2017年05月02日

スティーヴィー・レイ・ヴォーンのライヴ

20170501235512680.jpg

本文が長くなりそうなので、ひとまず次回予告。

はい、スティーヴィー・レイ・ヴォーンです。

思えば中学の時に「アトランティック・ブルース・ギター」の一番最後に入ってたレイ・ヴォーンの「テキサス・フラッド」のライヴ・ヴァージョンを聴いたのが出会いでした。

自分でギターをいじるようになって、好きなギタリストたくさんいたけど、もしかしたらアタシの最初の最初のギターヒーローってレイ・ヴォーンかもしれない。

ブルースとかまだ全然分からなくて、でもわからないながらも確実に惹かれていたその時に、何度も何度も聴いていたのがこの「ライヴ・アライヴ」付き合いはもう25年になりますか。ガンズ聴いてはコレ聴いて、メタリカ聴いてはコレ聴いて、色んな音楽聴いてる合間に、とにかく挟んで聴いてましたね〜。

という訳でレビューおたのしみに。
posted by サウンズパル at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき、小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする