2018年06月03日

カリプソ・ローズ ファー・フロム・ホーム

DYn21eUU8AAAXmz.jpg
カリプソ・ローズ/ファー・フロム・ホーム
(Because/Pヴァイン)


はい、気温も順調に真夏日の軌道に乗ってきましたので、今日は皆さんが大好きなカリプソでございます。

カリプソってなぁに?

と、よく訊かれますね。えぇ、アタシも2ビートのスッタンスッタンのビートに乗って、ゴキゲンなパーカッションやらが鳴り響いてトロピカルな旋律とメロディが聞こえたら「あ、カリプソ♪」と、よく意味もわからんまま言っておりました。

カリプソってのはアレですね、一言でいうと「カリブ海の島々の音楽」です。

南北のアメリカ大陸があって、その丁度真ん中付近の右側のところがカリブ海ですね。

そこにはいろんな島がありまして、ざっと有名な所だけ挙げてもキューバやジャマイカ、ドミニカ、バハマ、トリニダード、トバゴとか、ひとつの島とかいくつかの島も合わせて独立国となっているのも多いです。

ここはコロンブスがアメリカ大陸を発見してから「ヨーロッパからの船団が最初に立ち寄る停泊地」として開発され、入植がなされました。

そして、この島々は奴隷貿易の拠点でもあったんですね。

大陸各地に送られる奴隷達もたくさんおりましたが、ここで形成された大規模なサトウキビ畑(植民地政策に砂糖は欠かせないものでした)で働く労働力として、たくさんの黒人奴隷が働かされておった訳です。

元々住んでいる人達が少ないものですから、カリブの島々は人口に対する黒人の割合というものがとても多くなります。

そこで彼らの故郷であるアフリカの音楽的な特色が色濃く残ったまま発展していったのが徐々にカリプソという音楽になりました。

アフリカの音楽的特色というのは、色々ありますが一番大きなのが様々なパーカッションを使って繰り出される独特のリズムです。

アメリカでは黒人奴隷に対してパーカッションやアフリカの宗教などはとにかく危険と見なされて、徹底的に禁止されておりました。

が、カリブはそこのところが比較的ユルかった。一説によるとカリブの島々はフランス植民地だった所が多く、フランスはイギリスと比べて色んな意味でユルかったようで、奴隷達が太鼓でコミュニケーションを取ることも「まぁよかろう」と禁止しなかったから、カリプソにはアフリカ音楽の伝統が色濃く残っているとも言われております。

確かに、アメリカのブルースがああいったどこかやるせない感じの音楽なのに対し、カリブの音楽は陽気で横揺れの心地良いグルーヴなのには、その昔の政治的な事情もろもろが影響しているだろうとは思います。


さてさて、一口に「カリプソ」と言っても、その中身は実に多種多様、一言で「これがカリプソだ!」と即答するのは実に難しいんですが、今日はカリプソを代表するシンガーとして、1950年代から活躍する女王、カリプソ・ローズをご紹介して、カリプソをまだよく知らない方への参考にして頂きたいと思います。

カリプソ・ローズはトリニダード・トバゴに1940年に生まれ、60年代にはもう既に同地の国民的シンガーになりましたが、その人気は周辺諸国だけにとどまらず、アメリカやフランス、イギリスなどの国でもヒットを飛ばし、世界中に「カリプソ」という音楽を広めた人でもあります。


トリニダード・ドバゴといえば、ちょいと詳しい人なら「あ、あのスティール・パンの国だ」とすぐ反応してくださることでありましょう。そう、スティール・パン、またはスティール・ドラムと呼ばれるあのドラム缶で出来た、独特の涼しげな音を出す不思議な楽器の本場です。

トリニダードは、他の南米諸国と同じようにカーニバルが盛んな土地で、スティール・パンもズラッと並んでトラックの荷台の上でパレードしながら演奏するという、何とも賑やかな使い方をされておりますね。

カリプソという音楽そのものも、実はこのトリニダードのカーニバルから発展して拡がっていったんだという話があるように、ここはカリプソの本場も本場。

「チャカスッチャカ、チャカスッチャカ」という駆けるようなテンポのリズムが忙しなく鳴らされる、カリプソならではの独特のリズムが、後にソウルや他のラテン諸国のメロディーなども絡めて「ソカ」と呼ばれる音楽へと進化して行きます。カリプソ・ローズがデビューして人気を博していった時代は、正にトリニダード・トバゴの、カーニバルの時に演奏される”お祭り騒ぎの音楽”であったカリプソが、ホールでの演奏にも対応出来るように、どんどんポップス化していった正にその過渡期であります。




【収録曲】

1.Abatina
2.I Am African
3.Leave Me Alone (Feat. Manu Chao)
4.Far from Home
5.Calypso Queen
6.Zoom Zoom Zoom
7.Trouble
8.Love Me or Leave Me
9.No Madame
10.Woman Smarter
11.Human Race
12.Wah Fu Dance!



実はカリプソという音楽は、アメリカのジャズやR&Bにも多大な影響を与えていて、たとえばルイ・ジョーダンやボ・ディドリー、ソニー・ロリンズなんか聴いておりますと、特にリズム面において「あ、これはカリプソ!」とバッチリ分かる曲や演奏があったりして、どっちも知るととても楽しいのです。

カリプソ・ローズの昔の演奏を聴いていると、アメリカのポピュラー音楽やジャズなんかを、陽気で激しいカリプソにアレンジし直してカヴァーしています。

その背景には「アメリカのミュージシャンがアタシ達の音楽やってるのを、逆にこっちが歌ったら面白いかもね♪」という、ちょっとキュートないたずら心がチラッと見えたりしてカッコイイんです。そう、このカリプソ・ローズという人は、レジェンドでありながら、そしてカリプソの根っこにあるソウルを常に熱くたぎらせながら、今風のアレンジにも全然ひるむことなくチャレンジし続け、そして世界でのカリプソ人気をどんどん不動のものにしていってる、本当にカッコイイおばちゃんなんですよ。

2016年にリリースされた『ファー・フロム・ホーム』は、正にそんなローズおばちゃんの根っからのパワフルさと、骨太さを保ちながら美しく進化してきたカリプソの集大成です。

何と、このアルバムでは元マノ・ネグラ、現在はミクシチャー・ロックのカリスマとして多くの世代から支持を集めるスペイン系フランス人ミュージシャン、マヌ・チャオとガッツリ組んで、極上のラテン〜カリプソの、楽園のような音楽を聴かせてくれます。

いやもうこれ、凄いですよ。カリプソの「チャカスッチャカ」の強靭なビートに、ラテンの哀愁のメロディーも乗れば、サンプリングされたコーラスも実に渋くキマッてるし、何よりローズ自身の声が、とても御年70ン歳の妙齢のご婦人の声とは思えないほど明るく張りがあって、聴くだけで元気が出てくる、ジャンルなんざ関係ねぇ!ってなるぐらい突き抜けたアルバムです。いやほんと、凄いよなぁ、スカまでやってるんですけど、それが全然取って付けたような不自然さはなくて、むしろ「あぁ、スカのルーツってやっぱりカリプソだよ」と思わせてくれるこの説得力。

よくある「ワールド・ミュージックの現代版アレンジで聴きやすい」とか、そういう作為は全く感じません。むしろ素直に楽しく聴いてるうちにローズの声のパワーにすっかりノックアウトされて、カリプソという音楽を、気付けばより深く楽しめる一枚。つうかもうカリプソ入門用として、持っておいても全然良いです。色々と音楽的に特色ある部分を挙げればもっともっと魅力を語れそうな気もしますが、こういうのは理屈より先に楽しむことが大事だよ、ということで。










『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:15| Comment(0) | ラテン/ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする