2017年12月25日

ローラ・ニーロ イーライと13番目の懺悔

1.jpg
ローラ・ニーロ/イーライと13番目の懺悔
(ソニー・ミュージック)

はい、相変わらず”歌”というものについてガラにもなく真面目に色々考えております。

ここのところのアタシのテーマは”ブルースとローラ・ニーロ”なので、前回のデビュー・アルバム『モア・ザ・ア・ニュー・ディスカバリー』に続きまして、本日は1968年にリリースされたセカンド・アルバム『イーライと13番目の懺悔』について書きたいと思います。

前にもちょっとお話しましたが、ローラ・ニーロという人は、まるで歌という生き物が人間の姿をしているかのような、言ってみれば化身のような存在です。

大体シンガーとかミュージシャンというのは、優しいとか激しいとか、声が綺麗とかパワフルだとか、何かに特化した形容詞で語られることが多く、実際聴いてみたら「あ、その通りだ」と思うことも多いのですが、ローラ・ニーロに関しては不思議なことに「ローラ・ニーロは〇〇なシンガーだよ」と、一言で形容するのはなかなか難しく、例え出来たとしても、その形容詞から彼女の個性や存在感、または歌に込められた底無しの情感や情念といったものがスーッと抜けて行く。

無理矢理形容してしまえば、彼女の声はとても澄んでいて妖しく濁っていて、繊細な感情表現とパワフルなエモーションの塊が同時に滲み出ながら吐き出されていて、明るいけどどこか闇があり、複雑な思考とストレートな感情の吐露が同じ瞬間に同じ言葉をつぶやいて叫び、つまり彼女の声は聴く人の魂のための子守唄であり、彼女自身の叫びである・・・。と。かなり無理矢理な感じになってしまいますが、実際に彼女の歌を聴くと、この全部を「あ、なるほど」と思えてしまう。そういう特別なシンガーなんです。



【収録曲】
(Disc-2)
1.ラッキー
2.ルー
3.スウィート・ブラインドネス
4.ポヴァティ・トレイン
5.ロンリー・ウィメン
6.イーライがやって来る
7.タイマー
8.ストーンド・ソウル・ピクニック
9.エミー
10.ウーマンズ・ブルース
11.ファーマー・ジョー
12.ディセンバーズ・ブードア
13.懺悔
14.ルー (デモ) (Previously unreleased) (ボーナス・トラック)
15.ストーンド・ソウル・ピクニック (デモ) (Previously unreleased) (ボーナス・トラック)
16.エミー (デモ) (Previously unreleased) (ボーナス・トラック)

(Disc-2)
1.ラッキー (MONO)
2.ルー (MONO)
3.スウィート・ブラインドネス (MONO)
4.ポヴァティ・トレイン (MONO)
5.ロンリー・ウィメン (MONO)
6.イーライがやって来る (MONO)
7.タイマー (MONO)
8.ストーンド・ソウル・ピクニック (MONO)
9.エミー (MONO)
10.ウーマンズ・ブルース (MONO)
11.ファーマー・ジョー (MONO)
12.ディセンバーズ・ブードア (MONO)
13.懺悔 (MONO)
14.イーライがやって来る (シングル・ヴァージョン) (MONO)
15.セイヴ・ザ・カントリー(国を救え) (シングル・ヴァージョン) (MONO)


『イーライと13番目の懺悔』は、ちょろっと聴いて深く不思議な感動を、ヒリヒリした感傷の疼きと共に覚えたローラ・ニーロという人のことをもっと知りたくて、アタシが最初に買ったアルバムです。

黒の背景に黒髪の、何とも言えない知的な憂いを感じさせる表情の女性だけが大写しになったポートレイト、このジャケットだけで「あ、これは買いだ」と思ってなけなしのカネをはたいてレコードを購入し、想像よりもやはり素晴らしくバラエティに富んだ飽きの来ない内容に夢中になった思い出深い一枚なんです。

楽曲はファースト・アルバムより更にジャズ的な洗練を推し進めたような感じで、都会的なジョニ・ミッチェル、雨の日の透明なジャニス・ジョプリン、或いは感情の振れ幅が凄まじいキャロル・キング、のような感じと言えるでしょうか。明るいのにどこかエキセントリックな狂気、あぁまた形容詞の泥沼にはまり込んでしまう・・・。

このアルバムからもR&Bを代表するコーラス・グループ、フィフス・ディメンションがカヴァーした大ヒット曲『スウィート・ブラインドネス』や『ストーンド・ソウル・ピクニック』、そしてカヴァー・ヒットの大家といえばの3ピース・ロック/ポップス・バンド、スリードッグナイトがヒットさせた『イーライがやってくる』など、ソングライターとしての凄まじさを証明するポップス名曲がたくさん入っているし、かの鬼才ポップスター、トッド・ラングレンが「イーライと13番目の懺悔は僕が一番影響を受けたアルバムなんだ」と語るなど、”凄いよ”ということの裏付けにはかかせませんが、そんなことすらアルバムを聴いて彼女の歌を聴きながら、めまぐるしく展開する凄いアレンジの曲が持つ、ソウルもジャズもたっぷり入っているけど(サックスには何とズート・シムズも参加している!)、そのどちらからもカッコ良く飛翔しているグルーヴに身も心も任せながら「はぁあ・・・くぅぅ・・・」と悶えて聴くのが正解です。

それにしてもこの声、そして誰にでも受け入れられそうな(実際他人がカバーして大ヒットとなった)曲をたくさん作っていながらも、全てが個性的過ぎてリアルタイムではあまり多くの人に理解されなかったというローラの音世界。

その素晴らしさ、それ以上に感情の一番脆いところをダイレクトに揺さぶってくる”歌”や”音”が持つエモーションはどう言葉で表現したらいいんでしょう。分かりませんね、未だに分かりません。その底知れぬ、安易な形容を美しく拒絶するローラの魅力は怖いぐらいです。だからいつまでも飽きることなく聴き込む度に聴き惚れてしまいます。






『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』
posted by サウンズパル at 19:08| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする