2017年05月26日

ザ・クラッシュ ライヴ・クラッシュ

242013_1129612009_56large.jpg
ザ・クラッシュ/ライヴ・クラッシュ
(エピック・レコード)


さて皆様、ロックといえばライヴであります。

ライヴ盤には、スタジオで製作されたオリジナル・アルバムを聴いての「凄い!なるほど!カッコイイ!」という、割と段階のある感動とはまた違う

「凄い!凄い!凄い!」

という、もう言葉といえば一言で事足りるほどの純粋な感動が目一杯詰まっているものでございます。

まず、アタシの場合は、好きになったバンドがいて、ライヴ盤を出しているなら、もうまっしぐらにそれを買いに走ったものです。

音が悪いとか演奏が荒削りとかそんなもんはカンケーねぇ。田舎に住んどる俺は、このバンド観たいんだけど観れんのじゃ、だったらライヴ盤買って家で爆音で聴いて盛り上がるんじゃい! あん?このバンド、ライヴだと下手クソね、だと?だぁっとれ、ロックバンドが演奏上手くてどうする。ライヴぞ!?キャーキャー言わんかい。

と、全身全霊で聴きました。

えぇ、音がいいとか悪いとか、演奏が上手いとか下手とか、そんなことほんっっっとに関係ないんです。

スピーカーからガシガシ飛んでくるデカくて暴力的な音と、声とかエレキギターのジャカジャカとか、ほとんど聴こえないベースの潰れた音とか、ドラムのバカスカとか、そういうのに乗っかった”本気”を、こちらも本気で浴びるように聴く。ライヴ盤の醍醐味ってのはそんなもんです。そして敢えて乱暴に括りますがそれがロック。

えぇ、つまりぼく、パンクロックが好きなんです。

中学の頃に「カッコイイ!やべぇ!」とハマッて、これは絶対にライヴはもっと凄いだろうと思っていたのが、ザ・クラッシュ。

ところが、クラッシュのオフィシャルなライヴ盤は、当時一枚もリリースされておらず。

クラッシュは特に「ロンドン・コーリング」以降は作品のトータルなクオリティにこだわりたかったから、ライヴ盤という形での作品のリリースは好きではなかったとか、そういう理由を聞きました。

しかし、アタシが好きになった頃には既に解散して伝説のバンドになっていたクラッシュです。新作としてのライヴ盤のリリースなど、あぁもうないんだろうなぁと思って諦めて数年経った1999年に、事態はいきなり急転します。



【収録曲】
1.コンプリート・コントロール
2.ロンドンは燃えている!
3.ワッツ・マイ・ネーム
4.クラッシュ・シティ・ロッカーズ
5.出世のチャンス
6.ハマースミス宮殿の白人
7.キャピタル・レディオ
8.死の街
9.アイ・フォート・ザ・ロウ
10.ロンドン・コーリング
11.ハルマゲドン・タイム
12.トレイン・イン・ベイン
13.ブリクストンの銃
14.7人の偉人
15.権利主張
16.ステイ・オア・ゴー
17.ストレイト・トゥ・ヘル


何と、いきなりザ・クラッシュのライヴ・アルバム「ライヴ・クラッシュ」がリリースされました。

これこれ!

これなんですよ(!!)

中身に関してはもう何をか言わんやです。

音源はメジャー・デビューの翌年の78年から、オリジナル・メンバーでの最後のアルバム「コンバット・ロック」をリリースした82年までという幅広い時期のライヴを収録したものであります。

「ロンドン・コーリング」以降クラッシュは、トータルなロックバンドとして進化を重ねてきて、アルバムでもロックンロールにスカにレゲエにディスコにと、それこそあらゆる音楽を呑みこんで、それを知性と力強さの両方に満ちたアレンジで”聴かせる音”を創ってきたわけでありますが、ライヴでのクラッシュは、とにかく1音に気合いを入れた、場の空気をガツンと沸かせるパンクバンドなんです。

アルバムの中では最もごった煮感とヨコノリ感に溢れた「サンディニスタ!」からの曲も結構入ってますが、その辺の曲も初期の荒削りなナンバーと全く勢い、音色が一緒!ややっぱりクラッシュは最初から最後までパンクバンドだったんだよ!すげぇよ!






『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョー・ストラマー先輩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする