ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2017年06月10日

ソニー・クラーク・トリオ(BLUENOTE)

4.jpg
ソニー・クラーク・トリオ
(BLUENOTE/EMIミュージック)

さて、昨日の引き続き”そこはかとなく哀愁のピアニスト”ソニー・クラークであります。

でもって「ソニー・クラーク・トリオ」という全く同じタイトルでありながら、中身はまるで別物のブルーノート盤。

はい、実はこのアルバム、クラークの数少ない作品の中でも人気、というか「ジャズのピアノトリオ作」という意味においては我が国では屈指の人気盤で、今でもブルーノートのタイトルが再発されると決まって売り上げの上位が定位置という、ものすごく有名なアルバムなんですよ。

その昔お客さんと

「ジャズ入門用にどんなものをオススメすればいいか?」

というテーマで長々と話し込んだことがありまして、アタシはどっちかというと

「ん〜、聴いてもらって”あ、コレが好き!”ってのを選んでもらえばそれでいいんじゃないですかねぇ」

と、割とテキトーな感じだったのですが、お客さんの方が真剣に、色々と提案をしてくれました。

その結果

【初心者にオススメできるジャズ】あるいは【初めての人も安心して聴けるジャズ】の定義というものが出揃って、ザッとまとめればこんな感じになります。

・ジャケットがオシャレ 

「これは名盤」とか言われても中身知らなかったら、だからまずは持っていて嬉しくなるようなセンスのあるジャケットだと聴いてみようかな?って気持ちになる。

・やっぱりピアノもの

もちろんサックスとかトランペットとかビッグバンドとか、それぞれの魅力は奥深いものがあるけれど、まずは、じっくりも聴けるしサラッと流してもいいもの。とくればやっぱりジャズの基本のピアノ・トリオじゃなかろうかと。

・選曲は親しみのあるスタンダード系で

スタンダードというのは、色んな人が演奏している馴染みの曲ですな。たとえばテレビのCMなどでよく使われるような「あ、これは知ってる。どこかで聴いたことある」という曲がアルバムに入っていれば、それだけ親しみも湧くでしょう。

・それでいて軽くない、ある程度”重み”のある演奏

とはいうものの”オシャレ””聴きやすい””親しみやすい”だけでは飽きてしまいます。そこはジャズならではのディープさ、飽きのこない尽きせぬ味わいが、聴けば聴くほどジワッと滲んでくるものが長く愛されます。


そんなことを柄にもなくクソ真面目に論じておりましたら当然

「じゃあその条件を満たすアルバムってあるの?」

という話になりまして、はい、ここでびっくりしたのが、ほんの数秒で同時に

「ソニー・クラークのトリオ!」

と、いう結論が出ました。




【パーソネル】
ソニー・クラーク(P)
ポール・チェンバース(b)
フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)

【収録曲】
1.ビ・バップ
2.時さえ忘れて
3.トゥー・ベース・ヒット
4.タッズ・デライト
5.朝日のようにさわやかに
6.四月の思い出


嘘のような話ではありますがホントです。

実際にアタシもそのお客さんも、モダン・ジャズとかピアノ・トリオとかよーわからん聴き始めの時に


「このジャケ、よく見るしカッコイイんだけど有名なアルバムなのかな?じゃあ買ってみようか」

と購入して、すっかりその魅力にヤラレて夢中で聴いていたという共通の経験があります。

はい、クラークのピアノは、先日のTime盤にも書いたように「軽快にスイングしててもどこか哀しげに漂うムード」の魅力ですね。

こちらブルーノート盤でのメンバーは、ベースにポール・チェンバース、ドラムにフィリー・ジョー・ジョーンズ。

どちらもクラークとは同年代の若手ですが、2人は既にあのマイルス・デイヴィスのバンドのメンバーとして大いに名を上げていた時期で、人気実力共に一流のバックを付けて、いかにブルーノートがクラークを売り出したかったかも分かります。

で、このアルバムでのクラークは、粘りのある音色でとてもよく歌うチェンバースのベースと、シンバルが派手にガシガシ言うフィリー・ジョーのラウドなドラムに乗ってじんわり。

そう、普通ならよく動くベースと躍動感溢れる激しいドラムに乗せられるままに、ガンガンに弾きまくってしまいそうなものですが、クラークはスピードに乗りながらも、湿り気のある音色で、一音一音をじっくり的確なフレーズを選びに選んで弾いており、その”間”と”タメ”によってやっぱりこの人ならではの哀感が余韻となってジワジワ流れておるのです。

選曲は全部有名スタンダードです。

どの曲も素晴らしいのですが特に名演として名高いし、実際聴いて最高にカッコイイとアタシも思った「朝日のようにさわやかに」この”引きずるような”とよく言われるピアノ演奏に、モダン・ジャズのカッコイイところは良い感じに凝縮されとると思います。ハイ。

同じタイトルでも雰囲気とコンセプトの戦前違うBLUENOTEとTIMEのソニー・クラーク・トリオ。もちろんどちらが好きかは聴く人の好み次第ですが、やっぱり両方聴き比べてそれぞれの良さを皆さんには噛み締めて欲しいです。この人こそ噛めば噛むほど味の出る人ですよ。







”ソニー・クラーク”関連記事





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする