2018年01月10日

バディ・ガイ ストーン・クレイジー

1.jpg
バディ・ガイ/ストーン・クレイジー
(Alligator/Pヴァイン)

バディ・ガイといえば、現在(注:2018年)81歳にしていまだバリバリの現役。

B.B.キング亡き後のブルース界では、今や長老として若手を引っ張る第一人者であります。

1960年代に故郷ルイジアナからシカゴへ移り住み、先輩であるマディ・ウォーターズや同年代の仲間であるマジック・サム、オーティス・ラッシュ、フレディ・キングらと技を競い、その感情に任せて暴力的にギターを泣かせるプレイスタイルと、血管も切れんばかりのヒステリックなシャウトでシカゴ・モダン・ブルース・シーンの一翼を担ってきました。

その頃のプレイに衝撃を受けたのがジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジといったスーパー・ギタリスト達で、そのアグレッシブ極まりないギターはその後のブルースよりもロック・ギターに与えた影響の大きさで、感嘆や驚嘆の声と共に語られる事が多い、とにかくまぁレジェンドといえば今現在この人以上に相応しい人はいないでしょう。

が、この人ほど実は、実際の音楽と”レジェンド”という何だか遠く有り難いところに居るような飄々とした大御所のイメージとは程遠い人はいないんです。

どの年代のどのアルバムでも、この人のプレイといえば、心身の奥底にある衝動をコントロールすることなく、常に全力でドバー!と出すことのみに特化していて、何というか売れようがトシ食おうが、ドス持って捨て身で突っ込んでゆくチンピラの気概を、この人はいつまで経っても感じさせるんです。

試しにこれ↓


2017年のコンサートの動画なんですが、カジュアルなオシャレをしてギャリギャリの音でギターを弾きじゃくり「イャァァアアア!!」という裏声のシャウトをも厭わない。

しかも渾身のトチ切れたようなシャウトをして満面の笑顔(!)

これが80過ぎのご老人だよと言って、バディ・ガイ知らない人のうち何人が「そうだね、年相応に渋いよね」と思うでしょうか。えぇ、年齢なんてこの人にとってはタダの数字に過ぎんのです。

で、本人はこんな凶悪なプレイをするにも関わらず

「いや、オレはマジック・サムとかオーティス・ラッシュみたいにゃ上手くは弾けないんだよな」

と、照れながら語るほどのウルトラ・シャイ。

そのシャイぶりは実は筋金入りで、シカゴに出てきて出演させてもらえるところを必死で探していたのに、ドギマギしてしまってその事をいつも上手く切り出せないので、見かねた先輩のマディ・ウォーターズが

「コイツはいいギターを弾くんだぜ」

とあちこち連れて回り、仲間のオーティス・ラッシュに

「なぁバディ、おめぇいつまでもそんなんじゃあせっかくいい腕持ってんのにラチがあかねぇ。オレがレーベルを紹介するよ」

と、当時ラッシュが所属していたコブラ・レコードを紹介され、そこでようやくソロ・デビューにあり付けたという話はとても有名です。

そこを指摘すると

「あぁそうだよ、オレはシャイなんだ。何で”バディ”って名乗ったんだろうな、本当は”シャイ・ガイ”なのになぁ(笑)」

と、謙遜して言うでしょう(そう、シャイだけどとってもお茶目なんです)。

えぇ、そういう人なんです。これ以上の回りくどい説明は要らんでしょう。

今日はそんなバディ・ガイの持ち味である”キレの醍醐味”が最高に楽しめる狂気の名盤『ストーン・クレイジー』をご紹介いたしましょう。





【収録曲】
1.I Smell A Rat
2.Are You Losing Your Mind?
3.You've Been Gone Too Long
4.She's Out There Somewhere
5.Outskirts Of Town
6.When I Left Home

バディが”シカゴ・モダン・ブルースの若手注目株”として注目を浴びたのが1960年代。

この地の牙城であるチェス・レーベルに初のフル・アルバム(チェスから出したシングルを集めたLP)『アイ・ウォズ・ウォーキン・スルー・ジ・ウッズ』を1968年にリリース。

70年代は更に勢いに乗り、かつ生涯最高の相棒と言えるハープ吹きのジュニア・ウェルズとのコンビを本格的に始動し、シカゴ・モダン・ブルースのヤバいエキスを煮込んで煮込んでぶちまけたような凄まじいノリの作品を多数リリースしております。

このままバディは順調に活動して、ノリにノッて今に至るのかなと思うでしょうが、ここから長く苦しい不遇の時代が続きます。

バディはもちろんブルースマンとして、ライヴでは好調な活躍をしていたし、彼をリスペクトするロック・ミュージシャン達からは相変わらず兄貴兄貴と頼りにされてはおったんですが、80年代といえばとにかくテクノロジーを尽くした最先端な音楽がもてはやされていた時代。

いかにバディといえども、音楽シーンの華やかな表舞台には出ること叶わず、悶々とした日々を過ごしていたんです。

このアルバムが録音されたのは1979年。

丁度不遇の時代に入る直前に、シカゴで立ち上がった新興のインディーズ・レーベル”アリゲーター”によって録音されたアルバムなんですが、これがもう狂気、怒気、緊張感、フラストレーション、その他もろもろのものが限界まで詰め込まれたかのような、まるでこれから始まる不遇の時代を先取りしたバディが「どうにもならねぇこと」と必死で、いや捨て身で格闘しているかのような、壮絶な内容であります。

編成はバディと弟フィル・ガイのサイドギターにベース+ドラムスの最小限、収録曲はたったの6曲なのですが、1曲の長さと重さが半端なく、聴いていて息が詰まるほどの空気が最初から最後まで充満しております。

どれぐらい凄い内容かというと

「バディの最高傑作と言ったらコレだよな」

と言った人が、その直後に

「でも、気迫が凄すぎて正直最後まで聴くのがしんどいんだ」

と、驚嘆と落胆の声を同時に上げるほど。

この時バディは40を過ぎた辺りなんですが、先ほども言ったようにこの人にとっては年齢なんぞはタダの数字でしかありません。

楽曲を単なる素材と冷酷に割り切って、与えられた時間のほとんどをギター・ソロの即興で、渾身の念を込めて、そして普段は出さない「ウゥン、ウゥン、アァ〜ア」という唸り声も交えて、普段の”カミソリのような”と形容される鋭角なソロに尋常ならざる加重を乗っけたナタのようなチョーキングで、一曲辺りの長い空間を切り裂いてゆくバディ。

何度も何度も聴いて、アタシ自身も「楽しむぞ!」という意識が、この怨念の塊のようなパフォーマンスに弾き返されてるんですが、それでもこのアルバムは間違いなくこの人の狂気の側面が最高に詰まっているものであり、ここに音作りやプロデュースなどの、制作側の”大人の意見の反映”は一切ありません。

ブルースってもちろんカッコイイ音楽で、それこそその楽しさを知ると、もう毎日がウキウキになってしまうぐらいの音楽ではあるんですがどうでしょう、もっと深くブルースを好きになるために、たまにはこれぐらいヘヴィなものを聴いてみるのもいいと思います。



”バディ・ガイ”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:20| Comment(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする