2017年03月07日

メンフィス・ミニー フードゥー・レディ

5.jpg

メンフィス・ミニー/フードゥー・レディ
(ソニー・ミュージック)

カワイイ系の女の子がギターを持って自作の曲を唄うというのは、今やもう当たり前です。

我が国でも中島みゆき、藤圭子、椎名林檎、YUI、Miwaとか、いわゆる”シンガーソングライター”と呼ばれるジャンルでカッコ良くギターを持って唄う人は多く、このジャンル(?)の支持は40年ぐらい厚いものがありますが、こういった流れが出来たのって、もしかしたら戦後のフォーク・ブーム以降のことなんじゃないかと思います。

そのちょっと昔といえば「女性は歌を唄うかピアノを弾くものだ」という、まぁこれは古い時代の考え方なんで、そう目くじらを立てんで欲しいんですが、とにかく世界的にそういうのがあった。

戦前なんか女性アーティストのほとんどは、ヴォーカルかダンサーぐらいのもんで、例えばブルースの録音の一番古い年代になる1920年代なんかは、綺麗にドレスアップしたブルースウーマンが、楽器を演奏する野郎共を従えた”クラシック・ブルース”なるブルースがまず流行り「あぁ、ブルースってそういうもんだね」という認識が一般的で、ましてや女がギター弾くなんて考えられなかった。

あ、保守的な「女はどうこう」という考え方が色濃く残っていた戦前の話ですからね。

ところがそんな時代に、女だてらにカッコ良くギターを持って、いわゆるレコード向けのお上品な”クラシック・ブルース”ではない、パンチの効いたブルースを唄う人がおりました。

887.jpg


そのカコッコイイ姐さんが、本日ご紹介するメンフィス・ミニー。

これも今回ソニーから¥1080のスペシャル・プライスでリリースされた「ギター・レジェンド・シリーズ」からの再発なんですが、メンフィス・ミニーはまずはさておき、とにかくギターが上手いんです。

今回「戦前ブルースの単なるリイシューじゃなくて、ギター特集の一環としてメンフィス・ミニーの”フードゥー・レディが出るよ」という情報をキャッチしたときにアタシは

「ははぁ、流石ソニーさんはわかってらっしゃる。確かに戦前ブルースの”ギター名手”といえばたくさんいるけど、メンフィス・ミニーは文句ナシにその中の、しかもかなり上の方に入るもんね」

と、感心してムチウチになる60歩手前ぐらいまで激しく頷きました。

最初に聴いたのが19の時ですね。

小出斉さんの名著で「ブルースの世界」という本がありまして、コレ、初心者には丁度良いボリュームのガイドブックなんですけど、コレで「フードゥ・レディ」が紹介されてて

「む、コレはギターに関しての記述に何か力が入ってるぞ、小出斉さんもギタリストだから、コノ人がここまで絶賛するからには、単なるもの珍しさだけじゃなく、このメンフィス・ミニーって人は本格的に聴かせる実力派に違いない」

と、アタシもほれ、へたっぴぃですが一応ギターも弾きますので、その”楽器やる者の勘”みたいのが働いたんでしょう。すぐにCDを探して購入して聴きましたところ、その気風のいい唄いっぷりと、芯のあるギタープレイにすっかり魅了されました。



(ギター・レジェンド・シリーズ)



【収録曲】
1.DOWN IN THE ALLEY
2.HAS ANYONE SEEN MY MAN?
3.I HATE TO SEE THE SUN GO DOWN
4.ICE MAN (COME ON UP)
5.HOODOO LADY
6.I’M A BAD LUCK WOMAN
7.CAUGHT ME WRONG AGAIN
8.BLACK CAT BLUES
9.GOOD MORNING
10.MAN YOU WON’T GIVE ME NO MONEY
11.KEEP ON EATIN’
12.I’VE BEEN TREATED WRONG
13.GOOD BISCUITS
14.AIN’T NOUSE TRYIN’ TO TELL ON ME (I KNOW SOMETHING ON YOU)
15.MY BUTCHER MAN
16.MY STRANGE MAN
17.IF YOU SEE MY ROOSTER (PLEASE RUN HIM HOME)
18.MY BABY DON’T WANT ME NO MORE
19.PLEASE DON’T STOP HIM
20.I’M GOING DON’T YOU KNOW


これも偏見だったんですが「まぁ、ジャケットでギター持ってるけど、バックにはバンドがついてて、当然リードギター弾くような名手がいて、ミニーさんのギターは言っても唄に合わせてぶんちゃかやってる程度のもんだろう」と、アタシ完全にナメてたんです。

ところがどっこい、ミニーさんのブルースは、想像していた「何となくシティ・ブルース&和み系」のそれではなく、ブルースの泥臭さ、アクの強さも十分に感じられるけど、その演奏は実にしっかりしていて素人臭くない。

強いていえば”洗練されたカントリー・ブルース”或いは”泥臭さ絶妙なシティ・ブルース”とでも言える非常に個性的かつ媚びてない硬派なもの。

サウンドは、後半ちょっとだけバンド編成の録音があるものの、基本はサポートでギターやピアノ、ベース”だけ”を付けたものか弾き語り。ミニーさんのギターはどの曲でも”ザッザッザッ”としっかりとしたビートを親指で刻みながら、人差し指と中指でオブリガードを入れていくスタイルで、全編通してダテじゃないホンモノのギター・ピッカーぶりを披露してくれております。

特にタイトル曲「フードゥ・レディ」でのギターのザクザクぶりがいいですなぁ。固めの音で低音弦をガツガツ刻んでいるんですが、その規則正しいビートは途切れないしブレないし、楽曲はシティ・ブルース風ですが、そのノリにはやはり粘りのある南部のフィーリングが秘められております。

1900年前後(詳しい生年は不明)にルイジアナで生まれ、小さい頃からギターを持って唄っていたミニーさん。そのまま人口の多いメンフィスに流れて、そこで人気を博したかた”メンフィス・ミニー”。

人気も実力も確かだった彼女は、1930年代にはすぐに大都会シカゴに移住して、並み居る人気ブルースマン達と競い合って、その中で更に人気をかっさらっていたんだとか。

この”フードゥ・レディ”は、正にそんなミニーさんが、シカゴへやってきてすぐの頃から、最も勢いがあったとされる時期の音源をベストな選曲でまとめたものです。

洗練と泥臭さ、可憐さと逞しさが、どの曲どの演奏の中でも絶妙なバランスを取りながら渋い光沢を放っている彼女のブルースは、性別抜きにしても戦前ブルースという”人と違ってなんぼ”の世界の中でも一際個性的であります。




ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼岸島〜丸太エンターテイメント


漫画に疎いアタシに「彼岸島面白いよ」と、薦めてくれた友達がいたので、彼岸島読んでみました。

このお話は松本光司作。ザックリ言いますと「彼岸島という田舎の孤島で、日本軍の実験によって生み出された吸血鬼のボス(雅とかいうタキシードのイケメン)が、何十年かの時を経て復活。吸血鬼ウィルスによって感染した人間や邪鬼(オニ)と呼ばれる突然変異の凶暴なバケモノを使って島を支配した。その島の謎を明かすべく、主人公「明」が、冒険と戦いを繰り広げるというお話。

この漫画は「吸血鬼サバイバルホラー」というジャンルだそうで、今続編の「彼岸島 最後の47日間」から「彼岸島・・・48日後」とか、シリーズが展開してます。が、話自体はそんなに複雑でも難しくもなく、とりあえず主人公が苦戦しつつも吸血鬼や邪鬼をバタバタと倒していく単純明快なストーリーです。

最初見た時は、余りにもグロテスクな描写とか、吸血鬼の極悪非道ぶりとかに「おえっ」となってしまいましたが、ネットで「アレはギャグ漫画」と、色々ネタにされているという話を読み、そういう目線で見ると確かに・・・作者は多分大真面目なんでしょうが、思わず笑ってしまう箇所満載。

とりあえず最強の武器は

「丸太」

5.jpg


です。



posted by サウンズパル at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき、小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

ブッカ・ホワイト パーチマン・ファーム

4.jpg

ブッカ・ホワイト/パーチマン・ファーム
(ソニー・ミュージック)

皆さんこんばんは、本日もソニー・ミュージックによります気の狂った¥1080で古今の素晴らしいギター・ミュージックを聴こう!という最高の再発企画「ギター・レジェンド・シリーズ」からのセレクトでお送りいたします。

昨日はサン・ハウスの戦後録音ながらこれはもう弾き語りブルースの作品としては恐らく歴史上5指に入るであろう名盤であります「ファーザー・オブ・ザ・フォーク・ブルース」を紹介しました。

本日もブルース、しかもサン・ハウスに負けず劣らずに濃厚でインパクトのある名盤をということで、これもLP時代から「コレは聴いとかんといかんでしょ」と、多くのブルースファンをして言わしめたブッカ・ホワイトの「パーチマン・ファーム」でございます。

これもまずジャケットに惹かれますよね。ドカーンと超アップで貼られたイカツいおっさんの顔、吸い込まれるような深い眼差しと、よく見ると折れ曲がってる鼻など、何も書かれてはおりませんが、この人の恐らくは相当にハードなものであっただろう人生が刻まれたジャケットです。

ちなみにアタシ"おっさん"などと言ってますが、このデカデカと写っている男こそがブッカ・ホワイト。

大好きなブルースマンであり、サン・ハウス、チャーリー・パットン、ロバート・ジョンソンらと共にわが国では「デルタ・ブルース四天王」と特別に称えられておりますが、実際にブルースの大源流であるミシシッピ・デルタ・ブルースを代表する一人であり、独自のパーカッシブなデルタ・スタイルを情感豊かなボトルネック・スライドで発展させた凄い人です。

その後のモダン・ブルースへの影響という意味でも、イトコのB.B.キングが

「幼い頃にブッカ・ホワイトのスライドをよく聴いてたね、本当に素晴らしいニュアンスのギターだったよ。でも私にはどうしてもボトルネックを上手く使いこなすことが出来なくて、チョーキングであのニュアンを再現しようと思ったんだ」

と、証言しているように、戦後主流になったチョーキング/スクィーズ・ギター奏法に与えた影響もかなりデカいということも特筆に価することでしょう。

さてこのブッカ・ホワイト、1911年にミシシッピに生まれ、十代の頃にチャーリー・パットンの演奏を生で観て「オレもこの人のようになりたい」と憧れ、そうこうしているうちに早いうちからパットンからブルース・ギターの手ほどきを受けるようになっていたといいます。。

ブッカがブルースに目覚めた1920年代後半のアメリカは大不況のまっただ中、食うために音楽を選んだブッカもその例外ではなく、より多くの場所で稼ごうと、貨物列車を乗り継いでの旅を続け、その行動範囲は北部シカゴにまで及ぶ広いものでした。

行く先々の街でブルースを歌いながら、ブッカはその強い腕っぷしを買われてボクサーとしても活躍。その日暮らしの典型的な放浪のブルースマンなライフスタイルを生きていたブッカですが、そういう生活に付き物の酒や女に関わるトラブルにやはり彼も巻き込まれてしまい、1937年ミシシッピのとある道で、恨みを持って待ち伏せし、襲ってきた男の膝をとっさに銃で撃ち抜いて逮捕され、刑務所に服役することになります。

この時彼が収監されていたのが、南部で悪名の高かったパーチマン農場刑務所であります。

887.jpg


そう、本日ご紹介する「パーチマン・ファーム」は、実際にチェインギャングとして服役していた経験を基に作られた、刑務所暮らしと酒や女、旅にまつわるハードライフのブルースを渾身の魂を込めたブルースで綴った作品なのです。



(ギター・レジェンド・シリーズ)



【収録曲】
1.パインブラフ・アーカンソー
2.シェイク・エム・オン・ダウン
3.ブラック・トレイン・ブルース
4.ストレンジ・プレイス・ブルース
5.ホェン・キャン・アイ・チェンジ・マイ・クローズ?
6.スリーピー・マン・ブルース
7.パーチマン・ファーム・ブルース
8.グッド・ジン・ブルース
9.ハイ・フィーバー・ブルース
10.ディストリクト・アターニー・ブルース
11.フィクシン・トゥ・ダイ
12.アバディーン、ミシシッピー
13.ブッカズ・ジターバグ・スイング
14.スペシャル・ストリームライン


録音は収監前の1937年の2曲と釈放後の1940年の12曲。

言い伝えによると、ブッカはこの発砲障害事件で無期懲役の判決を言い渡されておりましたが、刑務所内で演奏を披露して恩赦を貰えて釈放されたとも、レコーディングのために脱獄したとも言われております。

また、戦後の”ブルースの生き字引”とも言われている放浪の9弦ギター弾き、ビッグ・ジョー・ウィリアムス

「ブッカが逮捕されたのは1937年だ。確かヴォカリオン・レコードがヤツの曲を2曲録音している時にミシシッピの保安官がスタジオに乗り込んで、ヤツぁそのまんま持って行かれたのよ」

と、インタビューで答えております。

その真偽はともかく、ここで聴かれるブッカのブルースは、言われなくても間違いなくハードライフの苦悩や葛藤が、身もすくむような緊張感で刻まれた、特別なリアリティの溢れるものです。

1曲目の「パインブラフ・アーカンソー」では「フゥゥエーゲラップザモーニン・・・」と、裏声から入ってくるんですが、激しく高音をかきむしるスライドと相俟って、コレが何度聴いても鳥肌が立ちます。

また、伝統的なミシシッピのダンス・ソング(ミシシッピ・フレッド・マクダッウェルやR.L.バーンサイドも唄ってる)「シェイク・エム・オン・ダウン」も、軽快なアフタービートながら、どこか重くやるせない情感があります。

ブッカの”ミシシッピ・デルタ・スタイル”は、彼が多大な影響を受けたチャーリー・パットンやサン・ハウスから、ラフで荒々しいボトルネック奏法と、強靭なビートのキレは受け継いでおりますが、よくよく聴くとそのギターはとても繊細で、感情変化の微妙な”揺れ”をも、ボトルネックのちょっとしたフレーズの小技や余韻が捉えて表現しているようであります。

60年代に再発見されて以降、音源も映像もたくさん残っておりますが、戦後は豪快な味わいが増した感がありますので、本作での荒々しさと繊細さが独特の緊張感の中で混ざり合った演奏というのは、他で味わえない独自のものだと思います。

いずれにせよミシシッピ云々はこの際関係なく、戦前に残されたブルースすべての音源の中でも特異なリアリティに溢れたブッカ・ホワイトの「パーチマン・ファーム」。これは全てのブルース好きにサラッとでも耳を傾けて頂きたい珠玉の傑作です。

うん、全然”サラッと”は聴けないとは思いますが。。。




”ブッカ・ホワイト”関連記事

ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする