2018年10月29日

ズート・シムズ アンド・ザ・ガーシュウィン・ブラザーズ

625.jpg
Zoot Sims/And The Gerswin Brothers
(Fantasy)

ジャズという音楽は、即興演奏、つまりアドリブというものが演奏の大部分を占める音楽です。

だもんで、その時のアーティストの体調や精神状態なんかに、いわゆる”当たり/ハズレ”が左右することの多い音楽でもあります。

まぁその”当たり/ハズレ”ってのもいい加減なもんで、多くは聴く人の好みとか「この人にはこうあって欲しい!」という基準みたいなものに沿うか沿わないかってのも大きかったりするんですね。

「アレはいい、アレはよくない」

みたいなものは・・・う〜ん、アタシはあんまり演奏を良し悪しで評価したくないクチなんで、そこんところは公言するのは好みませんが、それでも

「お、このアルバムの〇〇はカッコイイぞ!」

とか

「あれ、今回のセッションは何か大人しいなぁ、緊張してるのかな?」

というのはあります。

中にはアルバム毎に音楽性がガラッと変わっていて

「おぉぉ、どうした!?」

て人もいます。

が、それもふくめてジャズという、人間の人間らしさが最高に楽しい形で現れる表現芸術の楽しさとか奥深さだと思って楽しめる。

あのね、だからジャズって本当にいいもんですよ。

と、アタシが淀川長治さん化してきたところで、今日オススメのアーティストは、テナー・サックス奏者のズート・シムズであります。

ズート・シムズって誰じゃろ?

はい、ズート・シムズって人はですねぇ、さっきアタシが言った「当たり/ハズレ」ってのがほとんどない、ジャズの超人みたいな人なんですよ。

1950年代のはじめ、モダン・ジャズ全盛時代にデビューしてから亡くなる80年代まで、30年以上のキャリアの中でたくさんのリーダー作や参加作を世に出してるんですが、どのアルバムでもジャズ・テナーの王道・正統を堂々たる豊かな音色と、ブルージーな歌心溢れるアドリブで聴かせる、聴いてる時と聴いた後は、必ず「俺は今日良いジャズを聴いたぞ」って気分の、そりゃもう最高のものにさせてくれるのがズート・シムズって人なんですよ。


そのテナー・スタイルは、戦前のスウィング・ジャズに大きく影響を受けております。

彼がデビューした50年代というのは、実にビ・バップというサックス奏法の大きな革命が起きた後、アルトもテナーもみーんなトンガった”速いスタイル”でしのぎを削っていた時代。

でも、ズートはそんな流行に脇目もふらずに、オールド・スタイルと言われようが、太く柔らかい、テナー本来の持ち味を活かした音で、速く突っ走る時はそりゃもう猛烈だけど、そんな疾走の中にすら、古き良き時代のエスプリというか、テクニックだけじゃどうしようもできない深みや味わいに溢れた、もう本当に「あぁ・・・」とため息が漏れてしまうような、カッコイイ、そう、カッコイイ演奏をするんです。しかも、どの年代のどのアルバムでも。


で、そんなジェントルなワイルドさ(日本語あってるかー)に溢れたジャズ紳士なズートはどういう人だったかというと、朝からウィスキーかっくらって「ちょっと喉が渇いた」と言ってはビールを飲む。それだけならいいけど、呑んで陽気に暴れ、豪快にその辺にあるものを破壊して、それでいて演奏には全然何の支障もないという、変人なのか超人なのかよくわからないけど面白い人です(エピソードを読んでいるだけでは)。


人格はそんだけメチャクチャだけど、ズートが奏でるテナー・サックスの音色やフレーズは、どこをどう聴いてもジャズの良心なんです。まずは聴いてみてくださいな。


Zoot Sims & the Gershwin Broth

【パーソネル】
ズート・シムズ(ts)
ジョー・パス(g)
オスカー・ピーターソン(p)
ジョージ・ムラーツ(b)
グラディ・テイト(ds)

【収録曲】
1.The Man I Love
2.How Long Has This Been Going On
3.Lady Be Good
4.I’ve Got A Crush On You
5.I Got Rhythm
6.Embraceable You
7.‘S Wonderful
8.Someone To Watch Over Me
9.Isn’t It A Pity
10.Summertime
11.They Can’t Take That Away From Me

【録音:1975年6月6日】


「ズート・シムズのオススメのアルバム?全部です!」

と、言いたい気持ちをグッと堪えて、今日はコチラ。

えぇと、ガーシュウィンという作曲家がアメリカにおりまして、この人はクラシック音楽家でありながら、ジャズという新しいアメリカの音楽を世界に発信して行こうと、ジャズのスケールやコード展開なんかを(セブンスとかナインスとかを使ったアレ)自作の曲にどんどん取り入れて、多くのスタンダード、つまり多くの人にカヴァーされ、長年かけて愛されるようなポピュラー曲を生み出した人であります。

特にガーシュウィンが作った曲は、ジャズのミュージシャン達に次々とカヴァーされ今もどこかで演奏されております。

ジャズをよく知らない人でも

「あ、これ聴いたことあるぞ」「これも知ってる」

という曲の中には、ほとんどの確立でガーシュウィン・メロディが入ってると思って良いです、はい。

そんな天下無敵の(日本語合ってるかー)ガーシュウィン・メロディを「どんな曲でもオレがやれば極上のジャズ男」ズートが演奏する『アンド・ザ・ガーシュウィン・ブラザーズ』であります。

前に立つホーン奏者はズート一人でありますので、ズートのテナーを存分に楽しみたいのなら、これ以上の編成はないところでありますが、このアルバムの素晴らしいところはそれだけじゃない。そう、バックを固める腕利きのサイドマン達のプレイにも大注目なんです。

まずはピアノのオスカー・ピーターソン

「10本の指をフルに使って、アップテンポもバラードも完璧にスイングさせる」

と言われるほどの圧倒的なテクニックの持ち主で、この人もまた物凄い量のアルバムを出していて、そのほとんどハズレなしというバケモノですが、実はこの人の凄味はバックで、しかも個性的なホーン奏者やヴォーカリストの伴奏で実に心憎いプレイをする時に発揮されます。

続いてはギターのジョー・パス。

別名「世界一素敵なギターを弾くハゲ」失礼、この人のギターは本当にバカテクなんです。でも、テクニック以上に”聴かせる”ということにかけては本当に惚れ惚れするほどの名人芸で、あぁ、こんなにカッコ良くギターが弾けたら最高だろうなと思わせてくれる生粋のプレイヤーであります。ソロもカッコイイけど、この人もバックでの伴奏が凄い。

で、ベースのジョージ・ムラーツ。

チェコ生まれのクラシック畑出身という異色のベーシストです。その音感の鋭さと、どんなスタイルの共演者でも絶対にブレない強靭な低音と正確無比なリズムで鼓舞できるスーパー職人ベーシストであります。ちなみに今も現役で「世界最高の技巧派」とも呼ばれていて、この人の参加作もほんとハズレがありません。

最後はドラムのグラディ・テイト。

俳優を目指してニューヨークに出て来たけど、ドラムの才能が開花して、気が付けばカウント・ベイシーやデューク・エリントン、クインシー・ジョーンズ、オスカー・ピータソン、ウエス・モンゴメリーらに気に入られ、特に70年代以降は無敵のセッションマンとして、名盤にはなくてはならない存在であります。ちなみにヴォーカリストとしても成功し、グラミー賞を2回取ってます。


このメンバー、こういう凄腕の最強メンツでありますが、何より素晴らしいのは、ズートを含めた全員が「歌」に重きを置いたプレイが出来るということ。

バンドの演奏も、ズートを引き立てつつ、互角のアドリブで存分に”やりあってる感”があるんですよ。

曲のテンポはガンガン走る曲は意外と少なくて、どちらかといえば良い曲を良い演奏でじっくり聴かせるバラードやミディアム・テンポのものが多いのですが、それでも聴きながらメロディアスなアドリブから自然と湧き出るグルーヴに、どういう訳かノリノリにされてしまうんですよ。

いやほんと、びっくりしました。同時に「これがスイングかあぁぁあ!!」と思いました。早かったり激しかったりがスイングじゃない、ちょっと揺れてもその振動が心地良く、体と心に伝わるんだぜぇと、ここでまたズートの色気と暖かさに溢れたブロウ。

くーーーーー!









”ズート・シムズ”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 20:34| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

ロバート・ジョンソンの「Love in Vain」


th4QQ9IKEU.jpg


昨晩は名瀬屋仁川エリアにあるバー『Wood Note』にて、アコースティック・ライヴ・イベントがあり、アタシも弾き語りで出演してきました。


弦がもういい加減サビサビだったので、3日前に張り替えて、ラフにチューニングをして馴染ませ、出発前にオープンAにチューニングして颯爽と出かけようと思ったら、えぇ、張ったばかりの弦がいきなり「ブチッ!」と切れやがったんです。


張り替えてチューニングする時間もなければ、そもそもスペアの弦がない。

急遽予定を変更して、友達のギターを借りて全曲レギュラー・チューニングでステージをこなしました。

さて、レギュラー・チューニングで弾けるブルースってあったかな・・・?と、出番前に色々と記憶を辿っていたら、何とまぁ懐かしい思い出に当たりまして、それはアタシが頭の悪い高校生の時でしたから、今からもう20年以上前ですねぇ・・・。

ロバート・ジョンソンを雑誌で知って、2枚組のブ厚い『コンプリート・レコーディングス』を、なけなしのカネをはたいて購入し、さぁ俺はコイツを聴くことでブルースの奥義を極めるんだとか、まぁアタマの悪い高校生ですから、そんな訳のわからないことを考えてはウキウキしておった。

ところが、最初に聴いたロバート・ジョンソンというのは、う〜ん、何だか凄く深い情念とか怨念みたいなのは確かに感じる・・・のかも知れないが、何せ戦前の古い音源でしかも弾き語りです。どうにもアタシには全部同じ曲に聞こえてしまい、しばらくは頭を抱えたりひねったりしながら聴いておりました。

で、ある日友人の家でグダグダしてる時、ローリング・ストーンズ聴いてたんですよね。

そしたら何か綺麗なギターのアルペジオが渋い曲が流れてる。

「おい、コレいいバラードだな」

「これはラヴ・イン・ヴェインよ、ロバート・ジョンソンのカヴァーだろが」

「え?知らん・・・ちょっと待て、家でちゃんとロバート・ジョンソン聴いてくる」

とか何とかいう会話をしたかも知れません。

で、件の『Love in Vain』なんですが、あーあーこれは、ディスク2の後半に入ってる。子供が一番退屈する時間帯じゃないですか・・・。

反省して『Love in Vain』聴き直しましたが、やっぱりどこかキラキラアレンジされているストーンズに比べたら地味な感じがしました。

でも、ギターを始めて3年、エレキギターを買って1年、そろそろブルースを弾けるようにはなりたかったし、「でもこれ、原曲の方を歌えるようになったらちょっとカッコイイんじゃない?」という嫌らしい気持ちも出てきて、一生懸命耳コピでコードを探りながら最初はじゃーんじゃーんと「GーC7-D7」のコード弾き、そっからアルペジオから親指を分離っぽく聞こえるフィンガー・ピッキング・・・・。

そん時はブルース・ギターの弾き方の基本的なことも全然分からなかったし、ロバート・ジョンソンがオープン・チューニングだということどころか、オープン・チューニングって何すか?程度のギター脳しかなかったので、コピーには本当に苦労して、何とかレギュラー・チューニングで”それっぽく”弾けるようになるのには、半年以上かかりました。




(Love in Vain入ってるのはこっち↓邦題は「むなしい恋」)


でもまぁそれがアタシが「最初に弾き語り出来るようになったブルースの曲」だったんです。

あー何か懐かしいな、嬉しいな、よしそうだ、ひっさびさに『Love in Vain』やろう、しかもあの頃のブルースもどきアレンジで。てな感じで。

昨晩のイベントは他の出演者のみんながもうなんかすっごく上手くて(演奏も聴かせるのも)熟練味のある人達ばかりで楽しかったし、何か十代の時みたいなドキドキワクワクした気持ちになれたなぁ。

今日はもう思いっきり個人的な話でしたが、たまにはこんな記事もどうでしょうね。読んでくださった皆さんありがとうございました。



コンプリート・レコーディングス~センテニアル・コレクション










”ロバート・ジョンソン”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 23:28| Comment(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

インクレディブル・ストリング・バンド The Incredible String Band

th4QQ9IKEU.jpg

The Incredible String Band
(Electra/ワーナー・ミュージック)

音楽っていうのはそれぞれジャンルに分けられていて、まぁアタシ達は例えば「ロックが好き」とか「ジャズが好き」とかそういう風に音楽の好みを便利に紹介したり主張したりすることが出来る訳なんですけれども、世の中にはそういうジャンル分けというものが全く意味を成さない音楽というものがあって、これがまた独自の妖しい魅力というものを放っていたりするもんですから音楽を掘るということは止められません。


いわゆる”ジャンル分けが意味を成さない”という音楽には、大きく分けて2種類あるような気がします。

ひとつは世界中の古今東西様々な音楽の要素を吸収して、それを独自のセンスで融合させて演奏しているバンドやアーティスト。

これはわかります。でもこういう音楽のことを一言で”ミクスチャー”と呼ぶ文化みたいなのも、最近はしっかりと定着している。

で、もうひとつがですね。

「色んな音楽の要素は確かにブチ込んでるんだけど、結局のところコイツ(ら)何なのかよくわからない」

というバンドやアーティストが奏でる音楽であります。


60年代イギリスに登場したイングレディブル・ストリング・バンドというのは、正にそんなバンド。

あのですね、コイツらほんとよーわからんのですよ。

色んなことを無茶苦茶やってるんじゃなくて、むしろその逆で、アレンジは徹底してアコースティックだし、曲はいわゆる60年代70年代のひとつのトレンドであったフォークの範疇に入れていいものだとは思います。


でも、ここからがこの人達のオカシイところで、ギターを中心としたアンサンブルだけでなく、世界中のありとあらゆる楽器を、多分正しい演奏法を完璧にマスターしたとかそんなんじゃなくて”それっぽく”自由に演奏してたりするんです。

で、都会の大きなレコード屋さんとかに行くと『プログレ』の棚に置かれてたりします。

うん、訳がわからん。

そんな所にアタシは惚れてしまい、もうかれこれ20年ぐらいこのバンドにハマッてる訳なんですが、イングレディブル・ストリング・バンドは1960年代半ばにイギリスで結成されたアコースティック・グループであります。

中心となったのは、ヴォーカルその他のマイク・ヘロンと、同じくヴォーカルその他のロビン・ウィリアムスン。

その後アルバム出す毎ぐらいの頻度でメンバーは激しく入れ替わりますが、音楽性の重要な部分である「英国フォークの深淵みたいな部分と世界中の民族音楽をぶっこんでかきまぜたよーな音楽性」というのは、恐らく終始中心人物2人の奇妙なアイディアによるものと思います。

ちょいと解説をすれば、イギリスには1950年代から始まったスキッフル・ムーヴメントというのがありまして、これは何故か戦後すぐぐらいの頃にイギリスでトラディショナル・ジャズ(スウィングよりもっと古い時代のニューオーリンズのジャズ)が流行った時期があって、更に戦前アメリカのジャグ・バンドに触発されて、アコースティック楽器と洗濯板やたらいのベースなどの手作り楽器を持ち寄ってぶんちゃかやることに若者が熱狂しました。

これが”スキッフル”なんですが、かのポール・マッカートニーなんかも、音楽を始めたきっかけがこれだったりして、イギリスのロックの根っ子を掘ると必ずブチ当たる、とっても重要なムーヴメントなんですね。

で、イギリスの音楽というのは、アメリカの音楽と密接に関わりながら、影響を受けたり与えたりして発展していきます。

スキッフルのムーヴメントも、アメリカで沸き起こったフォーク・リヴァイバルの流れと深く呼応していて、徐々に楽しくぶんちゃかやるだけでなく、今度はイギリス人、つうことはイングランドとウェールズとスコットランドと北アイルランド、それぞれのルーツをもっと独自にさかのぼって音楽なんて出来やしないかと、若者は考える訳です。

そんな中からイギリスでは、独自のルーツ・ミュージックである”トラッド”を戦後に復活させた優れたアーティスト達が次々と出てきます。以前紹介したスコットランドのシャーリー・コリンズなんかもその一人です。



1960年代半ばにはロックがグイグイ出て来るので、この英国のフォーク/トラッド・ブームというのは下火になるんですが、そのムーヴメントの最後に出て来たのが、フォークでもトラッドでもあるんだけど、何だか無国籍でサイケな感じすらするイングレディブル・ストリング・バンドだったという訳であります。

そう、彼らがデビューしてしばらくしてからアメリカでヒッピー・ムーヴメントが起きて、サイケデリック・ロックというのが生まれ、それに影響を受けたフォークは”アシッド・フォーク”と呼ばれるようになり、奇しくもイングレディブル・ストリング・バンドは”アシッド・フォークの先駆け”みたいな感じで評価されるようにもなったという訳で、この人達の無秩序に広い音楽性は、60年代から70年代のリアルタイムと過去と未来が交錯する、その微妙な接続点みたいなところの全てにかかっているところから発生したと言っても過言ではありません。




ジ・インクレディブル・ストリング・バンド <SHM-CD>


【収録曲】
1.メイビー・サムデイ
2.オクトーバー・ソング
3.ホエン・ザ・ミュージック・スターツ・トゥ・プレイ
4.シェイファーズ・ジグ
5.ウーマンカインド
6.ザ・トゥリー
7.ホイッスル・チューン
8.ダンデライオン・ブルース
9.ハウ・ハッピー・アイ・アム
10.エンプティ・ポケット・ブルース
11.スモーク・ショベリング・ソング
12.キャント・キープ・ミー・ヒア
13.グッド・アズ・ゴーン
14.フットステップス・オブ・ザ・ヘロン
15.ニガータウン
16.エヴリシングズ・ファイン・ライト・ナウ



そんな彼らの”奇妙な無国籍感”は、1966年リリースのファーストの1曲目から妖しく花開いております。

『メイビー・サムデイ』という、実にフツーのタイトルが付いたこの曲なんですが、再生すると2秒ぐらいで「メイビー」も「サムデイ」も吹っ飛びます。

何だこのアラブみたいな曲は!コイツら本当にイギリスなのか?イギリス人なのか?あぁん!?

というのが、最初に聴いたアタシの正直な感想です。

ついでに言うと

「これをやりたかったのは分かるが何故こうなった」

とも思いました。


更にタチの悪い(?)ことに、この人達の音楽性は、アルバムを出す毎に混沌としていきます。

このファースト・アルバムでは、無国籍にぶっ飛んだ曲は、実はこの1曲目だけ。

でもこの1曲で「フォークとは?」と聴き手の常識や固定概念が気持ちよく吹っ飛ぶ破壊力は凄いし、とにかく何度も何度もリピートして聴きたくなるような、摩訶不思議な中毒性が溢れた曲です。

2曲目以降はボブ・ディランとドノヴァンが袖を引っ張り合っているような、割としっかりしたフォークですが、これらの曲がまた1曲目が嘘みたいに完成度が高いので「あぁ、相当おかしいけどただのイカレ野郎じゃないな」と思わせるに十分なアルバムのクオリティで、アルバム全体としても、聴いてくうちにジワジワしびれてくる不思議な中毒性に溢れています。


アラブとイギリス伝統音楽と、アメリカン・フォークからの影響が、妖気を十分に含んで湿ったもやの中で、ゆらゆらと揺れながら漂ってるかのような、初期イングレディブル・ストリング・バンドの”毒”ぜひ味わってみてください。効きますよ〜♪





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 23:15| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする