2017年09月20日

バッハ:無伴奏チェロ組曲(マイスキー)


1.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲(マイスキー)
(ユニバーサル)


あのー、よくロックとかブルースで

「ギターは顔で弾く」

というのがありますね。

つまり、ギタリストというのは、ソロを弾いてる時にどんだけ顔に感情を込めるかが命なんだ。キュイーンとチョーキングをかましたら、そん時ゃ顔でも「キュイーン」と言ってなきゃいけない。そういうやつです。

あ、今日は久々にクラシックの紹介なのに、いきなりそんな話をしてすいませんねぇ。でも、この話しないと今回は先に進まないんですよ。

で、本日ご紹介するミッシャ・マイスキーです。

現代クラシックにおいては、もうチェロの凄い人ですよね。

その凄い人なんですが、アタシはテレビで最初にこの人の演奏を観て聴いた時に、凄まじい衝撃を受けましたというお話であります。

まぁ顔ですよ、見て下さい。

6.jpg

顔全体に生やした見事なお髭と、万遍なくフサフサしている天然カーリーヘア、そして胸元が大胆に開いたルネッサンスかロココ調かというオッシャレーなシャツという出で立ちのこの人を観て、アタシは

「あ、コレはカッコイイ。そんじょのマジメーなクラシックの人と違って、何かロックを感じる。きっと凄い演奏をしてくれるはずだ」

と、期待してテレビの前で何故か正座してました。

演奏が始まると、やはり期待通り、いや、期待以上にこの人は、大きなアクションで、ロマンスのオーバードーズとも言いたくなるぐらいに情熱のこもった素晴らしい音色とフレーズをチェロから放ち、もうアタシのハートはまっすぐに貫かれた訳なんですが、それ以上に顔です。

6.jpg

彫の深〜い、実に男らしい見事な髭をたくわえた、まるでどこかの王様のような威厳のある顔が、演奏中はもう何か目一杯ウットリしてて、とろけるような顔で弾いてるんですよ。

ちょっと今、googleの画像検索で「ミッシャ・マイスキー 顔」で検索したんですけど、やっぱりリアルタイムの演奏中の顔には敵いません。アレはそれぐらい衝撃がデカかった。

アタシはもう感動やら楽しいやらで「顔!顔!あぁああーー!!」と、テレビの前で笑い転げながら歓喜の声を上げておったんですが、これ、バカにしてるんじゃないですよ。友川かずきを最初に聴いた時もそうだったんですけど、人間というのは、自分の理解を遥かに超えたカッコイイものに出会った時は、あらゆる感情を突き破った”笑い”が出てくるんですよ。

いや、ホント、こん時のマイスキーは最高にカッコ良かった「クラシックにもこんなぶっ飛んだ人いるんだ」と、生まれて初めて思いました。






(Disc-1)
1.無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007 第1曲:Prelude
2.無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007 第2曲:Allemande
3.無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007 第3曲:Courante
4.無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007 第4曲:Sarabande
5.無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007 第5曲:Menuet I/II
6.無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007 第6曲:Gigue
7.無伴奏チェロ組曲 第4番 変ホ長調 BWV1010 第1曲:Prelude
8.無伴奏チェロ組曲 第4番 変ホ長調 BWV1010 第2曲:Allemande
9.無伴奏チェロ組曲 第4番 変ホ長調 BWV1010 第3曲:Courante
10.無伴奏チェロ組曲 第4番 変ホ長調 BWV1010 第4曲:Sarabande
11.無伴奏チェロ組曲 第4番 変ホ長調 BWV1010 第5曲:Bourree I/II
12.無伴奏チェロ組曲 第4番 変ホ長調 BWV1010 第6曲:Gigue
13.無伴奏チェロ組曲 第5番 ハ短調 BWV1011 第1曲:Prelude
14.無伴奏チェロ組曲 第5番 ハ短調 BWV1011 第2曲:Allemande
15.無伴奏チェロ組曲 第5番 ハ短調 BWV1011 第3曲:Courante
16.無伴奏チェロ組曲 第5番 ハ短調 BWV1011 第4曲:Sarabande
17.無伴奏チェロ組曲 第5番 ハ短調 BWV1011 第5曲:Gavotte I/II
18.無伴奏チェロ組曲 第5番 ハ短調 BWV1011 第6曲:Gigue

(Disc-2)
1.無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009 第1曲:Prelude
2.無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009 第2曲:Allemande
3.無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009 第3曲:Courante
4.無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009 第4曲:Sarabande
5.無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009 第5曲:Bourree I/II
6.無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009 第6曲:Gigue
7.無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV1008 第1曲:Prelude
8.無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV1008 第2曲:Allemande
9.無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV1008 第3曲:Courante
10.無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV1008 第4曲:Sarabande
11.無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV1008 第5曲:Menuet I/II
12.無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV1008 第6曲:Gigue
13.無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV1012 第1曲:Prelude
14.無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV1012 第2曲:Allemande
15.無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV1012 第3曲:Courante
16.無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV1012 第4曲:Sarabande
17.無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV1012 第5曲:Gavotte I/II
18.無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV1012 第6曲:Gigue


この人すっかり気に入って、これはぜひCDを買わんといかんと思ったアタシ、早速名前をメモして色々と調べましたら、やっぱり凄い人だったんですね。

ソビエト連邦のラトビア共和国に生まれ、10代でソビエト連邦の音楽賞とかチャイコフスキーコンクールとか、とにかく有名な賞で次々と良い成績を獲得して、その時チェロの神様と言われていたロストポーヴィッチに「君、私の弟子になりなさい」と誘われて、才能をメキメキ伸ばすんですが、マイスキー家はユダヤ人の家系。自由のないソ連でのキツい生活に耐えかねたお姉さんがイスラエルに亡命してしまい、そのとばっちりを喰らってミッシャも逮捕され、強制収容所に送られることになります。

22歳の青年マイスキーに課せられたのは18ヶ月の強制労働でした。

これが終わってさぁ音楽の世界へ戻ってチェロが弾けるぞと思っていましたが、当局から「出所したら兵役だ」と言われます。

「これは二度とチェロを弾かせないつもりだ、この国にいる限りは俺は音楽の世界に戻れない」

と悟ったマイスキーは、同じユダヤ系のお医者さんに相談。「この人は精神病です」という診断書をまんまと書いてもらって兵役を回避できます。

ここら辺り、タダモノではないですね。その後、あらゆるコネやツテを使って、何と海外移住の正式な許可を獲得して、まずはアメリカへ、そしてイスラエルへと脱出。タダモノでないぶりを存分に発揮して、音楽の世界に復帰するどころか、師匠のロストボーヴィッチも「あの人は凄いよ」と認める伝説的なチェロ奏者グレゴール・ピアティゴルスキーに弟子入りし、更に若手で最も注目されていた天才ピアニスト、マルタ・アルゲリッチとコンビを組んで、一気に世界的な人気を獲得しております。

アルゲリッチといえば、この人も凄まじい情念を、そのピアノ演奏に叩き付けることが出来る稀有の才能であります。この人の演奏と対等に渡り合えて、かつ高度な技術で共に最高のハーモニーを奏でることが出来るのは、やはりマイスキーしかおらんかったのでしょう。

この話を知って

「あ、この人はますます間違いない」

と思ったアタシ、とりあえずこの人は色々やってるけど、バッハの演奏においては特にすげぇよ、個性的だよという情報を入手して、バッハといえばの「無伴奏チェロ組曲」を最初に買いました。

結論からいえば、もうホント凄かったです。

バッハの無伴奏チェロ組曲といえば、定番中の定番であるパブロ・カザルスとか、重厚な雰囲気でこの曲の作品としての価値を決定付けたヤーノシュ・シュタルケルとか、名盤がたくさんあります。

その中で「どれが一番」というのはとても決められないぐらい、どの人の演奏も気合いが入っててカッコイイのですが、その中でも”個性的”という意味でマイスキーの演奏は、最初に映像を観た時のインパクトが全く削がれないぐらいの、見事な際立ちっぷりを見せて(聴かせて)くれました。


「バッハの音楽には人間のあらゆる感情が詰まってる」

というマイスキー、その言葉通りにシンプルなだけに底無しの奥深さを持つバッハのチェロ組曲の中に、本当にあらゆる感情を見出して引き出しているんじゃないかというぐらい、豊かな情感に満ち溢れた演奏です。

とにかくその、キリッとした鳴りの音色で、速いところは速く、緩やかなところはそれ以上遅くしたら演奏がダレてしまうギリギリを見極めた絶妙な間合いで、激しく緩急を付けて弾いていますが、この独特の緩急が、聴いているこっちの意識も大きく揺らして回してしまうぐらいの、ヤバいグルーヴを生み出しております。

アタシは常日頃

「バッハはグルーヴ」

と思っています。

バッハの完璧な構造の楽曲から、優れた演奏家は聴く人の意識をどこか高い次元に連れ去ってくれるグルーヴを生み出してくれるんですが、マイスキーの感情のオーバードーズなチェロ組曲は、まずバッハとかクラシックとかそんなよく分からん人にも、聴いて「これやっべぇ!」という陶酔が満ち溢れてます。

ちなみにこの「バッハ:無伴奏チェロ組曲」は、彼が移住後の初期の頃(1984年と85年)の録音で、99年には更に進化した2度目の録音を残していて、どっちもカッコイイです。





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:20| Comment(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

リー・コニッツ ディープ・リー

1.jpg
リー・コニッツ&トリオ・ミンサラー/ディープ・リー
(ENJA/SOLID)

夏の間は大コルトレーン祭をやっておりましたので、もうそれこそ耳に入れるサックスの音といったら、煮えたぎるような情熱で出来た硬質な音。

「お前、何で夏のクソ暑い時にそんなコルトレーンみたいな爽やか要素がひとつもないもんばっか聴いてるんだ」

と、心ある方々から結構マジなツッコミを頂くこともありますが、や、これはウチの宗派(大コルトレーン教)の教義でありまして・・・、と笑いながら返すと向こうも「そうか、それならしょうがないな」と笑って答えるのであります。

こういうのが平和って言うんですよね。えぇ、平和です。平和がいちばんよろしい。

そうやって、夏の間に目一杯カッカさせたりクラクラさせたりしておりますので、秋になると今度はクールな音楽で、良い感じに心身共に冷却です。

という訳で、アタシはコルトレーンの季節の後に、必ずリー・コニッツを集中して聴くようにしております。

この人が吹くアルト・サックスの音やフレーズ、ややふやけた脳みそをキリッと引き締めてくれる効果もあるし、同時にこわばった気持ちの部分を程よく溶かしてくれる、優しい効果も持っております。えぇ、独特といえば独特、ジャズの世界にこの人と似たような個性を持った人はいない、本当に不思議なカッコ良さを持っている人なんです。

リー・コニッツという人は、1940年代の末にデビューして、恐るべきことに89歳になった今も現役で活動しておりますが、彼の凄いのは「デビュー当時沸きに沸いていたビ・バップと、唯一そのクオリティと革新性で対抗出来ていたクール・ジャズ(詳しくはレニー・トリスターノの頁参照)、その中でアルト・サックス奏者として、当時のチャーリー・パーカーとライバル関係にあった」ということや、まだぺーぺーだった頃のマイルス・デイヴィスが彼のアドリブに惹かれ「どうやってんだ、教えてくれよ」と言ってきて、彼が教えたことのほとんどが、初期マイルスのあのクールで都会的なムードを生み出すのに役に立ったとか、その初期の活躍もなんですが、長い現役生活を続けるうちに、スタイルをどんどん進化させ、21世紀の今も

「あ、このサックスはとても新しい響きがある」

と、聴く人に思わせるところにあると思います。

もっといえば

「流行には一切迎合せず、ただ淡々と己の内側に進化を求めた結果、キャリアの中で一瞬も時代遅れになる音楽をすることがなかった」

ということになるでしょうか。

どんなに優れたミュージシャンでも時代の流れには勝てず、往年の輝きを失って失速したり、或いはロックやファンクなどの最新のサウンドを取り入れて、ある意味で華麗な転身を遂げて成功したり、そうやって「時代」というものに翻弄されて苦悩するものでありますが、コニッツはどの時代の演奏を聴いていても、そういった苦悩や変節とは全く無縁に思えます。

もちろん最初期の、トリスターノの愛弟子だった頃の、カミソリのような鋭いアルト・サックスの音色は、50年代半ばから徐々に丸みを帯びたウォームなものになっていきますし、60年代以降は作品によってフリージャズみたいなこともやったし、ちょいと座興で電気サックス(サックスにピックアップ付けてアンプに繋げたもの)を手にしたこともあるし軽めのボサ・ノヴァを吹いてるアルバムだってあります。

でも、そういうあれやこれやをやってみても、軸足はしっかりとアコースティックなジャズに置いてぶれないし、演奏スタイルも「即興」というものにストイックなまでの強い想いと「感情の高ぶりに流されない知性」というものを、一瞬たりともコニッツは失っておりません。

だからアタシはコニッツさんのアルバム、それこそ色んな年代のものを無節操に集めて聴いていますが、どのアルバムからも無駄のない芯の強さに彩られた美と、思考をジワジワと刺激し、別世界へと自然と誘ってくれる引力を感じます。




【パーソネル】
リー・コニッツ(as)
フローリアン・ウェーバー(p)
ジェフ・デンソン(b)
ジヴ・ラヴィッツ(ds)


【収録曲】
1.スリー・パート・スィート~インヴェンション
2.スリー・パート・スィート~コーラル
3.スリー・パート・スィート~カノン
4.ディープ・リー
5.星影のステラ
6.カクタス
7.アズ・ザ・スモーク・クリアーズ
8.W86th
9.シー・ザ・ワールド・フォー・ザ・ファースト・タイム
10.カラー
11.スパイダース


で、アタシはここ数日引き込まれるままに聴いているのが、2007年に録音されたこのアルバム。

「リー・コニッツと、ドイツの若手ピアノ・トリオが共演する」

という、発売前の宣伝文を見て何故か

「これは絶対に買わなきゃいけないやつだ」

と思いました。

1927年生まれのコニッツは、この時80歳。一方のミンサラーの3人は1976年と77年の生まれだから、この時30歳と31歳。

普通に考えて「大ベテランと彼をリスペクトする若手との、和やかなくつろぎに満ちた作品」に仕上がりそうなもんですが、こういうシチュエーションで絶対に、絶対にそんなぬるいことをやってくれないのがコニッツです。

果たしてその予感は当たり以上の大当たりでした。

コニッツの、厳しさを内に秘めた優しさとしなやかさ、そしてそれらに美しくまぶされた憂いの成分が薫り漂う、美しい音色のアルト。そこに恐らくはクラシックの基礎と、それに収まらない狂おしい衝動を持ったトリオ・ミンサラーの、完全に対等な、持てる全ての実力とリリシズムを遠慮なくぶつけてくる演奏。

どの曲も「コニッツのアルトとサポートするピアノトリオの好演」どころではありません。

コニッツが徹底して無駄を省いて厳しく再構築したアドリブの、幽玄の闇を漂うメロディーに、時に絡みつき、時にリードを丁寧に奪い、えも言えぬ静謐なハーモニーを、同じ歩調で生み出してゆくフローリアン・ウェーバーのピアノと、的確なリズムを付けていくだけじゃなくて、アルトとピアノの見事な即興同士の真剣勝負に自然と入り込み、どんどん”うた”を拡散させてゆくベースとドラム。

演奏はどの曲も切ない余韻をきらめかせながら、内へ内へと沈み込んでゆくような”クール”でありますが、だからこそやっぱり、コニッツを聴いた時にかならず胸に迫ってくる引き込みのヤバさが渦巻いております。これ、本当に素晴らしいです。






”リー・コニッツ”関連記事







『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:22| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

ドクターベックマン ワキ汗ジミ&消臭用 部分洗い洗剤

服に関する深刻な悩みというのがありまして、それは白や薄い色のシャツに出来る、あのイヤな黄色いワキ汗の染み。

せっかく買ったお気に入りのTシャツに、このシミが出ていたら、もう一気に奈落に突き落とされたような気分になります。えぇ、新しいのならなおさらです。

更に心を奈落に突き落としてくれるのが、このシミは洗濯洗剤では落ちないということ。

フガー!となって、重層や漂白剤、アルカリ水など色々試しましたが効果は・・・うぅ〜ん。

悩んでいるアタシに「こんなのがあるよ」と教えてくれたのがアマゾン大先生です






ほほう、汗ジミや垢汚れに効果のあるスプレーですかぁ・・・。

試してみた感想は以下です↓

(良いところ)
・ワキ汗のどうしようもない黄ばみ汚れ、確かに落ちます。

・使い方は脱いだ後に汚れた個所にスプレーして洗濯機で普通に洗濯するだけ。

・漂白剤ではないので、他の洗濯物と一緒に洗えます。

・ワキ汗ではなく、シャツなどの襟首回りの汚れにも効果てきめん。

(わるい所)

・一回で劇的に落ちる訳ではなくて、繰り返し使うことで徐々に汚れが目立たなくなるという感じです。

・時間が経過したシミにはあまり効果がありません。2年着てシミが完全に付着しているTシャツは、流石に手強かった(><)

・量が少ない。でもまぁ効果と値段を考えればこれは仕方ない。



という感じでした。大事なのは初期段階(あ、黄色くなってる。ショック!と思った段階)で使うということですね。それとこれはまだ試していませんが、一度着た後に予防的にスプレーして洗濯しておくと、黄ばみが付きにくいとのことです。悪いところもあえて書きましたが、トータルではその他の漂白剤などよりはかなり効果がありますので、悩んでる方にはオススメです。
posted by サウンズパル at 19:29| Comment(0) | つぶやき、小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする