ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2017年02月10日

阿部薫 なしくずしの死

887.jpg
阿部薫/なしくずしの死
(コジマ録音/ALM Record)

昨日今日と、ちょいと低血圧で頭がフラフラして体調がよろしくありません。

こんな時に聴く音楽は、あー、何かこうまったりしてて、じっくり聴くとかいうよりは、余り考えないで聴けるBGM的なやつがいいかもなぁ・・・などと頭は考えておったのですが、ボーッとする頭でフラフラと選んでいたのは、そういった「耳に心地良いだけの音楽」とは間逆の阿部薫。

そう、阿部薫。

知らない人は全然知らない、けど、彼の「壮絶な美」としか言いようのない演奏を一度聴いた人はきっと忘れることはできない”特別中の特別”を持つ表現者です。

阿部薫は”一応”ジャズの文脈で語られる人です。

確かに彼が生前に暴れまわった場所は主にジャズ喫茶のステージで、ビリー・ホリディ、エリック・ドルフィーに決定的な衝撃を受け、アルト・サックスを手にしております。

しかし、彼が楽器を通して内なるギリギリの世界から放つ音は、いわゆるカギカッコ付きの「ジャズ」というものを突き破って聴く人の心に直接突き刺さります。

でもって”一応”サックス奏者と言われております。

先も言ったように、阿部薫はアルト・サックスを武器に、ジャズの世界に単身斬り込みをかけましたが「闘争に手段は選ばない」とばかりに、アルト・サックス、バス・クラリネット、ソプラノ・サックス、ソプラニーノ・サックス、ハーモニカ、ピアノ、ギター、尺八など、様々な楽器を扱うマルチ・プレイヤーなのですが、彼の出す音は「色んな楽器を器用に使ってカラフルな音を時代に出す」とかいうのとは間逆で、様々な楽器を使っても、することはただひとつ「命を懸けてソイツから最も美しい音を出すこと」でありました。


阿部薫の演奏は、完全即興のものがほとんどで、いわゆる"フリージャズ"として語られることが多いです。

しかも、彼は「無伴奏ソロ」つまり他の楽器をバックに付けず、扱う楽器ひとつだけを手に、完全即興に挑むことがライヴやレコーディングでは多かった人でした。

故に阿部薫の演奏は、音が炸裂し、鳴り響いている時と、完全に無音になる時の、異常な緊迫感に満ち溢れています。

苦しいといえば大変に苦しい、そして聴き手にも、一切の妥協や甘えを許さない、非常に厳しい音楽だと言えるかも知れません。




【パーソネル】
阿部薫(as,ss)

(Disc-1)
1.Alto Improvisation No.1
2.Alto Improvisation No.2

(Disc-2)
1.Soprano Improvisation No.1
2.Alto Improvisation No.4 part 1
3.Alto Improvisation No.4 part 2
4.Soprano Improvisation No.2


アルバムを聴いてみましょう。

若くして亡くなったこともあり、生前に発売されたアルバムはとにかく少ない阿部薫ですが、その中でも特に壮絶なソロ・パフォーマンスを収めたライヴとして有名な「なしくずしの死」という作品があります。

このアルバムは1975年、「なしくずしの死コンサート」として、青山タワーホールで行われた演奏(2曲)と、入間市民会館で収録された音源(4曲)が2枚のCDにまとめられております。

「なしくずしの死」とは、阿部薫(そしてコンサート・プロデューサーの)が愛読していたルイ・フェルディナン・セリーヌの小説のタイトルです。

セリーヌもまた、人間の本質を鋭くえぐった稀代の作家ですが、これについて書き出すと止まらなくなりますのでここでは割愛。

演奏は、そのセリーヌの「なしくずしの死」の朗読(フランス語)のアナウンスから始まります。

朗読の声が激しくなってフェイドアウトする、その後に生じる一瞬の静寂を切り裂くアルトの咆哮。

高く細く、鋭い音が、キリキリと空間を軋ませながら、場の空気をあっという間に塗り替えます。

1曲目はそれから20分以上、アルト・サックスが絶妙と嗚咽を激しく繰り返します。

や、阿部薫はどの曲もどの演奏も、大体このパターンなのですが、そうとは分かっていても、どの曲どの演奏の、どの瞬間も聴き逃すまいと、必然的に没入してしまいます。

いや、阿部薫の演奏というのは、知らず知らず聴き手をそのような心境にさせてしまう。それだけ強い磁場を持つ演奏なのです。

いきなり喉元にギラギラした刃を突き立てられているかのような、それは厳しい表現行為です。しかしその刃の透き通る妖しい美しさを、脳裏に同時に刻み付ける。

そう、阿部薫の即興演奏は、フリーキーでアナーキーで、場合によってはジャズという音楽にも背を向けているようにも思えます。フリージャズでそこまで思わせてくれる人って、実はあんまりいません。

でも、じゃあ音楽としてはどうか?と問えば、阿部薫が、グチャグチャに破壊して、氷の瓦礫を山と築くこの音楽は、純粋に美しい。

何というか、ジャズというひとつのジャンルには背を向けているかも知れないけれど、その裁断されたメロディの中には、あらゆる「うた」が生きております。

ジャズ、シャンソン、そしてよく言われる歌謡曲やジンタ、童謡などの、日本人の心の奥底に刻まれている、哀しく懐かしい「うた」の感触が、彼のフリーフォームなはずの演奏からは、ヘタなポップスなんかより全然リアルに感じます。

そこは彼がソプラノで吹いているDisc-2の1曲目を聴いてみてください。

これ、聴いてる人の内側の原風景を、外側から切り込み入れて映し出す大変ヤバイ曲(演奏)です。

今日は一日中阿部薫を聴いていましたが(実はメインで聴いていたのはこのアルバムではなかったのですが、そんなことはこの際関係ない)、ええ、阿部薫、常にギリギリのところで身を削ってギリギリの音を出していた人です。

彼の音楽は、そんな「ギリギリ」だから切実に心に響くし、フリーフォームだから余計に、定型化されている音楽より、そのコアにある「うた」の部分が美しく輝いているのです。


とか何とか言っても、世の中には「阿部薫?なにそれ」な人の方がほとんどだと思います。

願わくば一人でも多くの人が、この残酷なまでの「うた」の美しさに満ち溢れた表現に出会い、そして撃ち抜かれますように。



”阿部薫”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

至高のおつまみ 中華いか山菜

20170208222555961.jpg

イカをメインに、海鮮と山菜(ワラビ、キクラゲ、メンマ、等)をたっぷりまぶし、コイツを唐辛子や生姜、そしてたっぷりのゴマであえた珍味中の珍味🎵

ピリッとした香辛料の刺激と、イカがたっぷり含むアミノ酸成分から滲む濃厚な旨味。

これ、好きな人にはたまらんのですよ。

風味としょっぱさが立っているので、おかずというよりはビール、焼酎、辛口の日本酒のおつまみに最高です。

アタシは呑めないのですが、ある酒呑みいわく「至高のおつまみ」というのは何かわかります。



↓コチラ沖縄産(1kg入り×5袋)も美味いらしいです。

posted by サウンズパル at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき、小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

ライオネル・ハンプトン スターダスト

4.jpg

ライオネル・ハンプトン/スターダスト
(Decca/ユニバーサル)


ジャズが好きです。

何でジャズがこんなに好きになったのか、それは色々あり過ぎて一言では説明できないのですが、とにかく好きです。

まぁちょっとお聞きくださいな。

音楽っていうのは不思議なもんです。

「こういう気持ちになりたい!」

と思いながら聴く時はもちろん多いのですが、じっくり聴く音楽となると、それとはちょっと違って

「自分の中のこんな感情」

というやつを引き出してくれるものであったりします。

ちょいと大袈裟な言い方かも知れませんが、人生って感情の積み重ねなんですね。

嬉しいこと楽しいこと、辛いこと悲しいこと・・・。

そういうのが生きてると必ず付いて回るんですけど、多くは日常を生きているうちにだんだん薄まっていったり、別の感情に取って変わったりする。

特に悲しかったり、切なかったりする感情は心の引き出しが、表に出ないように、しっかりと鍵をかけて保管してくれますね。

えぇと、何の話だったか。そうジャズ。

「あぁ、ジャズって本当にいいな・・・」

と思ったことのひとつに、そういった心の引き出しにしまってた感情を、心の奥底からスーッと引っ張り出してくれるというところがあります。

切なかったり苦しかったり、自分にとってはどちらかというとネガティヴな感情のはずなのに、耳から心にジャズが入って引き出すそれは、ヒリヒリじんわりと、痛みを伴いながらも心地良いもんなんです。

ジャズが好きです。

特にオールド・ジャズ、アーリー・ジャズと呼ばれる古い時代のジャズには、その作用が高い割合で含まれているようで、その何ともまろやかな音色と、ノスタルジックな音質に心を漂白させながら、よく物思いにふける時があります。





【パーソネル】
ライオネル・ハンプトン(vib)
チャーリー・シェイヴァース(tp)
ウィリー・スミス(as)
コーキー・コーコラン(ts)
トミー・トッド(p)
バーニー・ケッセル(g)
スラム・スチュワート(b)
リー・ヤング(ds)
ジャッキー・ミルズ(ds)

【収録曲】
1.スターダスト
2.ワン・オ・クロック・ジャンプ
3.ザ・マン・アイ・ラヴ
4.オー、レディ・ビー・グッド



その代表的な1枚と言ってもいいのが、ジャズ・ヴィブラフォンの名手、ライオネル・ハンプトンの「スターダスト」


5.jpg

1947年にレコーディングされたライヴ・アルバムで、あらゆる意味での「ジャズってこうなんだよ、くーっ!」というものが目一杯詰まった名盤として、多くのジャズ好きの心のふるさととして今なお聴かれ続けております。

まずは何も言わずに、タイトル曲の「スターダスト」を聴いてみてください。

出だしからまろやかでまろやかで、伸びのあるメロディアスなアルト・サックス、くすんだ音色で溜息のようなトランペット、フレーズから蒸気と共にやるせない煙草の煙が立っていそうな、ウォームなテナー・サックス。

それらがソロを取っている間、星屑のように、或いは儚いシャボンのように、キラキラと輝きながら余韻を残して消えてゆくヴィブラフォン。ハミングと共に奏でられる、切ない切ないベースソロ。それに続くピアノだってベースだって、雑味のない音色でキュンキュンくるよ〜。

で、満を持して「カツン!」と強めのアタックから入ってくるライオネル・ハンプトンのヴィブラフォンのソロがまたたまんない。徐々にテンポを上げながら「イェ〜」「アァ〜♪」と本人の声も入ってるんですが、これが最高に音楽。

そしてゆったりした時間の中で、それぞれの楽器がソロの最高の盛り上がりの時に、自然と客席から起こる歓声と拍手。

あぁ、いいなぁ、これを聴いている間は、最高の音楽と心の内から剥がれて落ちる、哀愁とか郷愁とか、そういうのでクシャクシャになった心のカケラが浄化されてゆく感覚にずっと浸っていられる・・・。


2曲目以降も極上のスウィング・ジャズで、ライオネル・ハンプトンについても、このアルバムに参加している名手中の名手といわれるメンバー達についても、もっといっぱい語りたいことはありますが、とりあえずそういうお勉強的なことは後でいいから、皆さんは「スターダスト」を聴いて、それぞれの心の内にあるヒリヒリしたものを、この最高の音楽にそっと浸してみてください。

ジャズが好きです。

うん、それ以上に音楽って特別なものなんです。すごくすごく特別で、いいものなんです。



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

CAN タゴマゴ

887.jpg

CAN/タゴマゴ

1969年、アルバム「モンスター・ムービー」で鮮烈なデビューを果たしたCAN(カン)。

その独創的かつ聴く者をサイケデリックの深淵に引きずり込む強力な磁場を持つ音楽性は、デビューするやいなや世界中で大ブレイク、その人気は海を越えてアメリカやイギリスのロック・ヒットを凌駕する勢いでチャートを急上昇し

・・・とはなりませんでしたが、アメリカやイギリスのロックフリーク達の間で

「何か・・・ドイツにヤバイのがいるらしいな。何かカンとかいうバンドらしい」

と、ヒソヒソ囁かれるぐらいの確実な知名度をモノにしました。

この頃彼らドイツのロックバンド達のサウンドは、その極めて硬質で「ミニマル」や「トランス」をキーワードとして語られ易い音楽性ゆえに、まず英米メディアから「クラウト・ロック」と呼ばれるようになります。

クラウトロック?何じゃそれ?

という方のために解説致しますと、クラウトというのはキャベツの酢漬けであります。

日本人にはそういわれても何のことかちょいとばかりピンときませんが、キャベツの酢漬けというのは、ドイツの家庭でおなじみの、付け合せでよく出てくるサラダの材料。ドイツの国民的な食べ物として「ザワークラウト」というのがあって、これが何にでも付いてくる。

というか、ドイツの料理といえば、ソーセージとザワークラウトというのがほとんどで、アメリカや他のヨーロッパの国に言わせれば「ドイツの不味い料理、バリエーションの全然ない味気ない料理」の代名詞で、よくバカにするために「クラウト」は引き合いに出されます。

そんな感じで、ドイツのロックは最初バカにされてました。

「アイツらワンパターンなリズムを延々叩いて何が面白いんだろうね」

と、最初にCANを聴いて、いわゆるアメリカやイギリスのロックにあるようなアツさや激しさを求めていた人達は結構こんな感じで「ドイツのロック?大したことない。あんなのはキャベツの酢漬けだ」という、まぁレッテルだったんですが、世界は徐々にジャーマンロック特有のひんやりとした鋭い狂気、反復ビートが生み出す抗えないトランス感に侵食され、口々にこう言うようになります。

「クラウト(キャベツの酢漬け)美味いじゃないか!コレはヤバイ!ハマる!!いやむしろオレ朝晩クラウト食べねぇと落ち着かない!!!!」

と。

後半は冗談ですが、ともかくCANがデビューして、あちこちでライヴするようになってからというもの、それまで彼らを知らなかった人達の中で、中毒のようにヤラレるロック好きの若者が確実に増えたであろうことは間違いありません。




【収録曲】
1.Paperhouse
2.Mushroom
3.Oh Yeah
4.Halleluhwah
5.Aumgn
6.eking O.
7.Bring Me Coffee or Tea

で、そんなCANは「モンスター・ムービー」の後、映画音楽のアルバムをリリースし、勢いを付けてバンドの正式なフル・アルバムとしては2枚目の作品「タゴ・マゴ」をリリースします。

実はこのアルバムをリリースする前、ヴォーカリストのマルコム・ムーニーが精神を病んでしまって、バンドを脱退してしまいます。

マルコムは元々ヴォーカリストではなく、前衛芸術家(彫刻とパフォーマンス)です。

その音楽的には危うい領域を大胆に飛び抜けながらジリジリと緊張感を高めてゆくヴォーカルには、確かにいわゆるロックシンガーとは決定的な何かが違う、独自の個性と味わいがありました。

バンドにとっては非常に痛手であり、当然「フツーの音楽はやりたくない」CANのメンバー達は大いに悩んだと思います。

CANは早速、この素晴らしい表現力の持ち主の抜けた大きな穴を埋めるべく、オーディションを行いますが「上手く歌えてしまう」ため、ヴォーカリストはなかなか決まりません。

そんなある日、ミュンヘンの街で、CANのメンバー達は「コイツだ!!」と思う人物と出会います。

路上で満足に弾けないギターを掻き鳴らしながら、何語か分からない支離滅裂な言葉で唄い、奇妙キテレツなパフォーマンスを繰り広げるその東洋人は、世界各国を特にこれといった目的もなく、そ土地土地の金持ちや物好き達に衣食住の世話になりながら旅をしているヒッピーであると、CANのメンバー達に語りました。

「君はどこかで音楽教育を受けたことがあるのか?」

「いや、ないよ。勉強とかめんどくさいし」

「ミュージシャンとしてやっていこうと思ったことは?それとも何か絵画とか演劇とか、そういう表現活動で生計を立てようと思ってるの?」

「うぅ〜ん、どっちでもいい。旅しながら自由にやりたいだけだよ」

「ところで名前は?」

「鈴木ダメ夫」

「??」

「あー”ダメオ”が発音できないんだね、じゃあ”ダモ”ね、オレの名前はダモ鈴木。オーケー?」

「オーケー!君、俺達のバンドで歌ってくれ!」

「いいよー」


これがCANと「この人あり」と言われることになる天性のクラウトロッカー、ダモ鈴木との運命の出会いとなりました。

さて、ダモ鈴木という、自由で柔軟な感性と無限ともいえる表現の引き出しを持つパフォーマーを得たCANの楽曲は、粗削りでパンキッシュなカッコ良さに溢れた「モンスター・ムービー」からグッと進化しております。

相変わらずリズムマシーンのように正確なビート(変拍子ぶっこんでもマシーンっぽさが崩れないってまったくどんなリズム感だよ!)を刻むドラムにねじれまくったギターとキーボード、ヴァイオリンの音は、ロックバンドらしい起承転結と、どこに着地するか分からない即興演奏ならではの混沌の両方に磨きをかけ、世界の常識何するものぞとばかりに走って飛んで、歪んでうねっております。

で、その素晴らしいカオスに新ヴォーカルのダモ鈴木はどう対処しているかというと・・・。


まるでその混沌が「当たり前の音楽」とばかりに、声も節回しも変幻自在に変えながら、ロック、ファンク、エスニック、フリー・インプロヴィゼーションがくんずほぐれつで絡み合う楽曲で楽しみながら、爽やかに発狂しておるのです。

1曲目の「Paperhouse」なんか、結構マトモなバラードっぽい曲なんですよ。これ聴いて「え?カンって案外マトモじゃん、ちゃんとしたロックバンドじゃん」と思うのですが、3曲目の「Oh Yeah」辺りから日本語の歌詞(深過ぎて意味がわからん)で唄い、次の18分越えの「Halleluhwah」から一気にサイケな扉が開きます。

もうなんつうか、CANの場合はアヴァンギャルドで不穏きわまりないんですけど、それが嘘臭くならないし、大袈裟にも思えない。楽曲の中には「叫び」「逸脱」もふんだんに散りばめられているのに、何かポップで、至福のトリップ感が全体を覆っているのです。

ね、訳がわからないでしょう。まだ聴いたことない人はぜひCANを聴いてごらんなさい。



もっと訳がわからなくなって意味不明な多幸感に脳の髄までやられてしまいますから。



”CAN(カン)関連記事”





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

ロールケーキで恵方巻き

押忍、節分です。

昔はそんなこと全然聞かなかったのですが「恵方巻き」というのがいつの間にか全国区になっておるようです。

節分の日に、その年の吉方位を向いて巻き寿司を食べると一年間幸せになる。

と。

なるほど!

で、いつの間にかロールケーキでそれをやっちゃおうという「恵方巻きロール」なるものが出てきました。



アタシは断然こっち♪

甘いもの食べると幸せになる

これが人間の本能ですな♪


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき、小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする