2019年03月09日

ジョン・フェイヒィ レジェンド・オブ・ブラインド・ジョー・デス

img_1.jpg
John Fahey/The Legend of Blind Joe Death
(Takoma)


え〜、アコースティック・ギター1本で歌ナシの曲を演奏する「ギターインストゥルメンタル」なるジャンルがありまして、2000年頃から一定の根強い人気を誇っております。

「へぇ〜ギター1本で?どんなことすんのかねぇ」

ぐらいの気持ちで聴いてみたら、単にコードをジャカジャカやったり、メロディをテロテロ弾くんじゃなくて、リズムもメロディも、果てはネックやボディを叩いたりするパーカッシブな小技も同時にやったりと、そのテクニカルな技術にド肝を抜かれるような凄いプレイヤーがこのジャンルにはいっぱいいて、しかも最近はYoutubeとかで見ても、アマチュアギタリストでギターインストやってる人達ってのは凄いですよね。

ほいでもって、やっている曲がまた、ロックでもカントリーでもジャズでもない、でもその全部の要素がひとつの楽曲の中に整然と入っているような、本当に独特の曲が多いです。


今日ご紹介するのは、アタシが思う「元祖ギター・インストゥルメンタル」ジョン・フェイヒイでございます。

まずですね、知らない人はこの人の名前、ぜひとも覚えて欲しいです。

もうね、この人は本当に凄いです。

アメリカにある色んなルーツ音楽、たとえばブルースとかカントリーとかフォークとかそういうもののギター演奏の最高のテクニックを、たった1本のアコースティック・ギターで、しかも歌ナシで完璧に弾きこなしてます。

とはいえそのプレイはあくまで穏やかで「どうだ凄いだろう」というような押しつけがましさは一切なく、それゆえにド派手な弾き倒しみたいな事はしない。そこに鳴っているのはギターの音だけなのに、まるでアコースティック・ギターの軽やかな伴奏に乗って見事に歌が歌われているような・・・、聴く人を優しく世界に引きずりこんで、そんな不思議な感覚に包み込んでしまう、ギタリストとかミュージシャンとかを越えた魔法使いのような人なのであります。


1930年代に生まれ、ワシントンD.C.という都会が故郷でありますが、カントリーやブルーグラスに夢中になって、やがて戦前のブルースにのめり込み、古いSP盤を探して曲を覚え、それらを完璧にマスターしてライヴで演奏し、1950年代から60年代にかけての”フォーク・ブルース・リヴァイバル”のきっかけも作りました。

元々メジャーになる気はなく、最初から自分のレーベルを作ってそこで淡々とレコーディングを行っては作品をリリースしているような人でありましたが、ルーツ・ミュージックを愛好するファンからの支持やミュージシャン達からのリスペクトは熱狂的なものがあり、アンダーグラウンドのカリスマとして、その素顔を滅多に表に出さない謎めいた存在感、ブルースやカントリーを軸としながらも、インド音楽などの即興演奏的要素も大胆に(しかし聴いてる分にはほとんど違和感なく)取り込んだミステリアスな音世界ともども、異彩を放ち続けます。

残念ながらフェイヒィ自身は2001年に亡くなりましたが、その時彼のギター・プレイを熱心に聴いて評価していたのは、音響系と呼ばれるエレクトロニカなロックの人達。

完全にアコースティックなフェイヒィのプレイに何故?と思いましたが、彼の特に即興演奏に興じている時の音色には、エレクトリックな機材を使っても敵わないナチュラルな物凄いトリップ感があると何かで読んで、確かに!と激しく共感したことを覚えております。



Complete Blind Joe Death


【収録曲】
1.On Doing An Evil Deed Blues
2.St. Louis Blues
3.Poor Boy, Long Ways from Home
4.Uncloudy Day
5.John Henry
6.In Christ There Is No East or West
7.Desperate Man Blues
8.Sun Gonna Shine in My Back Door Someday Blues
9.Sligo River Blues
10.On Doing An Evil Deed Blues
11.St. Louis Blues
12.Poor Boy, Long Ways from Home
13.Uncloudy Day
14.John Henry
15.In Christ There Is No East or West
16.Desperate Man Blues
17.Sun Gonna Shine in My Back Door Someday Blues
18 Sligo River Blues
19.I'm Gonna Do All I Can for My Lord
20.The Transcendental Waterfall
21.West Coast Blues


ご紹介するアルバムは、フェイヒィ初期の自家レーベル盤でございます。

ブルースを聴き始めた頃に彼はブラインド・ウィリー・ジョンソンブラインド・ウィリー・マクテルブラインド・レモン・ジェファソンといった戦前の伝説の盲目ブルースマン達の音楽とそのミステリアスな存在感に強く衝撃を受け、自らも”ブラインド・ジョー・デス”と名乗り「謎の盲目ギタリスト」として作品を世に出しておりましたが、これはその時期の音源をまとめたもの。


楽曲は古いブルースや、ブルース/カントリー以前のトラディショナル・ナンバーが多いです。親指でボンパンボンパンと的確なベースラインを刻みながら、人差し指で同時にメロディーを弾いてゆくスタイルは、目を閉じてじっくり聴かなくても、まるで1920年代30年代のSPレコードのノイズを除去したもののように聞こえます。少なくとも「これ、20代の若い白人ギタリストが弾いてるんだよ」と言われても、すんなり納得できる人はいないのではないでしょうか。

この人の演奏は、確かにフィンガーピキングからスライドまで、どんな奏法もスイスイこなせる完璧なギターテクニックの凄味が淡々と溢れてるんですが、それよりも何よりも、まるでそこで時間が止まったまま別次元に移行した音楽が延々と鳴り響いているような、そんな独特の「この世のものではない感じ」がありまして、それが恐ろしく中毒性高いんですよ。






『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 15:50| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする