2017年11月15日

マハヴィシュヌ・オーケストラ 火の鳥

1.jpg
マハヴィシュヌ・オーケストラ/火の鳥
(SMJミュージック)

そんな訳でジョン・マクラフリンです。

この人はもうアレですよね、全ジャンル合わせた多数のギタリスト達の中で

”スーパーギタリスト”

と、呼ばれるようになった、その元祖とも言える人でありましょうね。

一応ジャンルでいえば『ジャズ』のカテゴリに属してはおります。

でも、その活動は幅広くて、マイルスのエレクトリック・バンドでギンギンにロックなギターを弾いてたかと思えば、ソロではフュージョンの草分け的なことをやりつつ、インド音楽にドップリはまったり、パコ・デ・ルシアやアル・ディメオラとかとフラメンコ・ギターなことをやったり、ガットギターに内蔵シンセを仕込んで、ちょっと独特の音楽やったり(アタシはこれを”爽やか曇天サイケ”と呼んでおりますなぁ)、まぁ実にジャンルでは括れない人です。

とにかく「あ、これやろう♪」と思ったら、考えるより先にプレイしちゃうタイプなんでしょうね。

でも、どの方向に行っても、そのいずれのスタイルでも、もれなくガチな超絶技巧でギターを弾き倒してくれるので、節操がないと思ったことはありません。むしろあらゆる音楽に対してギター一本でボコボコにしに行くというか、どんな音楽だろうがオレのギターを聴かせるためのものであるという風に、どちらかといえば躊躇とか容赦とかいうものがない人だと思います。

故にジョン・マクラフリンって人は”スーパー・ギタリスト”なんですねぇ。音楽を聴く時は「今日はジャズを聴くぞ」とか「ブルースを聴くぞ」とか「激しい曲が聴きたい」とか「いいえ、しっとりしたいわ」とか、そういう風にジャンルや雰囲気でセレクトしたりすることが多いんですが、ジョン・マクラフリン聴く時は「あ、今日はジョン・マクラフリンのギターにボコボコにされたいな」と、みんな思って聴くんです。

ジョン・マクラフリンが異様な手数で煮えたぎった音符を空間に放てばそこにはもうジャズとかロックとか、微妙な情緒とかムードなんてものは存在しない。ひたすらに「ジョン・マクラフリンのギターが鳴ってる場所」というものになってしまい、他のものが入る余地は1ミリもなくなる。怖いですね。でもそういう圧倒的な存在感そのもので演奏を聴かせてしまう人って、実はそういるもんじゃあないんです。故にジョン・マクラフリンって人は”スーパー・ギタリスト”なんですねぇ(二回目)。

色んなメディアがその超絶技巧を絶賛しながら紹介する人でありますが、やはりその独自の世界を無理矢理力づくで切り開いたそのスタイルは、やはり言葉で説明するのは難しいんでしょう。特に90年代は”フュージョン”という枠で紹介されることの多い人だったんで、んで、その頃のアタシといえば

・フュージョン=爽やか

という偏見を勝手に持っていたので「フュージョンかぁ・・・」とナメていたのは事実です。

それを最初に打ち壊してくれたのが、マイルス・デイヴィスの『ジャック・ジョンソン』というアルバムで、その中でギンギンに歪んだ音で、多分マイルスに「やめろ!」って言われるまで止める気がないぐらいの勢いでギンギンにロックなソロを弾きまくっていた不良なギターに側頭部を撃たれてしまい、それがジョン・マクラフリンだよと知ってから、ちょいとばかり考え方が変わり、2発目に今度は後頭部を強打されて思わず「すいませんでした」と言ってしまったのがコレです↓



【パーソネル】
ジョン・マクラフリン(g)
ヤン・ハマー(key)
リック・レアード(b)
ビリー・コブハム(ds)
ジュリー・グッドマン(vln)

【収録曲】
1.火の鳥
2.マイルス・ビヨンド(マイルス・デイビス)
3.天界と下界を行き交う男
4.サファイア・バレット・オブ・ピュア・ラヴ
5.サウザンド・アイランド・パーク
6.ホープ
7.ワン・ワード
8.サンクチュアリ
9.オープン・カントリー・ジョイ
10.リゾリューション


これはジョン・マクラフリンが1973年、マイルス・デイヴィスの薦めで結成した自分のバンド”マハヴィシュヌ・オーケストラ”の2枚目のアルバムです。

オーケストラと言いながら編成はギター、キーボード、ベース、ドラム、ヴィオリンと、意外や小編成なんですが、はい、マクラフリンのギターと、ビリー・コブハムのドラムがですね、同じ楽器の演奏者3人分ぐらい手数多いしうるさいので、たった5人の演奏とは思えない重厚で激烈な”音の洪水”いやむしろ”手数の大炎上”を聴き狂うことが出来ます。

もちろん大人しく4ビートなんかやる訳もなく、最初からギターはディスト―ションガンガンだし、チョーキング撃ちまくりだし、この時代出たばかりのシンセで色んな音を出してはっちゃけてるヤン・ハマーは何となくマッド・サイエンティストな感じするし、ギターに寄り添うように上手く即興のソロに合いの手を入れたりフレーズをバトンタッチして美しいメロディを奏でてると思いきや、暴走するギターに合わせていつの間にか危ない展開まっしぐらのヴァイオリンもかなりキてるし、ジャズ、ロック、ファンク、それから多分インド音楽の即興からこれ、多くの影響を受けてると思うんですが、メジャーでもマイナーでもない奇妙奇天烈なフレーズが、あっち行ったりこっち行ったり、変拍子でぶった切られてはまたうにょうにょ増殖して、何つーかプログレの鬼みたいに激しいやつみたいな展開だし、で、一番大事なのはここなんですが、ビリー・コブハムのドラムがとにかくうるさい(笑)。

最初から最後まで、聴き手をホッとさせるような展開がまったくないんですよ。とにかく押して押して、叩いて叩いて弾き倒す。その力技極まりない全楽器の超絶技巧のフル爆発が、聴く人の意識を無理矢理何とも言えない快感の高みへかっさらっていくんですね。

だから音楽としてはジャズとロック、プラス何かの融合であるところの、正しい意味でのこれは”フュージョン”ではあるんですが、アタシがこの演奏と似たようなエネルギーを感じるのは、実はジャズでもプログレでもない、メタリカです。「メタル・ジャスティス」辺りの、凄まじいエネルギーの爆発と、考え尽くされたアレンジの奇跡のバランスで鳴り響いている音楽であるところのアレです。聴く時はくれぐれも爆音で。



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:08| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする