2017年04月21日

サニー・ランドレス サウス・オブ T-10

4.jpg
サニー・ランドレス/サウス・オブ T-10
(ソニー・ミュージック)

はい、先月からソニー・ミュージックが内容豊富&お値段手頃の、ギター好きのブルース、ロック、ジャズファンにはたまらない企画であります「ギター・レジェンド・シリーズ」を皆様にご紹介してる訳なんですが、ここへきて

「アンタがブログに書いてた、あのギターなんとかシリーズ欲しいな」とか「ブログ読んだら盛り上がってきちゃってついついポチッちゃった」とか、嬉しい声をちょこちょこ聞いております。えぇ、実にありがたいもんです。

これはアタシもそうなんですが、ブログやホームページで好きなアーティストや、よく知ってるバンドの記事が載ってると、つい嬉しくなって読みふけってしまいます。でも、知らないアーティストの事が思いも寄らぬ魅力を込められて書いてある記事を読むと、その倍興奮します。

”知らない音楽を知る喜び”ってのが、音楽にはあって、それは色んな喜びの中で、結構上の方の上等なヤツなんじゃないかと思うんです。えぇ。なので、アタシは何よりも「このアーティストを知らない方々にその魅力をちょっとでもお届けする」を信条にブログ書いてます。

拙い記事ですが読んでもらって

「お、これはなかなか面白そうだぞ、いっちょ聴いてみるか」

と、なって頂ければ一番嬉しいですね。

はい、与太はこれぐらいにして、本日のギター名盤をご紹介しましょうね。

この”ギター・レジェンド・シリーズ”ブルースマンや、ブルースに濃い影響を受けたロックの名盤が多いよ、というのは、ほぼ毎回言っておりまして、今日ご紹介するのもある意味でジャンルで言えば「ブルースロック」と呼ばれるシロモノなんじゃないかなぁと思います。

アメリカは南部ミシシッピで生まれ、ほどなくしてルイジアナに移り住み、そこで同地のブルースやR&B、カントリーにケイジャン、ザディコといった良質なアメリカン・ルーツ・ミュ−ジックにもみくちゃになって育ったスライドギターの達人、サニー・ランドレスなんです。

「スライド」といえば、これはもうここをお読みの皆さんは、真っ先にブルースを連想するんじゃないかと思います。

それは確かにその通りで、ランドレスのギターも、その影響の源はブルースでありますが、彼の場合は1951年生まれという、青春時代には既にロックンロールの波は過ぎ、新しいロックの波が訪れていた頃。

つまり彼がデビューする前には、既にオールマン・ブラザーズを筆頭に

「スライドギターでカッコ良くロックする」

というスタイルが確立されていた時代です。

なので、ランドレスのスライドには、ブルースもありカントリーもあり、それらが全く新しいロックの感覚で、バランス良く表現されてるんですね。


(ギター・レジェンド・シリーズ)


【収録曲】
1.シューティング・フォー・ザ・ムーン
2.クリオール・エンジェル
3.ネイティヴ・ステップサン
4.オーファンズ・オブ・ザ・マザーランド
5.コンゴ・スクエア
6.ターニング・ホイール
7.サウス・オブ・I-10
8.ケイジャン・ワルツ
9.モジョ・ブギー
10.セ・ショウ
11.グレート・ガルフ・ウィンド
12.グレート・ガルフ・ウィンド・リプリーズ
13.ブルース・アタック *

*=ボーナストラック



今日皆さんにご紹介するのは、1995年リリースの、オリジナル・アルバムとしては4作目の「サウス・オブT-10です。

そもそもソロ・デビュー自体が1981年、31歳の頃と遅く、デビュー後もランドレスは寡作でした。

と言うよりも、実力の割にレコードの製作や販売のプロモーションに恵まれなかったと言えるでしょう。

セッション・マンとして数々の現場を渡り歩き、アラン・トゥーサンやエリック・クラプトン、ゲイトマウス・ブラウン、クリフトン・シェニエといった先輩ミュージシャン達からはその腕とセンスを買われていたにも関わらず、なかなか一般的な知名度が上がらないランドレスの状況に業を煮やしたクラプトンが

「彼ほど過小評価されてるギタリストはいないよ、彼は僕のヒーローなんだ」

と言った話は有名です。

さてさて、アルバムに話を戻しますが、このアルバムは、彼の代表作と言われるだけあって、そのトレードマークであります超絶なキレで迫るスライドが大大大活躍!

もうね、1曲目から意表を突いたハードロックな曲調なんですが、これがカッコイイの(!) で、マーク・ノップラー(イギリス生まれの凄腕カントリー系ギタリストなの)とかフィーチャリングした、気合いの入ったカントリー・ロックとか、レゲエ調とか、アコースティックの粘っこいブルースとか、アラン・トゥーサン参加のニューオーリンズR&Bとか、アルバムはそれこそ「アメリカ南部の万華鏡」状態ですが、どれだけ楽曲の幅が広くても"今風"をやってても、どの曲でも筋の通ったバリバリに弾きまくるスライドギターが真剣に歌ってるから、軽い感じもとっ散らかった感じもしません。

少年のような、どこか爽やかな声もいいけど、やはりギターですよギター。

ランドレスは「ビハインド・ザ・スライド」という、実に画期的なギター奏法を生み出したと言われてるんですが、それは何かと言われれば、ザックリと

「スライド弾きながら、上手く他の指で押さえてる音を繋いで、スライドの味はそのままに、まるで指で普通に押さえて弾いているかのようなスムースなフレージングを聴かせる奏法」


なんです。

うん、なんのこっちゃー!ですが、そんなこまけぇことは知らずとも、このアルバムに納められている

「すんげぇスライド」

聴けば

「なんかわからんけどそーゆーことかー!!」

と、納得出来ると思います。

個人的には王道サザンロックのB(インスト)とシャッフルビートでガンガン盛り上がるIが最高です。





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする