2018年06月10日

ザ・カントリー・ブルース・オブ・ジョン・リー・フッカー

625.jpg

ザ・カントリー・ブルース・オブ・ジョン・リー・フッカー
(Riverside/オールディーズ・レコード)


さて皆さん、夏でございます。

夏といえば「暑苦しくて夏には聴けないジョン・リー・フッカー」でございますよ。えぇ、今年も空気なんか読まずにこのクソ暑い時期にオススメのジョン・リー・フッカーをご紹介しましょうね♪


ジョン・リーといえば何と言っても、低音のヘヴィな唸りを効かせるそのデヴィルズ・ヴォイスと、情念が重苦しくとぐろを巻くドロッドロのスロー・ブルースに、コードチェンジの極端に少ないまるで呪術のような繰り返し繰り返しのビートに腰砕けになってしまうブギであります。

ミシシッピに生まれデトロイトに移り住み、この地を拠点に1940年代の後半から亡くなる2001年まで、基本的なスタイルを一切変えることなくブルースを唸り続けてきました。

その声とギターと、ワン・アンド・オンリーの特異なビート感でもってたった一人で”ジョン・リー・フッカー・スタイル”とも言うべき孤高のスタイルを築き上げたジョン・リーでありますが、弾き語りからバンド・サウンド、様々なアレンジの演奏の中で己の表現を進化させ、深めていったことはもちろん、彼を敬愛する多くのロックミュージシャン達とのコラボで、ブルースとはまた違った音楽への挑戦も、相手に妥協することなく自己のスタイルをありのままぶつけて続けていたという、そのストイックな姿勢からも”ホンモノ”というものを感じさせてくれる人なのです。


なのでジョン・リーのアルバムは、アレンジがピッタリ合ったものでも、かなり冒険してて「おぉう!?」と思うようなものでも気合いが抜けた演奏をしているものは一枚もありません。たとえばヘヴィな余韻が持ち味のジョン・リーの音楽性とはまるで違った明るいアレンジが施されたものでも、ジョン・リーの歌とギターは常に演奏の真ん中にドカッと存在し、逆にアレンジが彼本来の持ち味とかけ離れたものであればあるほど異彩を放つ、その異物としてのカッコ良さに聴く人を引きずり込んでしまう。いやぁこんな人って後にも先にもジョン・リーしかおりませ
ん。

実際にジョン・リーは、その長いキャリアの中で、プロデュース側から要請された、世の流行に合ったアレンジを嫌がらずにこなすことで、人気と実績を築いていった人です。

こう書くと何でも器用に出来る天才肌のミュージシャンかなと思われるかも知れませんが全く逆で、特にバックでバンドなんかが付いたアレンジでは、本人全く合わせないんです。というよりもほとんど合わせる気がない。

ところがこれが”何だかんだジョン・リーのブルースになっている”ということで、熱心なファンを引き付けてきた人です。かく言うアタシも最初にエレキギター弾き語りのドロドロなジョン・リーのカッコ良さにシビれ、その後50年代の何だかソウルなアレンジのVeeJay盤でちょいとずっこけるも、その明るくムーディーなバックの中で孤軍奮闘するジョン・リーのカッコ良さになおさらシビレて大ファンになったという経緯がございます。

今日ご紹介するのは、1950年代後半、ジョン・リーがアコースティック・ギターで超絶ディープな弾き語りを収録したアルバムです。



ザ・カントリー・ブルース・オブ・ジョン・リー・フッカー

【収録曲】
1.BLACK SNAKE
2.HOW LONG BLUES
3.WOBBLIN' BABY
4.SHE'S LONG, SHE'S TALL, SHE WEEPS LIKE A WILLOW TREE
5.PEA VINE SPECIAL
6.TUPELO BLUES
7.I'M PRISON BOUND
8.I ROWED A LITTLE BOAT
9.WATER BOY
10.CHURCH BELL TONE
11.BUNDLE UP AND GO
12.GOOD MORNIN', LIL' SCHOOL GIRL
13.BEHIND THE PLOW
14.I NEED SOME MONEY
15.NO MORE DOGGIN

まずは何よりジャケットが素晴らしいですよね。

草に埋もれた車が物語る「南部」の風景、ジョン・リーはデトロイトで活躍しておりましたが、生まれは南部ミシシッピで、正にそのブルースは南部直送と言って良いほど濃厚なフィーリングに溢れるものであります。

このアルバム、レコード時代には日本盤もあり、ジョン・リー好きの間ではすっかりおなじみの定番だったみたいなんですが、どういう訳かCDではなかなか再発されず、アタシも東京時代にはあちこちで中古を探すも見付らず、再発をかれこれ20年は待っていた幻の一枚だったんです。それがこの度(注:2016年)国内屈指の再発レーベルとなりつつある”オールディーズ・レコード”から紙ジャケで復刻、しかも税抜きで¥1500というメチャクチャ良心的な価格なわけで、こりゃあ買わなきゃいかんでしょうとソッコー買いました。


録音は1959年、この時期といえば黒人の間ではブルースよりももっと踊れるリズム・アンド・ブルースの人気が最高潮に達し、ロックンロールの衰退と引き換えに白人の若者の間でフォークが流行りだした時期で、ジョン・リーはVeeJayというレーベルと契約して、R&Bなバックバンドを付けたかなーりポップでファンキーな(でもジョン・リー自身はドロッドロです)アルバムをリリースし、クラブではギトギトのバンドブルースで唸りまくる一方で、白人の若者が集まるコーヒーハウスでは、アコースティック・ギターを一本持って、南部スタイルの伝統的なブルースを、フットワークも軽くこなしておりました。

このアルバムは、そんな時期にジャズの名門レーベル”リヴァーサイド”に招かれたジョン・リーが、白人市場向けにリリースされるLP盤用にレコーディングした音源なんですね。

おいおい、アンタVeeJayと契約してて他のレコード会社でもレコーディングするとか大丈夫なのか?とお思いの方もいらっしゃるでしょうし、アタシも思ってますが、ジョン・リーといえば”レコーディング・テロリスト”とも言っていいぐらい、初期は掛け持ち掛け持ちでいろんな所にレコーディングしています。

流石に堂々と本名でやっちゃあマズいだろうということで、器用に芸名を変えておりますが、その偽名というのが”ジョン・リー・ブッカー”とかもうソッコーばれそうな名前でやっちゃってたりするんで面白いです。つってもどんなに名前変えようがジョン・リーの歌やギターは独特過ぎるので多分ソッコーでバレてたんでしょう。まぁそれでも大した騒ぎにならなかったから大丈夫です、大丈夫なんです。ジョン・リーはそういう人です。

さて皆さん、ここまで書いて既にお気付きかと思いますが、このアルバムもまた、レコード会社側からジョン・リーに「ちょっとこういう感じにやってくれ」という要請がなされて行われたレコーディングです。

ジョン・リーといえばデビュー時からエレキをギャンギャンに掻き鳴らし、その圧倒的なサウンドの迫力で名を轟かせてきた人ですから、自らその持ち味を捨ててまでわざわざアコースティック・ギターで渋い弾き語りをするはずがない。そうか、白人向けにちょっと肩の力を抜いて聴き易いフォーキーなブルースでもやってるのかと思って聴いたら・・・。

何これ!アコギから繰り出されるフレーズは無駄がない分やたら生々しいし、スローだろうがブギだろうが、どんな曲調だろうがそのデヴィルズ・ヴォイスはいつも以上にヘヴィに鳴り響き、艶っぽくすらある。

『ハウ・ロング・ブルース』とか『Pヴァイン・スペシャル』とか、いかにも戦前ブルースファンが喜びそうなスタンダード曲もやっておりますが、アレンジは完全にジョン・リー印で、何というかこのアルバムには「アコースティックだから」とか「白人の若いヤツら向けだから」とかいう遠慮や気遣いといったものが一切ない、正に”生のエグさがスピーカーを破って、耳にドロドロ侵食してくるブルース”です。










”ジョン・リー・フッカー”関連記事


”ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜”





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 23:43| Comment(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする