターとフリーのベース(ボリュームでかめ)とが、トラック上で強引に響き合うところなんか、今でも鳥肌立つぐらいカッコイイし、このアルバムでしか聴けない特別な展開だと思います。

加えて後半の、ややダウナーで沈鬱な展開。

これは多分、レッチリ側とナヴァロ側の意見があまり合わないままレコーディングされた(とはいってもお互い一流のミュージシャン同士、妥協は感じられません)とおぼしき曲でありますが、ジトジトと不気味に高まってゆくテンションの中に、バンドとしてのとてつもないヤバい存在感を感じさせてくれて、何よりも飽きが来ません。

アタシは最近後半がとても好きなんですよね〜♪

今や「カリフォルニケイションでレッチリ知った」という人がファンの大半で、”2000年以降”のレッチリのサウンドや曲作りの原点がある作品として、このアルバムが再び評価されているのは嬉しいことです。




(「エアロプレイン」ライヴ。この頃は頭に電球被ったりコートのフード被ったり、色々と忙しかった)


”レッド・ホット・チリ・ペッパーズ”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする