2018年06月20日

フガジ 13Songs

DYn21eUU8AAAXmz.jpg
FUGAZI/13 Songs
(Dischod)


時は1994年のグランジ/オルタナティヴ・ブームの頃、18歳のアタシは埼玉県川越市におりました。

まぁその、川越といっても小江戸情緒の漂う中都会、川越駅周辺のことではなく、延々と拡がる国道沿いの畑の中にある、諏訪町のアパートがアタシの家でございまして、そこからの最寄り駅は上福岡駅でありました。

奄美の田舎から上京してきた小僧が住むには、まぁあまり息苦しくない、都会都会していない環境で良かったなぁと思っておりますが、今日お話ししたいのは、そんなことではありません。

都会に上るまでは電車なんぞ使ったことなかったので、電車での移動とか切符を買って改札を通過するとか、東武東上線から別の路線へ乗り換えるとか、そういうのは非常に緊張を強いる作業であり、友達が出来るまでの最初の頃はもう、ただ最寄り駅周辺をウロウロするだけの生活だったんです。

幸い上福岡の駅前はちょっとした街で、本屋さんもありましたし、CD屋さんも3件はありました。

そのうちの1件が、駅から一番遠くて、一番小さなお店だったんですが、オルタナやヘヴィメタルの在庫が結構充実してたんですよね。

アタシといえば、高校時代には全く知らなかった”オルタナティヴ・ロック”なる音楽を、意味も分からんまま「パンクとメタルの中間みたいなヤツだろう」と思うがままに、主に音楽雑誌で探してはCDを買うという生活をしておりました。

知らない土地で遊ぶ友達もいないので、学校終わったらフラフラと20分ぐらいかけて駅前に行き、フラフラと本屋で音楽雑誌を買い、そこでオルタナティヴと呼ばれてるバンドの情報をチェックしては、そのままCD屋でチェックしたバンドのCDをとりあえず買ってみるという生活をしてました。

その、オルタナやヘヴィメタの在庫が充実したお店で初めて買ったのがフガジです。

で、実はイアン・マッケイのバンドでありますマイナー・スレットよりも先に知ったのはフガジだったんです。

そして、アタシがマイナー・スレットという素晴らしいハードコアバンドに興味を持ったのもフガシがきっかけでした。

1988年結成のフガシは、フロントマンであるイアン・マッケイのそれまでの活動から、オルタナティヴ・ロックのシーンでは既に大御所というか「この分野の草分け」みたいに書かれておりました。

アタシはとにかく何事も”源流”が好きであります。

ニルヴァーナが流行って、当然ニルヴァーナを好きになったら、その瞬間に

「ニルヴァーナが影響を受けたバンドって何だろう」

と考える訳です。

そんな思考でしたから、その当時のグランジに影響を与えたバンド達、つまりフガジやバッドホール・サーファーズ、バッド・ブレインズというのは、音を聴く前から何か特別な存在ではありましたが、雑誌などでフガジの事はことごとく

「硬派」

「ハードコアのスピリッツ」

「インディーズの重鎮」

とか、そういう十代のアタシがワクワクするような言葉で紹介されていたから、こりゃ当然CDも買って聴かなきゃだろうと思っていたんです。


加えて、雑誌で「オススメ」と紹介されていたアルバムのジャケットのカッコ良さも、アタシの購買意欲に火を点けました。

625.jpg

これですねぇ。何でそうなってるのかわからんが、とにかくライヴ中にヴォーカリスト(イアン)が逆さまになるぐらいの激しいパフォーマンスをするバンドなんですよ。こういうのって大事ですよ。

で、フガジは何枚か買いました。

残念ながら、というか不思議な事に、このジャケットのCDとは出会えず、あれこれ「うん、このジャケじゃないけどまぁいいか・・・」と思いつつ、お店の人に訊く事も出来ぬまま購入してたんです。

フガジのサウンドは、思ったよりもあの時代の「グランジ系オルタナティヴ・ロック」という感じではなく、ジャケットからイメージしていた、ズンダンドタドタの高速ハードコアでもなく、どっちかというと70年代のパンクロックに近い、粗削りなサウンドながら曲の輪郭がしっかりしているもので、アタシは「あ、これはパンクでカッコイイなぁ」と思いながら聴いてましたし、今もフガジはそういうバンドだと思って聴いております。





13 Songs

【収録曲】
1.Waiting Room
2.Bulldog Front
3.Bad Mouth
4.Burning
5.Give Me The Cure
6.Suggestion
7.Glue Man
8.Margin Walker
9.And The Same
10.Burning Too
11.Provisional
12.Lockdown
13.Promises


「これは何枚目のアルバム」とか、よく知りもせんままにボチボチ購入したアルバムの中で、最初にグッときたのは真っ赤なジャケットの『13 Songs』でした。

や、基本的にフガジのアルバムはどれも脇目を振らない一本気な音作りで、軒並みカッコイイんですが、とにかくこの1曲目『Waiting Room』です。

コリコリと硬めの音で鳴り響く落ち着いたベースのイントロから、疾走しないしっかりとしたビート、そして大好きなクラッシュのセカンド辺りに入っていそうな、ポップなコーラスが効いた握り拳系パンクなこの曲。

フガジの音楽は、サウンドはとってもソリッドでパワフルなのに、スピードや勢いに流されない。何というか、揺るぎない信念でもってそこに立っているという感じがします。そして、その信念ゆえの優しさが溢れてるんですよね。

後になって、フガジ時代のイアン・マッケイは、未成年がライヴを楽しめるようにチケット代をなるべく安く設定し、アルコールを提供しない会場で、モッシュやダイヴで暴れることを厳しく禁止する(オーディエンスの安全のために)事をライヴでは徹底していた事を知り、その音楽の芯のある優しさの背景を知ってフガジとイアン・マッケイがますます好きになりました。

それからしばらくしてマイナー・スレットを知って、今度はこっちの勢いガンガンの、飾りのないハードコア・サウンドにすっかりヤラレてしまったという訳です。

ちなみに、この『13 songs』、1993年にリリースされた彼らの初期音源集で、内容は1988年にレコードでリリースされた7曲入りEP盤『7 songs』と、翌1989年の6曲入りEP盤『Margin Walker』をプラスしてCD化されたもの。

アタシがどうしても欲しかったけど結局見付けきれずに買えなかったあの”逆立ちジャケ”のタイトルが実は『7 songs』という事はつまり、あの”逆立ちジャケ”の音源は、最初の頃に買っていたこのCDに全部入っていたということなんです。いゃっほう♪






『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 21:41| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする