2017年11月19日

INU メシ食うな

1.jpg
INU/メシ食うな
(徳間ジャパン)


みなさんこんばんは、気温も寒くなって機嫌が良いので、今日は”そもそも”についてお話しようと思います。

考えてみればそもそもアタシが音楽にハマッたきっかけは、小学校6年の頃に聴いたブルーハーツです。

音がどうとかスタイルがどうとか、アタマの悪い小学生にはそもそもそんなことは分かりません。

ただ、歌詞が良かったんですね。

そもそも思春期だったんです。

思春期といえば、友達関係とか異性のこととか、そういう事に思考がのめり込む時期で、アタシも一丁前にそういうことで悩み始めておりました。

そもそもアタシのいけないところは、手前のクダラナイ悩みにも、すーぐ世の中という、手前には手に負えないスケールのことを持ち出して、必要以上に深刻になってしまうことでありまして、ええ、最初にそういったことを具体的に思考に絡めて、よせばいいのに悩み苦しんでおったのが実に小学校から中学校に上がるか上がらないか、そのぐらいの時期だったんじゃないですかね。

その時に聴いたブルーハーツの歌詞というのが、アタシにとっては救いであり天啓であり、キリスト教徒にとっての聖書とか、中国共産党員にとっての毛沢東語録とか、アントニオ猪木ファンにとっての赤いバスタオルとか、猫にとってのマタタビとか、そういうものだったんですね。

で、親父に

「この音楽は一体何ていう音楽だ?」

と訊いたら、親父は

「パンクだ」

と言うのです。

そもそもパンクというのは、世の中の体制みたいなものにノーを唱えるメッセージみたいなもんが必要なんだ、と。

アタマの悪い小学生ながら、ほほぉと思いまして、アタシはパンクにのめりこんで行く訳です。

パンクロックというのは、1970年代のイギリスで誕生したんだと言われ、イギリスのパンクも聴きたかった訳なんですが、そもそもブルーハーツの歌詞に感動したお子様なので、英語の歌詞は分からないからとりあえず日本語のパンクを聴かせてくれやと、オススメされるままにアナーキーとかスタークラブとか、ラフィンノーズとかもよぉ聴いとりました。

その頃丁度バンドブームというのがあって、ラフィンノーズは2コ上とかの先輩達が「ゲット!ゲット!ゲットグローリー!」とか言って盛り上がってました。

アタシもその中に恐る恐る混ざってみたりしたこともありましたが、いやちょっと待て、そもそもこの”パンクロック”というのは、みんなで仲良く一緒にをーをー言う種類のパンクロックだ。そもそもアタシが好きなのは、何かこうもっと個人的なアレのヒリヒリしたところにチクッとくるようなものが欲しいんだ。と思いまして、田舎ということもあり「パンクロックは家で一人で聴く音楽」に、早々と認定してしまい、それについて学校とかではっちゃけることはあんまなかったです。

そもそもアタシは暗い人間です。

学校を適当に切り上げて、ウキウキで家に帰ってきたら自転車で街に出てCDとジュースとお菓子を買って、家で聴く。たまに友達と街で会えば、そりゃ遅くなるまで適当なことで盛り上がったりもしましたが、そもそも心はいつも我が家の自室のCDラジカセと共にあるよーなクソガキでした。

例えば夜の10時とかに帰ってきても、サッとメシ喰って、ジャッと風呂浴びて、部屋に籠って爆音で音楽を聴くと。

それを面白がって見ていたのが母親で「これを聴きなさい」とオススメしてくれたカセットテープには、スターリン、レピッシュ、PINK、BUCK-TICK、筋肉少女帯、そして町田町蔵のバンド”INU”なんかが入っておりました。

そもそも母親は、そういうカセットにしれっと遊佐未森なんかを入れるヒドい人なんでありますが、この人の「これ、パンクよ」と言うバンドやアーティストの曲は、大体どれも「仲間ををーをー言わない歌詞/音楽」だったりして、非常に好感が持てたのですが、特に「これがいいの!」と熱を上げていたのがスターリンと町田町蔵です。

今は作家の町田康として、素晴らしい小説や随筆をたくさん書いておられる人なんですが、そもそもこの人はパンクロッカーで、高校時代からもうバンド組んで関西では名の売れた人だったんですよ。



【収録曲】
1.フェイド アウト
2.つるつるの壷
3.おっさんとおばはん
4.ダムダム弾
5.夢の中へ
6.メシ喰うな!
7.ライト サイダーB(スカッと地獄)
8.インロウタキン
9.305
10.メリーゴーラウンド
11.気い狂て


INUですねぇ。

このアルバムは町蔵が”INU”としてリリースした唯一のアルバムです。はい『日本のパンクロックの黎明期の名盤』と呼ばれております。

名前がそもそも『町田町蔵』なんていうイカツい名前でパンクロッカーと言うんですから、アタシはてっきり何か物凄いゴツい声の、坊主頭で人相も凶悪で、上半身裸のプロレスラーみたいな人を想像していたんですが、ご本人のルックスは非常に端正なお兄さんで、ヴォーカル・スタイルも思ってたより全然ゴツくない、ついでに言えば音楽的にも拳振り上げて全力疾走する、いわゆるパンクロックというよりも、その後のニューウェーブの、物凄い硬派なヤツみたいな感じで、音楽的な完成度みたいなものが、あ、これは高いなと、そもそも音楽的な完成度とかそういう高度なことは分からなかったくせにそう思ったんです。

メンバーはとても流動的だったようですが、北田昌宏の緊張感溢れるギターが凄くて、町蔵の内へ内へと沈み込んで爆発する狂気のヴォーカルがギットギトに描く世界観と異常な親和性でリンクして、もう怖いぐらいなんですよ。

そう、このアルバムの「凄いなこれ」と思わせるところには、特有の”怖さ”というものがあります。

町蔵の歌詞は、この時代から(確かこれ書いた時はまだ十代だったと思う)実に文学的でやぶれかぶれで、内から湧き出るむき出しの言葉を、音程とか共感すらもどうでもいい、そんな潔さで聴き手の意識にぶつけてきます。

そもそも一人称が”俺達”になりがちな(言葉としてではなく態度として)ロックにあって、終始一貫して一人称”俺”なんですよ。


沢山の人間が居て 俺はその中の一人
定まらぬ視線の中で みんなお互い窒息寸前
ええ加減にせんと気い狂て死ぬ



大衆、世の中、世間・・・まぁ何でもいいんですが、そういった実に曖昧でやたら大きなものに、ガリガリの上半身を曝して包丁握って自爆しに行く。仲間なんぞいらん、勝手にやらかして勝手に死んだるわい!どの歌詞からも、そういったヒリヒリしたメッセージがガンガン飛んできて、あぁ、これはパンクだなと、納得なんか出来なくても、叫び、振り絞り、呻き、呟く町蔵のヴォーカルには、安直な”みんなでがんばろう”みたいなものを、吹き飛ばして切り裂いて、足で踏みつけてグチャグチャにする、凄まじい呪詛として、アタシの脳裏には写りました。

そもそも凄まじいネガティヴの力です。でもこのINUのサウンドと町蔵の怨念ヴォーカルには、クールでスタイリッシュなUKパンクから、そのまんま影響を受けた”パンク”にはない”パンク”を感じてしょうがないんですよ。

そもそも音楽に必要なものって、こういう正当な怒りなんじゃないかと、大人になってどうでもいい物分りの良さを身に付けたつもりのアタシは、今冷静に思っています。



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 11:55| Comment(0) | 日本のロック・ポップス・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

O.V.ライト イントゥ・サムシン

1.jpg
O.V.ライト/イントゥ・サムシン
(Hi/SOLID)

しとしとと冷たい雨の降る11月です。

何となく”歌”が聴きたくて、我が家のCDをあれこれ物色してますが、今日は「やっぱり歌といえばソウルでしょう」な気分。そうです、ソウルです。

え〜、ソウルにも色々ありまして・・・と言うと長い上にややこしい話になりますので割愛。名だたるシンガー”しか”いないソウルの世界でアタシがこよなく愛するのが、ディープなフィーリングとパワフルな歌唱で聴き手の魂までも強引に浄化してしまう”親方”ことO.V.ライト。

もうね、この人の声はスピーカーから出てきた瞬間に、聴いてる方の意識が別次元に飛ばされるんですよね。

十代の頃から南部のゴスペル・グループ(サンセット・トラベラーズ)で活躍し「天才リードシンガー」と呼ばれていたけれど、それこそリードともなれば”凄い”は当たり前の連中がゴロゴロしている中で頭ひとつ抜きん出た存在だったというのは、つまりもう形容する言葉もないぐらい、その歌声は素晴らしかったということです。

喉から腹からつま先まで、体全体を大きく震わせて放たれるその渾身のシャウトは、強いだけでなく、聴き手の心を激しくゆさぶった後に、えもいえぬ優しさが、じんわりじんわり沁みてくる。

えぇ、アタシは無学な日本人だ。英語の歌を聴いてパッとどんなことを歌ってんだかわからない。それでもねぇ、歌ってのはそんなじゃないんだよ、頭で聴くんじゃなくて魂(ソウル)で聴いてグッときたら、それが言葉以上の真実なんだよ。と親方はいいます。

イエス、ブラザー。おぉイエス、あぁいいねぇ・・・。と、聴いているうちに心の洗濯と漂白までも終わり(つまりCDやレコードが全部再生し終わったということ)さぁ俺も強く生きるべと、そんな力を与えてくれる親方の歌唱。あぁイエス・・・。

バイオグラフィーを辿れば、そのパワフルを極めた聖なる歌声とは裏腹に、服、車、酒、麻薬などであっという間にカネを消費して、ギャラはその場で使い果たす。特にヘロインに関しては何度も逮捕され投獄され、晩年には薬代欲しさで窃盗をしてしまって逮捕されてしまう。41歳で亡くなったのも結局は長年の不摂生に麻薬の常習がたたって血管がボロボロになったことが原因の心臓発作。

その歌声で多くの人を救いながらも、自らは何ひとつ救われなかった悲しい人生を見るに何ともしのびない気持ちになりますが、歌を聴いてると、何かもう人生全てを投げ打って”うた”に特化した人だったのかな、本人は多分それに気付いてなかったんだろうけどと思ってしまいます。

さてさて、そんなO.V.ライト親方が、麻薬中毒や度重なる逮捕投獄のトラブルにまみれながらも最後の魂を振り絞って名唱を聴かせてくれるのが、1977年から亡くなる1981年まで在籍していた南部メンフィスのハイ・レコード時代。

よく「O.V.ライトの全盛期は、ハイの前のバックビート時代だ」という声も聞きます。

確かにバックビート時代は素晴らしいという意見に異論はありませんが、この時代の音源がようやくCDで普通に出回って聴けるようになったのは、実はつい最近の事で、個人的にはそれ以前から十分な「凄さ」を教えてくれたハイ・レコード時代のアルバムに並みならぬ愛着を感じております。や、親方がシャウトしてスクリームすれば、それがいつの時代の音源であろうが、バックが何だろうがそりゃもう最高なんですが。

で、そんなバックビートにはデビュー後の1965年から1974年まで所属しておりましたが、なかなか大ヒットを出せず、しかもそのプライベートに様々な問題を抱えていたO.V.は、バックビートが倒産し、大手ABCに会社を売却した1975年に2枚のシングルを出した後に契約を解除されております。

実は73年から75年まで、例によって麻薬で逮捕されて刑務所に居たんですね。

逮捕され、レコード会社からの契約も解除され、身体には未だ麻薬中毒から抜け出せないという三重苦を抱えていて、ほとんど”もうダメな状態”にあった1976年、メンフィスにあるハイ・レコードがO.V.を拾う形で契約を取り付けております。

肉体的にも精神的にも、恐らくこの人は最期まで立ち直ることは出来なかったと思うんですが、マイクに向かった時は別人だったと、多くの関係者が証言しております。

ハイというレーベルは、南部メンフィスにありながら、独特のメロウな洗練されたサウンドが売りのレーベル。

ゴスペル上がりのR&Bシンガー特有のワイルドネスを持った、O.V.親方のヴォーカル・スタイルというのは、実はこの洗練された70年代型のサウンドとは水と油だったんです。

しかし、久々のレコーディングで意欲に燃えていた親方の気迫がそうさせたのか、移籍第一弾の「イントゥ・サムシン」は並々ならぬ完成度の高さと、メロウネス溢れるハイ・サウンドと魂のヴォーカルが奇跡の融合をこれでもかと聴かせてくれます。



【収録曲】
1.イントゥ・サムシング(キャント・シェイク・ルース) 
2.アイ・フィール・ラヴ・グロウイン 
3.プレシャス・プレシャス 
4.ザ・タイム・ウィ・ハヴ 
5.ユー・ガッタ・ハヴ・ラヴ 
6.トライング・トゥ・リヴ・マイ・ライフ 
7.メドレー:ゴッド・ブレスト・アワ・ラヴ〜男が女を愛する時〜ザッツ・ハウ・ストロング・マイ・ラヴ・イズ


ピアノだけをバックに、切々たるほぼアカペラのヴォーカルから、ファンキーなバンド・サウンドが入った瞬間にゴキゲンなミドル・アップのテンポでグイグイ攻めるオープニングの「イントゥ・サムシング(キャント・シェイク・ルース)」で、もう”決まり”であります。

本人曰く『ディスコ・サウンドを取り入れた』と語るアルバムですが、どんなにテンポアップしても、どんなにバックが華やかでも、声の切実度が常にメーター振り切っている親方の歌唱に、ディスコの(良い意味でも悪い意味でも)あの軽薄さはありません。

この一曲でガッツリ聴き手の心を沸点に高めて「ア・フィール・ラヴ・グロウィン」「プレシャス・プレシャス」「ザ・タイム・ウィ・ハヴ」と、たたみかけるバラードで、一気に天国の階段の最上段まで持って行く。そしてラストのソウル史上に残る名唱「ゴッド・ブレスト・アワ・ラヴ〜男が女を愛する時〜ザッツ・ハウ・ストロング・マイ・ラヴ・イズ」の12分にも及ぶ感動の嵐。

このメドレーはですね、アル・グリーン、パーシー・スレッジと、彼が目標としたシンガーの代表曲を歌って最後に、自分自身のデビュー曲をかますんですよね。曲と曲、それぞれのクライマックスからサビの凄さ、そりゃもちろんですが、この時親方の心に去来した想いは一体どんなだったろうと思うと胸の熱が止まりません。

とりあえず親方の作品に”これはハズレ”というのはございませんが、これ以降恐らく体調の悪化により、歌い方をメロウなものにシフトしてゆくO.V.の、これは最後の絶頂を記録したものであると共に「ソウルと呼ばれた音楽」その輝きの一番最後の方の、儚く美しい瞬間を刻んだものであると思います。

いや、もう何か泣けちゃって、このレビュー多分文章になってないです。







『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:32| Comment(0) | ソウル、ファンク、R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

ザ・ビートルズ・クリスマス・レコード(7inch)

1.jpg
The Beatles Christmas Record(7inch Box)

(Apple)


いやもうアレですよ、もんすごーーーーく長い夏が終わって、やれやれ秋だねぇなんて言ってる間もなく、すっかり11月も後半です。

これはもうアレですよ、アレの準備をしなければいけません。都会など、早いところではもうすっかりアレを前面に打ち出して派手にやってると言いますからね。

そう”アレ”です。何がアレかというとクリスマスです。

そう、もうそんな季節なんですよーー!(汗)

えぇとですね、毎年この時期になると追われてしまいますね。

そう、このブログの”クリスマス特集”では、世にあんまり知られてない面白くて音楽的にも充実したクリスマス作品を、ジャンルを問わず紹介しよう!

と、気合いを入れてますが、今年の一発目はビートルズです。





ビートルズみたいな超有名バンドのクリスマスだと?そんなのメジャー過ぎて面白くねぇぞ!

と、お思いの方もいらっしゃるでしょうが、実はビートルズは物凄く有名なバンドでありながらクリスマス・アルバムを出しておりません。

しかし、そこはやっぱりビートルズでありまして、ファンクラブ向け”だけ”に、クリスマスレコード(7インチ盤)を出しておったんですね。

アタシはレコード屋で働いていて、そのファンクラブ向け7インチの現物は見たことないんですが、もし出回っていたら恐らく凄まじい高値になるだろうというオソロシイ話は聞いたことあります。

それが何と、今年は当時の仕様そのままの7インチアナログレコードで初めて販売されるというんです。

ビートルズは1962年にシングル『ラヴ・ミー・ドゥー』でデビュー。翌1963年にアルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』をリリースしております。

で、デビューしたその年の1963年から、解散直前の1969年まで、毎年ファンクラブ向けの「クリスマス特別レコード」を配布しておった。

内訳は以下の通りです↓


1963:The Beatles'Christmas Record
(Recorded:17 October 1963 - Studio Two, EMI Studios, Abbey Road, London)

1964: Another Beatles Christmas Record
(Recorded:26 October 1964 - Studio Two, EMI Studios, Abbey Road, London)

1965: The Beatles' Third Christmas Record
(Recorded:8 November 1965 - Studio Two, EMI Studios, Abbey Road, London)

1966:Pantomime - Everywhere It's Christmas: The Beatles' Fourth Christmas Record
(Recorded:25 November 1966 - Dick James Music, New Oxford Street, London)

1967:Christmas Time (Is Here Again): The Beatles’ Fifth Christmas Record
(Recorded:28 November 1967 - Studio Three, EMI Studios, Abbey Road, London)

1968: The Beatles' Sixth Christmas Record
(Recorded:1968, various locations)

1969:The Beatles' Seventh Christmas Record
(Recorded: 1969, various locations)


内容はどれも「ファンクラブ通信」みたいな、思いっきり砕けたやつで、あぁ本当にアイドル的人気だったんだなぁと、お祭り気分と共に楽しめる感じであります。クリスマスのために気合い入れて歌を作りました!とかそういうのではとりあえずないですが、こういうのファンはたまらんですな。

で、今回は7枚のシングル全てが復刻した上に、専用ボックスケースとブックレットが付きます。

こういうのはもう「祭り」なのでとことん楽しんじゃいましょう♪

発売は12月15日ですが、予約は早めがいいと思います。例の如く絶対早く売り切れます。




あ『ビートルズでクリスマス』といえばコノ人達↓



ビートルズの有名曲を全て完璧にクリスマス・ソング化する、というオソロシイ完コピバンドの名盤ですので、ビートルズ好きな方はぜひともこっちも聴かれてみてくださいな♪

『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:06| Comment(0) | クリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする