2017年07月14日

トゥーツ&ザ・メイタルズ Funky Kingston

5.jpg

Toots & The Maytals / Funky Kingston


(Island)


いやぁ夏ですねぇ

とか何とか言っておりますが、もうね、毎日暑くて「夏ですねぇ」ぐらいしか言うことがないのですよ。


気合いを入れて何かガッツリしたレビューを書かねばと、もう毎日毎日思っておりますが、いかんせん暑さで頭が回りません。こんな時はルーツ・レゲエと呼ばれる初期レゲエなんかをぼへ〜っと過ごすのが一番です。

レゲエといえば陽気で明るいジャマイカの音楽として、日本でも何度かブームが起こり、その都度多くのファン、特に刺激を求める若い人たちを虜にしてきました。

特に1990年代後半から2000年代といえば、握りこぶしみたいなガッコンガッコンなビートに激しく煽るヴォーカルがメインのダンスホール・レゲエが大流行しました。

そう、レゲエというのは楽しい時もそうでない時も、ジャマイカの人達の心を何となくウキウキさせて自然と腰を降らせ、体を揺さぶって踊らせる音楽でありました。

そういう意味でレゲエはアメリカのソウルやファンク、更にそこから進化して生まれたヒップホップと常にリンクしながら、ちょいと海を越えた所で”同じ先祖を持つ音楽”として共に刺激し合ってどんどん発展していったと言えるでしょう。

ジャマイカという国は、地図でいえばアメリカの右下にあるカリブ海に浮かぶ島国です。

色々と歴史があって、この国はアメリカが独立した後もイギリスの植民地。そして、住民のほとんどは、アフリカから奴隷として連れて来られた黒人の子孫でありました。

つまりアメリカの黒人とジャマイカの人達は、元々同じご先祖様を持ついわば同胞です。

カリブ海の島国には、こういった国がいくつもありますが、共に英語を公用語とする国同士、ジャマイカの人々はアメリカの文化には非常に感心を持っておりましたし、距離的に近いことから、アメリカで放送されていたラジオ番組が、何となくジャマイカで聴けちゃったりしたんですね。

40年代から50年代には、ジャズやジャンプ・ミュージックを聴いてた人達が「よし、じゃあ俺らも」と、サックスや管楽器を手にしてスカが生まれました。

同様にR&Bやソウルを聴いて、歌モノの音楽を作ろうぜと張り切っていた人達が、ロックステディというジャマイカの元祖ポップスを、その影響から生み出しました。

いずれも今のレゲエの大切なルーツになっている音楽です。

で、70年代には皆さんご存知のボブ・マーリィーが、ジャマイカの土着宗教(というか思想)であるラスタファリズムの色を強く押し出して(ドレッドヘアとかマリファナとか、あと政治的/宗教的な色合いの濃い歌詞とかですね)、その神がかりなパフォーマンスで世界中の、特にアメリカやイギリスのロック・ミュージシャン達に「うぉぉすげえ!ジャマイカのアレ何ていうの!?レゲエ??グレイトだぜ!」と大きな衝撃を与え、以後レゲエは単なるジャマイカの1ローカル音楽ではなくて、世界のポピュラー音楽になってゆくのでありますが、はい、皆さんここで思うでしょう

「じゃあボブ・マーリィーが出てくる前のレゲエはどんなだったの?」

と。

はい、そうなんですそうなんです、そうなんですよ。

レゲエという音楽は、確かにボブ・マーリィーという天才が世に広く知らしめましたが、ボブだって元々はウェイラーズというR&Bやソウルの影響モロなロックステディのヴォーカル・グループのシンガーとしてデビューしておりますし、ボブに影響を与えた偉大なレゲエ・ミュージシャンは世界が知らないだけでジャマイカにはたくさんおったわけです。

その中の一人が、トゥーツ・ヒバート率いる3人組”トゥーツ&ザ・メイタルズ”。1960年代のスカ/ロック・ステディの時代から活躍し、サム・クックやオーティス・レディング、そして俺達のジェイムス・ブラウンといったアメリカン・ソウルのエッセンスをロックステディに多く取り込みながら「独自の踊れるジャマイカンビート」にそのスピリッツを込めて”レゲエ”という音楽の基礎を作り上げた一人であります。



【収録曲】
1.Sit Right Down
2.Pomp and Pride
3.Louie, Louie
4.I Can't Believe
5.Redemption Song
6.Daddy's Home
7.Funky Kingston
8.It Was Written Down (


アタシもレゲエといえばボブ・マーリィーやその他ダブ系アーティスト、それからブジュ・バントンぐらいしか知らなかった時大先輩から

「これはいいよ、ジャマイカのジェイムス・ブラウンだよ」

とオススメされて知った人です。

ジャマイカ独自のダンスビートといえば、ん、ちゃ♪ ん、ちゃ♪ のゆったりした裏打ちビートです。

ギター、ドラム、ベース、そして天国のようなオルガンが大きくうねる心地良いグルーヴを回し、トゥーツの、まるでアメリカのソウル・シンガーのようなパワフルで不思議な慈愛に満ちた、まるでJBというよりオーティス・レディングのような、魂のシャウトがひたすら染みます。

1976年のアルバムですから、弟分のようなボブ・マーリィーも既にブレイクしてて、世間でも「あぁ、レゲエってこんな感じよね」というイメージが固まりつつあったこの時代に

「うん、そうだけどオレはこういうのが好きなんだよね♪」

と、初期レゲエの、あのソウルやR&Bを聴きまくってそのニュアンスをそのまんまレコードに刻んでいた人達独特の、もうレゲエとかジャマイカとかそういうもの通り越してひたすらに親しみ易い音楽愛に溢れているこのアルバムを聴くと、夏の暑いのとかそういうのどーでもよくなりますね。

タイトル曲の「ファンキー・キングストン」なんてもうモロJBのセックス・マシーンで、ソウル好きとしてもニヤニヤしちまいますよ♪







『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | レゲエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

エルヴィス・プレスリー登場

4.jpg
エルヴィス・プレスリー登場

(RCA)

エルヴィス・プレスリーといえば、言わずと知れた白人ロックンローラーの最初で、それまでポピュラーかカントリー歌手しかいなかったシーンにブルースやR&Bからの大きな影響を流し込み、つまりはこの人がいなければロックは生まれても若者達の間で今も聴き続けられるような音楽にはなっていなかっただろうと。

つまり凄い人です。

アタシもパンクロックから始まって、ブルース、ジャズ、その他もろもろのブラック・ミュージックと色々聴いてふとエルヴィスの巨大な功績を思い知ることがよくあります。


しかし!

しかしですよ皆さん。

エルヴィス・プレスリーって、今最も

「有名だけどちゃんと聴かれていないミュージシャン」

の筆頭だとアタシ思うんですね。

エルヴィス・プレスリーといえば、例のキラキラフリフリの衣装とモミアゲという70年代以降のスタイルが、色んなところでおもしろおかしくネタにされてきたというのと、スターになってからのムード歌謡的な歌と何だか石原裕次郎みたいな大御所芸能人みたいなイメージがどうも強くて、一番刺激的で一番カッコ良かった初期のロックンロール時代にはあんまりちゃんとスポットが当たっていない。

だから今日はちゃんと”ロックンロールのエルヴィス”にスポットを当てて、広く世間の人にそのカッコ良さを知ってもらいましょう。

といってもこんな辺境ブログを読んで「お、エルヴィス聴いてみようか」と思ってくれる人が何人いるかは甚だ不安ではありますが・・・。





【収録曲】
1.ブルー・スエード・シューズ
2.当てにしてるぜ
3.アイ・ガット・ア・ウーマン
4.ワン・サイデッド・ラヴ・アフェア
5.アイ・ラヴ・ユー・ビコーズ
6.ジャスト・ビコーズ
7.トゥッティ・フルッティ
8.トライング・トゥ・ゲット・トゥ・ユー
9.座って泣きたい
10.あなたを離さない
11.ブルー・ムーン*
12.マネー・ハニー*
13.ハートブレイク・ホテル*
14.アイ・ワズ・ザ・ワン*
15.ローディ・ミス・クローディ*
16.シェイク・ラトル・アンド・ロール*
17.マイ・ベイビー・レフト・ミー*
18.アイ・ウォント・ユー、アイ・ニード・ユー、アイ・ラヴ・ユー*


はい、1956年リリースのエルヴィス・プレスリー正真正銘のデビュー・アルバム「エルヴィス・プレスリー登場」であります。

これはですのぅ、もう本っ当のホンモノのロックンロール・アルバムですよ。最初に聴いた時にアタシはその余りにも挑発的かつワイルドでセクシーなサウンドに

「えぇ!?これマジでエルヴィス・プレスリー!?何てこった、こんなにカッコイイんならもうちょっと早く聴いとけば良かった」

と、感動と後悔がいきなりMAXになった一枚です。

エルヴィスの声の圧倒的な存在感はもちろんですが、派手に飾らないけれどもズガンと迫ってくるギターやベース(もちろんウッドベースだぜぃ)や、軽快にシャッフル・ビートを刻むドラム、グルーヴィーなブギウギを叩き出すピアノなど、何といいますかカントリー、ロックンロール、ロカビリー、R&B、ゴスペルなど、50年代のイカシた音楽の要素全てが、限りなくありのままの姿でここに凝縮されているような感じがするんですよね。

それはチャック・ベリーのファーストを聴いた時も思ったことなんですが、古典として偉い所に祭り上げられる類のそれではなくて、ボリューム上げればいつでもゴキゲンな、いつまでも若者のためにある音楽って感じが、音の生々しさと共に強烈にあるんです。

貧しい家庭に育ち、黒人居住区の教会に勝手にゴスペルを聴きに行ったり、ジューク・ジョイントを外から覗いて生のメンフィス・ブルースを吸収したり、彼の音楽の中心にはいつもブルースやゴスペルなどのブラック・ミュージックがあります。

とにかく「ロックンロール」という言葉に少しでもピンとくるものがあれば、エルヴィスのこのアルバムと、メジャー・デビュー前のサン・レコードでのセッションを集めたアルバムは聴いて損はありません。

「白人は白人らしく品行方正に歌え」

という世間に対して、どんな批判を受けてもあくまで敬愛する黒人シンガー達のような歌い方やパフォーマンス(その中にはあの”腰をくねらせて歌う”というのがありました)をすることを止めなかった、理由は「カッコイイから」。そんなエルヴィスの反骨のスピリッツをぜひとも聴いてください。



”エルヴィス・プレスリー”関連記事




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

ビッグ・ジェイ・マクニーリー ライヴ・アット・シスコズ

4.jpg

ビッグ・ジェイ・マクニーリー/ライヴ・アット・シスコズ

(Atlantic/ワーナー)


さぁみなさん、お待たせしました!今日は皆さんの大好きなホンカーの大将、ビッグ・ジェイ・マクニーリーですよー!!!!

えーーー!誰それ?

とか言うなかれ!

いや、知らなくてもいいし言ってもいいんですねどね、あーたホンカーを知らずして人生は楽しめないという古いことわざがアメリカにありますように、これはもうさいっこうに楽しい音楽なんです。

えぇ、そんなことわざなんか例によってないんですけれどもね。でも、1940年代にアメリカ南部のテキサスから”テキサス文化圏”ともいえる西海岸で流行ったのが、ブルースもジャズもR&Bも、そして後にはロックンロールもすべてブチ込んだ、ジャンプ・ミュージックというゴキゲンな音楽です。

ジャンプ・ミュージックのバンドっていえば大体がビッグバンドで、カッコいいスーツに身を包んで、ホーン隊が演奏中に立ち上がって踊ったりするのね。

「何だ、そんなのジャズじゃないか」


と思うなかれ、ジャズの場合はそういうエンターテイメント性がありつつもやっぱり「聴かせる」方に何だかんだ行く訳ですが、ジャンプの場合はそのベクトルが全く逆。ちょいとウケたらところん「踊らせる」方向に演奏は行っちゃうってぇ寸法なんです。 


「盛り上がれば何でもOK」ってことでエレキギターなんかもガンガンフィーチャーして、歪んだ音で弾かせてるし、場がノッてきたら曲の途中から全部手拍子と合唱でも全然構わない。そういう音楽の中身も客席とステージも厳密に区別しない、いかにもアメリカ南部の豪快でおおらかなノリのものが多いんですね。

そんなジャンプ・バンドの花形といえば、テナー・サックスでありました。

音響機器もまだまだ未発達の時代に、生音のソロでいかにデカい音を出していかに客を沸かせるかを真剣に考えて色々と「わぎゃー!」という叫び声のような音を出したり、吹きながら客席になだれ込んだりステージの上でのたうち回るアクションをしたり、とにかくもうソロタイムになると音と派手なアクションで、まるで怪獣のごとく現れては常識外れな音とアクションで大暴れして演奏を興奮のるつぼに巻き込むテナーサックスを持った生き物、そいつらが「ホンカー」と呼ばれ、当時はそんじょのジャズマンよりも現場人気を博していたんです。

有名なジャズマンでもホンカー出身はいっぱいおります。

多いのはやっぱりテキサスで、テキサス・テナーのアーネット・コブとかブッカー・アーヴィン、アレサ・フランクリンやサム・クックのバックでも有名なキング・カーティスなんかはそうですね。それから意外にも若い頃のコルトレーン、この人は反対側のニューヨークですが、食うためにR&Bのバンドでテナーを吹いて、バーのカウンターを練り歩きながらぶおーぶおーと吹いておった。そういうホンカーの真似事なんかをしておったみたいです。

1950年代ぐらいまでは、レコードはまだまだ一部の金持ちの道楽で、ほとんどの一般大衆はラジオやジュークボックスに小銭を入れて音楽を楽しんでおりました。

ジュークボックスが置いてあるのは、酒場とか遊技場とかそういった、とにかく人が集まってワイワイしてるところですよね。だからそういう場で好まれるのは、自然とみんなで盛り上がれる曲で、つまりそういう場では芸術性の高いものよりも、ポップでノリが良くて親しみやすいジャンプやR&Bだったんですね。

そしてアメリカのヒットを支えていたのが、このジュークボックスでリクエストされる音楽でした。

ジュークボックスにコインを入れるのは、主に労働者や若者層であります。

当時のビッグ・ジェイらジャンプのスター達がどれぐらい人気だったかといえば有名なこの写真

5.jpg

熱狂の余りステージに寝っ転がって吹きまくるビッグ・ジェイを見る白人若者のこの顔(!!)

ヤラセではありません、ビッグ・ジェイのステージは実際にこんなもんではなく


『ビッグ・ジェイが物凄い音でソロを吹くと会場からコールの大合唱が起きる。んで、彼は客席を練り歩きながら吹きまくるんだが、その熱狂の凄まじさの中でいつの間にかいなくなってる。おかしなことになったと思ってもバンドも客も止められないぐらいにヒートアップしてそのまんま盛り上がってた。しばらくしてクラブに警察から電話がかかってきて、バンドのヤツを出してくれと言うから何だろうと思ったバンマスが電話を替わると”道の真ん中でおかしなヤツが地面をのたうちまわりながらサックスで雄たけびみたいな騒音を出している、危ないし迷惑だから迎えに来い”と』

何か前に紹介したギタースリムの話と似てますが、まぁ50年代のイカレたブルースマン達のノリといえば普通にこんなもんだったでしょう。

とにかくビッグ・ジェイの吹き倒すテナーといえば、小細工やテクニカルな技を披露すること微塵もナシ、ず太くまるでファズかディストーションが効いたような割れた音(これはですのぅ、グロウトーンといってサックス吹く時に”ウー”っていう声を混ぜると出せるんですが、普通にここまでの音は出らんです)でブオーとかギャー!!とかひたすら破壊力のある一音をぶっ放つ。

曲はブルースというよりもほとんどロックンロールに近い8ビートシャッフルで単純明快、バラードとかもやるけど、そしてそれはそれで実に味があって素晴らしいんだけれども、アップテンポでのテナーの「ボギャギャギャーーー!!」で情緒とか感慨とかセンチとかいったものが全部吹っ飛んでしまう。

雑誌には「元祖ヘヴィメタ」って書いてあり、アタシはそれを見て「昔のしかもリズム・アンド・ブルースでどれほどのものか」と、若干ナメてたんですが、もうその「ぼぎゃーー!」で完全に土下座です。「アンプとかエフェクターなしでよくぞここまでやってくれまました本当にすいませんでした」です。




【収録曲】
1.ビッグ・ジェイズ・シャッフル
2.ペルディード
3.ユー・ドント・ハフ・トゥ・ゴー
4.ビッグ・ボーイ
5.ビッグ・ジェイズ・カウント
6.シスコズ
7.サンセット
8.ディーコンズ・ホップ
9.ファーザー・オン・アップ・ザ・ロード
10.シェク・イット、シェイク・イット、ベイビー
11.ザ・パーティーズ・オーヴァー

で、そんなビッグ・ジェイは、やはりというか何というか、日本ではジャズファンとかよりも、どっちかというとロカビリーとかロックンロールとか好きな人に人気が高い。そりゃそうですよね、ムードは完全に50'sのそれで、随所に唄(ほとんどサビの掛け声)もあるしブライアン・セッツァー・オーケストラなんか好きな人が聴けばもう一発撃沈みたいなグレイトなサウンドですもんね。

アルバムはもうほんと「出てるものは全部いいから全部買え」と言いたいぐらいに、どれも見事な狂乱のクオリティを維持してます。でも、ようやくこうやって1963年という旬な時期のライヴ盤がようやく国内盤でしかもかなりハッピーな価格で出てくれたんでこれを聴きましょう。

最後に、ビッグ・ジェイはただめちゃくちゃにサックス吹いてる・・・んですが、決してデタラメをやってるんじゃなくて、音楽の基礎をちゃんと真面目に習って習得した人なんです。

クラシックを教える音楽学校で割と真面目な生徒だったみたいなんですが、真面目〜にクラシックばかりをやっていたら、自分のサックスの音がだんだん綺麗で優しいものになってきたから「これはいかん」と音楽学校を辞めて夜の世界へ飛び込んだんだと。うん、やっぱり頭オカシイ。ちなみに御年90を超えて今も現役で、流石にステージでは座ってることが多くなったけど、そのサックスからは相変わらずな「ボギャー!」がマイク要らんのじゃないかこれ?って音で出てくるんだと。


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル、ファンク、R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする