2017年11月28日

イントロデューシング・ポール・ブレイ

6.jpg



Introducing Paul Bray with.Charles Mingus,Art Blakey


(Debut/OJC)


昨日にひきつづき、ポール・ブレイです。

何でかって言うと、昨日書いた『オープン・トゥ・ラヴ』の記事を見ると、どうも自分の感激とか感動とか、そういう心の内側の想いの強さだけで、あぁ、記事を書いちゃったなぁ、これじゃあ肝心のポール・ブレイって人がどんな人だかよくわからんなぁと思ったからです。

いやしかしですね皆さん、言い訳になってしまうかも知れませんが、あのアルバムはもうしょうがないんですよ。ジャズがどうの、スタイルがどうのから、弾いてる人がどうのまで、演奏が凌駕してしまう、本当に演奏だけ、いや、演奏の中で響いている音や無音だけで存在が完璧に成り立ってしまうような、究極のピアノ芸術でありますから・・・。

という訳で(どんな訳だ)今日はこの鬼才ピアニストの初期のアルバムを紹介しながら、彼のバイオグラフィ的なことについてもちょこっとお話します。

まず、ポール・ブレイという人は1932年、カナダで生まれました。

服飾工場を経営する、比較的裕福なユダヤ系商人の家庭に生まれた彼は、幼少から恵まれた環境で音楽を学んでおり、何と11歳で地元のマクギル音楽院を卒業。そして、ニューヨークのジュリアード音楽院へ進学して、この時作曲法と指揮を学んでおります。

で、卒業後は完全に”ジャズの人”になります。

地元モントリオールの若者らとジャズの研究会を立ち上げ、その会でニューヨークの一流ミュージシャン達を次々と呼んで、更にセッションも行っておりますが、この時交流したミュージシャン達というのが、チャーリー・パーカーやレスター・ヤング、ベン・ウェブスターという、戦前〜戦後のジャズの、伝説と言っていい凄い人達。

ブレイ少年は、こんな凄いメンツを呼んで何をやってたかと言うと、何とフツーに共演して、一緒にレコーディングとかしてるんですね。

いやはや、クソ度胸があるというか末恐ろしいというか・・・。

ブレイは先輩達に上手におべっかを使って気に入られるような、そんなタイプではなく、むしろどんな相手にも毅然と接し、演奏や音楽のことにおいて、真摯に語ったりとことん質問して追究するようなタイプでありました。

「カナダの小僧、なかなかやるな」

と、大物達は思ったに違いありません。

そんなブレイに

「お前気に入った。オレがプロデュースしてやるからアルバム作らないか?」

と、声をかけた大物がチャールス・ミンガスです。

ミンガスって人は、もちろん凄腕のベーシストでありますが、実は早い段階から「ジャズの演奏に高度なアレンジや更に複雑なリズムを織り交ぜて、一等質の高いものを作ろう」と目論んでおりました。

音楽学校で専門の作曲や編曲技術を身に付け、しかもピアノは恐ろしく上手い。更に単なる頭でっかちではなくて、クールなたたずまいの中には知識から飛躍しようとするギラギラした野心も持っている。そんなブレイにミンガスは「コイツだ!」と思います。

丁度その頃といえば1953年。ミンガスはレコード会社の方針が気に入らず、自分が中心となって、アーティストの表現欲求を叶えるレーベルをシーンに定着させるべく『Debut(デビュー)』というインディーズレーベルを立ち上げており、若く新しい表現を開拓することに並ならぬ情熱を燃やすジャズミュージシャンも募っておったんです。






【収録曲】
ポール・ブレイ(p)
チャールス・ミンガス(b)
アート・ブレイキー(ds)

【収録曲】
1.Opus One
2.(Teapot) Walkin'
3.Like Someone in Love
4.Spontaneous Combustion
5.Split Kick
6.I Can't Get Started
7.Santa Claus Is Coming to Town
8.Opus One - (alternate take)
9.The Theme(bonus track)
10.This Time the Dream's on Me(bonus track)
11.Zootcase(bonus track)

録音年月日 1953年11月30日


これぞ鬼才として長いキャリア毎に、ジャズ・ピアノの常識を根底から次々と変えてゆく作品を世に放ってきた、ポール・ブレイのデビュー・アルバムです。

ブレイはこの時21歳。ミンガスが「ドラマーにはとっておきのヤツを用意しといたぜ」とスタジオに呼んだのが、何と後にジャズ・メッセンジャーズを結成し、モダン・ジャズの代名詞とも言われる超大物ドラマー、アート・ブレイキー。

しかし、ブレイはそんな大物を前にしても全然ビビったそぶりを見せません。

しっとりと落ち着いた、それでいて独自のキリッとした芯のあるピアノの音質で、極めて上質な”聴かせるジャズ”を演奏し、煽りに関しては超一流で、ようし一丁揉んでやるかーなテンションだったはずのミンガス、ブレイキーという荒武者を、見事にジェントルなサイドマンに仕立て上げて従えておるんです(ボリュームを上げると速めの曲で「Go,Go,」と、多分ミンガスの煽り声が聞こえますが)。

これが凄くいんですね。特に「Like Someone In Love」「I Can't Get Started」などのバラードで聴ける、とろけるような甘いメロディーの余韻は、もうこのままのスタイルでこれ以後やってても「ポール・ブレイというとにかくメロディの美的センスに優れたピアニストが・・・」と、形容されてもおかしくない、完成の域に達した演奏であります。

そうなんです、とかく個性的なスタイルを築き上げた人の初期のアルバムは「まだ個性が確立されてはいないが、この頃から予兆はある」とか「勢いに任せた荒削りなプレイが魅力」とか言われがちではありますが、ブレイのこのアルバムは、そんなところ微塵も感じさせません。

確かにこのアルバムでの演奏は、スッキリした”常識”の範囲内に収まった、実に聴き易いモダン・ジャズ、ビ・バップ・ピアノではありますが、それでもその枠組みの中で存分に発揮されたオリジナリティ、つまり甘美でクールでハードな持ち味というのは、他の誰とも似ていないのです。

ブレイは時期によってスタイルをガラッと変えておりますが、やはりどの時期のアルバムからも、全ての演奏に通じるゆるぎない美学を感じます。




”ポール・ブレイ”関連記事





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:23| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする