2017年11月30日

Boogie Woogie Santa Claus

1.jpg
Boogie Woogie Santa Claus–An R&B Christmas
(RWA)

皆さんこんばんは、バタバタしているうちにもう今年もあとわずかになってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか。

いやぁ12月といえばクリスマスですよ。もうね、好むと好まざるとにかかわらず年末年始というものは、クリスマスがやってきてお正月がやってきてしまうもんなんですね。え、冬休み?ないない、オトナにはそんなもんはございませんよ。

で、クリスマスもお正月も、どうせだから楽しんでしまおう!ということですよ。若い人もお父さんもお母さんも、カップルな人もお一人な人も、分け隔てなくハッピーな気持ちにしてくれるのが音楽であります。

はいはい、これを言いたかった。

もうこの際だからぶっちゃけてしまいますと、クリスマスだろうがなかろうが、音楽を聴いてハッピーになろうぜ♪と、アタシは毎度毎度ブログにメッセージを込めております。えぇ、その中でも年中行事やお祝い事などの”雰囲気”を楽しむというのは、より深く豊かな音楽の楽しみ方です。クリスマス?けっ!と思っていた時期もありましたが、まぁクリスマスは別にアタシのこと嫌いじゃない、とくれば乗っかることは乗っかっても、そこで自分なりの楽しみ方をするんですよ、えへへ。

で、クリスマスというものを、いつもいい感じで楽しんでいるのが、アメリカのジャズやソウルやR&Bの方々ですね。50年ぐらい前から、この時期になると売れっ子ミュージシャン達はクリスマス・ソングをリリースして、お祭り気分を盛り上げてた・・・と思ったら、何とそのずっと前、1920年代から、ブルースの人達がクリスマス・ソングやニューイヤーソングを出していたっていうんですから驚きです。

アメリカ人、どんだけクリスマス好きなんだと。

そう、100年近い「クリスマスソングで盛り上がろうぜ」というのを続けてきているブラック・ミュージックの方々は気合いが違う。素晴らしいのいっぱい出してきます。

流石に戦前ブルースのクリスマス・ソングを集めたコンピは出てないっぽいので、今日は戦後すぐの1950年代前半から半ばぐらいの時期にリリースされたR&Bソングのイカすやつをドカンと詰め込んだコンピレーション・アルバムをご紹介します。


1.Chuck Berry/Run Rudolph Run
2.The Moonglows/Hey Santa Claus
3.Jimmy Liggind and his Drops Of Joy/I Want My Baby For Christmas 
4.Oscar McLollie and his Honey Jumpers/Dig That Crazy Santa Claus
5.Jimmy Butler/Trim Your Tree
6.Cecil Gant/Hello Santa Claus
7.Mabel Scott/Boogie Woogie Santa Claus
8.Lowell Fulson/Lonesome Christmas (Part 1)
9.The Cadillacs/Rudolph The Red-Nosed Reindeer
10.Titus Turner/Christmas Morning
11.The Penguins/Jingle Jangle
12.Charles Brown/Christmas Finds Me Oh So Sad
13.Jesse Thomas/Christmas Celebration
14.Amos Milburn/Let's Make Christmas Merry,Baby
15.The Drifters/White Christmas
16.Jimmy McCracklin/Christmas Time (Part 1)
17.Huey (Piano) Smith and the Clowns/Silent Night
18.Chuck Berry/Merry Christmas Baby
19.The Orioles/(It's Gonna Be A) Lonely Christmas
20.Big Bud/Rock Around The Christmas Tree
21.Jimmy Witherspoon/How I Hate To See Xmas Come Around
22.Roy Milton and his Solid Senders/Christmas Time Blues
23.Solomon Burke/Christmas Presents
24. Willie John and the Three Lads And A Lass/Mommy What Happened To Our Christmas Tree
25.Alex Harvey/The Little Boy That Santa Claus Forgot
26.Little Willie Littlefield/Merry Xmas
27.The Five Keys /It's Christmas Time
28.Johnny Moore's Blazers with Frankie Ervin/Christmas Eve Baby
29.The Harmony Grits/Santa Claus Is Coming To Town



”Richard Weise Archive(RWA)”というレーベルがありまして、このレーベルが凄いんですよ。1940年代〜60年代ぐらいまでのアメリカのソウルやR&B、ロカビリーやカントリーなどを、良心的なセレクトでリリースしまくっているんです。

冷やかしでホームページ覗いたら、まー「うひょー、こんなのあったんだ!!」と目の玉がまんまるになるような、有名どころからレアなアーティストまで、もう素敵すぎるラインナップ。

その中にあったクリスマス・コンピがこの「ブギウギ・サンタクロース」ですよ。

これはですのう、とにかく50年代R&Bです。

まーこの辺のコンピとなると、有名人集めて、名前で売ろうというコンピが多いんですが、とにかくメンツをご覧くださいな。無名という訳ではないですが、ブラック・ミュージックの、かなりのツワモノファンが見て「おほっ」と喜ぶ、実に渋い面々のクリスマス・ソングがずらり。

えーと、ちょっと待ってくださいね、この中でお茶の間レベルで名前が通るのと言ったら、チャック・ベリー、ドリフターズ・・・ぐらいかなー(驚)。

でも、この中に収録されているアーティスト達は、いずれも50年代のR&Bで、一目も二目も置かれる超の付く実力派揃い。

ドゥー・ワップの代表格ムーン・グロウズが粋なヴォーカル・ハーモニーで聴かせれば、ジャンプするピアノ野郎のエイモス・ミルバーンが、ロールするノリノリのクリスマス・ソングで沸かせて、ブルース界からはローウェル・フルスンがちょっとジャジーなバックを従えてゴージャスに大人のクリスマスを歌います。

あぁ、セシル・ギャントとかも実に渋い!そしてジャンピン・ジャイヴの粋で洗練されたサウンドで一世を風靡したジョー・リギンス・・・じゃなくて、同じくジャンピン・ジャイヴながら、すっとんきょうな歌声と破天荒なバンド・サウンドでロックする弟のジミー・リギンス(!!)も入ってるし、セクシーなテナーヴォイスで甘くキメるチャールズ・ブラウン、R&Bの至宝ソロモン・バーグ(ヴァン・モリソンやミック・ジャガーがすっげぇ影響を受けたすっげぇ人)、この辺の歌唱は誰が聴いてもカッコイイの域でありましょう。

いやぁ、これだけ”中身”にこだわって、確実に盛り上がれてしかもじっくり聴けるR&Bのクリスマス・コンピはなかなかないですよ。こういうの欲しかったんです♪







『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:17| Comment(0) | クリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

イントロデューシング・ポール・ブレイ

6.jpg



Introducing Paul Bray with.Charles Mingus,Art Blakey


(Debut/OJC)


昨日にひきつづき、ポール・ブレイです。

何でかって言うと、昨日書いた『オープン・トゥ・ラヴ』の記事を見ると、どうも自分の感激とか感動とか、そういう心の内側の想いの強さだけで、あぁ、記事を書いちゃったなぁ、これじゃあ肝心のポール・ブレイって人がどんな人だかよくわからんなぁと思ったからです。

いやしかしですね皆さん、言い訳になってしまうかも知れませんが、あのアルバムはもうしょうがないんですよ。ジャズがどうの、スタイルがどうのから、弾いてる人がどうのまで、演奏が凌駕してしまう、本当に演奏だけ、いや、演奏の中で響いている音や無音だけで存在が完璧に成り立ってしまうような、究極のピアノ芸術でありますから・・・。

という訳で(どんな訳だ)今日はこの鬼才ピアニストの初期のアルバムを紹介しながら、彼のバイオグラフィ的なことについてもちょこっとお話します。

まず、ポール・ブレイという人は1932年、カナダで生まれました。

服飾工場を経営する、比較的裕福なユダヤ系商人の家庭に生まれた彼は、幼少から恵まれた環境で音楽を学んでおり、何と11歳で地元のマクギル音楽院を卒業。そして、ニューヨークのジュリアード音楽院へ進学して、この時作曲法と指揮を学んでおります。

で、卒業後は完全に”ジャズの人”になります。

地元モントリオールの若者らとジャズの研究会を立ち上げ、その会でニューヨークの一流ミュージシャン達を次々と呼んで、更にセッションも行っておりますが、この時交流したミュージシャン達というのが、チャーリー・パーカーやレスター・ヤング、ベン・ウェブスターという、戦前〜戦後のジャズの、伝説と言っていい凄い人達。

ブレイ少年は、こんな凄いメンツを呼んで何をやってたかと言うと、何とフツーに共演して、一緒にレコーディングとかしてるんですね。

いやはや、クソ度胸があるというか末恐ろしいというか・・・。

ブレイは先輩達に上手におべっかを使って気に入られるような、そんなタイプではなく、むしろどんな相手にも毅然と接し、演奏や音楽のことにおいて、真摯に語ったりとことん質問して追究するようなタイプでありました。

「カナダの小僧、なかなかやるな」

と、大物達は思ったに違いありません。

そんなブレイに

「お前気に入った。オレがプロデュースしてやるからアルバム作らないか?」

と、声をかけた大物がチャールス・ミンガスです。

ミンガスって人は、もちろん凄腕のベーシストでありますが、実は早い段階から「ジャズの演奏に高度なアレンジや更に複雑なリズムを織り交ぜて、一等質の高いものを作ろう」と目論んでおりました。

音楽学校で専門の作曲や編曲技術を身に付け、しかもピアノは恐ろしく上手い。更に単なる頭でっかちではなくて、クールなたたずまいの中には知識から飛躍しようとするギラギラした野心も持っている。そんなブレイにミンガスは「コイツだ!」と思います。

丁度その頃といえば1953年。ミンガスはレコード会社の方針が気に入らず、自分が中心となって、アーティストの表現欲求を叶えるレーベルをシーンに定着させるべく『Debut(デビュー)』というインディーズレーベルを立ち上げており、若く新しい表現を開拓することに並ならぬ情熱を燃やすジャズミュージシャンも募っておったんです。






【収録曲】
ポール・ブレイ(p)
チャールス・ミンガス(b)
アート・ブレイキー(ds)

【収録曲】
1.Opus One
2.(Teapot) Walkin'
3.Like Someone in Love
4.Spontaneous Combustion
5.Split Kick
6.I Can't Get Started
7.Santa Claus Is Coming to Town
8.Opus One - (alternate take)
9.The Theme(bonus track)
10.This Time the Dream's on Me(bonus track)
11.Zootcase(bonus track)

録音年月日 1953年11月30日


これぞ鬼才として長いキャリア毎に、ジャズ・ピアノの常識を根底から次々と変えてゆく作品を世に放ってきた、ポール・ブレイのデビュー・アルバムです。

ブレイはこの時21歳。ミンガスが「ドラマーにはとっておきのヤツを用意しといたぜ」とスタジオに呼んだのが、何と後にジャズ・メッセンジャーズを結成し、モダン・ジャズの代名詞とも言われる超大物ドラマー、アート・ブレイキー。

しかし、ブレイはそんな大物を前にしても全然ビビったそぶりを見せません。

しっとりと落ち着いた、それでいて独自のキリッとした芯のあるピアノの音質で、極めて上質な”聴かせるジャズ”を演奏し、煽りに関しては超一流で、ようし一丁揉んでやるかーなテンションだったはずのミンガス、ブレイキーという荒武者を、見事にジェントルなサイドマンに仕立て上げて従えておるんです(ボリュームを上げると速めの曲で「Go,Go,」と、多分ミンガスの煽り声が聞こえますが)。

これが凄くいんですね。特に「Like Someone In Love」「I Can't Get Started」などのバラードで聴ける、とろけるような甘いメロディーの余韻は、もうこのままのスタイルでこれ以後やってても「ポール・ブレイというとにかくメロディの美的センスに優れたピアニストが・・・」と、形容されてもおかしくない、完成の域に達した演奏であります。

そうなんです、とかく個性的なスタイルを築き上げた人の初期のアルバムは「まだ個性が確立されてはいないが、この頃から予兆はある」とか「勢いに任せた荒削りなプレイが魅力」とか言われがちではありますが、ブレイのこのアルバムは、そんなところ微塵も感じさせません。

確かにこのアルバムでの演奏は、スッキリした”常識”の範囲内に収まった、実に聴き易いモダン・ジャズ、ビ・バップ・ピアノではありますが、それでもその枠組みの中で存分に発揮されたオリジナリティ、つまり甘美でクールでハードな持ち味というのは、他の誰とも似ていないのです。

ブレイは時期によってスタイルをガラッと変えておりますが、やはりどの時期のアルバムからも、全ての演奏に通じるゆるぎない美学を感じます。




”ポール・ブレイ”関連記事





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:23| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

ポール・ブレイ オープン・トゥ・ラヴ

6.jpg
ポール・ブレイ/オープン・トゥ・ラヴ
(ECM)


ジャズを聴いてて、あーピアノっていいなーと思って、あれこれ聴きます。

最初の頃は誰のどんなのがいいのかさっぱり分からなかったので、とにかく有名な人の有名なアルバムから、手当たり次第に聴いておりました。

マル・ウォルドロンのビシバシと容赦なくダークな音塊を叩き付けるような演奏にシビれ、セロニアス・モンクの、どこか調子外れに聞こえる、フレーズもリズムむ個性的なピアノに衝撃を受け、ビル・エヴァンスのひたすら美しく、切なさで心をスーッと撫でてゆくような演奏に涙し、バド・パウエルのノリノリでいながらその重たく歪んだ音の中に言い知れぬ狂気を感じさせるスリリングなプレイに圧倒され、そしてソニー・クラーク、ウィントン・ケリー、ボビー・ティモンズ、この辺の洒落たブルース・フィーリングと豊かな味わいを持ったモダン・ジャズの王道ピアノに「イェ〜イ、いいねぇ〜」となっていた訳です。

そう、ジャズの”ピアノもの”には期待してたのと何か違う、ガッカリ。みたいなハズレ盤はなかったんです。

どんなスタイルのどんな演奏でも、ピアノ+ベース+ドラムスという、いわゆるピアノ・トリオの編成で聴くと、何か受け入れることが出来てしまう。不思議だなぁと思って、全然知らない人の知らない作品を思い切って買ってみても、これがハズレない。

これは大分後になって知った事ですが、ジャズのピアノものってそういうものらしいんですね。

だから若い頃に色んなものをガンガン聴きまくってたジャズファンが、そろそろ落ち着きたい年齢になってくると、ピアノ・トリオ専門のコレクターになったりするような話もあるんだと聴いて、ほうほうそれは納得できますなぁと思いました。

や、まだまだ落ち着くつもりは毛頭ございませんが。

で、そんなこんなでジャズ・ピアノというものの魅力にどんどんのめり込んで行っている時に出会ったのがポール・ブレイという人です。

最初に聴いたのは『ブラッド』というアルバムで、これはなかなか鋭利な前衛臭の漂う過激派な作品だったんですが、うん、ピアノ・トリオだったらこういうアルバムでも、割とすんなり聴けるんだなこれが・・・。

と、思っていたら、耳にガシガシと刺激と共に妙な”引っ掛かり”を感じて、なかなかすんなりと胸の内に収まってくれなかったんです。彼より過激なプレイをするピアニストはいっぱいいたし、彼よりアクの強いピアニストはいっぱいいたにも関わらず、何かこう”これは一体何なんだろう?”の連続みたいな、不思議なプレイをする人。それがポール・ブレイの第一印象でした。

だから、好きとか嫌いとか、良いとか悪いとかじゃなくて、純粋に”分からない!でも気になる!”と思った、恐らくこの人は唯一の人です。

1960年代にフリー・ジャズのムーヴメントのただ中にあって、その中で一躍存在感を放っていた白人ピアニスト、うんわかる。でもその前は実はコテコテのバップ・ピアノの達人で、独特の硬いトーンでバド・パウエルみたいな重たいグルーヴを鍵盤から叩き出す人であったとか。うん、それも分かる。

でも、そうやって語られる以上の”何か”がこの人のプレイにはあるように思えました。

そう「フリー」とか「リリカル」とか「モダン」とか、形容詞では形容できない、もっともっと精神の奥底で、妖しい光を放ちながらうごめいてるようなもんが、どうしてもあるような気がする。でもわからない。ううん、気になる。もっともっと知りたいぞ!

と、思いつつ、主に彼の60年代、いわゆる”フリージャズ”と呼ばれる作品を集中的に集めては聴き込んでおりましたが、ある日何かの雑誌で「ポール・ブレイが1970年代に録音したソロ・ピアノの究極の傑作」というものらしい『オープン・トゥ・ラヴ』というアルバムを聴いて、さらなる「もっともっと!」の世界にアタシは引きずり込まれてしまいました。






【パーソネル】
ポール・ブレイ(p)

【収録曲】
1.クローサー
2.アイダ・ルピノ
3.スターテッド
4.オープン、トゥ・ラヴ
5.ハーレム
6.セヴン
7.ナッシング・エヴァー・ヴォズ、エニウェイ

収録年月日 1972年9月11日



端的に言うと

「これは究極だ!」

と思いました。

それまで聴いて、感動を覚えていたフリー・ジャズなピアノではない。そして、それ以前の、いわゆるスウィングするジャズなピアノでもない。繊細で官能的で、美しい美しいピアノ音楽。これを一体何ていうジャンルで形容すればいいのでしょう。未だに分かりません。

溶けるようなメロディの間にたっぷりと挟まれた、ため息のような余白。たった一台のピアノが作り出す、無音より更なる静寂が際立つ、そう、しんとした静けさの中で、ピアノの内側の弦の微かな震える音までが聞こえてきそうな、そんな透明な空気。未だにこれを何と言えばいいのか、それを形容する言葉が見つかりません。

ただ、繊細な部分にも、官能的な部分にも、やっぱりどこか綺麗に整った狂気みたいなものが秘められていて音が鳴ってるなというのは感じますし、それ故にこの寸分の狂いもスキもない美で出来たピアノ音楽は、度を超して魅力的なのだと思います。

うん、ポール・ブレイという人について、または彼の音楽について、もっと色々と語るべきではあるかと思いますが、今日は午後からずっとこのアルバムを聴いて、やっぱり形容を越えた静謐な美しさの前に、アタシはまたしてもまんまと言葉というものを失ってしまったようです。




”ポール・ブレイ”関連記事





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:18| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする