2018年01月26日

コーネル・デュプリー ティージン

1.jpg
コーネル・デュプリー/ティージン
(Atlantic/ワーナー・ミュージック)

さて皆さん、お待たせしました。

今日まで硬派なやつとかファンキーなやつとか、色々と知られざる名盤をご紹介してきまして

「やっぱりアレだろ、70年代ジャズってのはフュージョン抜きでは語れねーだろー」

という、いずかたからの心の声が、アタシにも響いてきたところで今日はフュージョンでございます。

その前に「フュージョンってよく聞くけど、ぶっちゃけ何?」と、結構問い合わせを受けるんですよ。

確かに。フュージョンってのは、ジャズから発生した”新しい音楽”の呼び名でありますが、我が国においてフュージョンの全盛期ってのは1980年代。

その頃はカシオペアやTスクエアといったスーパーバンドがもう飛ぶと鳥を落とす勢いの大人気で、実はその時フュージョンを夢中で聴いていた人達(アタシより10ぐらい上の、今50代の人達ですかね)ってのは、学生の時にジャズを経由せずに、もうその頃の人気フュージョン・バンドやアーティスト達の作品を、ジャズとか何とか関係なく”フュージョンという音楽”として耳にすることが出来た。

で、よく本なんかを読んでいますと

「フュージョンというのはマイルス・デイヴィスが最初にジャズに電気楽器やロックビートなどを入れる事により云々、そしてその影響下からウェザー・リポートやチック・コリアのリターン・トゥ・フォーエヴァーが云々、一方西海岸ではソウル/R&BのフィールドからStuffが云々」

と、割と難しく書いてありますが、多分フュージョン好きな人にとってはこういうお話、あんまどーでもいいんじゃないかなぁと、アタシ思うんです。

じゃあ今更どうフュージョンを説明するの?

と訊かれれば、それはそうですねぇ、じゃあザックリとシンプルに行きましょうか。

はい、フュージョンって音楽は、元々ジャズも出来るR&B畑のミュージシャン達が、LAとかカリフォルニアの、ちょい金持ちのオシャレな若者達が求める、海岸沿いの道をビーチで走るのに適した音楽を、いっちょう自分達もやってみようかねと、オッシャレ〜なジャズとオッシャレ〜なR&B要素を融合させて作り出した音楽です。

えぇぇ!?エレクトリック・マイルスは!?チック・コリアは?ウェザー・リポートは??

と、思う向きもおられるでしょうが、多分80年代日本で流行ったクチの”フュージョン”が好きな人達は、マイルスやリターン・トゥ・フォーエヴァーやウェザー・リポートの、ある種の”ドロドロ”を醸してるフュージョン、聴いとらんです。そんなことよりも爽やかでダンサンブルで、女にモテそーなのがいい、そういうの聴きたいと思って、そっち系の音を求めておったんでしょう。

はい、で、そんな感じのフュージョンの元祖は何になるかといえば、さっきもチョロっと名前が出てきましたが、西海岸で結成された”Stuff(スタッフ)”です。

このバンドは、主にニューヨークで活躍する腕利きのスタジオ・ミュージシャン達が集まった、ライトなR&Bをジャズのテクニックを駆使したインストで、どんな人でも楽しめるような、ポップでメロウで泥臭くないグルーヴ感がとっても魅力。

しかし、ライトなノリとはいえ、そこは70年代に様々な一流セッションで活躍した職人集団。その演奏は実に気合いが入っていて「これなんかいいよな、車で流そうか」といったBGM的な感じで聴くことも出来るポップな音楽を、同時にオーディオの前でじっくり対峙しても聴けるハイ・クオリティなものをしっかり作り、だからこそその後の”時代の音”となるサウンドの礎となり得たのであります(その思想を最も強く色濃く受け継いでいるのは、日本における山下達郎なんですが、この話長い上にクドいので今日は省略)。

さて、そんなスタッフの中心メンバーに、コーネル・デュプリーという素晴らしいギタリストがおりまして、この人が本日の主役です。

コーネル・デュプリーといえば、アレサ・フランクリンのバック・バンドのメイン・ギタリストを長年務め、はたまたレイ・チャールズ、マライア・キャリーにハリー・ベラフォンテ、マイケル・ボルトンにロバータ・フラックなどなどなど、本職のソウル/R&Bからポップスまで、錚々たる実力派シンガーのバックで見事なプレイを刻み込んだ、スタジオ・ミュージシャンの中のスタジオ・ミュージシャン。

第二次世界大戦まっただ中の1942年、アメリカ南部テキサスに生まれ、10代の頃はヒューストン・ジャンプ全盛のテキサスで、ギタリストとしてみるみる頭角を現し、そのズバ抜けたテクニックやブルース・フィーリングだけじゃなく、サイドマンとしてもキチンとバンド全体を見渡せて、そこに一番合ったバッキングで溶け合うことが出来る奴だと、大層評判でありました。

そんな活躍をしているうちに、この地が生んだスーパー・サックス吹きでありますキング・カーティスに「お前いいな」と見いだされ、若干20歳でカーティスの人気バンド”ザ・キングピンズ”に参加。

実はこのバンドには若き日のジミ・ヘンドリックスがおり、後年のぶっ飛びを思わせる過激なソロを弾いておりました。

で、コーネルはジミが派手に(地味が派手じゃないよ)暴れているバックで、黙々と最高にセンスの良いサイドギターとして頑張っており、このプレイがきっかけで、色んなレコーディングに呼ばれるようになり、テキサスの1ブルース・ギタリストから、あっという間にソウル/R&Bのシーンにはなくてはならないサイドマンとなったのです。


で、彼がようやくソロ・アーティストとして活動を開始したのが1974年。

満を持してリリースしたのが、デビュー・アルバムの『ティージン』です。



【パーソネル】
コーネル・デュプリー(g)
ジョー・ニューマン(tp)
アーニー・ロイヤル(tp)
ジョン・ファディス (tp)
ガーネット・ブラウン(tb)
ジョー・ファレル(ts)
セルダン・パウエル(bs)
トレヴァー・ケーラー(bs)
リチャード・ティー(p,org)
ポール・グリフィン(p)
ジョージ・スタッブス(p)
チャック・レイニー(b)
バーナード・パーディ(ds)
ラルフ・マクドナルド(perc)

【収録曲】
1.プレイン・オール・ブルース
2.ティージン
3.ブルー・ノクターン
4.ジャマイカン・レディ
5.フィール・オール・ライト
6.ハウ・ロング・ウィル・イット・ラスト
7.ホワット・ウッド・アイ・ドゥ・ウィズアウト・ユー?
8.オーキー・ドゥーキー・ストンプ

(録音1973年11月5・6・19・20日)


内容は、実にメロウで爽やかで、もうこの時点で後に”フュージョン”と呼ばれるサウンドを、誰よりも先取りしております。

そうそう"フュージョン"という言葉が出てきたのは、実はちょっと後になってからで、デュプリーらの「テクはジャズ、テイストはR&B」な、このテのライトメロウな音楽、出てきた頃は「クロスオーバー」と呼ばれておりました。

さてこのアルバム、どの曲も極上のリラックス・ムードに溢れていて、相棒のリチャード・ティー(p)による「ジャズ、ブルース、ソウル、そのどっちにも偏らず、かといって中途半端にならない絶妙な間合い」を意識したアレンジが効いてますね。

しかし、元々が南部テキサス仕込みの、強烈に粘るブルース・フィーリングを持っている人なので、これだけ爽やかでポップな雰囲気なのに、ギターはとことんアツい聴き応えを感じさせてくれます。

まずは1曲目『プレイン・オール・ブルース』での、絶妙ファンクなバック・サウンドに乗って、心地良く「フィーッ」と伸びてゆくチョーキング。あぁもうコレ聴くだけで幸せなんですが、曲を進める毎に、クールでメロウでポップな曲調の中からジワジワ沁みてくる、大人のアーバン・ブルースな”泣き”がもうたまらんのです。

特筆すべきは、テキサスの大先輩クラレンス”ゲイトマウス”ブラウンの大ヒット曲『オーキー・ドーキー・ストンプ』(!)前半から中盤の完璧なフュージョンの流れから、いきなりシャッフルビートでノリノリ(つうか原曲にびっくりするほど忠実なカヴァー)のヒューストン・ジャンプでバリバリに弾きまくっていて、ブルース好きにも大興奮間違いナシであります。

で、凄いのはこのロッキン極まりないブルース曲をポーンと入れても、全体の穏やかで爽やかで、ちょっぴりホロ苦い雰囲気は、全く壊していないところ。

アタシはこの人のギターが大好きで、やっぱりこのアルバム聴く時も”Stuff"聴く時も、ギターソロとカッティングを追っかけるように聴いてますが、ギター・プレイが際立ってカッコ良く聞こえるのも、この人の感覚が本能的にサイドマンで、ソロ弾いてる時も全体の雰囲気をしっかり考えて、隅々まで気配りが行き届いてるからなんだろうと、その真似出来ないクールな感性には毎度驚愕。

この人の音楽、一言で言えば「気合いの入ったフュージョン」なんですが、気合いとかそういうのどうでもいい、心地良い音が聴きたいという人には、気合いのキの字も見せず、とことんメロウに聴かせます。つくづくプロなんだなぁ、カッコイイです。


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:33| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

ディジー・ガレスピー ソウル&サルヴェーション

1.jpg
ディジー・ガレスピー ソウル&サルヴェーション


(TRIBUTE/Pヴァイン)

はい、ここ数日このブログは「1970年代のジャズって楽しいんだよ」ということを世に訴えるブログと化しております。何故かと言いますと、この時代のジャズっていうのはやっぱり知られてないけどカッコイイものが多いんですよ。

様々なスタイルのジャズやジャズ以外の音楽の良いところもセンス良く取り込んだり、或いは前の時代に勃興した新しい方法論を更に煮詰めて鋭く特化したりしておる、この時代のジャズ独自の良さは、それこそ「音楽のジャンルなんか関係ないよ、カッコ良ければそれでいいじゃん」とお思いの、広くて深い耳を持った音楽好きの人達にこそ、強くプッシュしたいのです。

さて、前回までは、70年代にデビューした(当時の)活きのいい若手フリー・ジャズ系ミュージシャン達による、硬派な作品をご紹介してきましたが、本日はベテランのイカす作品を紹介します。

トランぺッターのディジー・ガレスピーといえば、1940年代にジャズの歴史を大きく変えたモダン・ジャズの革命であるところの”ビ・バップ”の生みの親の一人として知られます。

チャーリー・パーカーの相方として、それまで誰も経験した事のなかった未曾有の高速フレーズを難なく完璧に吹きこなす超絶技巧、単純にプレイヤーとしてだけでなく、ビッグ・バンドの優れたリーダーとしてアレンジ力にも優れ、お客さんを楽しませるためのおふざけもサマになる、歌って踊れるエンターティナー。眼鏡にベレー帽、そして山羊ひげという独自の奇抜なオシャレが、ニューヨークの若者の間で”ヒップ”と注目され、ファッションリーダーとしても時代を牽引した究極の粋人。

はたまたジャズとは戦前の昔から深く関わっていたラテン、とりわけニューヨークに近いキューバの音楽を本格的に取り込んだ”アフロ・キューバン”の立役者として、どの分野でも恐ろしい程に秀でたセンスと幅の広い視野を持つ、もうすんごいすんごい人なんですが、そんなディジーが何と、1960年代の末、御年50を越えた時に

「若い連中に人気のソウルとかファンクってのがあってだな、ナニ、そいつをひとつやってみたんだ」

と、軽く本気を出してみたらめちゃくちゃカッコイイのが出来た!という、最高にファンキーなソウルジャズの作品があるんです。




【パーソネル】
ディジー・ガレスピー(tp)
ジョー・ニューマン(tp)
ガーネット・ブラウン(tb)
ベニー・パウエル(tb)
ジェームス・ムーディ(fl,as,ts)
ジョー・ファレル(fl,ts)
エディ・パザント(as)
セルダン・パウエル(bs)
ジェローム・リチャードソン(as,bs)
アル・ウィリアムス(p)
アーニー・ヘインズ(p,org)
ビリー・バトラー(g)
コーネル・デュプリー(g)
カール・リンチ(g)
ウォーリー・リチャードソン(g)
ジミー・タイレル(el-b)
レイ・ルーカス(ds)
ジョージ・デヴェンス(perc)

【収録曲】
1.Stomped And Wasted
2.Pot Licka
3.Blue Cuchifrito
4.Turnip Tops
5.The Fly Fox
6.Chicken Giblets
7.Casbah Melon
8.Clabber Biscuits
9.Rutabaga Pie
10.Turkey Fan

(録音:1969年)


はいこれですよ〜みなさん。

バックにはジョー・ファレル、ジェイムス・ムーディー、セルダン・パウエル、コーネル・デュプリーといった、モダン・ジャズの超王道からR&B畑の連中まで幅広い人材を集め、演奏は最初から最後まで、完璧なソウル、ファンク、R&B、そしてゴスペルのやり方でファンキー極まりないジャズ、というよりもインストゥルメンタルソウル/インストゥルメンタル・ファンクをやっておるんです。

ディジーをちょっとでも知ってる人には

「あのディジーがバピッシュな早吹きを一切やらないで、コクとタメを効かせたラッパだけで死ぬほど聴かせてノセてくれるんすよ!!」

と、声を大にして言いたい。

ディジーを知らない人にはアタシはもうキャッキャして

「おゥ、こらもう最高よ」

だけで多分聴いてもらえたら全てのブラック・ミュージック好きが歓喜すると思う。そんぐらいに中身が濃い濃いもー濃い、そしてジューシー♪なヤツなんです。

いやもう、あれだけ4ビートのどんなフレーズでもビシバシ容赦なくキメることの出来る120%ジャズ野郎のディジーが、ソウルやファンクのフレーズを軽々と、しかも何の違和感もナシに吹いていることがもう涙が出るほどの粋を感じて止まないんですが、いやほんと「生まれてこの方コレしかやってこなかった生粋のR&Bブラザー」のプレイかと思わせるぐらいの半端ない説得力、軽くフレーズをひねっただけで、モワモワとしたナチュラルなブルース・フィーリングが空間いっぱいに溢れ出すほどの”黒ぶり”!

かと思えば女性コーラスも参加させてのメロウネスも完璧で、ディジー・ガレスピーという人の、トータルなアーティストとしての底知れぬセンスと実力の凄さだけじゃなく、この時代のブラック・ミュージックの全ての「わぁ、いいなぁ・・・」という部分をも感じてウキウキしたりウットリ出来る、そんなアルバムなんです。

とりあえずほとんど無名のマイナー・レーベルからポーンとリリースされ、売れたのか売れなかったのかすら不明ですが、色んなレーベルから中身はほぼそのまんまでタイトルやジャケット違いとして何度も再発されてきたことから、如何にこのアルバムの内容と、真のブラック・ミュージック好きへの人気というものも伺い知れようというものであります。

あぁいかん、聴きながら書いてると興奮してもう何が何だかさっぱりな文章になってしまいましたので、とりあえず”ソウル”とか”ファンク”とかいう言葉にちょっとでも腰が反応する人は買いましょう。

そして

『ミンミンミン、ミンミンミミミミン♪』

と、コーネル・デュプリーがイントロで刻む1曲目のギター・カッティングを聴いて、レッツ・ゲット・ファキー!!

あぅっ♪




”ディジー・ガレスピー”関連記事




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:09| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

デヴィッド・マレイ ミン

6.jpg
デヴィッド・マレイ/ミン
(BlacK Saint/SOLID)

「70年代ジャズが面白いのよ!」と、つくづく思う昨今であります。

何が面白いかって、この時代は50年代のハード・バップ、60年代のモード・ジャズにフリー・ジャズにソウル・ジャズ、そしてリアルタイムで出てきたジャズファンクやフュージョンなどなど、ジャズのありとあらゆるスタイルがとりあえず出揃った段階で「さて、コイツをどうやって料理してやろうか」と、意欲に燃えるベテランから若いミュージシャンまでの、純粋に音楽的な探究心が追究された上で出来上がった作品が多い。

セールス的には、ジャズにとっては不遇の時代ではありました。

かつて一世を風靡した大物達でさえ、メジャーレーベルからの契約を切られたり、製作費を極端に減らされたりしてたんですが、そういった境遇が逆に

「よし、どーせ売れないんなら、徹底的にいいもん作ってやる!」

と、彼らの創作意欲を大いに刺激することになったんではないでしょうか。Do It Yourselfでありますね。

そして、若手の意識としては最初から芸術志向というか、そりゃあ売れるに越したことはないけど、オレはそんなんじゃなくて、カッコイイ音楽を極めたいからジャズやるんだよというものが何となく備わっており、そういった連中がニューヨークなんかの地下で客が少なかろうが何だろうがアツい演奏を連日繰り広げていて、これが後に”ロフト・ジャズ”と呼ばれる先鋭ジャズの一翼を担うシーンへと盛り上がってゆく訳なんですが、端的に言えば彼らの音楽が実にカッコイイ。

60年代のフリー・ジャズの流れを誠実に受け継ぐロフト・ジャズの連中は、やってる事はバリバリに硬派なんですが「オゥ、チャラくなきゃ何でもいいぜぇ」みたいな気前の良さがあって、ロックだろうが何だろうが、精力的に自分らの演奏に取り込む訳です。何というか音楽ももちろん良いの極みなんですけど、そういった独特の柔軟さみたいなものがサウンドに表れていて、そこにアタシは『ノー・ニューヨーク』なんかに限りなく通じるパンク・スピリッツを感じております。

で、そんな70年代ニューヨーク地下の住民としてアタシがイチオシする硬派なサックス吹きはデヴィッド・マレイです。

この人は今も現役バリバリ、アルバムも結構な数出しておりましてライヴも積極的にやっている、そのサウンドの如くタフな方であります。

1955年生まれで、本格的な活動を開始したのが70年代半ば。彼は元々アルバート・アイラー大好きっ子で、デビュー・アルバムも『フラワーズ・フォー・アルバート』という、タイトルも中身も”まんま”なぐらいにアイラーしているんです。

ん?この時代のフリー・ジャズな人達って、みんなコルトレーンが好きで、サウンドにも何かしらコルトレーンの影響が出てるんじゃないの?と、アタシも最初(どーしてもコルトレーン大好きっ子なもんで)その影響を懸命に探しておりましたが、どのアルバム聴いてもやっぱりアルバート・アイラー、アーチー・シェップ、それからコールマン・ホーキンスとかベン・ウェブスターとか、フリーからスウィング時代の王道テナーの影響はどんどん濃くなるけれど、コルトレーンっぽさはちょろっとも出て来ない。調べてみたら

「うん、コルトレーンは大好きだよ。でもみんなやってんじゃん、それってコルトレーンをリスペクトしてることになるのかなーって俺は思うんだよね。コルトレーンの曲はもちろん演奏するけど手法というところではあえてコルトレーンライクなフレーズはやんないね。まぁそれでいいじゃない」

というポリシーを持ってるんだとかどうとかで、こういう話に弱いアタシ

「あ、この人は漢(おとこ)!」

と惚れてファンをやってます。



【パーソネル】
デヴィッド・マレイ(ts)
オル・ダラ(tp)
ローレンス“ブッチ”モリス(cor)
ジョージ・ルイス(tb)
ヘンリー・スレッギル(as)
アンソニー・デイヴィス(p)
ウィルバー・モリス(b)
スティーヴ・マッコール(ds)


【収録曲】
1.ジャスヴァン
2.デューイズ・サークル
3.ザ・ヒル
4.ミン
5.ザ・ファースト・ライフ

(録音:1980年7月25日)


アルバムはたくさん出ています。

で、時代を経る毎に伝統的なものを重んじたオーソドックスなジャズもやればジャズ・ファンクもアフリカもするし、ラテンや歌モノとか、とにかく幅広く色んなことやってますが、この人の場合は「衝動と伝統へのリスペクト」が沸点に達して如何に豪快なブロウで暴れられるかという一点だけが良し悪しの基準ですので、アルバム色々聴いて「これはちょっとな・・・」というものはありません。

でもやっぱり個人的な好みといえば、70年代から80年代のノリと勢いで吹き切っている作品がいいですね。

吸い込まれそうな美人さんのジャケットが印象的なこの『ミン』なんか最初の1枚としては最高です。

これはですのう、録音は1980年、マレイが大好きなアルバート・アイラーのスタイルから更に踏み出してオリジナルなスタイルを築き始めた時期の口火を切ったアルバムみたいな感じになるんでしょうか。

コルネットというトランペット以前の古い楽器を使ってるのにバリバリのフリー・ジャズ・ミュージシャンであるブッチ・モリス、ラッパーNasの父ちゃんのオル・ダラ、シカゴフリー派の重鎮で、アルト・サックス奏者としてはもちろん、多くの若いアーティストの思想的な部分にも大きな影響を与えたヘンリー・スレッギル(そういえば最近ピューリッツァー賞を受賞しましたね!)といった、濃いメンツを10人も集めたスモール・オーケストラ作であります。

演奏は基本しっかりとした4ビートを軸にしたリズムに、渋いアレンジの上モノが演奏の輪郭をハッキリと描き、その上でマレイのサックスやその他のソロ楽器が存分にフリーキーな暴れっぷりを聴かせるという興奮モノ。

フリージャズといえばリズムも大胆に解体して、聴く人のイマジネーションに挑戦するようなものも多いけど、このアルバムではあくまで基本は「ジャズ」です。そのジャズとしてのスピード感や重厚なビート感、そして巧みに仕掛けられたアレンジの妙をしっかりと聴かせつつ、テンションを”クレイジー”にまで持っていかせる、小難しいことは何にもない感動と興奮の祭典。

マレイのブロウはのっけから炸裂です。正しく”ジャズなサックスのキレ方”ですこれ。

とにかくソロがカッコ良くて、暴走するテナーを聴いてるだけでおなかいっぱいになれますが、リズム・セクション、特にアンソニー・デイヴィスのピアノとウィルバー・モリスのベースが、手堅い4ビートのラインから一瞬脱線して暴れるそのアウトするセンスの良さにもシビレてしまいます。

聴きどころは他にもたくさん。でも何よりもこの「理屈じゃねぇんだよ、カッコイイことやりてぇんだよ」と言わんばかりのストレートな熱気、これが本当に素晴らしいのです。





”デヴィッド・マレイ”関連記事





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 20:30| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする