2019年01月17日

B.B.キング ライヴ・アット・サン・クエンティ

6.jpg
B.B.キング/ライヴ・アット・サン・クエンティ
(MCA/ユニバーサル)


ジョニー・キャッシュ兄貴の素晴らしいサン・クエンティン刑務所ライヴを紹介したら、無性に聴きたくなってきたのがコチラ、B.B.キング御大の同じくサン・クエンティン刑務所のライヴ・アルバムであります。

いやぁしかし凄いですね、ジョニー・キャッシュ兄貴にB.B.キングといえば、それぞれアメリカのカントリーとブルースを代表する東西の横綱ぐらいの人達でありますよ。

そんなビッグネーム中のビッグネームが揃ってライヴに訪れてそれをレコーディングするサン・クエンティン刑務所ってのはどんなとこなんだろうと思ってアメリカの刑務所に詳しい知人に訊いたら

「サン・クエンティンだって!?あそこはやべぇ、囚人のほとんどが死刑とか仮釈なしの終身刑とか、そんなヤツらばっかりの大変なところさ。悪いことは言わねぇ、あんな所に興味持つのはやめときな。何かの間違いで入っちまったら最後と思った方がいいような、刑務所の中でも飛び抜けて恐ろしいところさ・・・」

と、頬の肉を恐怖でヒクヒクさせながら若干引き気味に語るようなところなんだそうですね。

えぇ、アタシにアメリカの刑務所事情に詳しい知人なんている訳がございません。ちょいと想像を豊かにするために適当なこと言ってしまってごめんなさいなんですが、調べてみる限り凶悪犯が多い、日本で言えば府中刑務所のような”犯罪傾向が著しく進んだ被告”を収監する刑務所だという事は間違いなさそうで、とにかくジョニー・キャッシュ兄貴やB.B.キングは、そういう刑期を務め上げて出てこられる囚人が少ない刑務所で敢えてコンサートを行った訳です。


B.B.キングが刑務所で行った最初のコンサートは、1970年にクック・カウンティ刑務所という所で行ったものであります。

当時黒人だけじゃなく、白人からも人気を集めていたB.B.は「ちょいと変わった所でコンサートがしたい」と思っており、それにジャズ・クラブ”ミスター・ケリーズ”のオーナーが「それなら刑務所でやってみるってのはどうだい?」と提案したことが始まりです。

最初こそファンがにこやかに集まるようないつものコンサートと違った、ある種独特の緊張感漂う雰囲気に押され気味になったB.B.でしたが、演奏を始めた途端に熱狂し、好意的な反応を見せる囚人を見て「あぁ、オレの音楽を普段から聴きに来て楽しんでくれている連中と全然変わらないな」と安心し、特設ステージが設けられた刑務所の中庭でのコンサートは大成功。

この時のアルバムは『ライヴ・アット・ザ・クック・カウンティ・ジャイル』として作品化もされており、B.B.の代表的なライヴアルバムのひとつとして、ファンにも長年愛されております。

このライヴを行う前のB.B.には、自分の音楽で本当に囚人の心を開かせて更生に向かわせる事が出来るんだろうかというかなりの葛藤があったと言います。

ライヴはもちろん素晴らしいものでしたが、彼らにとってはそれは無限に続くかのように思われる刑務所生活の中ではほんの一瞬のこと。特に自分は長年ブルースの世界の中で生きて来て、犯罪に巻き込まれた仲間や友人もたくさん見て来た。と、この人はとってもピュアで真面目な人ですから、ずっと考えておったんです。

元よりB.B.は、レコーディングも凄まじい数をこなしておりますが、自分の活動の場はライヴだという信念で、ツアーに出かけてはその何倍もの数のステージをこなし、その間に刑務所慰問へも出ておりました。

B.B.の葛藤は恐らくは何度刑務所のステージをこなしても、それなりに湧いてきた類のものだとは思いますが、そんなB.B.の葛藤とは別に、彼なりの一流のショウマンシップは”刑務所でのB.B.キングのステージング”というひとつの大きな芸を大成させます。







Live at San Quentin

【収録曲】
1.B.B.キング・イントロ
2.レット・ザ・グッド・タイムス・ロール
3.エヴリデイ・アイ・ハヴ・ザ・ブルース
4.ホール・ロッタ・ラヴィン
5.スウィート・リトル・エンジェル
6.ネヴァー・メイク・ア・ムーヴ・トゥー・スーン
7.イントゥ・ザ・ナイト
8.エイント・ノーバディズ・ビズネス
9.スリル・イズ・ゴーン
10.ピース・トゥ・ザ・ワールド
11.ノーバディ・ラヴズ・ミー・バット・マイ・マザー
12.スウィート・シックスティーン
13.ロック・ミー・ベイビー


始めての刑務所ライヴからおよそ20年、B.B.の姿は『全米でも有数の凶悪犯が集う刑務所』と恐れられたサン・クエンティン刑務所のステージの上にありました。

専属の司会者による派手なMCから始まる勢いに溢れたパワフルなバンド・サウンド、そしていつものセッティングより出力を上げて歪ませたギターをガンガンに弾き鳴らし、張り上げた声を更に荒々しく濁らせる。

野郎共いいか、客席に女のコがいない今日のオレは若干荒れている。

だから今日のステージは特別だ。

お前らにささやく甘い言葉なんざ持っちゃいねぇ、だがお前らも特別だ。

何十年も待ってたヤツいるか?オーケー。

最後までゴキゲンにノセてやるし、どうしようもねぇお前らの人生にヒリヒリと染みまくるブルースをたっぷり歌ってやる。

準備はいいか?オレはミスターB.B.キング!

どの曲のどの瞬間からも、B.B.のこんな心の声が聞こえてきそうな、パワフルで粗削りな演奏。

このアルバムがリリースされたのは1990年。えぇぇこの時期のB.B.といえばもうブルースの大御所で、彼を慕うブルースの後輩やロック・ミュージシャン達と和やかなセッションアルバムとか作ったり、甘さと程良い哀愁を醸しながら、安定してかっこいいギタープレイを聴かせる円熟の境地に達していたはずでは(!)というのがアタシがこのアルバムを聴いた最初の正直な感想です。

囚人だろうが何だろうが、コイツらはオレの客。そう、客であるからには全身全霊で歌ってギター弾いて、一人残さず満足させてやる。B.B.のそんな意地とそれに煽られまくって熱狂し、「エッブリディ!エッブリディ!」「グッタイムロール!」と歓声を上げまくり、完全にコンサートのオーディエンスと化した囚人達の姿以外のものはここにありません。


B.B.キングのライヴ名盤といえば、演奏はもちろん凄いけど最初から最後まで女性客の黄色い歓声が凄い『ライヴ・アット・ザ・リーガル』という名盤中の名盤がありますが



このアルバムは全てにおいて対照的な、言ってみれば「B.B.の男の中の男が炸裂したライヴ名盤」でありましょう。








”B.B.キング”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 10:43| Comment(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする