ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2017年02月06日

CAN タゴマゴ

887.jpg

CAN/タゴマゴ

1969年、アルバム「モンスター・ムービー」で鮮烈なデビューを果たしたCAN(カン)。

その独創的かつ聴く者をサイケデリックの深淵に引きずり込む強力な磁場を持つ音楽性は、デビューするやいなや世界中で大ブレイク、その人気は海を越えてアメリカやイギリスのロック・ヒットを凌駕する勢いでチャートを急上昇し

・・・とはなりませんでしたが、アメリカやイギリスのロックフリーク達の間で

「何か・・・ドイツにヤバイのがいるらしいな。何かカンとかいうバンドらしい」

と、ヒソヒソ囁かれるぐらいの確実な知名度をモノにしました。

この頃彼らドイツのロックバンド達のサウンドは、その極めて硬質で「ミニマル」や「トランス」をキーワードとして語られ易い音楽性ゆえに、まず英米メディアから「クラウト・ロック」と呼ばれるようになります。

クラウトロック?何じゃそれ?

という方のために解説致しますと、クラウトというのはキャベツの酢漬けであります。

日本人にはそういわれても何のことかちょいとばかりピンときませんが、キャベツの酢漬けというのは、ドイツの家庭でおなじみの、付け合せでよく出てくるサラダの材料。ドイツの国民的な食べ物として「ザワークラウト」というのがあって、これが何にでも付いてくる。

というか、ドイツの料理といえば、ソーセージとザワークラウトというのがほとんどで、アメリカや他のヨーロッパの国に言わせれば「ドイツの不味い料理、バリエーションの全然ない味気ない料理」の代名詞で、よくバカにするために「クラウト」は引き合いに出されます。

そんな感じで、ドイツのロックは最初バカにされてました。

「アイツらワンパターンなリズムを延々叩いて何が面白いんだろうね」

と、最初にCANを聴いて、いわゆるアメリカやイギリスのロックにあるようなアツさや激しさを求めていた人達は結構こんな感じで「ドイツのロック?大したことない。あんなのはキャベツの酢漬けだ」という、まぁレッテルだったんですが、世界は徐々にジャーマンロック特有のひんやりとした鋭い狂気、反復ビートが生み出す抗えないトランス感に侵食され、口々にこう言うようになります。

「クラウト(キャベツの酢漬け)美味いじゃないか!コレはヤバイ!ハマる!!いやむしろオレ朝晩クラウト食べねぇと落ち着かない!!!!」

と。

後半は冗談ですが、ともかくCANがデビューして、あちこちでライヴするようになってからというもの、それまで彼らを知らなかった人達の中で、中毒のようにヤラレるロック好きの若者が確実に増えたであろうことは間違いありません。




【収録曲】
1.Paperhouse
2.Mushroom
3.Oh Yeah
4.Halleluhwah
5.Aumgn
6.eking O.
7.Bring Me Coffee or Tea

で、そんなCANは「モンスター・ムービー」の後、映画音楽のアルバムをリリースし、勢いを付けてバンドの正式なフル・アルバムとしては2枚目の作品「タゴ・マゴ」をリリースします。

実はこのアルバムをリリースする前、ヴォーカリストのマルコム・ムーニーが精神を病んでしまって、バンドを脱退してしまいます。

マルコムは元々ヴォーカリストではなく、前衛芸術家(彫刻とパフォーマンス)です。

その音楽的には危うい領域を大胆に飛び抜けながらジリジリと緊張感を高めてゆくヴォーカルには、確かにいわゆるロックシンガーとは決定的な何かが違う、独自の個性と味わいがありました。

バンドにとっては非常に痛手であり、当然「フツーの音楽はやりたくない」CANのメンバー達は大いに悩んだと思います。

CANは早速、この素晴らしい表現力の持ち主の抜けた大きな穴を埋めるべく、オーディションを行いますが「上手く歌えてしまう」ため、ヴォーカリストはなかなか決まりません。

そんなある日、ミュンヘンの街で、CANのメンバー達は「コイツだ!!」と思う人物と出会います。

路上で満足に弾けないギターを掻き鳴らしながら、何語か分からない支離滅裂な言葉で唄い、奇妙キテレツなパフォーマンスを繰り広げるその東洋人は、世界各国を特にこれといった目的もなく、そ土地土地の金持ちや物好き達に衣食住の世話になりながら旅をしているヒッピーであると、CANのメンバー達に語りました。

「君はどこかで音楽教育を受けたことがあるのか?」

「いや、ないよ。勉強とかめんどくさいし」

「ミュージシャンとしてやっていこうと思ったことは?それとも何か絵画とか演劇とか、そういう表現活動で生計を立てようと思ってるの?」

「うぅ〜ん、どっちでもいい。旅しながら自由にやりたいだけだよ」

「ところで名前は?」

「鈴木ダメ夫」

「??」

「あー”ダメオ”が発音できないんだね、じゃあ”ダモ”ね、オレの名前はダモ鈴木。オーケー?」

「オーケー!君、俺達のバンドで歌ってくれ!」

「いいよー」


これがCANと「この人あり」と言われることになる天性のクラウトロッカー、ダモ鈴木との運命の出会いとなりました。

さて、ダモ鈴木という、自由で柔軟な感性と無限ともいえる表現の引き出しを持つパフォーマーを得たCANの楽曲は、粗削りでパンキッシュなカッコ良さに溢れた「モンスター・ムービー」からグッと進化しております。

相変わらずリズムマシーンのように正確なビート(変拍子ぶっこんでもマシーンっぽさが崩れないってまったくどんなリズム感だよ!)を刻むドラムにねじれまくったギターとキーボード、ヴァイオリンの音は、ロックバンドらしい起承転結と、どこに着地するか分からない即興演奏ならではの混沌の両方に磨きをかけ、世界の常識何するものぞとばかりに走って飛んで、歪んでうねっております。

で、その素晴らしいカオスに新ヴォーカルのダモ鈴木はどう対処しているかというと・・・。


まるでその混沌が「当たり前の音楽」とばかりに、声も節回しも変幻自在に変えながら、ロック、ファンク、エスニック、フリー・インプロヴィゼーションがくんずほぐれつで絡み合う楽曲で楽しみながら、爽やかに発狂しておるのです。

1曲目の「Paperhouse」なんか、結構マトモなバラードっぽい曲なんですよ。これ聴いて「え?カンって案外マトモじゃん、ちゃんとしたロックバンドじゃん」と思うのですが、3曲目の「Oh Yeah」辺りから日本語の歌詞(深過ぎて意味がわからん)で唄い、次の18分越えの「Halleluhwah」から一気にサイケな扉が開きます。

もうなんつうか、CANの場合はアヴァンギャルドで不穏きわまりないんですけど、それが嘘臭くならないし、大袈裟にも思えない。楽曲の中には「叫び」「逸脱」もふんだんに散りばめられているのに、何かポップで、至福のトリップ感が全体を覆っているのです。

ね、訳がわからないでしょう。まだ聴いたことない人はぜひCANを聴いてごらんなさい。



もっと訳がわからなくなって意味不明な多幸感に脳の髄までやられてしまいますから。



”CAN(カン)関連記事”





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

ロールケーキで恵方巻き

押忍、節分です。

昔はそんなこと全然聞かなかったのですが「恵方巻き」というのがいつの間にか全国区になっておるようです。

節分の日に、その年の吉方位を向いて巻き寿司を食べると一年間幸せになる。

と。

なるほど!

で、いつの間にかロールケーキでそれをやっちゃおうという「恵方巻きロール」なるものが出てきました。



アタシは断然こっち♪

甘いもの食べると幸せになる

これが人間の本能ですな♪


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき、小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

CAN モンスター・ムービー

5.jpg

CAN/モンスター・ムービー


つい先日ツイッターで「1969年の音楽でオススメないですか?」と、アタシにナイスな質問がありました。

質問してくれたのは、学生時代はもうサウンズパルの大常連で、今は東京でクウチュウ戦というイカシたプログレッシヴ変態ロックバンドをやっている西平由美子君だったのですが、これの質問でアタシの中で、何かこう「ビビビ!」とクるものがあったんです。

いや、だってほれ、1969年ですよ「ロックな年」の語呂合わせでおなじみで、実際にレッド・ツェッペリンのファーストだったり、キング・クリムゾンの「クリムゾン・キングの宮殿」だったり、オールマン・ブラザーズやザ・バンド、ブラインド・フェイスのデビュー作。

ビートルズは「アビー・ロード」、ストーンズは「レット・イット・ブリード」キャプテン・ビーフハートの「トラウト・マスク・レプリカ」や、フランク・ザッパ師の「ホット・ラッツ」も確かそーだったかもしんねー。

で、ロックだけじゃなくて、ジャズではマイルス・デイヴィスが「イン・ア・サイレント・ウェイ」と「ビチェズ・ブリュー」でジャズのエレクトリックを高らかに宣言して、ロックへの対抗意識の青い炎をメラメラと燃やしていた丁度その時期。

他にもソウルだったりサイケだったり、色々と1969年の名盤というのはあるんですが、ホントひとつひとつ取り上げてたらキリがないぐらいなんです。

「このシーンが盛り上がった」じゃない、どのシーンのどのミュージシャンやバンドも「他にない自分達だけのサウンド」を切り開くのに必死になって、結果ジャンルを超えて突き抜けた音同士が触発され合い、凄まじい時代を作っておったのだなと「69年」のことを考えると改めて驚愕致します。

で、この年の音楽のすごいところは、アメリカやイギリスのメジャーな国のメジャーな部分だけじゃなくて、それ以外の国でも音楽が同時多発的に全く独自の進化を見せ始めたこと。

「それ以外の国」

というのは、その頃のいわゆる西側諸国。

具体的に言うと日本、ドイツ(西ドイツ)、イタリア、フランスなどです。

特に60年代に、アメリカから大量のジャズ・ミュージシャンの移住を受け入れたドイツとフランス。この両国では、十代の頃ジャズの洗礼を受けた若者達が、後になってからロックバンドを始めるという、一風変わった流れが生まれておりました。

「ジャズ的なビートの実験と、インプロヴィゼーション(即興演奏)をロックに融合させた音楽」

といえば、イギリスではキング・クリムゾンやソフト・マシーンといったバンドが既にシーンを賑わせておりましたが、フランスでは1969年に大のコルトレーン・フリークであるクリスチャンヴァンテという青年が、イタリア放浪中に”啓示を受けて”マグマという凄まじいジャズ・ロック・バンドを結成。そしてドイツでは、CAN(カン)そしてグル・グル、アモン・デュール、タンジェリン・ドリーム、アシュ・ラ・テンペルとかいうバンド達が登場します。

これが、後に「プログレッシブ・ロック」と呼ばれる独特のクロスオーヴァーかつ実験精神に富んだロックの成り立ちではあるんですが、ドイツだけが、どうにもオカシくて面白いんです。

どうにもオカシくて面白いので、いわゆる「プログレ」と名付けられた音楽の中でも、ドイツだけは「クラウトロック」とかいう独自の名称が付けられてたりしますが、今日は1969年リリースの、カンのデビュー・アルバム「モンスター・ムービー」を紹介しながら、そこんとこをちょっとお話していきます。




【収録曲
1.Father Cannot Yell
2.Mary, Mary So Contrary
3.Outside My Door
4.Yoo Doo Right


CAN(カン)が結成されたのは1968年。キース・ジャレットのライヴ盤でおなじみのドイツはケルンという町で、クラシック/現代音楽の理論をみっちり学んだイルミン・シュミット(キーボード)、ホルガー・シューカイ(ベース)と、結成時には既にジャズ・ドラマーとして名を馳せていたヤキ・リーヴェツァイト、ホルガーの親友で、現代音楽や実験音楽を学ぶ傍ら、ロックやソウルなどを熱心に聴いていたミヒャエル・カローリ(ギター、ヴァイオリン)、そしてアメリカ人の実験音楽家、デヴィッド・ジョンソンで結成。

当初は実験色の濃いインストゥルメンタルを志向していたようですが、デヴィッド・ジョンソンがデビュー前に脱退し、ベトナム戦争の徴兵を拒否してドイツに逃れてきた黒人ヴォーカリストのマルコム・ムーニーが参加します。

おっと、ここでマルコムを"ヴォーカリスト"と書きましたが、これ違います。や、カンに加入してからのパートは紛れもなくヴォーカルなんですが、コノ人は元々彫刻家で、音楽に関しては全くの素人なんですよ。

しかし、カン(当時は別のバンド名を名乗っていた)のセッションに誘われて「じゃあまぁとりあえず・・・」と、楽器できないからマイク持って唄ってみたら、これがバンドの音にピッタリはまり、更にメンバー達に「俺達ロックでいこう!」と決意させ、あっという間に自主制作のアルバム「モンスター・ムービー」は出来上がり、遂に1969年、ロック・バンドCANが世に出現するに至ったのであります。

さて、2チャンネルの録音機材で作られたこのアルバム、サウンド自体は実に粗削りで、ローファイ極まりない味がありますが、内容はすこぶるハードで研ぎ澄まされた鋭さと緊張感がみなぎっております。

キレキレのサイケなギター、太いボトムのラインを冷静に刻みながら、時折感情の糸が切れたようにフリークアウトしてゆくベース、この機材で考え得る最大限の音響を駆使してノイズすら美しく聴かせるキーボード、夢遊病の錯乱みたいな狂気と熱気の境界を行き来するヴォーカル、そして何よりもまるでリズムマシーンのように、正確無比なビートを、他の音がどれだけ暴れても一切関知せずとばかりに送り続けるドラム。。。

パンキッシュに空間を突き刺して切り裂いてゆく@、意表を突いた甘めのバラードなんだけど、狂ったようなファズギターが暴れるA、クールでニヒルなB、そして20分を越える大フリークアウト、狼藉系大インプロヴィゼーション大会のC、たった4曲しか入ってませんが、収録時間・内容の濃さ共に通常の(て何だ!?)ロックアルバム2枚分ぐらいの聴き応えがあります。

「プログレ」といえば複雑な曲展開に変拍子、そして作り込まれたアレンジが盛り上げるドラマチックな楽曲というイメージがありますが、カンやこの時代のドイツの「プログレとも言われている」クラウト・ロックは、リズムの執拗な反復とサイケな上モノの暴走が、何事もなかったように同居していますので、やっばりカテゴライズ出来ない独特な音楽です。しかしハマります。

ジャーマン・クラウトロックは中毒性が高いので実にキケンな音楽なのであります。











(アルバム冒頭「Father Cannot Yell」すごく実験的・前衛的なサウンドですが、すごくパンクを感じませんか?)


”CAN(カン)関連記事”





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする