ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2017年02月16日

アメリカ”最強”のロック

20170217190433127.jpg


ハタチ前後の若い人達の間で、今90年代のロックがアツいみたいなんですよね。

詳しく訊くと

「何か、個性丸出しのバンドが多くて、サウンドもすげぇバンドの色が出てから」

「ロックが本当にアツかった時代の音楽。全然古く感じない」

んだとか。

いや素晴らしい!

そっかぁ、90年代リアルタイムだったアタシらは、ただもう夢中で好きなバンドの新譜を追っかけたり、次はどのバンドがクるとか、とにかくそんなだったから、ちゃんと冷静に聴けてなかったかもなぁ・・・とかちょっと思っちゃったり(汗)

そういえば、その時リアルタイムで読みまくっていたUSオルタナティブやインディーロックのガイドブック「アメリカ"最強"のロック」を、そんな話を聞いて再び棚から引っ張り出して読んでいたのでした。

あのね、この本はそれこそ「90年代のロックおもしれー!」と思ってる若い世代の人に強くオススメします。

ニルヴァーナ、ソニック・ユース、ダイナソーJr.、バッドホール・サーファーズ、メタリカ、ピクシーズなど、代表的なバンドの分かりやすい紹介に、群雄割拠だったインディーズレーベルも名盤ズラリのディスクガイドもかなりのボリュームで網羅してあります。



とっくの昔に絶版になった本だからプレミアかと思えばまだ↓の良心価格(注・2017年現在)


ラベル:ロック ガイド
posted by サウンズパル at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャッグスと夢と希望


  • 20170216000635965.jpg



「音楽は人間に夢と希望を与えるものです」

という言葉について思う時、私はいつもシャッグスのことを考えます。

アメリカの田舎の3人姉妹が、ステージパパのアイディアでバンドを結成し、カーペンターズなどのポピュラーソングを歌う

といえば聞こえはいいけど、この姉妹は楽器が下手というよりも演奏のセンスが、控え目に言って絶望的にないのです。

コードは弾けてなくて音はハズレまくっていてリズムはバラバラ。ハッキリ言って音楽的には

「よくこれでレコード出したな、いや、世に出しちゃいかん演奏だろこれ」

なのですが、彼女達は音楽が本当に好きで、心から楽しんでやっているのを聴くといつのまにか

「あぁ、音楽っていいな・・・」

になってしまうから不思議です。

いや、音楽ってそういうものだよね、と。





posted by サウンズパル at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき、小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする