2018年11月04日

ブッカー・アーヴィン ザッツ・イット!


考えてみればアタシもCD屋なんて因果な稼業をやってきましたが(現在実店舗は閉じておりますが)、そんな因果な稼業で最も幸せを感じる瞬間ってのは、そんな風にお客さんが好きな音楽に自分の喜楽を全投入して語る、実に活き活きとしたお顔と対面した時です。

音楽って、それを聴いててお腹が満たされる訳でもないし、財布の中のカネが増える訳でもない(逆にハマッちゃったら確実に減っていく。うぅ・・・)のに、何で人をこう幸せにするんでしょうね。

と、柄にもないことを考えておりますのは何故かというと、今日は目下アタシのことを最高に幸せな「あぁぁ!もうこれ好きぃー!!」という気分にさせてくれるイカしたジャズマンを聴いているからでございます。

625.jpg

ブッカー・アーヴィン/ザッツ・イット!
(CANDID)


ザッツ・イット!

そう、それ!

もうね、ほんとうにこれなんですよ、これ。

”ジャズ”という音楽の、どこまでも人間の匂いに溢れた豊かさと、同時にアメリカという国の土に染み込んだ黒人文化の豊かさを、ブルースをたっぷり歌うテナー・サックスで、アタシ達に「うわぁ、ジャズっていいなぁ・・・」というふくよかな感動を与えてくれる、ジャズマンの中のジャズマン、ブッカー・アーヴィンの代表作のひとつであります。

アタシはもうね、ブッカー・アーヴィン大好きなんだ。大好き過ぎて”ブッカー”と聞けばアーヴィンに関係なく

「そうそれ!」

と言ってしまいそうになってしまうぐらい好きで好きで、ついついブッカー・アーヴィンには”アーヴィンたん”と、ちょいとかわいい愛称を付けてしまうぐらいに好きなんだ。

たとえ、マイルス・デイヴィスみたいにシーンの最先端で次々と進化する音楽を、時代に先んじて切り開いていったイノベイターでもないし、ジョン・コルトレーンのように、神がかりな演奏に裏付けされた圧倒的なカリスマで、ジャズという音楽の精神的な柱になった訳でもない。デューク・エリントンのようにその後の演奏家達が競って演奏するようなスタンダードをたくさん作って、歴史に大きな足跡を残した訳でもない。ルイ・アームストロングのように、ジャズをよく知らない人にも受け入れられるような、ズバ抜けたポップ・センスを持ったエンターティナーでもない。

テナー・サックスだって、”上手い人””凄いテクニックを持っている人”なら、アーヴィン以上に派手な人はゴロゴロいます。


でも、そんなことを全部ひっくるめても、アーヴィンは他の人にはないものを持っていて、その”持っているもの”が、ジャズ好きの心をどうしようもなくくすぐって、興奮させて、そして癒してくれるからたまんない。

それは一言でいえば



ということになるでしょう。

しかし、ブッカー・アーヴィンの”味”は、一言ではとても言い尽くせないほど、濃厚なエキスが次から次へと、それこそ噛めば噛むほど滲んでくる味。

うんうん、ジャズ好きな人とよくあれはどうでこれはこうでとかいうややこしい話をしたりもするけど、その時に

「ブッカー・アーヴィン」

と言えば、その相手が年季と気合いの入ったジャズ好きであるほど

「いいねぇ〜♪」

と、見事に言葉を失った満面の笑みで返してくれる。

うんうん、とにかくそういう人なんですわ。


そんなブッカー・アーヴィンは、1930年テキサス生まれ。

テキサスっていえばミシシッピと並ぶブルースの本場です。

そいでもってテキサスといえば、ニューヨークや西海岸とはまた違った、タフでブルース・フィーリングの濃いテナーを聴かせる、いわゆる”テキサス・テナー”という独自のテナー・サックス文化が花開いた土地でもあります。

アーヴィンのテナーも、当然青春時代までを過ごしたテキサスの、ブルースやR&Bの影響、そしてテキサス・テナーの影響がとても強いです。

父親がミュージシャンだったことや、徴兵で空軍に入った時に、バンドでオールド・スタイルのジャズとかR&Bを演奏していたことも、彼の素質を更に磨いて、1958年にジャズの都、大都会ニューヨークへと進出しますが、とことん南部の匂いが染み込んだ彼のスタイルは、誰もが新しく先鋭的なものを目指していたニューヨークでは、大変に個性的で珍しいものだったと思います。

そんな彼のプレイを

「オゥ、いいテナー吹くじゃねぇか」

と認めたのが、チャールス・ミンガスというベースの親分です。

ミンガスという人の音楽は、当時次々と過激なものが出て来るジャズ界の中においても、一際異彩を放っておりました。

つうのもミンガスという人は、スケールやコードといった音楽理論の約束事を荒ぶる感覚でブチ壊しながらも、ブルースと伝統的なスウィング・ジャズのサウンドをとても敬愛し、演奏の中でも大事にしていた。

ミンガスにはそんな豪胆な一面と繊細な一面と、そして何よりアーティストの個性を一瞬で見抜く異常に鋭い眼を持っていました。

アーヴィンのプレイを聴いたミンガスは、すぐに

「オゥ、お前オレんとこに来い」

とスカウトし、ここで超個性的なメンバー達と練習を重ね、元からあるブルース濃厚なフィーリングに、どこかそれだけじゃない非常に新しいフレージングの個性を身に付けた「ブッカー・アーヴィンというジャズマン」が誕生しました。





That's It

【パーソネル】
ブッカー・アーヴィン(ts)
ホレス・パーラン(p)
ジョージ・タッカー(b)
アル・ヘアウッド(ds)

【収録曲】
1.モジョ
2.ウラヌス
3.ポインシアナ
4.スピーク・ロウ
5.ブッカーズ・ブルース
6.ブー

(録音:1961年1月6日)


アルバム『ザッツ・イット!』は、その時に親分のミンガスと親しく

「もっとアーティストのやりたいことを真摯に受け止め、それを形に出来る新しいジャズ・レーベルを作るんだってばよ!」

と、気炎を上げていた硬派な評論家、ナット・ヘントフという人が作ったレーベル、CANDIDからリリースされた唯一のアルバムです。

ブッカー・アーヴィンのアルバムでいえば3作目なんですが、これが流石にアーヴィンを良く理解していたレーベルらしく、見事にアーヴィンの持つ

「ブルージーな持ち味」



「それでいてちょっと何か新しい方向性を感じさせる勢い」

の両方を、素晴らしいプロデュースで凝縮してまとめ上げております。


まず、アーヴィンと同じく独自の濃いブルース魂を持っているホレス・パーランがピアノで脇に付き、ジョージ・タッカーのズ太くゴリゴリしたベースと、絶対に崩れないアル・ヘアウッドのドラムが背後を支える。この人選が素晴らしいんです。

何が素晴らしいかって言うと、パーランはこのアルバムを録音するちょい前までアーヴィンと同じミンガスのグループでピアノを弾いていて、つまりアーヴィンの事は演奏のクセに至るまで何回もライヴやリハーサルを共にしてきて「おぅ」「あぁ」で分かり合える”良き兄弟分”の仲。

ついでにリズム隊のジョージ・タッカーとアル・ヘアウッドは、実は当時のホレス・パーランのバンド・メンバー。これで息が合ったプレイをしない訳がありません。

4ビートで勢いよく、しかし重厚にズンズン突き進むハイテンポのナンバーから、お得意の濃厚極まりないブルース、そして”何か新しい”を感じさせる、宇宙的な浮遊感に満ちたバラードまで、アーヴィンは何の制約も受けず、自由に伸び伸びと、その豊かなトーンを響かせていて、はい、もう何も言うことありません。

CANDIDのプロデュースは「とにかくやかましいことは言わず、アーティストにやりたいようにやらせる」というものでしたが、ここでアーヴィン達の”やりたいように”が、決してハメを外しただけのやんちゃに終わってないのがまた凄いところで、むしろアルバムは全体的に、他のアーヴィンのアルバムと比べても、一層渋いんです。

そう、アタシはこのアルバム、ジャケットも大好きなんですが、いいですよね、うん、凄く渋い。このジャケットの”まんま”な音が演奏からもしっかり響いてくるんです。

ブッカー・アーヴィンについては、今後も(大好き過ぎるんで)色々とアルバムをピックアップしていきたいと思ってますが、とにかく知らない、でも聴きたいという人には、アーヴィン必殺のブルースナンバー『ブッカーズ・ブルース』を聴いて頂きたい。

冒頭にアタシが言ったような、どこまでも人間の匂いに溢れた豊かさと、同時にアメリカという国の土に染み込んだ黒人文化の豊かさを、ブルースをたっぷり歌うテナー・サックスというのはこれ、そう、ずばりこれ(That's It)なんですよ。



”ブッカー・アーヴィン関連記事”


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 00:00| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

リトル・フィート ウェイティング・フォー・コロンブス

625.jpg
リトル・フィート/ウェイティング・フォー・コロンブス
(wea)


1970年代のアメリカ、そのルーツともいえるあらゆる音楽を吸収して、心地良く乾いたギターやオルガンのサウンドと、腰にクるタイトなグルーヴで体現しているバンド、それがリトル・フィートです。


や「アメリカ」と聞いて連想するものは、人それぞれ違うでしょうが、なんつうかアレですよ。日本の公道じゃまず走れんようなでっかいトレーラとか、どこまで行ってもひたすら道路な荒野のハイウェイとか、やたら腕の太いおっちゃんが朝から肉食ってバドワイザーを浴びるように呑んでるとか、ハーレーダヴィッドソンをボコボコ言わせて疾走しているワイルドな40代以上とか、ガレージには56年型のキャデラックとか、ジョーイのカフェにあるジュークボックスとピンボール台とか、そういうのですな。

うん、自分でも何だかよーわからんくなってきましたが、とにかくアメリカの「都会じゃない場所」の、おっさんのトレーラーが爆音で流してるラジオだったり、ドライブインのジュークボックスがやたらとガンガン鳴らしてるのだったりする音楽。


それがリトル・フィートです。

何を言いたいかというと

「リトル・フィートってほんっとアメリカのグッとくるとこを集めて固めて乾かして酒に浸したような音楽だよな〜」

ってことです。

これをものすごーく専門的に、味気無く言っちゃうと

リトル・フィートの音楽は、ブルースやカントリー、ニューオーリンズ・ソウルにケイジャン、テックス・メックス、ファンクなどの良質なアメリカン・ルーツ・ミュージックを全て取り込み、それらに奇跡的な統一性を持たせたロックへと見事に昇華させている。それはつまりリーダーであるローウェル・ジョージの音楽的センス、そして彼の弾くフィーリング豊かなスライドギターに依るところが非常に大きい。

ということになるんでしょうけど、それだけじゃない”味”の部分、つまり

「うわぁ〜、何だかよくわかんないけどこのバンドの演奏聴くと胸が熱くなる、心が豊かになれるー!」

ってのが、このバンドの音楽の一番の特徴なんだと、アタシは思っております。


リトル・フィートの音楽は、いわゆるサザン・ロック、そしてルイジアナ/ニューオーリンズのブルースやR&Bの影響を強く受けた”スワンプ・ロック”という種類のロックになります。

サザン・ロックといえばアタシは高校時代から興味があって、オールマン・ブラザーズとレイナード・スキナードは好きでよく聴いてましたが、リトル・フィートというバンドがいて、それがこんなにもカッコイイということは全く知らなかったんです。

ハタチの頃、都内のレコード屋で修行をしておりましたが、その時ブルースとかジャズだけじゃなくて、60年代、70年代のロックも色々と幅広く教えてくれる先輩やお客さん方がいっぱいいて、リトル・フィートはその時覚えました。

つうのも最初はジャケットです。

レジに立ってると、そんなに派手ではないものの、やや年配の方がちょこちょこ買っていくCDがありまして


「ブランコに乗ってる一つ目のぬりかべみたいなヤツ」



「ハンモックに乗っている笑顔のトマト」

です。

で、この”妙なものがブランコとかハンモックに乗っているジャケット”が、何かリトル・フィートという同じバンドのものであるということに気付いた。

レコードやCDのジャケットっていうのは、大体そのバンドなりアーティストなりがどんな音楽をやっているかが想像出来るものが多いですよね。


でも、この共通する妙ちきりんなジャケットのバンドが、一体どんな音楽を演奏する連中だか、全く想像が出来ませんでしたから余計に気になります。

意を決して先輩に

「あの〜、リトル・フィートってのはどんななんすか?ジャケット見る限り何かサイケかプログレみたいな・・・」

と訊いたのですが、また例によって

「おいおい、おめーはヨぉ〜、リトル・フィートも知らねェのかよォ〜」

と、若干多摩弁で呆れられて、棚から持ってきた中古CD、はい”ハンモックトマト”のやつを再生してもらいました。



Waiting for Columbus

【収録曲】
1.Join The Band
2.Fat Man In The Bathtub
3.All That You Dream
4.Oh Atlanta
5.Old Folks Boogie
6.Time Loves A Hero
7.Day Or Night
8.Mercenary Territory
9.Spanish Moon
10.Dixie Chicken
11.Tripe Face Boogie
12.Rocket In My Pocket
13.Willin'
14.Sailin' Shoes
15.Feats Don't Fail Me Now



大熱狂のオーディエンスの歓声、そしてMCでの盛り上がりからおもむろにタタタタ〜と始まる一曲目『Join The Band』が始まりました。

最初は「ほぉ〜、サザンロックみたいだね〜」ぐらいに思ってましたが、ユル〜く和やかに1番を歌った後にスライドギターが鳴った瞬間

「!!!!」

となりました。

これはサイケとかプログレじゃないし、むしろそういったアンダーグラウンドなロックとはまるで逆の穏やかなベクトルの健康的なロックだけど、ちょっとフツーの神経の人が弾くスライドじゃないし、何かこう、ブルースの連中みたいにヤバさを隠せない類のやつだ、うわぁすげーカッコイイ、つうかオールマン・ブラザーズの大好きなアルバムで、あのフィルモア・ウエストのライヴ盤があるけど、雰囲気とかテンションとか、スライドギターがいい感じに鳴ってる感じはあのアルバムと凄く似てるけど、アレとはもっと違って、なんつーかこっちの方がブラック・ミュージックっぽいのを感じる。てか、リトル・フィートって良い!

ローウェル・ジョージの「天才」と言われたスライド・プレイは、確かにその音色や肉声のように豊かなニュアンスが衝撃的ではありますが、よく聴くと、いや、よく聴かなくても、そのソウルやブルースやカントリー、ファンクといった雑多な音楽が混ざり合ったバラエティ豊かな楽曲が繰り出すありとあらゆるリズムに、ピッタリはまってるから凄いんですよ。

つまり”凄いギター”だけど、それがスタンドプレイになってなくて、しっかりと曲を聴かせるためのギター・ソロなんです。

で、このアルバムはそんなローウェル・ジョージが在籍した時代の集大成ともいえるライヴ・アルバム。

1973年にレコード・デビューして、その音楽性の素晴らしさ、バンドの尋常じゃない演奏力の高さは認められながらも、一般セールスがなかなか厳しくて、しかもメンバー内では「ルーツに根差したアメリカン・ロックをやりながら、ファンキーなノリを出していきたい」とするジョージと、ジャズ/フュージョン路線の大人なロックをやりたかった一部メンバーとが主導権を巡って対立。

ジョージは麻薬に走り、1979年に解散を発表した直後に亡くなってしまいますが、このアルバムはその前年の1978年にリリースしたライヴ・アルバムです。


方向性を巡る対立はあったものの、バンド内の空気は終始心地良いテンションに満ち溢れております。





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 18:55| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

エリック・クラプトン 461オーシャン・ブルーヴァード

6.jpg

エリック・クラプトン/461オーシャン・ブルーヴァード
(Polydor/ユニバーサル)


さて、エリック・クラプトンであります。

クラプトンに関しては、アタシはブルースに対するその偉大な功績から、これはもう紹介するからには気合いを入れて・・・、とか色々と考え過ぎてしまい、これまでなかなかピックアップすることが出来ずにおりました。

とはいうものの、実はアタシ、クラプトンに関してはずっと長いこと”遠巻きに見ているにわか”でありました。

人生というのはタイミング、音楽との出会いというのもまたタイミングだったりするんです。

アタシが洋楽に目覚めたのは80年代の終わり、もうやがて90年代が始まろうかという頃でした。

丁度ハードコアとかスラッシュメタルとか、そういう言葉が巷でもちらほらと聞こえてくるその時、アタシはパンクロックに繋がる”激しい音楽”とボブ・ディラン経由のアコースティックな音楽をひたすら追っかけていて、その頃はもうすっかりクラプトン、ストーンズ、ビートルズは
「洗練された大人のロック」だと思って、完全に”脇目”の方に置いていた。

ブルースは大好きでしたが、アコースティックなやつから入ったので、チョーキング炸裂のモダン・ブルースの魅力に開眼するのにも、随分と随分と遠回りして「うぉぉ!B.B.キングかっこいい!!」と思えたのは、ようやくハタチも過ぎた大人になってからのことだったと記憶しております。

それから「ブルース」で繋がる人とは、どうしてもクラプトンの話になります。

で、何枚か聴かせてもらいました。

その時、アタシの”趣向”と良い感じにピッタリ波長が合ったのが『アンプラグド』。

で、その次に「これ、いいっすね!これ好きです!」となったのが、今日ご紹介する『461オーシャン・ブルーヴァード』であります。

何で「好き!」となったのか、これはアタシがどうこう書くよりも、その時に聴かせてもらった方との会話を思い出しつつそのまま掲載した方が良いと思いますので、箇条書きっぽく記しましょう。


「へー、意外だな〜」

「え?何でっすか」

「いや、君ブルース好きっつうから、もっとクラプトンがバリバリ弾きまくってるアルバムに反応するのかと思ってたよ」

「いやぁ〜、そうですかねぇ。でも一曲目のスライドとかヤバくないですか?」

「ヤバイねー♪」

「弾きまくってるじゃないですかー」

「いや、そうじゃなくてもっとバリバリのソロとかクラプトン弾くでしょ?そういうのがなくて、このアルバムはトータルですごくいいんだよ。クラプトン自身もすごくリラックスしてて”あんまりがんばんないぞー”って時期だったから。でもそれが結果大成功だったんだよね」

「2曲目もこれ、イントロスライドじゃないっすか!いや、これは・・・あ、このヴォーカルも凄く優しくて染みる!クラプトンってもっとこう声張り上げて歌うイメージがあったんですけど、レイラとか」

「うん、そうなんだそうなんだ。このアルバムはいわゆるレイドバック期の名盤で・・・」

と、そこからクラプトン大好き先輩の深い説明がずっと続いて、アタシはそれをほうほう言いながら聴いてたんですが




461オーシャン・ブールヴァード

【収録曲】
1.マザーレス・チルドレン
2.ギヴ・ミー・ストレングス
3.ウィリー・アンド・ザ・ハンド・ジャイヴ
4.ゲット・レディ
5.アイ・ショット・ザ・シェリフ
6.アイ・キャント・ホールド・アウト
7.プリーズ・ビー・ウィズ・ミー
8.レット・イット・グロウ
9.ステディ・ローリン・マン
10.メインライン・フロリダ


何て説明すれば良いのか、確かにこのアルバムは、多くのファンが認める「クラプトン代表作のひとつ」であり、麻薬中毒を始めとする様々なトラブルからようやく抜け出したクラプトンが「バリバリのロッカー」から「ポピュラーなアーティスト」へと成長の舵を切ったエポック・メイキングな作品であり、ボブ・マーリィーの『アイ・ショット・ザ・シェリフ』をカヴァーしたことで、それまでジャマイカの1ローカル音楽に過ぎなかったレゲエを、世界中に知らしめたという歴史的な一枚であり・・・と、それこそもう字数が尽きないぐらい「名盤だ」という裏付けはたくさん出て来ると思います。

がしかし、しかしですよ。

アタシにとってはこのアルバム、その当時余りにもポピュラー過ぎて、かえって聴く前から変な先入観に凝り固まっていた”大人の上品なロックの大スター”というものを気持ち良く破壊してくれて、ある意味で「クラプトン」という人を意識させずに聴かせてくれた、そう、色々と難しいことや余計なことは考えさせずロックをズドンと胸に撃ち込んでくれたアルバムとして、ジワジワと響いたんです。


クラプトンのキャリアの最初はヤードバーズ、、それからジョン・メイオール&ザ・ブルース・ブレイカーズときて、クリームで大成功を治めます。

ところがこのクリーム、才能は素晴らしいけれども元々性格がエキセントリックでそれゆえに仲が悪かったジャック・ブルース(vo,b)とジンジャー・ベイカー(ds)が、もう顔を合わせる度に険悪で、クラプトンはストレスに苛まれ、ステージと人間関係の緊張から逃れるためにドラッグに手を出していました。

結局内側のギスギスが頂点に達する形でクリームは1968年に解散。


その後ブラインド・フェイスというブルースロック・バンドを結成するも、これも1年足らずであっけなく解散。


クラプトンは「もっとブルースとか、アメリカのルーツ音楽を追求したいぜ」と、単身アメリカに渡って、現地のミュージシャンン(ザ・バンドの面々中心)と、デレク・アンド・ドミノスを結成して『レイラ』という名盤を出しておりますが、ドミノスもメンバー間のゴタゴタが原因で解散。

僅かな期間の間に3つの解散に伴う人間不信、移住とレコーディングやツアーの連続した生活によるストレスが頂点に達して、遂にクラプトン、壊れちゃいます。前々からヤバめだったヤク中が更にハードな段階に突入してしまい、もう完全に引きこもりの廃人寸前。2年間更生施設で社会復帰への治療とリハビリを続け、ようやく「俺、やっぱり音楽したいよ」となったのを聞いた友人達が、もうほとんど「クラプトン個人を支援するため」にスタジオを用意してもろもろの環境を整えてレコーディングしたのがこのアルバムだということです。


だからこんなにリラックスした、肩の力の抜けたユルい空気が最高のアルバムに仕上がったんだと言われていて、確かにその通りだと思います。

けど、どうでしょうね。アタシはこの明るくカラッとしたギターやオルガンの音とか、軽快に刻まれるドラムのリズムとか、クラプトンの落ち着いた爽やかさを感じさせる歌声とか、そういった”音楽”の要素ひとつひとつに、ハードライフを満身創痍で潜り抜けてきた男の悲哀とか、辛口の気骨とか、そういうハードボイルドな空気を、どうしようもなく感じてしまうんです。

エルモア・ジェイムスの曲もカヴァーしていますが、それまでアタシが勝手に期待していたバリバリのブルース臭は気迫です。でも、だからと言ってこのアルバムがただの軽い、リラックスした名盤だけである訳がない。70年代の硬派なアメリカン・ロックのスピリッツが最初から最後まで見事に貫かれていて、それ故に尽きせぬ感動にいつまでも触れた心が揺さぶられてしまうのです。








”エリック・クラプトン”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 22:58| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする