2018年05月24日

戸川純 私が鳴こうホトトギス


戸川純 私が鳴こうホトトギス


625.jpg
戸川純 with Vampilla/私が鳴こうホトトギス
(Virgin Babylon Records)


今日は柄にもなく恋について話してみたいと思います。

恋って何でしょうね?

もう40も過ぎたオッサンが真面目に考えてみて・・・、いや、涙も枯れた中年だからこそ、冷静に考えられるんじゃないだろうかと考えた結果

「それは、自分自身の全く知らなかった価値観を感情に与えてくれた人への感謝と感動」

なんじゃないかと思うに至りました。


これはもう昭和の頃の話なんですが、アタシが初めて恋をしたのは、大好きだった映画『グーニーズ』の主題歌を歌うシンディ・ローパーです。

確か小学校の3年か4年生の頃だったと記憶しています。

とても心が荒れていて、何をするにも気分が悪かった時にたまたまテレビで見たシンディ・ローパーが、真っ赤に染めた髪の毛を振り乱して歌う姿に自由と解放の喜びを始めて感じました。

それから十代になり、出会ったのが戸川純でした。


更に”荒み”をこじらせていた厄介な思春期に、今度は自由だけじゃない、あの複雑な表情の中に抱える重たくて暗いものを感じさせながらも、トロ〜ンとした気だるい雰囲気と口調からは想像出来ない、キュートだったり激しかったり、または純粋に(それは不純なものがないという本来の意味で)、綺麗だったり、もう聴いているこっちの感覚がまるで付いていけないほど心を揺さぶってうち震えさせてくれる歌唱に、それまで抱いたことのない感情を無理矢理開かされた、そんな気持ちになりました。

戸川純という人は、その頃(80年代)のひとつの象徴みたいな人で、可愛くて整ったアイドルがたくさん出てきて、それがオニャン子クラブでもう破裂しかけていた時に、少なくともアタシには、たった一人で壊れてしまいそうな程不安定な存在感と、いわゆるウケやその他を狙ったアイドルとはまったく逆の、内側から溢れる知性や感受性とかそういったものの力だけでテレビに出ているのを見て、密かに「この面白いお姉さんカッコイイなぁ」とは思っておりました。

それが”特別”に変わるまでには、少し時間があったかも知れません。

一丁前に音楽に目覚めてから、ミュージシャン/アーティストとしての戸川純を知ってからは、それはもう、まごうことなき”恋”でありました。

歌の話に戻りますが、戸川純の歌はぶっ飛んでいます。

ソロ名義の鋭くポップな作品や、大正昭和の頽廃ムードの溢れる”ゲルニカ”や、パンク/ニューウェーブの”はっちゃけ”が哲学的な歌詞と混然一体となったヤプーズ、どれも戸川純ですが、まぁどれも見事に芸風から歌い方まで違う。

違うけど、歌詞もパフォーマンスも、歌声も、全体的に狂気、それもただ暴力的で攻撃的なものではない、言葉にすると妙だけど、優しくて純粋な狂気を感じさせるという面では、この人の表現は一貫しています。

好きである余り行き過ぎてしまう、純粋であるがゆえにはみ出してしまう、その行き過ぎてはみ出した部分が彼女の声を離れてこちらの胸の奥底に届く時、ヒリッとした痛みを感じるんですね。

痛みなんてものは痛いに決まってるんですが、この痛みは不思議とその頃のアタシの心の中の痛い部分に優しく染み込んで切なく溶けてゆく、そういう決して前向きではないんだけど、美しい痛みだと感じておりましたし、今も感じております。

ここら辺の細かいところは、これからこの人の過去の作品をレビューする上で、もっと細かくしつこく書いて行こうと思います。

大切なのは今現在であります。

まぁそれから色々あって、音楽も色々聴きまくって、戸川純という人のことは、美しい思い出になりかけてたんですが、2016年のある日、たまたまラジオを聴いていて、相変わらずトロ〜ンとした独特の声を聴いて、アタシはラジオのボリュームを目一杯上げました。

あの、夢中になっていた時期と何っっにも変わっていない戸川純!今もライヴしてて、しかも番組内で視聴者からのお便りが、10代とか20代とか、そういう若い人達のばかり(!)

あぁそうだったんだ、今もこの人の歌は、痛みを抱えている若い人達の心に届いて、そして多分その人達に生きて行く勇気を与えてるんだなぁと思って、そしてそのラジオ番組を聴いているアタシも、あの夢中になっていた時期と何っっにも変わらない気持ちで、彼女の話す一言一言をじっと聞きながら、感動と感謝を噛み締めておりました。







【収録曲】
1.赤い戦車
2.好き好き大好き
3.バーバラ・セクサロイド
4.肉屋のように
5.蛹化の女
6.12階の一番奥
7.諦念プシガンガ
8.Men’s Junan
9.わたしが鳴こうホトトギス
10.怒濤の恋愛


新作のアルバムを出していたんですよ。

Vampilla(ヴァンピリア)というバンドに頼み込んで、バックを務めてもらって過去のセルフカヴァーと、新曲(タイトル曲)も含めたアルバムを作ったから、ぜひ聴いてくださいね。昔の曲やってるけど、もうヴァンピリアのアレンジが凄く凄くてカッコイイからと、戸川純に言われたらそりゃ聴かない訳ないじゃないですか。

で、聴きました。

あぁ・・・! これ!!!!

ヴァンピリアというバンド、ほんっとに恥ずかしいことに知らなかったんですが、この人達はノイズからテクノからハードコアからメタルからアンビエントまで、幅広いとかいう言葉では言い尽くせない知性と凶暴性で呑み込んで独自の「世界」を音楽で作ってきたバンドです。

凄く大所帯なんですが、プロフィールを見たら元ボアダムスの吉川豊人とか、ルインズの吉田達也とかが絡んでいるバンドじゃないですか。

サウンドの方は、例えば過去の作品では、割とカッチリしたバックの上で、戸川純の変幻自在で詩情とエモーションを絶えず繰り出すヴォーカルが、グングン浮き上がる感じだったのが、ヴァンピラは、編曲自体が思いも寄らぬ伸縮ぶりを発揮して、彼女のヴォーカルとピッタリ呼応している感じです。

ビートもちょっと普通じゃないし、ロック、クラシカル、民族調、エレクトロニカと、様々な成分がそれぞれ寄り添ったり煽ったり、あるいは同時に炸裂したり、本当に生き物みたいな生々しさを持ってます。

これ聴いて、時代がやっとこの人の独自の表現と、それによって創り出される世界と寄り添えるようになったんだというのが、とりあえずシンプルで正直な感想。

多分これだけじゃ読者の方はよく分かんないと思うので、無理矢理たとえを持ってくると、文学性とパンクスピリッツを増幅させたビョークですよ。や、ビョークだけじゃないし、決して”似てる”というのじゃないけれど、どちらも痛みと共に声を表出するけれども、聴く人に不思議な浄化作用をもたらしてくれるという意味で、共通するシンガーなんじゃないでしょうか。


それぞれの楽曲に関しては、過去のアルバムを紹介しながらじっくり書いていきたいので、まずは聴いて頂きたいとしか書けないのですが、このアルバム、凄いですよ。「昔有名だった人が、セルフカバーで懐メロやってる」とかそういうのとは真逆です。

80年代に異才として輝いたワン・アンド・オンリーの表現者が、あの時の衝動そのまんまに、2010年代に更に深く、更に鋭く尖った感性で今の音楽シーン(とかホントどうでもいいんですが)に殴り込んでことごとくぶっ潰せるぐらいの強さを持った新作です。

そして、聴く人の心には、歌詞と歌唱から来る”美しい痛み”が素晴らしく染みます。

心を揺さぶる真実の感動を求めている方価値観に、それまでなかった感情を与えてくれることでしょう。





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
ラベル:戸川純 パンク
posted by サウンズパル at 22:23| Comment(0) | 日本のロック・ポップス・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする