2017年06月29日

レニー・トリスターノ 鬼才トリスターノ

614+32CXcRL__CR0,0,500,500_UX128.jpg
レニー・トリスターノ/鬼才トリスターノ
(Atlantic/ワーナー・ミュージック)

さて、ここんとこずっとアート・ペッパーにハマッておりまして、いわゆる1950年代のクール・ジャズというものについて考えを巡らせておりますが、実はこの”クール・ジャズ”には、西海岸のオシャレで軽妙な(でもその奥底にはどうしようもなくやるせない詩情が渦巻いている)ものとは別に、東海岸はニューヨークで発生してその後のジャズ演奏に計り知れない影響を与えたクール・ジャズが存在するというお話を致しましょう。

今日ご紹介するのはピアニストで作曲家のレニー・トリスターノです。



4.jpg

カッコイイですよね〜。アタシは「ジャズ界の成田三樹夫」と呼んでおりますが、どの写真を見ても何というか、ジャユミュージシャンというよりは孤高の哲学者みたいなオーラを放っていて実に知的でカッコイイ。

えぇ、いつ紹介しよう、いつ紹介しようと思いつつも、今まで好き過ぎてなかなかレビューが書けなかった。そんぐらいの心の師匠(マスター)なんですね。その後のジャズ、いや、音楽全般に与えた影響は計り知れないけれども、その前にアタシに与えた影響が計り知れない。と、朝から訳の分からんことを言っておりましてごめんなさい、ここんとこは皆さんがサラッと流してくださると信じまして、話を続けます。

レニー・トリスターノは1919年にシカゴでイタリア移民の家に生まれまして、小さい頃に視力を失ってしまいますが、その頃から音楽に関する並ならぬ関心を持ち、クラシックのピアノ教室に通いながらピアノの演奏と音楽理論を習います。

彼が住んでいた頃のシカゴというのは、ニューオーリンズから北上してきた第一世代のジャズ・ミュージシャン達がニューヨークよりも大勢おりまして、まぁ移住者の黒人と移民のイタリア系は居住区もそれぞれ近いところにいたんですね。それでジャズをやる黒人やクレオールの連中が、何やら表で賑やかにやっておるけれどもあの音楽は何だろうな、ピアノで弾けないかしら、やってみようか。

とかレニー少年は思っているうちにジャズの魅力にドップリとハマったんでしょう。24歳の時にシカゴの音楽院を卒業してしばらく経ってから「今ジャズはニューヨークのが最先端だぜ」という話を聞いたのか、ニューヨークに進出して音楽活動を始めます。

大体のミュージシャンは、一攫千金を夢見て楽器片手にナイトクラブの世界へ飛び込むというのが常でありましたが、トリスターノの場合はちょっと変わっていて、自宅アパートに当時最先端の録音機材を揃えて音楽教室をやりながら黙々と理論と作曲の研究に没頭して、今で言う宅録というものを繰り返してたんです。

で、驚くべきことに、既に1940年代という時代に”無調”の音楽を演奏しております。

いわゆるメロディやコード、そしてリズムの「お約束」を取っ払ったスタイル、後の”フリー・ジャズ”と呼ばれる演奏を、セシル・テイラーやオーネット・コールマンが1950年代の後半です。トリスターノの場合は特にジャズのスタイルとしてではなく、彼自身造詣が深かった現代音楽のやり方を実験的にジャズと融合させて個人的に録音を試みていただけとはいえ、これは実に革新的なことであります。

更に彼は自宅にて、当時開発されたばかりのテープでもって多重録音もやっております。

えぇと、ポピュラー音楽で最初に多重録音を使用してヒットとなったのがパティ・ペイジの「テネシーワルツ」。これが1950年のことでありますから、もう凄いとしか言いようがありません。

もっとも、彼の場合は何か目新しいことをやって世間を沸かせようとしていたんじゃなくて、ただひたすらに自己の音楽を理想に近い形で創り上げるための手段としてのテクノロジーだったようです。だとしたらますます凄いですよね。


そんなトリスターノのアパートには、すぐに”新しい音楽”を生み出そうという意欲に溢れた若者達が出入りするようになりました。

リー・コニッツやビリー・バウアー、ロニー・ボール、ジェフ・モートンといった、後の彼の弟子達はもちろんでありましたが、中でも頻繁に訪れて音楽談義に花を咲かせていたのが、当時チャーリー・パーカーの相方トランペッターだったマイルス・デイヴィスと、アレンジャー志望だった若きギル・エヴァンスの2人です。

この時の会話の様子は残念ながら文献で詳しくまとめられてはおりませんが、コニッツやマイルス、ギルらが音楽理論的な質問を次々して、それにトリスターノがピアノによる実演を交えながらひとつひとつ的確に答えて行く類のものだったようです。

マイルスの証言としては、以下のようなものがありました。

『トリスターノのギグが終わった後な、何度かトリスターノに、彼がやっていたハーモニーについて質問したことがある。どれも独創的で、オレには彼が白いセロニアス・モンクに思えたよ』

トリスターノのひたすら知的で抑制の効いた奏法の中に無限の可能性を見たマイルスは、丁度ビ・バップの「とにかく速いソロ吹いて客を沸かせようぜ」という刹那的なノリに飽き飽きして、もっと鑑賞に向いたクールな音楽をやりたいと思っていたその矢先、自分がバンドを組んだらビ・バップから一歩も二歩も進んだ、クールで芸術性の高い音楽をやろうと決意したといいます。

マイルスやギル・エヴァンスがトリスターノから受けた影響の大きさや深さは、その後の彼らの作品、例えば「カインド・オブ・ブルー」や「スケッチ・オブ・スペイン」などを聴けば一目瞭然ですね。ちなみに「カインド・オブ・ブルー」に参加して印象的なサウンドの誕生に大きく貢献したビル・エヴァンスもトリスターノからは決定的ともいえるぐらいの影響を受けておりますし、マイルスが生み出したモード・ジャズと、その門下生であるウェイン・ショーターやハービー・ハンコックらが発展させた”新主流派”といわれる60年代の極めて知的でスタイリッシュなジャズにも、その横へ横へと独特の浮遊感を漂わせながら流れてゆくメロディや高度に計算されたアレンジには、どうしてもトリスターノの影を見てしまいます。






【パーソネル】
レニー・トリスターノ(p)
リー・コニッツ(as,D〜H)
ピーター・インド(d,@)
ジーン・ラミー(b,D〜H)
ジェフ・モートン(ds,@B)
アート・テイラー(ds,D〜H)

【収録曲】
1.ライン・アップ
2.レクイエム
3.ターキッシュ・マンボ
4.東32丁目
5.ジーズ・フーリッシュ・シングス
6.ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド
7.君がいたなら
8.ゴースト・オブ・ア・チャンス
9.君はわがすべて


とにかくもう後年のマイルス・デイヴィスから派生した様々なスタイルのジャズを聴いていると、それに関連してトリスターノのことをガンガン語りたくなるのですが、そこらへんの検証や「お、こういうところがトリスターノの影響だな!」という発見の楽しみは、半分皆さんに委ねようと思います。

もっと語れば高柳昌行とかエイフェックス・ツインとかエマーソン・レイク&パーマーとかクラフトワークとかジョー・サトリアーニとか本当に色々と出て来るんですが、そこまで語れば本当に収集が付かなくなります。

とにかくレニー・トリスターノがいなかったら、ジャズ、フュージョン、プログレ、テクノ、この4つの音楽はなかったか、あっても全然別物のようになっていただろうということは断言できます。厳しい姿勢でジャズからポップな要素をどんどん削ぎ落とした演奏を繰り広げていた人なのでリアルタイムでバカ売れはしませんでしたが、これだけ売れないで凄まじい影響を与えた音楽家というのはアタシは他に知りません。しつこいようですが皆さんには「それぐらい凄い人だったんだ」と思っていただけると本当に幸いです。

で、アルバム「鬼才トリスターノ」は、1955年に満を持してリリースされた、トリスターノの公式なデビュー作にして、彼の孤高の極みともいえる芸術表現がピアノを前面に押し出したスタジオ録音と、コニッツのサックス入りのライヴ録音の両方でじっくりと味わうことが出来る、まずは究極の一枚です。

というよりは、一切妥協をしなかった厳しい人だったためにレコード会社にも完璧を求めて喧嘩しちゃったんですね。だからメジャーレーベルから出されたちゃんとしたアルバムはコレと2作目だけのたった2枚なんですね。

前半、まるでリズムマシーンのように正確で鋭く4ビートを刻むドラムとベースに乗って、まるで”ジャズ化したバッハ”の如く鋭利な音階をヘヴィなトーンで鍵盤に叩き付けるピアノ。え?ジャズっていえばズラしたり伸ばしたりしてイェ〜イな感じを出す音楽だよね?何このピッチリとスキのないグルーヴは。え?何これ凄い、こんだけ無駄のない遊びのないノリなのに、何だか奥底からジワジワと揺さぶるものがある!ありえない!凄い!!

と、最初聴いた時思いました。

後で知ったんですが、このレコーディングではトリスターノがピアノを弾いて、その上にリズムを被せるオーバーダビングや、テープの回転数をいじってピシャッとならした、今でいうリミックスみたいなことをしておるんです。いや、言われなきゃ気付かない。それぐらい演奏が凄いんです演奏が。

キッチリ正しい演奏なのに、そこに乗っけられた情念の質量がハンパない。あの〜、正しく狂ってるって正にこんなののことを言うんだなと思います。

で、後半の演奏はホーン入り&お客さん入りのライヴといこともあって、よく知られたスタンダードを中心に、幾分柔らかで気品豊かに聴かせる演奏です。

前半の壮絶を先に浴びてますから、最初は「ん?意外と普通に綺麗なジャズだ」と思いましたが、軽やかな演奏のバッキングでかなりぶっ飛んだ和音を「ガコォ!」と食らわせたり、ソロ取ってるコニッツのフレーズに不思議な絡み方をしたり、で、その軽やかに吹いているはずのコニッツのアルトも、よく聴くと美しい展開のそこかしこに不穏な「間」や「横への逸脱」があったりして、後から後からジワジワくるんです。

聴いていて決して楽しい音楽ではありませんが、確実に人間の奥底に作用して不思議な中毒性を持つ、レニー・トリスターノのクール・ジャズは、聴けば聴くほどアタシ達を無限の可能性が広がる闇に連れてってくれます。ホントにねぇ、凄いんですよ。



”レニー・トリスターノ”関連記事




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする