2017年01月20日

ストラングラーズ グレイテスト・ヒッツ1977-1990

セックス・プストルズ、クラッシュ、ダムドときてストラングラーズ・・・。

いわゆる「オリジナル・パンク四天王」というやつですね。

ロックに目覚めてからはとにかくパンクだと、この4つのバンドは聴きまくりました。

でもその中で一番よくわからなかったのがストラングラーズ。

はい、何というかストラングラーズの曲って、一曲一曲がとてもよく作り込まれてて、勢いに任せて疾走する曲というのがあんまりなかったんですよ。

だから最初の頃、というか十代の頃はストラングラーズの良さが今いちピンとこなかった。

ただ、彼らの思想だとか姿勢だとか、ベースのジャン・ジャック・バーネルが武士道大好きで極真カラテやってるとか、そういう精神面での”パンク”だと思って聴いていました。



それがちょっと変わってきて「ストラングラーズってフツーにカッコイイじゃん!」と思え出したのがハタチ過ぎた頃、パンクより前の時代のロックとかブルースとかソウルとかジャズとか、それなりに聴き漁って、一周回ってパンクを改めて聴いた時でした。

何がどうって、ストラングラーズの音が純粋に力強くてズバッ!ときたんです。

ぐいぐい前に出てくるベース、厚みのあるオルガン、粘りのある独特のグルーヴ、メロディのまっすぐな美しさとか、はっきりと分かるようになりました。

長年の付き合いになる「グレイテスト・ヒッツ1977-1990」これすごくいいです。

彼らの音楽性は結構めまぐるしく進化してて、アルバムも作品としての完成度とかコンセプトとか、そういうのが高いんで、ベストアルバムはどうかなと最初思ってたんですが、結局何だかんだ愛聴してます♪



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする