2018年05月27日

レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス Complete Early Recordings


625.jpg
Rev.Gary Davis / Complete Early Recordings


アコースティックのブルース・ギターというのは、エレキとはちょっと違った特別な演奏テクニックが必要になります。

それはですね、つまり

「親指でベース音を刻むと同時に他の指でテロテロアルペジオとか単音オブリガードとかを弾かなきゃいけない」

というやつです。

ギターを演奏しない、或いはギター・プレイには興味がないという人のために説明しますと

「1本のギターなんだけど、2本同時に鳴っているように何となく聞こえるやつ」

ですね。

ブルースやカントリーという音楽を意識して聴くまでアタシは、ギターといえばコード押さえてジャカジャカしてればいいもんだと思ってましたが、単純なコードカッティングのジャカジャカじゃないあのギターに魅せられてからというもの、元々どうも体質に合わなかったピックを捨て、親指と人差し指と中指を使って、何とかあの”1本だけど2本に聞こえるギター”を覚えたくて、もう狂ったように毎日弾いてましたが、結局親指と他の指を上手く別々に鳴らすことが出来ぬまま、高校を卒業してしまいました。


結局、上京して毎晩家でギターを練習していたら、その”親指と人差し指の分離”はある日いきなり、本当にあっけなく出来るようになるんですが、その前にアタシ、教則ビデオを買いまして、これはアコースティックのブルース・ギターを志す人ならほぼ全員がお世話になっているステファン・グロスマンという人の教則ビデオなんですが、その中で「ゲイリー・デイヴィスさ、彼は凄いんだ」「こういった弾き方はゲイリー・デイヴィスだね」とか、事ある毎に出てくるゲイリー・デイヴィスって人が、当然気になる訳です。

そしたら別のビデオが欲しくなります。

今度は教則ビデオじゃなくて、ホンモノのブルースマン達が演奏しているのを集めたやつなんですが、それにたまたま「Rev.Gary Davis」という人の演奏動画が収録されておりました。

これが凄かったですね、多分自宅で録ったっぽい映像だったんですが、サングラスに背広着たオッサンが、椅子に座ってギター弾いて歌ってる。

歌われてる単語の節々から「あ、コレはスピリチュアル(黒人霊歌)だな」とは分かるんですが、何か葉巻とかくわえて真面目な感じではないんですね。

『Rev.』ってのはレヴァランド、つまりアメリカでは牧師さんとかに付ける尊称だったんですね。つまり訳すると『ゲイリー・デイヴィス師』みたいな感じで、おぉ、この人は牧師さんか!と思ったんですが、牧師さんにしては何かブルースとかも歌ってるし、葉巻くわえてるし、全体的にガラ悪いし・・・こりゃ業界では完全に”アウトな人”で最高だなおいと。

まぁそんなことより、その映像で驚愕だったのは、やっぱりこの人のプレイですね。どっしり構えて、何かくつろぎまくって歌ってるし、ギターも見た感じ適当にテロテロやってる風に見えるんですが、その声もギターも凄かった。えぇ、もうとにかく凄かった。

張り上げても張り上げなくてもガンガン響く声、そして、親指と人差し指完全分離な上に、ハイポジションもリズム刻みながらスイスイ弾いている、あぁごめんなさいね、ギターやってる人以外には「何それ?意味わからん」なこと、アタシは今書いてると思うんですが、そう、ギターやってるアタシにも「何それ?意味わからん」なギターだったんです。

ラグタイムで凄いとか、単音弾きで凄いとか、そうじゃなくてその両方が何事もなかったように当たり前に同時に鳴り響いているその凄さ。

あぁ、そりゃあの教則ビデオの人が凄い凄い言うよな、わかる、わかるよ、うん、何がどーなってるかさっぱりわかんねーけどわかるよ。

と、アタシは激しく頷いたもんです。

ブルースに限らず、音楽の楽しさって、如何に”知らない感動に触れてそれを拡げてゆくこと”だと思うんですが、戦前ブルースのそれは、かかっている謎や不思議のベールが厚いだけに、楽しさは格別なんですね。

気になって調べたレヴァランド・ゲイリー・デイヴィス、南部サウス・カロライナ出身で、幼い頃から色んな楽器を演奏していたけど、失明してからはキリスト教に傾倒し、やがてギターやバンジョーを持って各地を歌い歩く説教師になったと。

説教師というのは教会で説教をする牧師さんとは違って、教会の教えを説きながら各地を旅する人であります。色んなところで神の教えを説きますが、この人達の目的は「神の教えを知らない人に伝導すること」ですので、街の広場とか路地とか、不特定多数の人が集まる所が主な活動の場でありました。

普通にお話をするだけでは、興味ない人は誰も聞いてくれませんから、必然的に楽器を持ってスピリチュアルを歌い、説教もするというスタイルになる訳です。

戦前に活躍した人で有名な人といえばブラインド・ウィリー・ジョンソンですね。








とにかく戦前の説教師には、凄腕のギタリストが多かったといいます。そして、ゲイリー・デイヴィスもその一人です。

で、この人の別の意味で凄いところは、教会とか福音とかゴスペルとか一辺倒じゃなくて、ブルースもフツーに歌って、カロライナや東海岸のブルースマン達ともツルんでいたところ。

彼の弟子と言われているブラインド・ボーイ・フラーという人が、戦前のイーストコーストを代表するブルースマンであることは、ファンんは周知の事実なんですが、まぁそんな感じでこの人はキリスト教の教えを伝える人でありながら、それだけにガチガチにならず、俗世にもしっかりと足を付けておった。

「おい、説教師さん、アンタブルース歌っていいの?」

「ブルースも逆の意味で真実だからな、間違っちゃいねぇよ」

「え?ブルース歌った後にスピリチュアル歌うの?それは流石にマズイんじゃない?」

「うるせーな、ネクタイしめて神様に敬意払えば問題ねぇよ」







【収録曲】
1.I Belong To The Band - Hallelujah!
2.The Great Change In Me
3.TheAngel's Message To Me
4.I Saw The Light
5.Lord, Stand By Me
6.I Am The Light
7.O Lord, Serach My Heart
8.Have More Faith In Jesus
9.You Got To Go Down
10.I Am The True Vine
11.Twelve Gates To The City
12.You Can Go Home
13.I'm Throwin' Up My Hand
14.Cross And Evil Woman Blues
15.I Can't Bear My Burden By Myself
16.Meet Me At The Station


かといってゲイリー・デイヴィスが不真面目な人ではなかったという事は、彼のスピリチュアルとブルースが、的確なテクニックに支えられた極めて(つかハンパなく)高度なものという事実に触れれば分かります。

この人は戦前にもいくつか録音を残しましたが、戦後フォーク&ブルース・リヴァイバルの時にようやく世に出てくるまで、基本的には路上を主な活動の場として、華やかな所には一切出なかった。だからステファン・グロスマンがニューヨークの路上で歌ってる彼を見て声をかけた時、あの伝説の説教師が酷く貧乏な暮らしをしていた事にびっくりしたといいます。

戦後に結構な数の録音を残し、そのどれも水準を落とさず、ハッキリ言ってアルバムに当たりはずれがない人ですが、個人的にやはり好きなのは戦前(1935年)に録音された音源を集めたこのYazoo盤です。

ビデオで観て、その「凄いことを何でもないよという風にアッサリやっている貫禄」に衝撃を受けたアタシですが、いやいや、動画は入り口に過ぎなかった。ビデオではくつろいでやっていたゲイリー・デイヴィス、音盤では凄まじい本気です。

どの曲も軒並み「ストリートでこんな風にやってる人がいたら、たまんなくなって踊り出してしまうだろうな」というぐらいリズミカルで、弾き語りというのが信じられないぐらいブ厚いグルーヴが溢れかえっているんです。

えぇ、ギターは想像以上に凄くて、リズムを刻みながらペケペケと単音の高速フレーズやチョーキングを交えたり、その何でもアリぶりに、聴いてしばらく何も考えられないぐらいです。

そして歌ですね。ガラガラと野太い声で、空間そのものを揺るがすような魂のシャウト、シャウト、シャウトがもう、もう、もう、なんです。

「ブルースとゴスペルって、歌詞違うだけで音楽的には一緒だよね」とか、アタシはその昔ナメたことを言ってましたが(物理的にはきっとそうなんでしょうが)、ゴスペルの人達のシャウトは、単なる叫びじゃなくて、聴く側の心の内側からの歓喜を促すような、そんな不思議で独自の味わいがあるということを、ゲイリー・デイヴィスの歌に教えてもらいました。






”ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜”




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 13:35| Comment(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

戸川純 私が鳴こうホトトギス


戸川純 私が鳴こうホトトギス


625.jpg
戸川純 with Vampilla/私が鳴こうホトトギス
(Virgin Babylon Records)


今日は柄にもなく恋について話してみたいと思います。

恋って何でしょうね?

もう40も過ぎたオッサンが真面目に考えてみて・・・、いや、涙も枯れた中年だからこそ、冷静に考えられるんじゃないだろうかと考えた結果

「それは、自分自身の全く知らなかった価値観を感情に与えてくれた人への感謝と感動」

なんじゃないかと思うに至りました。


これはもう昭和の頃の話なんですが、アタシが初めて恋をしたのは、大好きだった映画『グーニーズ』の主題歌を歌うシンディ・ローパーです。

確か小学校の3年か4年生の頃だったと記憶しています。

とても心が荒れていて、何をするにも気分が悪かった時にたまたまテレビで見たシンディ・ローパーが、真っ赤に染めた髪の毛を振り乱して歌う姿に自由と解放の喜びを始めて感じました。

それから十代になり、出会ったのが戸川純でした。


更に”荒み”をこじらせていた厄介な思春期に、今度は自由だけじゃない、あの複雑な表情の中に抱える重たくて暗いものを感じさせながらも、トロ〜ンとした気だるい雰囲気と口調からは想像出来ない、キュートだったり激しかったり、または純粋に(それは不純なものがないという本来の意味で)、綺麗だったり、もう聴いているこっちの感覚がまるで付いていけないほど心を揺さぶってうち震えさせてくれる歌唱に、それまで抱いたことのない感情を無理矢理開かされた、そんな気持ちになりました。

戸川純という人は、その頃(80年代)のひとつの象徴みたいな人で、可愛くて整ったアイドルがたくさん出てきて、それがオニャン子クラブでもう破裂しかけていた時に、少なくともアタシには、たった一人で壊れてしまいそうな程不安定な存在感と、いわゆるウケやその他を狙ったアイドルとはまったく逆の、内側から溢れる知性や感受性とかそういったものの力だけでテレビに出ているのを見て、密かに「この面白いお姉さんカッコイイなぁ」とは思っておりました。

それが”特別”に変わるまでには、少し時間があったかも知れません。

一丁前に音楽に目覚めてから、ミュージシャン/アーティストとしての戸川純を知ってからは、それはもう、まごうことなき”恋”でありました。

歌の話に戻りますが、戸川純の歌はぶっ飛んでいます。

ソロ名義の鋭くポップな作品や、大正昭和の頽廃ムードの溢れる”ゲルニカ”や、パンク/ニューウェーブの”はっちゃけ”が哲学的な歌詞と混然一体となったヤプーズ、どれも戸川純ですが、まぁどれも見事に芸風から歌い方まで違う。

違うけど、歌詞もパフォーマンスも、歌声も、全体的に狂気、それもただ暴力的で攻撃的なものではない、言葉にすると妙だけど、優しくて純粋な狂気を感じさせるという面では、この人の表現は一貫しています。

好きである余り行き過ぎてしまう、純粋であるがゆえにはみ出してしまう、その行き過ぎてはみ出した部分が彼女の声を離れてこちらの胸の奥底に届く時、ヒリッとした痛みを感じるんですね。

痛みなんてものは痛いに決まってるんですが、この痛みは不思議とその頃のアタシの心の中の痛い部分に優しく染み込んで切なく溶けてゆく、そういう決して前向きではないんだけど、美しい痛みだと感じておりましたし、今も感じております。

ここら辺の細かいところは、これからこの人の過去の作品をレビューする上で、もっと細かくしつこく書いて行こうと思います。

大切なのは今現在であります。

まぁそれから色々あって、音楽も色々聴きまくって、戸川純という人のことは、美しい思い出になりかけてたんですが、2016年のある日、たまたまラジオを聴いていて、相変わらずトロ〜ンとした独特の声を聴いて、アタシはラジオのボリュームを目一杯上げました。

あの、夢中になっていた時期と何っっにも変わっていない戸川純!今もライヴしてて、しかも番組内で視聴者からのお便りが、10代とか20代とか、そういう若い人達のばかり(!)

あぁそうだったんだ、今もこの人の歌は、痛みを抱えている若い人達の心に届いて、そして多分その人達に生きて行く勇気を与えてるんだなぁと思って、そしてそのラジオ番組を聴いているアタシも、あの夢中になっていた時期と何っっにも変わらない気持ちで、彼女の話す一言一言をじっと聞きながら、感動と感謝を噛み締めておりました。







【収録曲】
1.赤い戦車
2.好き好き大好き
3.バーバラ・セクサロイド
4.肉屋のように
5.蛹化の女
6.12階の一番奥
7.諦念プシガンガ
8.Men’s Junan
9.わたしが鳴こうホトトギス
10.怒濤の恋愛


新作のアルバムを出していたんですよ。

Vampilla(ヴァンピリア)というバンドに頼み込んで、バックを務めてもらって過去のセルフカヴァーと、新曲(タイトル曲)も含めたアルバムを作ったから、ぜひ聴いてくださいね。昔の曲やってるけど、もうヴァンピリアのアレンジが凄く凄くてカッコイイからと、戸川純に言われたらそりゃ聴かない訳ないじゃないですか。

で、聴きました。

あぁ・・・! これ!!!!

ヴァンピリアというバンド、ほんっとに恥ずかしいことに知らなかったんですが、この人達はノイズからテクノからハードコアからメタルからアンビエントまで、幅広いとかいう言葉では言い尽くせない知性と凶暴性で呑み込んで独自の「世界」を音楽で作ってきたバンドです。

凄く大所帯なんですが、プロフィールを見たら元ボアダムスの吉川豊人とか、ルインズの吉田達也とかが絡んでいるバンドじゃないですか。

サウンドの方は、例えば過去の作品では、割とカッチリしたバックの上で、戸川純の変幻自在で詩情とエモーションを絶えず繰り出すヴォーカルが、グングン浮き上がる感じだったのが、ヴァンピラは、編曲自体が思いも寄らぬ伸縮ぶりを発揮して、彼女のヴォーカルとピッタリ呼応している感じです。

ビートもちょっと普通じゃないし、ロック、クラシカル、民族調、エレクトロニカと、様々な成分がそれぞれ寄り添ったり煽ったり、あるいは同時に炸裂したり、本当に生き物みたいな生々しさを持ってます。

これ聴いて、時代がやっとこの人の独自の表現と、それによって創り出される世界と寄り添えるようになったんだというのが、とりあえずシンプルで正直な感想。

多分これだけじゃ読者の方はよく分かんないと思うので、無理矢理たとえを持ってくると、文学性とパンクスピリッツを増幅させたビョークですよ。や、ビョークだけじゃないし、決して”似てる”というのじゃないけれど、どちらも痛みと共に声を表出するけれども、聴く人に不思議な浄化作用をもたらしてくれるという意味で、共通するシンガーなんじゃないでしょうか。


それぞれの楽曲に関しては、過去のアルバムを紹介しながらじっくり書いていきたいので、まずは聴いて頂きたいとしか書けないのですが、このアルバム、凄いですよ。「昔有名だった人が、セルフカバーで懐メロやってる」とかそういうのとは真逆です。

80年代に異才として輝いたワン・アンド・オンリーの表現者が、あの時の衝動そのまんまに、2010年代に更に深く、更に鋭く尖った感性で今の音楽シーン(とかホントどうでもいいんですが)に殴り込んでことごとくぶっ潰せるぐらいの強さを持った新作です。

そして、聴く人の心には、歌詞と歌唱から来る”美しい痛み”が素晴らしく染みます。

心を揺さぶる真実の感動を求めている方価値観に、それまでなかった感情を与えてくれることでしょう。





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
ラベル:戸川純 パンク
posted by サウンズパル at 22:23| Comment(0) | 日本のロック・ポップス・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

サン・ラーについて(職場の若い子との会話)

DSC_0538.JPG




職場の若い子 「高良さん、今日は何聴いてるんですか?」

俺「サン・ラーだ、かっこいいだろう」

職場の若い子 「何か、昔のアメリカの映画音楽みたいでいいですね」

俺 「そうだ、サン・ラーはジャズも演奏するが、こういった音楽はリズム・アンド・ブルースって言うんだけどそういうのもやるし、何でもやる」

職場の若い子 「凄いですね、何でも出来たんだー」

俺 「それだけじゃないんだ、手作りのキラッキラの衣装をバンドの何十人もいるメンバー全員で着て、歌うし踊るし劇もやる」

職場の若い子 「すごーい、何でそんな全部やるんですか?」

俺 「うむ、宇宙の調和と安定のためだよ」

職場の若い子 「へ?」

俺 「この人は土星からやってきたんだよ」

職場の若い子 「土星?」


俺 「うむ、正しくは土星からやってきた古代エジプト人の子孫だ」

職場の若い子 「ほんとなんですか?」

俺 「本人がそう言ってるから間違いない。地球の人類は色々と間違ってるから、音楽を通してもっと正しく生きなさいとメッセージを送るんだと。そういう活動をしている」

俺「音楽とかパフォーマンスだけじゃないんだよ。この人は政治とか歴史とか科学とか医学とか、とにかくあらゆる学問に通じた人で、ライヴでは"講義"ってのもあった。物凄い知識を総動員して、じゃあ人類は何をすればいいのかをちゃんと説明してる」

職場の若い子「それ、みんな理解出来るんですか?」

俺「進み過ぎて理解は出来なかっただろうね。でも、この人が喋る内容は整然としててデタラメじゃないんだ。それだけは解るから、最初見た目とかでバカにしてた人も、何となく真面目に聴くようになる。実際バンドもアホみたいに演奏上手いからね。ミュージシャン達にもそこは尊敬されてた。ね、今鳴ってるこの音楽も分かりやすくて全然変じゃないでしょ?」

職場の若い子「うん、ジャズってもっと難しくて分かりにくいと思ってました。でもこれはポップで雰囲気がいいです」

俺「雰囲気がいい!それよ。何かいいなって思った時点で心が安心する」

職場の若い子「しますします!こういうのラジオとかで聴いたら何かいい感じ」

俺「それが宇宙の安定よ。ほら心って宇宙でしょ?」

職場の若い子「心?・・・宇宙だ!ほんとだ凄い!ヤバい!!」

敬愛するミスター・サン・ラー、今日地球の若者が1人正しく導かれました。

スペース・イズ・ザ・プレイス!




本日車内で聴いていたサン・ラー『シングルス』のアルバム詳細はコチラ↓







”サン・ラー”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
posted by サウンズパル at 23:54| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする