2017年05月06日

ザ・ジェフ・ヒーリー・バンド ヘル・トゥ・ペイ

5.jpg
ザ・ジェフ・ヒーリー・バンド/ヘル・トゥ・ペイ
(ソニー・ミュージック)


只今せっせと書いております、ソニーから出た税込み¥1080のイカした企画「ギター・レジェンド・シリーズ」お楽しみ頂けてますでしょうか。

このシリーズで再発されているものは、アタシ個人的にはもちろん、ブルースや70年代のロックにハマるきっかけとなったアルバムや、ギターにのめり込むきっかけとなったギタリストのアルバムが多く、もうきゃっきゃしながら記事を書いておりますが、もちろんそれは単なる思い出補正だけでなく、改めて聴き返しても、そのアーティストや作品の持つ魅力というものが何にも勝っているからだろうと思いますので、今正にギターを弾いている方がもしこのブログを読まれておられますならば「何かギターのカッコイイやつ聴きたいな〜」と思った時の参考になさってください。

さて、本日ここで紹介致しますのは、このシリーズの中でも最も異色のギタリストと言っていいでしょうカナダが生んだ盲目の天才、ジェフ・ヒーリーであります。

はい、最初で大風呂敷を広げて申し訳ないのですが、彼の演奏自体は実に正統派。ブルースに影響を受けたロックの王道そのものなんでございますが、異色というのはこの弾き方です↓

887.jpg

ギターを膝に置いて弾くこのスタイル

「おっ、スライドギターか!?」

と、思わせて、コレで速弾きからコード・カッティングまで、何でもこなすからぶっ飛びです。

ジェフがこの独特のスタイルになったのは、やはり盲目であるが故。

1歳の頃に癌を患い、視力を失ってしまった彼は、その後ギターを手にした時、全て耳コピの独学で覚えたといいます。

左手の親指まで広く使ったフィンガリングは、自然と自由度の高い独特の奏法を生み出し、地元カナダでバンド活動を始めてからは「ギターを膝に置いて物凄いテクニックで弾くヤツがいる!」と話題になり、22歳でデビュー。

このデビュー作がまた、適度に泥臭いブルース・ロックで最高なんですが、デビュー翌年の89年に、当時大人気だったパトリック・スウェイジ主演の映画(「ロードハウス肩〜孤独の街」)に「主人公の仲間で盲目のギタリスト」というまんまな役で出演したら、コレが結構な話題となって、アメリカで知られることとなりました。

でもって、その人気の余波を受けて1990年にリリースされたセカンド・アルバム「ヘル・トゥ・ペイ」を、本日はご紹介します。





(ギター・レジェンド・シリーズ)
【収録曲】
1.フル・サークル
2.アイ・ラブ・ユー・トゥー・マッチ
3.アイ・キャント・ゲット・マイ・ハンズ・オン・ユー
4.ハウ・ロング・キャン・ア・マン・ビー・ストロング
5.レット・イット・オール・ゴー
6.ヘル・トゥ・ペイ
7.ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
8.サムシング・トゥ・ホールド・オン・トゥ
9.ハウ・マッチ
10.ハイウェイ・オブ・ドリームス
11.ライフ・ビヨンド・ザ・スカイ


はい、デビュー・アルバムでは自身のルーツであるブルースやサザンロック・テイストのサウンドの中で、その縦横無尽なギターの醍醐味を楽しませてくれたジェフ・ヒーリー。

本作ではよりポップで音楽的な幅を拡げた彼の、セカンドにして激しさと、成熟すら感じさせる懐の深い曲と歌とギターの持ち味が花開いておりますね。


2曲目「アイ・ラヴ・ユー・トゥー・マッチ」では、この人が参加すること自体がもうギタリストとしての保証書みたいなもん、のマーク・ノップラーが、ビートルズのカヴァーであるところの7曲目「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」には何とジョージ・ハリスンが参加しており、それぞれ粋なギターに絡む粋なギターで華を添えております。

楽曲はブルース・スプリングスティーンっぽい、弾けたスタイルのアメリカン・ロックに、ブルース/カントリーの哀愁溢れるバラードです。

本人の声の渋さもあって、もうアルバム5枚ぐらい出した中堅ロックスターみたいな貫禄ですが、聴いて一発ですぐにそれと分かるアタック強めでどこまでも伸びてゆくやんちゃなギター故に、タダのポップなアルバムでは終わらせてくれません。

聞くところによるとジェフ・ヒーリーは、この時期のライヴではフェンダー・ジャパンの入門モデル"スクワイヤ"のギターに、アンプもマーシャルの、練習スタジオにあるJC、エフェクターに至っては、マルチエフェクター全盛のご時世(1990年)に、安物のコンパクト・エフェクターをポンポンと繋げただけのセッティングで、凄まじい音出してたんだとか・・・。

そうなんです、この人のプレイ聴いてると、ロックだからとかブルースだからとか、曲がポップだとかそんなことはどうでもよくて、どんな曲でもどんなアレンジでも、鋭くて芯のあるギターが「ギュイーン!」と鳴り響く快楽に、耳を奪われるって最高だなー!ってなるのです。



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする