ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2017年07月17日

大コルトレーン祭2017はじまりました


今年も7月17日、ジョン・コルトレーンの命日がやってまいりました。

1967年の今日、41歳の若さで波乱万丈に満ちたジャズ人生を駆け抜けてあの世へ行った訳ですから、今年で50年ということになります。

コルトレーンという人は、そりゃもうジャズを代表する巨人といえば巨人であります。

アタシにとってはハタチそこらの時に「ジャズなんてオッサンが聴くかったるい音楽だろ」と生意気にも思っていたその心に、カテゴライズを拒みまくって粉々に打ち砕く程のハードなブロウと自由極まりない音楽性(それはいわゆる”フリー・ジャズ”と呼ばれた亡くなる直前のカルテットでの激烈な演奏でした)で決定的な衝撃を与え、以来ジャズにどっぷりとハマるきっかけを作ってくれた人です。

晩年のコルトレーンの演奏を聴いてエリック・ドルフィーを聴いて

「あ、ジャズってパンクなんだ」

と思ってからのお話は、このブログにも今まで散々書いてきました。

しかし、コルトレーンから教えてもらったことは、そういったジャズどうのとかいう表面的なことではなくて、もっと根源的な”姿勢”というものだったのかも知れません。

インストのジャズにはヴォーカルがおりません。

つまり具体的に言葉で何かを訴えるという手法はジャズには余りないんです。

けれども彼の書いた楽曲や、彼の吹くテナーやソプラノサックスによる演奏には、何かこう歌詞以上のメッセージが常に込められているような気がしていましたし、実際にコルトレーンのインタビューや楽曲の解説を読むようになって「あぁそうか」と深く得心したことも多々ありました。

特にコルトレーンがソロとして独立してからの1950年代後半から60年代にかけて、社会は色んな意味で激動の時代を迎えておりました。

それまで繁栄だけを追い求めた世界の、光の当たらない部分での大きな歪みが表に出たことによって、様々な事件が起こり、社会的な運動も起こり、それに対してミュージシャンとして、アメリカの黒人の若者として、多くのものを抱え、その分音楽を深い祈りにして常に何か大きなものに捧げていたコルトレーン。

そのコルトレーンの”祈り”が宗教的なものではなくて、あくまで音楽を音楽として、崇高な崇高なものとしてまっすぐなまなざしで彼は捉えていて、真摯にひたすら演奏していた。だからこそ彼の音楽には大きな感動があり、独特の重たさや暗さも孕んだ強靭な美しさがある。それが何なのか今一言で説明しろといわれてもアタシは上手いこと言える自信はありませんが、美しさに惹かれて聴きまくりながら、コルトレーンの様々な”祈り”の意味について考えることで自分の心をちょっとだけ豊かなものにさせてもらっている。これだけはハッキリと言えます。

多くの人に、素晴らしいコルトレーンの音楽が届きますように。




(今年は「至上の愛」から、もしかしたらアタシが一番好きかも知れないこのアルバムをずっと聴いておりました。詳しくはリンク先に書いてありますが、とっても美しい”ほぼ”バラード・アルバムです)





”ジョン・コルトレーン”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』


サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

posted by サウンズパル at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 大コルトレーン祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする